携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 中野サンプラザが揺れるほどの熱狂! “ブシロードカードゲームLIVE2010”リポート!

中野サンプラザが揺れるほどの熱狂! “ブシロードカードゲームLIVE2010”リポート!

2010/2/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●公開オーディションに、作品紹介に、ライブにと盛りだくさん!

 

 2010年2月6日、東京・中野サンプラザにて、“ブシロードカードゲームLIVE2010”が開催された。これは、ブシロードが販売しているトレーディングカードゲームに参戦しているアニメやゲーム作品の出演者が登場し、それぞれ作品にまつわる歌などを披露するというもの。ライブの最後には、ブシロードの新カードゲーム『ヴァンガード』が発表されるなど、非常に盛り上がったライブとなった。そのライブを余すところなく、リポートしよう。

 

bushi01

bushi02

bushi03

 

bushi73

 

 最初に行われたのは、ブシロードから発売されるPSP用ゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』(発売日は今冬を予定)に登場するメインヒロインのひとり、エルキュール・バートン役を決める声優公開オーディション。

 応募総数4500人以上の中から各地区を勝ち抜いて集まった8人が、審査員はもちろんのこと、会場のお客さん、生中継されているニコニコ動画の視聴者が見守る中、さまざまな試練に挑んでいった。オーディションで披露するのは、それぞれの“特技”、そして司会を務める3人の声優と決められたセリフをしゃべり合う“掛け合い”、そして“歌唱披露”の3つ。お客さんのいる中でのオーディションということで、候補者が何かを披露するたびに大きな声援が上がったり、質疑応答ではニコニコ動画で書き込まれたコメントから質問内容が抜粋されるなど、ほかにはないオーディションとなっていた。なお、審査員のほか、会場の観客、そしてニコニコ動画の視聴者からの投票も結果に反映され、しばらく時間が経ったあとの“カードゲームLIVE”中に結果が発表された。

 そして審査の結果、見事エリー役を勝ち取ったのは、仙台地区代表の佐々木未来さん。結果発表後、優勝した佐々木さんはうれしさのあまり涙を流して喜びを表していた。

 

bushi04

bushi05

bushi06
bushi76
bushi77
bushi27
bushi28

 

 約1時間の休憩を挟んで、ついにカードゲームLIVEがスタート。司会は、TBSのテレビ番組『カード学園』にも出演している橘田いずみとTheマッシュが番組と同じ制服の衣装を着て務めていた。

 

bushi07

 

 カードゲームLIVEのトップバッターを務めたのは、女性ボーカリストの飛蘭。テレビアニメ『CANAAN』のオープニングテーマ『mind as Judgment』をいきなりのフルスロットルで熱唱すると、観客も色とりどりのサイリュームを振りながら大きな歓声を上げ、大盛り上がりの開幕となった。曲披露のあとのトークパートでは、「2010年初ライブだったんです! あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!」と会場のファンに手を振りながら挨拶をしていた。

 
bushi08
bushi09
bushi78
bushi79
bushi80

▲『mind as Judgment』を歌いあげた飛蘭。

 

 このあとは、喜多修平が『ペルソナ3ポータブル』のオープニング曲『Soul Phrase』を、yozuca*が『D.C.II To You 〜ダ・カーポII〜 サイドエピソード』の主題歌『レンブラントの光』を、Suaraがプレイステーション2用ソフト『うたわれるもの』のオープニング曲『君だけの旅路』を、いとうかなこが『シュタインズ・ゲート』のテーマソング『スカイクラッドの観測者』を、本多真梨子・富樫美鈴・堀中優希のユニット“碧陽学園生徒会”が、『生徒会の一存』の主題歌『Treasure』をそれぞれ熱唱。

 トークパートでは、Suaraの大ファンであるというブシロードの名物社長・木谷社長が、舞台の袖でジャンプをしながら聴いていたことがバラされたり、碧陽学園生徒会のメンバーが、「『生徒会の一存』参戦です!」と合わせて言おうとするも、2回、3回とくり返しても語尾やタイミングが揃わなかったりと、駆け足ながら笑いの溢れる話題が展開された。

 

bushi10
bushi11
bushi12
bushi81

▲喜多修平は『Soul Phrase』を披露。

 

bushi13
bushi14
bushi83
bushi82

▲yozuca*が『D.C.II To You 〜ダ・カーポII〜 サイドエピソード』の主題歌『レンブラントの光』を歌う。

 

bushi84
bushi85
bushi15

▲プレイステーション2用ソフト『うたわれるもの』のオープニング曲『君だけの旅路』を歌うSuara。

 

bushi16
bushi17
bushi18
bushi86
bushi87
bushi88

▲いとうかなこは、Xbox 360用ソフト『シュタインズ・ゲート』の『スカイクラッドの観測者』をアツく歌い上げる。


bushi19
bushi21
bushi22
bushi89
bushi90
bushi20

▲『Treasure』を熱唱した碧陽学園生徒会のメンバー。

 

 続いて、前述の『ミルキィホームズ』のオーディションを経て、『ミルキィホームズ』に関わる主要制作スタッフが登壇し、改めて本作の制作発表が行われた。ブシロード社長であり、本作の制作総指揮、原案を務める木谷社長は「僕は前の会社で大好きな『サクラ大戦』と『スター・ウォーズ』を合わせた『ギャラクシーエンジェル』を作りました。そして、今回は『ギャラクシーエンジェル』に、これまた好きな『名探偵コナン』を合わせて『ミルキィホームズ』を作りました!」と宣言し、会場は大きな笑いに包まれた。なお、その制作発表に合わせて、同作の複数制作されるオープニングのひとつを飛蘭が担当することなどが公表された。

 制作発表後、『ミルキィホームズ』の主要キャストを務める橘田いずみ、三森すずこ、徳井青空がブシロードの社歌『熱風海陸ブシロード』を披露。このイベント用の特別仕様のリミックスバージョンが披露される中、間奏に木谷社長が現れ「人間50年、夢幻のごとく」とセリフを話すと、会場中から大きな歓声があがっていた。

 

bushi23
bushi24
bushi25
bushi26
bushi91
bushi29
bushi30
bushi31
bushi32

▲『熱風海陸ブシロード』を歌う橘田いずみ、三森すずこ、徳井青空の3人と、木谷社長。

 

 と、ここでライブは後半戦に突入し、司会はアニメ好きで知られる漫才コンビ“はりけ〜んず”の前田 登と、『ギャラクシーエンジェルII』のヒロイン・アプリコット役を務めた稲村優奈が担当することに。ここで発表されたのは、ブシロードの新たなカードゲーム『ヴィクトリースパーク』についての話題。まずは、木谷社長から『ヴィクトリースパーク』についての説明が行われる中、「今日は僕の飲み友だちを連れてきました」と、突然、作家のあかほりさとる氏を紹介。木谷社長とあかほり氏が、『ヴィクトリースパーク』の2010年参戦作品である“セガ”、“ドラゴンマガジン&ドラゴンエイジ”、“コミックブレイド”について紹介しつつ、本作のテーマソングが、アニメソングの女王・奥井雅美が歌う『PHASE』に決まったことが発表された。

bushi33
bushi38
bushi92

▲ライブ後半戦の司会を務めた、はりけ〜んずの前田 登と稲村優奈。

 

bushi93
bushi34

▲木谷社長に呼び込まれて登場したあかほりさとる氏。

 

 そして、話はさらに続くなか、あかほり氏は突然「要するに、ここで『サクラ大戦』があるんで、広井王子の代わりに呼ばれたんですね。広井王子がAKB48に忙しいから! でも、このゲスト、僕だけじゃ力不足じゃありませんか? じつは僕らは前座でした。スペシャルゲスト、真宮寺さくら役横山智佐さんです」と、サプライズゲストとして横山智佐が『サクラ大戦』のテーマソング『激! 帝国華撃団』とともに登場! 会場が大いに沸くなか、横山智佐は慣れた振りつけとセリフをこなしながら、見事に『激! 帝国華撃団』を歌っていた。なお、このあとのトーク中では、『ヴィクトリースパーク』のトライアルデッキに横山智佐の箔押しサインカードがランダムで封入されることも合わせて発表されたほか、あかほり氏からの「帝都花組以外は?」という問いに、木谷社長は「バージョン2以降あるかも」と可能性を匂わせていた。

 

bushi96
bushi35
bushi94
bushi95

▲ファンにはおなじみ『激! 帝国華撃団』を歌いあげた横山智佐。

 

 『ヴィクトリースパーク』のあとは、『ヴァイスシュヴァルツ』の2010年上期新規参入タイトルが発表された。今回発表されたタイトルは以下のとおり。

 

・『D.C. D.C.II プラスコミュニケーション』
・『Angel Beats! / クドわふたー』

・『魔法少女リリカルなのはA's(エース)』

・『FAIRY TAIL』

・『とある魔術の禁書目録 / とある科学の超電磁砲』

 

 参戦作品の紹介に合わせ、格闘家の長島☆自演乙☆雄一郎がコスプレ姿で登場。『リトルバスターズ!』の人気キャラ・能美クドリャフカのコスプレで現れた長島☆自演乙☆雄一郎は、「『激! 帝国華撃団』で舞台裏で飛んでましたし、カード発表で『超電磁砲』が出るんやと驚いてました」と興奮気味に話していた。

 

bushi36
bushi37

▲コスプレ姿で登場した長島☆自演乙☆雄一郎。

 

 このあと、『ヴァイスシュヴァルツ』の参戦作品の中から『Angel Beats!』のアニメについての発表が。原作者の麻枝唯をフィーチャーした制作の裏側を伝えるイメージビデオが公開されたほか、キャストのひとりである櫻井浩美がパーソナリティーを務めるWebラジオを配信すること(詳細は後日発表とのこと)が発表された。

 

bushi97
bushi98
bushi99
bushi39

 

 続いて、『魔法少女リリカルなのは』の紹介に合わせて、声優の真田アサミ、水橋かおりが登場。『ヴァイスシュヴァルツ』の『エクストラパック 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の紹介に合わせ、「映画の『2nd』では『エース』の話をしたいよね」(水橋)、「やりたいですー。劇場版出てませんから!」(真田)と、大人気の劇場版の続編についての希望を話していた。

 

bushi102
bushi40
bushi100
bushi101

▲真田アサミ(写真左)と水橋かおり(写真右)も登場。

 

 また、『Chaos TCG』に参戦している『一騎当千』と『恋姫無双』が同時に作品紹介を行った。『三国志』をモチーフに独自解釈をした2作品が、2009年4月から同時に新シリーズを開始するということで、コラボホームページを開設し、続々とコラボを行っていくという。具体的な情報はホームページに掲載されているが、まずお互いのラジオ番組でそれぞれのキャストがゲスト出演されることが発表された。

 

bushi41

 

 作品紹介コーナーを挟んで、『とある科学の超電磁砲』のライブコーナーへ。最初に登場したELISAは同作のエンディングテーマ『Dear My Friend〜まだ見ぬ未来へ〜』と、新エンディングテーマ『Real Force』を披露。とくに『Real Force』は初披露ということだったが、会場のファンに呼びかけるように楽しげに歌う姿が印象的だった。続いて、ELISAのトークパートに合わせてfripSideが登場。トーク中に、はりけ〜んず・前田がfripSideのコンポーザー・八木沼悟志に「いいなあ、八木沼さん。いつもかわいい子と演奏してて」と、ボーカルの南條愛乃について触れ、八木沼が「(彼女は)がんばってます」と答えると、南條が突如マギー審司のネタでおなじみの大きくなる耳を披露。『only my railgun』のプロモーションビデオでおなじみのネタに観客が大喜びすると、なんとELISAも「いいなあ」と反応したことで、ELISAも大きくなる耳に挑戦することに。しかし、何度挑戦してもうまくいかず、耳が手から離れて吹っ飛んでしまう結末に、はりけ〜んず前田から「マギー審司にあやまれ!」と言われていた。トークを挟んで、fripSideは『LEVEL5-judgelight-』と、『only my railgun』を披露。『only my railgun』では、会場がサイリュームのウルトラオレンジ一色に染まり、サビの部分では全体でジャンピングが起こるなど、非常に盛り上がっていた。

 

bushi104
bushi105
bushi42
bushi43
bushi44

▲『Dear My Friend〜まだ見ぬ未来へ〜』と、『Real Force』の2曲で会場を魅了するELISA。

 

bushi106
bushi45
bushi46

 

bushi107
bushi108
bushi109
bushi110

▲『only my railgun』で会場を大きく盛り上げたfripSideのふたり。


 そして、ライブの大トリを務めるのは“中村繪里子 今井麻美 原 由実 沼倉愛美 from THE IDOLM@STER”。『I Want』のイントロとともに現れたのは、着物ベースにコルセットを巻いたような独特の衣装を纏った中村と沼倉。曲に合わせた妖艶なイメージで歌うふたりに、会場のボルテージは最高潮に。サビをふたりで歌い上げたかと思いきや、中村が観客を煽るように「キャハハハハ」と笑ったりと、ライブならではの特別さを出していた。『アイドルマスター』チーム2曲目は、今井、原のコンビによる『“Hello!”』。ゲームでは876プロ所属のアイドルが歌う楽曲を765プロが歌うという珍しい構成に、曲が鳴り始めると会場のファンからは一瞬「おおー!」という歓声が。中村、沼倉と同じ衣装をまとったふたりは、髪にパーマをかけた状態で登場。揃ったかわいらしい振りつけを見せつつ、後半では会場全体と「いっせーの!」の掛け声を合わせたりと、笑顔を交えながら歌っていた。

 

bushi47
bushi49
bushi111
tuika01
bushi50
bushi51
bushi53
bushi71
bushi52
bushi54

▲『I Want』で会場を盛り上げた中村繪里子と沼倉愛美。

 

bushi56
bushi57
bushi58
bushi59
bushi55
bushi60
bushi61
bushi112
bushi113

▲今井麻美と原 由実が歌うのは『“Hello!”』。

 

 ここで一旦トークパート……になるのだが、今井と原だけが残ったままで中村と沼倉が登場しない。曲の感想などを今井と原が答えていると、遅れて中村が「ごめんなさーい! すごいお水を飲みたくてー」と言いながら、沼倉とともに舞台上へ。トークでは、「これから3時間くらいしゃべりたい気分。今日のためにいっぱい準備してきたので、そのことを1から100まで全部しゃべりたい!」と相変わらずの中村繪里子ワールド全開! さらに、テンションが上がりすぎ、通路にまで出てきてしまったファンを抑えようと、はりけ〜んず・前田から「ちょっとみんなを抑えるために自分の席に戻るように言ってください」と言うと、「はい、みんな帰れ!」(中村)と発言。そんな中村に、ファンのボルテージはさらに上がっていくかたわら、今井は「お前が帰れ!」とツッコミを入れる。そこで沼倉が「いい子だから座って!」とお願いするように言うと、会場中のファンが座るという奇跡が起こっていた。

 また、今井、原、沼倉がパーソナリティーを務めるラジオ番組『THE IDOLM@STER STATION!!!』についての話をしていると、中村が突如、はりけ〜んず・前田の横に移動する。「なんで急にこっちに来るんですか!?」(前田)と問われ、「私も司会的なほうに入ろうかなあって」と答える中村に対し、今井が「もう今度、ゲストで呼ぶから!」と発言。すると、「みんな聞いた?」と中村は会場のファンを巻き込んで大喜び。その後の今井の「ゲストの権限は私たちにはないんで」という言葉にも、すかさず「ブシロードさん、お願いしまーす!」と返していた。

 

bushi62
bushi63
bushi64
bushi116
bushi115
bushi114

 

 そんなトークを挟んで歌うライブパート最後の曲は『キミはメロディ』。4人ならではのフリを見せつつ歌う姿に、会場全体から大きく熱いコールが巻き上がり、この日いちばんと言える大きな盛り上がりを見せていた。

 

bushi65
bushi66
bushi67
bushi69
bushi68
bushi70

 

 ライブパート終了後、最後は今回の“カードゲームLIVE2010”出演者全員が舞台に登場。25名のアーティストにプロデューサーなどを含めた全員が立ち並ぶなか、木谷社長と会場全体からの一本締めで長いライブは幕を閉じた。

 

 そして、ライブ終了後スクリーンに映し出されたのは、“ブシロード史上最大の作戦 ヴァンガードプロジェクト 始動”の文字。これは、『遊戯王R』著者の伊藤彰、初代『デュエルマスターズ』テクニカルアドバイザー・中村聡(遊宝洞)、木谷高明(ブシロード)の3人を中心にしたチームが、少年たちに送る超大作オリジナルカードゲームだという。合わせて、2010年夏に制作発表ということが明かされ、多数のファンからのどよめきとともに今回のイベントは幕を閉じた。

 

bushi74
bushi75

 

bushi72
bushi117

 

(取材・文章:T.M)


※ブシロード公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ショベルナイト』がNintendo Switch向けに5月30日に配信開始! 世界中で150万本以上の売上げを記録した8ビット風2Dアクションアドベンチャー

ヨットクラブゲームズは、ハチノヨンと協業し、Nintendo Switch用ダウンロードソフトとして日本語版『ショベルナイト』を2017年5月30日(火)より配信することを明らかにした。価格は2160円[税込]。

『WoWs』はいふりコラボ艦は6月29日頃に発売! デル主催『WoT』大会が7月開催! “WG Friendship Day 2017”リポート

2017年5月27日、ウォーゲーミングジャパン主催のオフラインイベント“WG Friendship Day 2017 in Tokyo”が開催された。ゲームプレイあり交流ありのイベントの模様をリポートする。

鉄拳女子部に負けたオカダ・カズチカ選手が原田Pをお姫様抱っこ!? “e-sports TEKKEN BAR”オープニングイベントリポート

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年5月29日〜31日の期間限定で、東京・秋葉原にオープンする“e-sports TEKKEN BAR”オープニングイベントを開催した。

「まだまだまだまだまだまだ歌っていきたいと思っちゃった」――声優・今井麻美さん8年の活動を詰め込んだ“バースデーライブ2017”をリポート

声優・歌手として活躍する、“ミンゴス”こと今井麻美さんの“バースデーライブ2017”が、2017年5月20日、東京の山野ホールにて開催された。

VR体験ショールームの“VR SPACE”が、体感するVRゲームの新作『Sprint Vector』を国内初提供開始!

渋谷初のVR体験ショールーム“VR SPACE(ブイアールスペース)”は、米国のSurvios, Inc. が手掛ける新作VR体感ゲーム『Sprint Vector』を、国内初提供。2017年5月24日より先行体験を開始した。

250タイトルのVRコンテンツをネットカフェで手軽に楽しめるプラットフォーム“VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)”が始動!

テクノブラッドは、施設設置型VRコンテンツプラットフォーム“VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)”を、日本国内の複合カフェ(インターネットカフェ)112店舗で2017年5月29日より順次スタートする。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式サイトが更新、世界にはカジノやメダルと寄り道がいっぱい!

スクウェア・エニックスは、2017年7月29日発売予定のプレイステーション4、 ニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトを 更新。ゲームシステムについて、最新情報が公開された。

『エルシャダイ』の系譜を継ぐ神話構想RPG『The Lost Child』8月24日発売決定 初回特典は“ダーク・イーノック”

角川ゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)』を、2017年8月24日(木)に発売することを決定した。

『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』8月31日発売が決定 PV第2弾も到着

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』について、2017年8月31日に発売することを発表した。

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』制作陣が集結した最速上映トークイベントを開催!

2017年5月27日(土)公開予定のフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』。本作の上映に先駆けて2017年5月26日、東京・新宿ピカデリーにてプレミアム オールナイト トークイベントが開催された。