携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 第13回文化庁メディア芸術祭の受賞者シンポジウムに宮本茂氏が登壇

第13回文化庁メディア芸術祭の受賞者シンポジウムに宮本茂氏が登壇

2010/2/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「自信を持って制作していれば、評価してくれる人は必ずいます」(宮本)

 

 2010年2月3日〜2月14日まで、都内の国立新美術館にて、文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会が主催する“第13回文化庁メディア芸術祭”が開催されている。すでにお伝えしているとおり、今年はエンターテインメント部門でバンダイナムコゲームスのプレイステーション3用ソフト『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』が優秀賞を獲得したほか、業界の発展に多大な貢献をもたらした人物へ贈られる“功労賞”を任天堂の宮本茂氏が受賞。2010年2月5日には、功労賞受賞者シンポジウムが実施された。

 

 

 登壇者は宮本氏とエンターテインメント部門の主査を務めたスクウェア・エニックスの河津秋敏氏。河津氏の司会進行のもと、宮本氏のモノ作りに関する考えかたなどが語られていった。

 

 

 宮本氏は最初に「若いころは自分の作ったものが売れると、自分も有名になりたいという意欲があったかもしれないが、作ったものがすべて」とし、「どこで作っているかというよりも誰が作っているのかが重要。有名になりたい、世界で羽ばたきたいという憧れは大切だが、自分が自分の足元をちゃんと見て作ってほしい。自信を持って制作していれば、評価してくれる人は世界に必ずいます」とこれから芽が出る若いクリエーターへエールを送った。

 

 スクリーンで自身の歴史のダイジェストとも呼べる映像を流し、任天堂入社以前のエピソードから語り始めた宮本氏は、「小学生時代は人形劇の人形を作る人、中学生時代は漫画家に憧れていた」と述べ、その後も絵を描くことへの愛着を持ち続け、工業デザインを大学で学び、その流れで任天堂へ入社したという。

 

 任天堂へ入社した当初は、主に玩具の制作を行っていた宮本氏だが、『スペースインベーダー』の大ヒットで空前のゲームブームが巻き起こり、会社が本格的にゲーム事業へ乗り出したことを機に、ゲーム開発へ携わることに。そして、記念すべき第1作目『ドンキーコング』が登場。『ドンキーコング』制作時に描いたスケッチをもとに『ドンキーコングJR.』などの連作を発売し、「これを家庭でも遊べるようにしたのがファミコンです」(宮本)と語った。

 

 宮本氏は『スーパーマリオブラザーズ』の開発経緯についても言及。当時は、カートリッジよりも容量の大きなディスクシステムの開発も進んでおり、宮本氏はカートリッジでの最後の作品にしようという考えで開発を行ったという。しかし、最後のつもりで作った作品が空前の大ヒット。さらに、『ドラゴンクエスト』の発売も重なりファミコンは社会現象とも呼べるほどの人気を獲得した。

 

 過去の作品を見ながらゲーム作りに関する考えかたを語る宮本氏だが、これまでの考えかたを変えたのが『nintendogs』だという。いままではゲームを遊ぶ人を前提にゲームを作っていたが、「ゲームを遊ばない人はおもしろくないのでは?」(宮本)とし、ニンテンドーDSのタッチペンを使ったゲームを制作。「(タッチペンで)触るといえば“犬”だろうということで、『nintendogs』を作りました」と語った。また、印象的だったのが『Wii Fit』の開発経緯について。宮本氏が自宅で体重を計測し、グラフをつけていたところ、体重の増減によって「がんばっているね」、「サボってない?」と家庭内でコミュニケーションが生まれたという。「この家族でのコミュニケーションを家庭用ゲーム機で出したかった」と宮本氏は述べた。

 

 講演の最後では、これからの展開についても語られた。マクドナルドで展開中の“マックでDS”、千葉県の舞浜にあるショッピングモールのイクスピアリで行われていた“イクスピアリ・ニンテンドーDSガイド”といった、ニンテンドーDSのさらなる広がりとして、新たなシステムを開発中であることを明かした。その内容は、美術館の音声ガイドの配信や学校で教師と生徒がコミュニケーションをとるためのシステムで、2010年春発売予定だという。

 

※文化庁メディア芸術祭の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Switch/PS4『冥契のルペルカリア』の体験版が公開。小劇団を舞台に可憐なヒロインとの切なく悲しい物語を描いた恋愛アドベンチャー

2022年5月19日(木)、エンターグラムは、2022年6月23日(木)に発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『冥契のルペルカリア』について、体験版を公開した。

大型のゲーミングデバイスを安全に持ち運べる“マルチゲーミングリュック”が登場。大型アケコンやヘッドホンなどのガジェットを細かく分けて収納可能

ライラクスは、ゲーミングデバイス一式をまとめて収納できるマルチゲーミングリュックを発表した。2022年6月に発売予定で、価格は14080円[税込]。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 新バトルコンテンツ“深淵の咎人たち”に挑戦してきました!(第377回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX オンライン』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままにまったりと冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第377回(通算477回)。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』のSwitch版が10月27日に発売決定! 病んじゃうヒロインを人気配信者に育成するアドベンチャー

 ワイソーシリアスは、2022年1月21日にSteamでリリースされた『NEEDY GIRL OVERDOSE』について、Nintendo Switch版を2022年10月27日に発売することを発表した。

Switch『新テニスの王子様 LET’S GO!! 〜Daily Life〜 from RisingBeat』が2022年秋に発売。総勢62名のキャラクターが登場するドキュメンタリーADV

ブシロードは、Nintendo Switch用ゲーム『新テニスの王子様 LET’S GO!! 〜Daily Life〜 from RisingBeat』を2022年秋に発売することを発表した。合わせてキービジュアルとPV、ティザーサイトが公開されている。

【週間PVランキング】リニューアルが迫るPS Plus。プレイ可能タイトルのラインアップが注目の的に【5/13〜5/19】

ファミ通ドットコムで2022年5月13日〜5月19日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届け。

ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』のアーリーアクセス版がSteamにて配信。1章での選択で主人公の運命が大きく変わる

2022年5月21日(土)、PLAYISMは、ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』について、本編第2章まで遊べるアーリーアクセス版をSteamにて配信開始した。

『常世ノ塔』6月2日にSteam版がフルリリース&同日よりSwitch版の配信も決定! 24時間ごとにランダム生成される不思議な塔に挑む2Dアクション

2022年5月21日(土)、PLAYISMは、Nintendo Switch、PC(Steam)用ダウンロードソフト『常世ノ塔』(とこよのとう)を6月2日(木)に正式リリースすると決定した。

『FF7 ザ ファーストソルジャー』で人気ロックバンド・MAN WITH A MISSIONとのコラボイベントが開催中。5匹の究極の生命体がボスとして登場!

スマホ向けゲーム『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』にて、人気ロックバンド・MAN WITH A MISSIONとのコラボイベントが開催中。コラボイベントの開催期間は2022年6月2日(木)10:59まで。

【ヒロアカ】トガヒミコの1/7スケールフィギュアが予約受付スタート。トロンとした瞳と歪んだ表情、すべすべに加工されたお肌がカアイイねえ

『僕のヒーローアカデミア』に登場するトガヒミコ(渡我被身子)フィギュアが発表。受注生産の受付が2022年5月20日から始まった。