携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「自分が好きだと思えるものだけやればいい」――名越氏が未来のクリエーターにエール

「自分が好きだと思えるものだけやればいい」――名越氏が未来のクリエーターにエール

2010/1/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「年をくったら、やれなくなる。そういう時代は来る」

 

 2010年1月29日、都内にあるIT関連およびデジタルコンテンツの人材育成スクール、デジタルハリウッド東京本校にて“曽利文彦×名越稔洋 トップクリエイター対談”と題した講演が開催された。これは、同校の1年制・選抜制“本科”コースの特別授業として実施されたもので、講演名にあるふたりによる特別講義および対談が行われた。

 

 曽利氏は、歴史的ヒットを記録した映画『タイタニック』にCGアニメータとして参加。3DCGを効果的に使用した実写映画『ピンポン』で監督デビューも果たし、その後『アップルシード』、『ベルシク-2007 日本鎖国-』で、“3Dライブアニメ”と呼ばれるCGとアニメ的表現をハイブリッドさせた映像を確立し、世界的に高い評価を得ている。2009年12月には、その表現をさらに進化させた最新作『TO 楕円軌道』、『TO 共生惑星』をリリース。日本を代表する3DCGクリエーターとして、業界の第一線を走り続けている。同氏は特別講義で、自身の経験をとおして、学生たちに3DCGを制作するうえでの心意気とも言えるものを伝授。3Dライブアニメという表現を続ける理由について、ハリウッドなどの世界を相手にするうえでは「日本のよいところで世界に突っ込み、自分たちにしかできない手法」でやる必要があると説明した。一方で、3Dライブアニメにこだわっているわけではなく、あくまで「ひとつのスタイル」とも語る曽利氏。「世界で成功するにはモノマネをしないこと。マネじゃないものができて初めて、世界と同じフィールドに立つことができる」と、クリエーティブに対する姿勢を学生たちに説いた。


KN2_4799
KN1_7105


 

 続いて特別講義を行った名越氏は、ファミ通.com読者には説明の必要もないと思うが、セガの『龍が如く』シリーズで総合監督を務める、日本屈指のゲームクリエーター。同氏の講義も曽利氏同様、技術面ではなく精神面のアプローチからクリエーティブという行為への持論を展開する内容となった。
 

KN1_7165

 名越氏は、国内ゲーム市場が過渡期に入り、より大きな市場を求めて世界を目指す作品が数多く見られるようになってきたが「アメリカ人のふりして作ってもアメリカ人には負ける」と断言。加えて、より多くの人に受け入れてもらいたいという考えかたでクリエーティブすることは「ボンヤリした作品」につながるとも語る。同氏は自身の代表作である『龍が如く』シリーズが、「海外は捨て、女、子供はいらない」という考えであったにも関わらずヒットしたことを例に挙げ「ヒットの条件は認知度が高いが、誰もやっていないこと」に挑戦することであると説明。ご存知のとおり、『龍が如く』シリーズは極道の世界を舞台にしたアダルトな雰囲気が魅力のアドベンチャーゲーム。こういったジャンルの作品は映画で数多く見られるが、ゲームにおいては同シリーズが出てくるまでほぼ皆無に等しかった。名越氏の語る、ヒットの条件が完全に当てはまるというわけだ。とは言え、やはり新たな試みにはリスクがつきもの。第1作目を作るときは「もしハズれたらクビになってもかまわない」という覚悟を持って開発に臨んだという。

 

 『龍が如く』シリーズは、物語の内容はもちろん、ゲーム全体のボリュームもかなりのスケールだ。にも関わらず、1年に1作という、この規模のタイトルとしては驚異的とも言えるスピードでリリースを続けている。発売スパンの短さにも、名越氏のこだわりがあるという。第1に作品の存在を忘れられないため、そしてもうひとつは前作のヒットが「たまたまのものだと思われてはいけない」という考えによるもの。続編タイトルには必ず「前作を超えるもの」という期待が集まる。それに応えることで掴んだマーケットは、一過性のものではなく本物である、と名越氏は思っているそうだ。
 

KN2_4921

▲シリーズ最新作、プレイステーション3用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』も、前作から約1年となる2010年3月18日発売予定。

 

 講義の中では、3DCG表現への言及も行われた。3DCG表現では「キレイ、なめらか、カッコよく」という部分が重視されがちだが、それは違うと名越氏は話す。技術の進歩により、プロもアマチュアもほぼ同じ機材を使うようになったいま、目指すべきは「観る人を揺さぶるような」表現であるという。つまり、“質”よりも“見せかた”というわけだ。名越氏は、3Dで何かを表現するためには「ものごとの裏を知らなければいけない」と続け、3D表現をする人たちには「好奇心と行動力がある」であると分析。探究心をストレートに追求して物に対する見かたを増やす、それが技術につながっていく、と学生たちに呼びかけた。

 

 最後に名越氏はクリエーターを目指す若者へのメッセージとして、いま何をやるべきかという問いに「好きなことをしなさい」とコメント。「年をくったら、やれなくなる。そういう時代は来る。10個やろうと思うことがあって、そのうち3つしかできなかったとしても、“7つできなかった”と考えるのではなく、ほかの人よりも3つ伸ばすことができたと思うべき。いまは、自分が好きだと思えるものだけやればいい、最高の時間だと思います」(名越)。
 

KN1_7191

▲曽利氏、名越氏の対談では、技術の進化でプロもアマも関係ない時代が来ているという点で意見が一致。「言いわけができないので、人間力で勝負する時代。我々はそこで、プロと言われる所以を見せなければいけない」(名越)と語った。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

劇場アニメ『ARIA The CREPUSCOLO』Blu-rayが8月18日発売決定。広橋涼&佐藤利奈&茅野愛衣コメント映像も到着!

松竹は、劇場アニメ『ARIA The CREPUSCOLO』について、Blu-rayを2021年8月18日(水)に発売する。

Steam版『デジボク地球防衛軍』が5月27日に発売決定。発売日より1週間、20%割引のローンチセールを実施予定

ディースリー・パブリッシャーは、PC(Steam)版『ま〜るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍EARTH DEFENSE FORCE:WORLD BROTHERS』を2021年5月27日(木)に発売決定。また、発売日より1週間は、20%割引で購入できるローンチセールを実施予定。

『大航海時代IV with パワーアップキット HD Version』Steam版のプレオーダーとSwitch版の予約受付が開始

コーエーテクモゲームスは、2021年5月20日(木)に発売予定のSteam、Nintendo Switch用ソフト『大航海時代IV with パワーアップキット HD Version』について、Steam通常版と30周年記念デジタル版のプレオーダー、Nintendo Switch版の予約受付を開始した。

PS5コントローラーに新色登場。“ミッドナイト ブラック”と“コズミック レッド”の2色が6月10日発売!

プレイステーション5のDualSense(デュアルセンス)ワイヤレスコントローラーに“ミッドナイト ブラック”と“コズミック レッド”の2色が登場することが発表された。発売日は2021年6月10日とのこと。価格は“ミッドナイト ブラック”が7678円[税込]、“コズミック レッド”が8228円[税込]となる。

【ソフト&ハード週間販売数】『New ポケモンスナップ』『バイオハザード ヴィレッジ』が好セールスを記録! PS5は累計販売台数70万台を突破!!【4/26〜5/9】

ファミ通発表の売上ランキング。今回は2021年4月26日〜5月9日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

『<物語>シリーズ』忍づくしの一番くじの発売が決定。A賞“忍野忍 フィギュア”は新規描き下ろしイラストを立体化【ぱないの!】

2021年9月4日より、“一番くじ 〈物語〉シリーズ 〜儂づくしのくじじゃと?! ぱないの!〜”が全国の書店、ホビーショップ、ゲームセンターなどにて発売されることが発表された。

PS5版『マニフォールド ガーデン』が5月20日に発売決定。ニンテンドーeショップでSwitchダウンロード版の予約受付がスタート

“PLAYISM”は、2021年5月20日(木)発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『マニフォールド ガーデン』について、プレイステーション5ダウンロード版を同日に発売することを決定した。

『ポケモン』ガーデニングがテーマのグッズが本日5/13より発売。ゲームに登場した“ゼニガメじょうろ”を見事に再現

『ポケットモンスター』に登場するくさタイプのポケモンたちをメインに描いた商品“Pok?mon Grassy Gardening”が、2021年5月15日に発売。オンラインではひと足先に5月13日より販売開始となる。

Switch『オールモスト・ゴーン』が5月27日に発売。視点を変えながら立体的なステージを攻略する謎解きパズルアドベンチャー

ハイブリッド・スクアードは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『オールモスト・ゴーン』を2021年5月27日(木)より配信開始する。

『地球防衛軍2 for Nintendo Switch』パッケージ画像、各種特典情報が公開。初回特典で陸戦兵用の限定武器“スティング・ショット”などがもらえる

ディースリー・パブリッシャーは、 2021年7月15日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『地球防衛軍2 for Nintendo Switch』について、パッケージ版の製品画像、初回購入でもらえる特典、各店舗ごとの特典を公開した。