携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ケイブ『デススマイルズIIX』や5pb.の新作などが発表!“Xbox 360 シューティングフェスタ! 2010”が開催

ケイブ『デススマイルズIIX』や5pb.の新作などが発表!“Xbox 360 シューティングフェスタ! 2010”が開催

2010/2/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Xbox 360はやっぱりシューティングがアツイ!

 Xbox 360はやっぱりシューティングがアツイ! そんなシューターさん注目のイベント“Xbox 360シューティングフェスタ! 2010”が、2010年2月27日にベルサール秋葉原にて開催された。会場では、Xbox LIVE アーケードを含む20タイトル近くのシューティングゲームが出展。新作の発表もあり、ファンを大いに喜ばせた。
 

WA3_6966


WA3_6678

 ステージイベントで幕を開けた“Xbox 360シューティングフェスタ! 2010”。まず紹介されたのは、『アフターバーナー クライマックス』。セガの名作シューティングゲーム『アフターバーナー』(19987年)をXbox LIVE アーケードタイトルとして移植した本作だが、登壇したセガのCSマーケティング部 山下靖氏は、同作の魅力を「シンプルなゲーム性と圧倒的なスピード感にあります」と説明。“クライマックスモード”が本作の特徴で、こちらはゲージが溜まると発動し、発動中はロックオンカーソルが大きくなり、流れる時間が遅くなるという。「快楽物質が出まくりです。ぜひ体験していただきたいです」(山下)とのことだ。“EXオプション”も特徴のひとつで、こちらは“攻撃力が上がる”や“ダメージに強くなる”といったオプション設定をすることが可能になる。オプション設定はゲームを進めることでアンロックできるようになっており、「アンロックの条件は、ゲームを遊んでいれば誰でも解除できる簡単なものばかりです。ぜひ気軽に楽しんでいただきたいです」(山下)とのことで、初心者でも楽しめる仕様になっているようだ。『アフターバーナー クライマックス』の配信は2010年春予定だ。

WA3_6711

 おつぎに登壇したのが5pb.のマーケティング事業部 梅本昭仁氏。「『シュタインズ・ゲート』や『メモリーズオフ』シリーズなど、アドベンチャー主体で展開している5pb.ですが、今後はXbox 360でさまざまなジャンルの作品を準備中です」と宣言した梅本氏は、Xbox 360向けに新規シューティングゲームを開発中であることを明らかに! その詳細は語られなかったが、完全オリジナルタイトルで、2010年内に発売予定とのことだ。
 一方で、『怒首領蜂 大往生ブラックレーベルEXTRA』のアップデートプログラムが遅れていることに関しては、「本当に申し訳ないです」(梅本)と謝罪。アップデートプログラムに関しては引き続き技術検証を行っており、いましばらく待ってほしいと説明した。5pb.では、2010年4月22日に、『ケツイ 〜絆地獄たち〜 EXTRA』の発売を予定しているが、こちらは「(オリジナル版の開発元である)ケイブさんの協力のもとにしっかりと作りこんでいるのでご安心ください」(梅本)とのことだ。

WA3_6729


WA3_6753

 ステージイベントの最後に登壇したのがケイブのゲーム開発/部長 プロデューサーの浅田誠氏とマンガ家にして数多くのケイブ作品に関わっている井上淳哉氏。シューティングゲームが充実しているXbox 360においても、ひときわ存在感を放っているケイブだが、会場ではファンへの贈り物として新規2タイトルを発表、会場を沸かせた。まず発表されたのがXbox LIVE アーケードタイトル『ぐわんげ』。ケイブが2009年8月にユーザーを対象に実施したXbox LIVE アーケードへの移植希望調査で見事1位に輝いたという同作だが、今回はそんなユーザーの熱烈な要望を受ける形で移植が実現。当時開発に関わっていた井上氏は「オリジナル版がリリースされたのが1999年で、当時の記憶は“たいへんだった”というおぼろげなものしかないです。もとデータも散り散りになっていて、移植はたいへんなんじゃないかな(笑)」とのことだ。こちらは2010年配信予定だ。


gwa


 もう1タイトルは、『デススマイルズIIX』。アーケード版『デススマイルズII』をXbox 360向けに移植した本作。プロデュースを担当する浅田氏は、「最初に『デススマイルズII』の移植の話がきたときに自分は難色を示したんですね。アーケード版で井上さんの思い描いていたものができなかったということもありまして。で、“やりたいことは絶対にやらしてくれ”ということを条件に今回担当することになりました」とのこと。いまは「とりあえず金をくれ!(笑)」(浅田)と会社に要求をしつつ、予算をつぎ込んで必死に作り込んでいるところだという。アーケード版から徹底的に作り直し、できるだけのことを詰め込んでいるという『デススマイルズIIX』だが、Xbox 360版への移植にあたっては前作『デススマイルズ』に登場していたキャラ、ローザとフォレットを追加。ステージもふたつ加わって全7ステージになっているなど、相当変更が加えられているようだ。
 

WA3_6807

 本業であるマンガ執筆の隙間に浅田氏から仕事を詰め込まれて、寝ないで必死に作業をしているという井上氏だが、「ステージの追加はわりと問題なかったのですが、キャラがふたり増えたのがたいへんでした。ストーリーは2キャラの組み合わせで異なるのですが、アーケード版は10パターンで済んだのに対して、Xbox 360版では21パターンになる。シナリオが単純に倍以上になるので、そういった追加要素が予想外でたいへんでした(笑)」と開発にあたっての苦労話を披露してくれた。 ちなみに、『デススマイルズIIX』は初回限定版と通常版の2種類が用意されており、初回限定版のパッケージや同梱のサントラCDのジャケットは井上淳哉氏の描き下ろし。「スケジュール的には来週いっぱいにイラストを仕上げないと、マイクロソフトの流通関係者が頭を抱えてしまいます」と浅田氏が話を振ると、井上氏が思わず言葉に詰まるといったヒトコマも見られた。『デススマイルズIIX』の発売は2010年5月27日だ。(ファミ通.comのゲーム紹介記事はこちら
 

WA3_6916
WA3_6921
WA3_6930

▲まだまだ新要素がありそうな『デススマイルズIIX』。ちなみに前作では声優としても出演していた井上淳哉氏だが、「あまりに下手過ぎるので今回はありません!」とのこと。


 ステージイベントのあとは、お待ちかねの試遊がスタート! 発表されたばかりの『デススマイルズIIX』を筆頭に『アフターバーナークライマックス』やグレフの『旋光の輪舞DUO』、SNKプレイモアのXbox LIVE アーケードタイトル『KOF SKY STAGE』、タイトーの『レイストームHD』などの今後発売予定のタイトルが試遊可能。一方で、発売済みのタイトルも人気を博していた。さらに、今回のイベントには、周辺機器メーカーのHORIとMSYが協力。両社が今後リリース予定のジョイスティックなども出展されていたのもシューティングファンにとってはうれしかったかも。

 マイクロソフトによると、2010年2月時点でリリースされているXbox 360のシューティングタイトルは、パッケージが13本で、Xbox LIVE アーケードが27本という充実ぶり。マイクロソフトの関係者は「今後もシューティングのラインアップに力を入れていきます!」とのことで、シューターさんにとってXbox 360はますます見逃せないハードになりそうだ。


WA3_6997
WA3_7050
WA3_7096


WA3_7010
WA3_7066
WA3_7138

▲会場ではシューティングに相性のいい周辺機器も多数出展。シューターを喜ばせていた。左はHORIの“リアルアーケードPro.EX Premium VLX”。さすがのクオリティー。30000円でHORISTORE.com専売。中央はMSYから参考出展されていた超かっこいいフライトコントローラーでMad Cats社の“FRY”というらしい。日本での発売を検討中とか。右はナナオがEIZOブランドで展開する縦スクロールシューティングに最適なモニター“SX3031W‐H。


WA3_7203

▲先着でもらえた『デススマイルズIIX』のマグカップ。


●Xbox 360版は『デススマイルズII』の完成形!

 さて、今回の『デススマイルズIIX』の発表に関して、ケイブの浅田誠氏と、井上淳哉氏より、ファミ通.comの読者に向けてのメッセージをいただいた。その模様を最後に紹介しよう。

WA3_7237

――『デススマイルズIIX』がサプライズ発表されましたね。

浅田 アーケード版は井上さんの要望にぜんぜん答えられなかったところがかなりあって、自分が担当するのだったら、とことんまで応えようと思っていました。ふたりとも死にそうになっているのですが、鋭意開発中です。井上さんのスケジュールも、自分がびっしり埋めてしまっている感じで、申し訳ないです(笑)。

井上 まさにいまが佳境ですね。終わりそうもないのですが、なんとかします。魔法を使いますよ(笑)。

浅田 井上さんはいま『BTOOOM!』というマンガを連載されているのですが、原稿執筆の合間にゲームの制作をやってもらっているので、本当にたいへんだと思います。井上さんが本当に『デススマ』のファンに向けたかったものを、アーケード版ではどうしても再現できませんでした。Xbox 360版には“X”という新しいタイトルがつきましたが、「これが最終版だ」という形で、『デススマイルズII』の完結版ということで開発に取り組んでいます。

――ふたりが本当にやりたかったことが実現している?

井上 これで完成した感じですね。ちゃんと帯を出してボスの登場シーンも派手にしたりと、演出面でグレードアップしています。デモを入れてボスキャラを立たせた上で、ゲームを始めるとか。ボスが爆風の下やショットに隠れて、ぜんぜん見えなくなってしまうということもなくしたかったですね。世界観を好きになってくれた人たちに、ちゃんと応えるということは、丁寧にきめ細かい演出をしていくことにあると思っています。アーケード版では技術的な兼ね合いもあり実現できなかったところもあるので、Xbox 360ではきっちり作り込んだものを出そうということでやっています。

浅田 今回開発に関わっているスタッフは、もともと前作『デススマイルズ』を作ったスタッフがいちから張り付いてやっているので、本当に“『デススマ』チーム”みたいな感じでやっています。ぜひともご期待ください。
 

『ケツイ 〜絆地獄たち〜 EXTRA』
■発売日:2010年4月22日 ■発売元:5pb. ■価格:7140円[税込]

10.0.92.92-image29
10.0.92.92-image34
10.0.92.92-image72

※『ケツイ 〜絆地獄たち〜 EXTRA』の公式サイトはこちら
 

『デススマイルズIIX』
■発売日:2010年5月27日 ■発売元:ケイブ ■価格:7140円[税込]

ds2_a
ds2_b
ds2_c
ds2_d

 ※さらに画面写真をご覧になりたい方はこちら

※ケイブの公式サイトはこちら
 

『アフターバーナークライマックス』
■配信日:2010年春 ■発売元:セガ ■価格:未定

FA18_02
F15_04
F14_02
F14_01

 ※さらに画面写真をご覧になりたい方はこちら

※『アフターバーナークライマックス』の公式サイトはこちら
 

『KOF SKY STAGE』
■配信日:今夏 ■発売元:SNKプレイモア ■価格:未定

sky01
sky02
sky03
sky04

※『KOF SKY STAGE』の公式サイトはこちら
 

『レイストームHD』
■配信日:2010年春 ■発売元:タイトー ■価格:1200マイクロソフトポイント

rshd_arcade_st1_01
rshd_arcade_st1_02
rshd_arcade_st2_02
rshd_arcade_st3_00

 ※さらに画面写真をご覧になりたい方はこちら

※『レイストームHD』の詳細はこちら

[関連記事]
※ケイブの人気シューティングゲーム『デススマイルズII』と『ぐわんげ』がXbox 360に!
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。

【E3 2017】各社カンファレンススケジュールまとめ

毎年6月に開催されている、世界最大級のゲームの見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)。本稿では、各ゲームメーカーのプレスカンファレンスのスケジュールをまとめてお伝えする。

『スプラトゥーン2』ヒーローモードの敵キャラクター“オクタリアン”の情報が公開

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ひとり用モード“ヒーローモード”の敵キャラクターとして登場するタコ軍団“オクタリアン”の情報を公開した。

『マリシアス フォールン』のアルヴィオン乃一文香氏が語る「オリジナルゲームに挑戦し続けている理由」【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、アルヴィオンのジェネラルマネージャー乃一文香氏が登場し、“オリジナルゲームに挑戦し続けている理由”というテーマで講演を行なった。

『エースコンバット インフィニティ』3周年記念キャンペーン開催、イベント情報やプレゼントなど

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション3向けオンライン専用タイトル『エースコンバット インフィニティ』について、3周年記念キャンペーンの情報を公開した。

『リーグ・オブ・レジェンド』“LJL Challenger Series”2017年夏季シーズンの参加チーム募集がスタート

2017年5月22日、ライアットゲームズはPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』において、“LJL Challenger Series 2017 Summer Split”のチーム募集を開始した。

“アトリエ20周年記念”等身大タペストリーキャラクター人気投票第1弾の結果発表!

コーエーテクモゲームスは、『アトリエ』シリーズが20周年を迎えることを記念した“等身大タペストリー”キャラクター人気投票第1弾を開催し、その結果を発表。人気投票で選ばれた上位3名のキャラクターのタペストリーの受注を開始した。