携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> AOU 2010開幕――『メタルギア アーケード』、『Project DIVA Arcade』に人気が集中

AOU 2010開幕――『メタルギア アーケード』、『Project DIVA Arcade』に人気が集中

2010/2/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ラブプラス』のプライズ化も明らかに


 2010年2月19日、20日の2日間(19日は業界関係者など向けの招待日)にわたって千葉県の幕張メッセで開催中の“AOU 2010 アミューズメント・エキスポ”。会場には最新のアーケードゲームがずらりと並び、こちらの記事にあるとおり大手メーカーブースでは最新タイトルの発表も行われた。

 

 数ある出展タイトルの中でも、いちばんの注目を集めていたのがKONAMIの『メタルギア アーケード』(稼動時期未定)だ。本作はプレイステーション3用ソフト『メタルギア オンライン』をアーケード向けにチューンアップしたもので、3Dテレビシステムによる立体的な映像、5.1chサラウンドによる臨場感のあるサウンドが搭載されている。コーナー内には体験台のほかに、立体映像だけが楽しめるエリアも用意された。気軽にゲームの魅力を堪能できるということでこちらは盛況となったが、好評の理由はそれだけではなかった模様。じつは体験コーナーのほうが、あまりの人気で開場そうそう行列規制がかかってしまったのだ。ある程度落ち着いたあとも、100分待ちはザラで同作に対する注目度の高さをうかがうことができた。20日の一般日にプレイを考えている人は、できるだけ早めに足を運んだほうがいいかもしれない。



▲『メタルギア アーケード』は3D立体映像となっているため専用ゴーグルをつけてプレイ。ゴーグルの左上にはセンサーがついており、これの動きがゲーム内の視点移動と連動する仕組みだ。キャラクター自身を動かすには銃の形をしたコントローラー上にあるスティックを操作。加えて、コントローラー自体で照準の移動をして、撃つという動作も行う。頭部のセンサーによる視点移動というシステムなので操作が手元で完結せず、自然とゲームへの没入感は高くなる。

 

▲『DrumManiaXG』、『GuitarFreaksXG』、『jubeat knit』、『DanceDanceRevolution X2』といった音楽シミュレーションゲームのシリーズ最新作も出展。

 

▲2010年3月稼動開始予定の『クイズマジックアカデミー7』。一般日にはステージイベントも実施される。

 

 『メタルギア アーケード』に負けず劣らずの人気を誇ったのが、セガブースに出展された『Project DIVA Arcade』(2010年初夏稼動開始予定。参考記事)。PSP(プレイステーション・ポータブル)で発売されたリズムゲーム『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』をアーケード向けに移植した本作では、グラフィックの向上はもちろんネットワーク接続で最新の楽曲がアップロードされるという機能が追加されている。今回のAOUショーでは体験台の出展に加えて、ブース内の特設ステージで初音ミクのバーチャルライブも実施。特殊なスクリーンに映し出されたミクは、そこに実在しているかのような立体感を持っており、ファンならずとも必見の内容だ。


 

 

▲照明の関係もあり、残念ながら写真では立体化されたミクの魅力を十分にお伝えすることができない。来場予定の人はぜひ、その目で見て驚いてほしい。

 

▲セガブースには『ボーダーブレイク』、『ネットワーク大戦クイズAnswer×Answer2 デラックス』なども出展。

 

 『機動戦士ガンダム VS.』シリーズの最新作、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』(2010年秋稼動開始予定)を発表したバンダイナムコゲームス。残念ながら今回同作の出展は行われなかった。ブース内で目立っていたのは大型筺体のタイトルで、『デッドストームパイレーツ』、『レイジングストーム』、『TERMINATOR SALVATION』などガンシューティングが中心に。そのほか、“データカードダス”シリーズといったキッズ向けゲームの出展も充実していた。


 

 タイトーブースは、シンプルな楽しさを打ち出す“NO考ゲーム”シリーズの最新ラインアップ『GAIA ATTACK 4』、『ミュージックガンガン! 曲がいっぱい☆超増加版!』、『ホッピングロード キッズ』をメインに据えた構成。加えて、ビデオゲームにラジコンカー操作の楽しさを融合させた『GO GO Grand Prix』、ビデオゲーム筺体のコントロールパネル部分がハンドルになっている『SPEED RIDER』といったユニークなレースゲームもあり、バラエティーに富むラインアップとなっていた。

 

 

 AOUショーと言えば、豪華ゲストによる各種ステージ、発表会も見どころのひとつ。フリューのブースで行われた、新プライズ“ハローキティー カラフルバニー”の発表会にはキティーファンで知られるタレントのミキティこと藤本美貴が登場した。全身にキティーのぬいぐるみを散りばめた特注のワンピースで登場したミキティは「いままでの人生でいちばん激しい衣装です(笑)」と大好きなキティーに囲まれてニッコリ。UFOキャッチャーにも挑戦し、見事新プライズのハローキティー カラフルバニーをゲットしていた。


 

 プライズ関連の情報として、先日次回作の制作開始が発表されたKONAMIの『ラブプラス』がプライズ化されることに。展開は2010年5月ごろからで、会場にはゲームのヒロインたちが描かれた抱き枕カバー、ベッドシーツ、スポーツタオルなどが展示されていた。

 

 

※AOU 2010 アミューズメント・エキスポの公式サイトはこちら

[関連記事]セガの新カードゲーム『戦国大戦』と、『機動戦士ガンダム VS.』シリーズ最新作が発表

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

声優ユニットWake Up, Girls!、物語の舞台仙台へ凱旋――FINAL TOUR宮城公演初日オフィシャルリポート

声優ユニット、Wake Up, Girls!のFINAL TOUR仙台公演初日が2019年2月23日に実施された。

祝1周年! 『魔界ウォーズ』1周年記念インタビュー 日本一ソフトウェア新川社長が本作に懸けた思いを訊く

『魔界ウォーズ』のサービス開始1周年を記念し、日本一ソフトウェアの代表取締役社長・新川宗平氏と、クローバーラボのプロデューサー・きゃん氏にインタビューを実施した。

『Fallout 76』2019年度のロードマップが公開。新たなクエストやゲームモードを無料で追加予定

ベセスダ・ソフトワークスのオンラインアクションRPG『Fallout 76』の今秋にかけての開発ロードマップが公開された。

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売記念 巧舟が語る『逆転裁判』開発秘話とは?

2019年2月21日の『逆転裁判123 成歩堂セレクション』(Nintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One版)発売を記念し、『逆転裁判』シリーズの生みの親である巧舟氏にインタビューを実施した。

東京ゲームショウ2019の開催発表会をリポート。“もっとつながる。もっと楽しい。”をテーマに、成長するゲーム産業の姿を世界へ発信

日本最大級のゲームイベントとして、世界からも注目を集める東京ゲームショウ(以下、TGS)。今年で29回目を迎えるTGS2019の開催発表会が、2019年2月21日、東京・ホテルニューオータニにて行われた。

『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』ソフトがあたるTwitterキャンペーンを実施&オリジナルサントラが発売決定!

スクウェア・エニックスは、『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』において、ソフトがあたるTwitterキャンペーンと、オリジナルサウンドトラックの発売を決定した。

超豪華ゲストとGOTY版発売と2周年をお祝い! 新情報も飛び出した『ニーア オートマタ』公式生放送リポート

2019年2月20日、池袋にあるSTORIA(スクウェア・エニックスのシアターカフェ)で公開配信された“第8回『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』公式生放送「2周年&GOTY版発売記念」@STORIA”の様子をリポート。

“BRA★BRA FINAL FANTASY”2019年ツアー、天野喜孝氏による描き下ろしイラストを使用したツアーロゴが発表

スクウェア・エニックスは、“BRA★BRA FINAL FANTASY みんな de えらぼー!with Siena Wind Orchestra”のツアーロゴを発表した。

ゲームクリエイターを志す学生たちが参加する福岡ゲームコンテスト“GFF AWARD 2019”の観覧募集が開始

第12回福岡ゲームコンテスト“GFF AWARD 2019”の観覧募集が開始された。