携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『風来のシレン4』発売直前情報をまとめてお届け

『風来のシレン4』発売直前情報をまとめてお届け

2010/2/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●新要素、クリアー後のお楽しみも紹介

 

 2010年2月25日の発売が目前に迫った、スパイクのニンテンドーDS用ソフト『風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ』。‘95年に登場した第1作目以来、数多くのファンを熱中させてきたシリーズの最新作ということで、発売を待ちかねている人も少なくないだろう。そこで今回は、発売直情報としてゲームの概要をまとめてお届けする。

 

ストーリー

月影村での冒険を終えた稀代の風来人シレンは、相棒の語りイタチのコッパと、砂漠地帯を目指し船旅を送る。順風満帆に見えた旅。だが、ふたりの乗る船は嵐に巻き込まれてしまった! そして、船は遭難してしまう。

 

そして、シレンとコッパが辿り着いたのは、南方の島、カヒタン島。派手に難破した船を見ると、この島にたどり着けたのは幸運としか言いようがなかった。しかし、カヒタン島で出会った島民たちに、シレンは魔物と間違えられ、火あぶりにされそうになってしまう。

 

そんなシレンをかばったのは、けなげな村娘、カミナ。しかしそのために、カミナは魔物に荷担した人間として、閉じこめられることになってしまった。カミナを閉じこめた神官は言った。「“ジャガーの眼”と呼ばれる伝説の秘宝を捜して持ってこい。持ってこなければカミナの命はない」

 

自分をかばってくれたカミナを放ってはおけないシレン。カミナを救うため、秘宝を求めて旅立つこととなった。

edona

4p1_エドナ1
4p2_エドナ2

▲呪術師の少女エドナ。昼間はシレンに攻撃力アップなどの補助魔法を掛けてくれ、夜になると呪術で闘ってくれる。

 



昼と夜のシステム詳細が判明>

これまでその存在のみが報じられていた新要素、ダンジョンにおける“昼”と“夜”。その詳細がついに明らかになった。昼と夜は一定のターンを経ることで逆転し、周囲の状態が変化。夜になると明かりをつけなければ周囲を確認することができなくなってしまい、加えてダンジョン内には夜だけ行動するモンスターの姿も・・・・・・。

5p1_夜1
5p2_夜2
5p3_夜3
5p4_夜4


 

<夜のモンスターへの対処法>

昼とはまったく異なるモンスターが登場する、夜のダンジョン。やっかいなことにそれらのモンスターには通常の攻撃では有効なダメージを与えることができない。そこで使用することになるのが、新要素の“技”だ。ただし、技はワンフロアーにつき一度しか使えないという制約つき。夜のダンジョンには昼以上の緊張感を持って臨み、ときには逃げることも考えながら進んでいこう。

6p1_夜モンスター1
6p2_夜モンスター2
6p3_夜モンスター3
6p4_夜技1
6p5_夜技2
6p6_夜技3


 

<新モンスターを紹介>

本作には、もちろん新たなモンスターも登場する。その中から“タネッコ”、“フレフレハムポン”、おにぎりクマ”の3体を紹介しよう。

タネッコ

可愛らしい見た目ながら、シレンに対し攻撃をくり出す。

7p1_タネッコ
tanekko

 

hamupon
7p2_フレフレハムポン

フレフレハムポン

シレンから逃げ回るように動き、他のモンスターに近づくように行動する。隣接しているモンスターのHPをギリギリで持ちこたえさせることができる。

 

おにぎりクマ

おにぎりクマは、倒れたときにおにぎりを落とすことがあるぞ!

7p3_おにぎりクマ
onigirikuma


 

<救助について>

ダンジョン内で倒れたときに救助の依頼を出せるというシステムは今回も健在。ワイヤレス通信、Wi-Fi通信、パスワードでの救助依頼が可能で、救助者は救助に成功すとご褒美道具を入手することができる。また、Wi-Fi救助に成功すると救助ポイントを獲得することも。本作ではゲーム冒頭に自分の出身地を設定できるので、どの地域が救助が多いかを確認することもできるようだ。

8p1_救助1
8p2_救助2
8p3_依頼3
8p4_救助4
8p5_救助5

 

8p6_民度

民度システムを搭載

本作ではゲーム冒頭で、出身地の入力を求められる。出身地を登録してWi-Fiサーバにアクセスすると、その地域の民度ランキングを見ることが可能だ。Wi-FI救助で、積極的に救助をする、救助をされたらお礼を言うなど、Wi-Fi救助に関わるさまざまな行為によって、民度ポイントが変化。自分の出身地の民度が上がる振る舞いを心がけよう。

 


 

<ゲームクリアー後も旅は終わらない>

本編クリアー後も、シレンたちの旅は終わらない。エンディングを迎えたあとに入ることが可能となる“浜辺の魔洞”は、シリーズファンにはおなじみの最難関ダンジョン。低階層から貴重な道具が入手できる反面、強力なモンスターが出現したり、特殊なモンスターハウスがあるためクリアーにはかなりの力量を求められるだろう。

9p1_魔洞1
9p2_魔洞2
9p3_魔洞3
9p4_魔洞4
9p5_魔洞5
9p6_魔洞6
9p7_魔洞7

 

※『風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!