携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイステーション3版『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』先行試遊リポートをお届け

プレイステーション3版『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』先行試遊リポートをお届け

2010/2/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●一騎当千の爽快感と繊細な駆け引きが同居する『無双』
 

『真・三國無双 Online』体験会

 コーエーは2010年2月9日、同社本社にて2010年2月18日に発売されるプレイステーション3用ソフト『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』のプレス向け先行試遊会を開催した。
 

 『真・三國無双 Online』は、コーエーの看板アクションゲーム『真・三國無双』シリーズをベースに開発されたオンラインタイトル。2007年にPCでサービスを開始し、複数回の大型アップデートを経て、現在はプレイステーション3版のタイトルにもあるとおり“神将乱舞”という拡張パックのサブタイトルつきで運営が行われている。ちなみにプレイ料金およびアップデートはすべて無料。プレイステーション3版は、パッケージさえ購入すれば、最新のゲーム内容を同ハードのハイスペックな表現能力でフルに堪能することができるのだ。

 

 試遊開始に先立っては、プロデューサーの藤重和博氏と開発ディレクターの越後谷和広氏よりプレイステーション3版『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』のポイントが紹介された。“一騎当千の爽快感をオンラインへ”と作品のコンセプトを語った藤重氏。「『無双』シリーズの爽快感とPC版で培った技術、サービスを存分に味わってもらえるコンテンツになっていると思います」と仕上がりに自信を見せた。越後谷氏からはゲームの概要とプレイステーション3版ならではの要素が明らかに。まず、PCからコンシューマーへ移植するに当たって操作面を見直したそうで、コントローラーだけでもストレスなくプレイ可能なインターフェースを実現したという。同氏いわく、ふつうに遊ぶ分には「キーボードもいらない」とのことだ。新たな試みとしては、PlayStation Homeに『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』のラウンジ“回廊”が、ソフト発売1週間まえの2010年2月11日よりオープンする。訪れた人には漏れなくゲーム内で使える衣装が贈られるほか、ゲーム内の外見をPS Home上で再現するためのアイテムがPlayStation Storeで販売されるとのこと。
 

『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会


 

 両氏のプレゼンに続いて、いよいよ試遊がスタート。今回はプレイステーション3版をゲーム冒頭から体験できたほか、2010年3月18日に実施予定の大型アップデート“Revolution6”で追加される新武器の確認も行うことができた。

 

『真・三國無双 Online』体験会

▲こちらが新武器の“双刃剣”。『真・三國無双4』から登場した曹丕が使用していた武器と同タイプだ。攻撃範囲はそれほど広くないが、連携がさくさくとつながる印象。

 

 ゲームを開始してまず最初に行うのは、自キャラクターの作成。性別、髪型、肌の色といった外見はもちろん、セリフの喋りかたも設定が可能。粗暴そうな外見にも関わらず口調は聡明な策士風……なんていうギャップのある武将を作ってみるのもおもしろいだろう。キャラ作成をしたらつぎは魏、呉、蜀の中から所属勢力を選択し、それが終了したらチュートリアルに突入。『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』は基本的にコンシューマー版の操作を踏襲しているので、一度でも『真・三國無双』シリーズに触れたことがある人なら問題なく遊べるはず。しかし、システム面は少し異なっており、たとえばコンシューマー版ではキャラ、または武器のレベルに依存していたチャージ攻撃の種類が、本作では一部のモードを除いてつねに初期状態からスタートする。全プレイヤーが対等の強さでバトルが開始されるので、よりプレイヤー自身の実力が勝敗を左右するのだ。チャージ攻撃を増やすには敵が落とす“仙箪(せんたん)”を集め、それを消費して“連撃強化”を行えばオーケー。ただし、仙箪ではそのほかにも攻撃、防御、体力、無双、副将といったさまざまな要素を強化することが可能なので、コンシューマー版とはまた異なった戦略的な立ち回りを求められることになる。


『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会

 

 また、『真・三國無双 Online』ならではの重要な要素と言えば“街”の存在。同勢力の仲間たちが集うこちらでは、さまざまな“特務”(クエスト)の受注やアイテムの売買を行うことができる。特務をこなして得た軍資金で装備を整え、他勢力との戦闘“激突”や“争奪”に向かうというのがゲームの基本的な流れになるが、それ以外にも消費アイテムを合成したり、服をカスタマイズ可能な“錬成”という要素などが街には用意されているので、そちらに楽しみを見い出すという遊びかたももちろんオーケーだ。

 

『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会

 

 チュートリアル終了後には、試遊会のために用意されたキャラクターを使い、別会場に控えた開発スタッフとの“乱戦”も実施。これは『真・三國無双 Online』の目玉とも言えるモードで、最大12対12対の対戦が楽しめる。今回はプレス陣と開発スタッフからそれぞれ6人ずつ参戦し、残りはCPUというルールとなった。乱戦の勝利条件は敵の兵糧ゲージをゼロにすることで、敵の兵糧庫にある火薬箱を破壊したり、2分間拠点を保持し続けることで、ゲージは減少していく。また、連続攻撃の回数を決める連撃強化は開始時からマックスの状態。100パーセントのぶつかり合いを最初から楽しめるというわけだ。

 

『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会

 

 記者はこれまでコンシューマー版の『真・三國無双』シリーズはほとんどプレイしていたが『Online』は初体験。ということで、多人数で遊ぶ『真・三國無双』の醍醐味が味わえる乱戦は発見の連続だった。『真・三國無双』シリーズは以前から対戦、協力プレイを搭載していたが、個人的にそれらは同じ戦場に仲間がいるだけというだけで、ともに戦っているという感覚は薄かった。システム的な問題か、そもそもゲーム的にそういった感覚を得にくいのか……といろいろ理由を考えていたがわからなかった。しかし、今回乱戦を体験したことで、シンプルに“人が少なかったから”という結論に辿り着いた。拠点を攻めようとしたら人間の操作する武将たちに囲まれたときの絶望感、ひとりの武将を6人がかりで袋叩きにする優越感、火薬箱を攻撃する仲間をスクラムで守る結束感、そしてなによりも大人数の“意思をもった”武将たちが入り乱れて戦う混沌が、ともに戦っている感を刺激してくれるのだ。

 

 また、ある程度大雑把な攻撃でもイケイケどんどんで倒せてしまった敵武将たちは、操作するのがコンピューターから人間に代わるとかなり具合が変わってくる。お互い、間合いを読み合い、一瞬の油断を突いて攻撃を仕掛けるという、非常にアツい駆け引きが生まれるのだ。一騎当千の爽快感がウリの『無双』シリーズは、そういった繊細な部分とイイ意味でかけ離れていると記者は思っていたが、『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』をプレイして考えを改めたのであった。

 

『真・三國無双 Online』体験会
『真・三國無双 Online』体験会


 

 試遊会の合間には開発プロデューサーの藤重氏と開発ディレクターの越後谷氏にインタビューも敢行。PCからプレイステーション3へ移植するに当たっての苦労、また記者のようにコンシューマー版しか遊んだことがない人へのアピールポイントなどを聞いた。
 

『真・三國無双 Online』体験会

▲プロデューサーの藤重氏(左)と開発ディレクターの越後谷氏(右)。

――『真・三國無双 Online』が、通常の『真・三國無双』シリーズと大きく異なる部分はどこでしょうか?

藤重和博氏(以下、藤重) 『真・三國無双』シリーズは、アクションはもちろん、シナリオやキャラクターもしっかり作っていますので、いろいろな楽しみかたができる作品だと思います。そこで、『真・三國無双 Online』ではその中から、アクションの部分をクローズアップして、いろいろな人と対戦などができたらどういう風におもしろさが広がっていくんだろう? という挑戦をしてみました。みんなでひとつのワールドを共有し、ともに戦いときにライバルとして対戦するのは、オンラインでしか表現できないことですから。

越後谷和広氏(以下、越後谷) 『無双』シリーズを我々は“タクティカルアクションゲーム”と呼んでいるのですが、その根底に立ち返ったのが『真・三國無双 Online』でしょう。爽快なアクションは当然ですが、タクティカル(戦術性)の部分をさらに練り込んだわけです。多人数での協力、対戦を『無双』のアクションで表現したところにぜひ注目してほしいです。

 

――プレイステーション3へ移植するに当たって苦労した点はありますか?

藤重 PC版でできることがプレイステーション3版でできなかったり、その逆があってはまずいので、そこの調整が大変でしたね。

越後谷 対戦要素があるゲームなので、すべてのプレイヤーができるだけ同じ条件で遊べなくてはいけません。それがいちばん難しいところだったのですが、プレイステーション3版はかなりキレイなグラフィックで、ほぼPCと同じ条件で戦えるように仕上げられたと思います。グラフィック表現としてはPC版の高品質くらいでしょう。

 

――プレイステーション3向けの最適化は、具体的にどういった部分で行われているのでしょうか?

藤重 アクションゲームなので、PCでもコントローラーだけで遊べるようには作ってありました。ただ、PCの場合は必ずキーボードがセットになっているので、専用のショートカットキーをいろいろと設けていたんです。一方、プレイステーション3では全員がキーボードを用意するわけではない。そこで、キーボードがないという前提でショートカットキーを始めボタン配置の優先度を改めて検討しました。チャットを思い切り楽しみたいという人にはさすがにキーボードがあったほうが便利でしょうけど、ふつうにプレイする分には、他のユーザーとのコミュニケーションも含め、コントローラー操作でストレスを感じることはないでしょう。

 

――PS Homeのラウンジ“回廊”が発表されましたが、あちらではどんな展開を考えているのでしょう?

藤重 具体的な時期は決めていないのですが、ラウンジ内でイベントを開催すべく動いています。内容、規模ともに検討中ですが、ただ見ているだけではなくユーザーの皆さんが参加して楽しめるようなものにできたらいいですね。

 

――プレイステーション3版の発売を待つユーザーへ向けてメッセージをお願いします。

藤重 PC以外でも『真・三國無双 Online』は遊べないのか? という要望を以前からいただいていたので、そういった待ち望んでくれていた方たちへようやくお届けすることができてうれしく思います。『無双』シリーズというタイトルに初めて触れる人も満足できる内容になっているので、ぜひ皆さんに遊んでほしいですね。

越後谷 『真・三國無双 Online』は全国の『無双』ファンの中から猛者が集う場所になると思います。キャッチコピーも“最強は誰だ?”なので、我こそはと思う人はぜひ自分の力を試してください。もちろん、『無双』シリーズがはじめてという方も大歓迎なのでひとりでも多くの人が参加してくれることに期待しています。
 

※『真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

シリーズ初のVR作品『みんなのGOLF VR』レビュー。リアルなコースに立ち身体全体を使ってスイングする、空前のゴルフゲーム体験!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2019年6月7日発売予定のプレイステーション4(プレイステーション VR必須)用ソフト『みんなのGOLF VR』のレビューをお届けする。

【FGO】アサシンピックアップのおすすめは? クラス別ガチャ10連リポート

『Fate/Grand Order』(FGO)で本日5月21日(火)に更新された“クラス別ピックアップ召喚”のガチャリポートをお届けします。

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』“エオルゼアパート”の撮影現場に潜入。会議室には広大なエオルゼアの世界があった!!

2019年3月、都内某所にて行われた、『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の“エオルゼアパート”の撮影現場に潜入。いったい“エオルゼアパート”とは何なのか? その秘密を紹介しよう。

SIEがゲームIPの映画・テレビ化を進める新スタジオ“PlayStation Productions”を設立

米国メディアの“The Hollywood Reporter”は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが映画やテレビ作品を手掛ける部門“PlayStation Productions”を新たに立ち上げたことを報じた。

ゲオが5月13日〜5月19日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表。PS4『イース セルセタの樹海:改』が初登場1位を獲得

ゲオホールディングスが、2019年5月13日〜5月19日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表。

『レインボーシックス シージ』「努力は報われることが分かった」Empire JoyStick、EG nvKインタビュー【シーズン9 Finals】

2019年5月18日〜19日(現地時間)にイタリア・ミラノで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』のプロリーグ シーズン9 Finals。ここでは、本大会決勝に出場したTeam EmpireとEvil Geniusesのショートインタビューをお届けする。

【動画あり】『キングダム ハーツ』版の衣装がクラウド&スコールに実装! バトルシステムの調整も発表された『ディシディアFF』&『NT』合同公式生放送まとめ

2019年5月20日の20時より、YouTubeとニコニコ生放送で配信された “【2019.5.20】DFFアーケード&NT合同公式生放送 〜5月アップデート特集〜”の発表内容をまとめてお届け。

【獺祭 島耕作】島耕作と日本酒“獺祭”が令和コラボ。5月1日に絞った“獺祭三割九分”を記念ボトルとして限定10000本販売

『島耕作シリーズ』と旭酒造のコラボ商品、“獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 島耕作 令和記念ボトル”の発売が決定。

【5/24公開】圧倒的熱量のアニメ映画『プロメア』ロングPVが公開。『グレンラガン』『キルラキル』のTRIGGER新作はどうなる!?

2019年5月24日公開予定の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』のロングPVが公開された。

PS4/Switch『PixARK』クラフトの情報を公開。魔法やグリフォンなどファンタジー要素と、冷蔵庫、エアコンなどの生活家電が共存する世界観

2019年7月4日発売予定のプレイステーション4/Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『PixARK(ピックスアーク)』のクラフト情報が公開。