携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> これまでにない斬新な戦闘システムが爽快さへと誘う『エンド オブ エタニティ』

これまでにない斬新な戦闘システムが爽快さへと誘う『エンド オブ エタニティ』
【プレイ・インプレッション】

2010/1/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●斬新なだけに、システムの深い理解が必須とされるが、戦略性と爽快感を兼ね備えた1作

 セガの『エンド オブ エタニティ』は、3人が重火器を用いて戦いながら、階層世界の謎に迫っていくRPG。もっとも特徴的なのはその戦闘システムだ。独創的なシステムを持つ本作を、ファミ通Xbox 360を中心にレビューや攻略記事を担当してきた古株ライター、石井ぜんじがインプレッションする。


eoe04
eoe05
eoe06

▲主人公たち3人は、階層世界バーゼルの4階層にある“エベル・シティ”に住んでいる。各階層を移動しながらストーリーは進んでいく。


●戦闘システムの理解がおもしろさにつながる

 本作のジャンルはロールプレイングであるが、ストーリーやキャラクター以上にその戦闘システムに特徴がある。戦闘システムをウリにしているロールプレイングは数多いが、その中でも本作のシステムは異色だ。通常の場合、いくらシステムに凝っているといっても、そこはロールプレイング。戦いをこなして成長させれば、レベルアップの力でゴリ押しできる。ところが本作は、そのようなタイプの作品ではない。間違った方法で戦っていると、なかなか先に進むことは難しいだろう。その点はアクションゲーム並みにシビアであり、ロールプレイングというよりは、むしろシミュレーションゲームに近い。
 しかしだからこそ、本作の戦闘システムはおもしろい。システムを理解することにより、強敵を倒すことができたときの喜びは格別なものがある。ここでは本作の特徴をレビューするとともに、始めたばかりのプレイヤーが陥りがちな失敗についてもコメントしていこう。

●初心者の罠〜単発での攻撃には危険が潜む

 マニュアルを読んだり、闘技場でのチュートリアルを体験すれば、本作の戦闘システムについてある程度理解できるだろう。だがいざ戦闘となったとき、プレイヤーは敵に対してどのような行動を起こすだろうか? 敵の正面に立ち、ゆっくりとチャージし、銃撃するのではないだろうか。
 ところが本作においては、それは危険な行為なのである。ゆっくりとチャージしているあいだは無防備なので、敵の攻撃が3人のうちの誰かに当たってしまう可能性が高い。なによりも、そんな単発な攻撃では爽快感に欠ける。
 このような単発のノーマル・アタックをくり返し、盛り上がらない戦闘にかろうじて勝利しても達成感は薄い。そしてすぐに、倒せない敵と遭遇してしまうことだろう。場合によっては、システムを理解しないまま投げてしまうことにもなりかねない。
 だが安心してほしい。本作の戦闘システムはやや特殊だが、理解すればちゃんと爽快に敵を撃破していけるものなのだ。インビンシブル・アクションと呼ばれるシステムが、本作の戦闘における最大のキモといえる。
 

eoe07
eoe08
eoe09

▲単発の銃での攻撃は、あまり相手にダメージを与えられない。それどころか危険も潜んでいる。それを理解しないで遊んでいてはもったいない。 


●“インビンシブル・アクション”が勝利へのカギを握る

 インビンシブル・アクションとは、I.S.ゲージを消費しながら、移動しつつ銃撃するというシステムだ。だがこのシステムを使おうとしたときに、引っ掛かるのがゲージを使って攻撃する、というところである。

 本作を始めたばかりの人は、敵を攻撃してゲージを溜め、それを使ってより強い攻撃をするという、格闘ゲームの必殺技のようなものをイメージするかもしれない。しかしI.S.ゲージをよく見てみると、3つゲージが溜まったところから戦闘開始となるのがわかるだろう。これはどういうことであろうか。
 本作の戦闘はインビンシブル・アクションを使いまくり、敵にダメージを与えることで減ったゲージを回収していく、といった流れとなる。インビンシブル・アクション中は無敵で、爽快に敵を攻撃できる。この攻撃をいかに連続して行っていくか、その戦略が戦闘のキーポイントなのだ。
 もちろん、単に移動する、というアクションも場合によっては必要となる。移動すれば敵を誘導したり、安全でインビンシブル・アクションのやりやすい場所を確保できる。しかし単に逃げているだけでは、いつかやられてしまう。I.S.ゲージを回復させるには、やはりインビンシブル・アクションを行わなければならない。本作の戦闘システムが要求するのは、攻撃は最大の防御、という考えかたなのである。

eoe13
eoe14
eoe15

▲攻撃しつつゲージを溜めるのではなく、ゲージを使って攻撃しながらゲージを維持、または増やしていく。いかに途切れずに攻撃し続けられるかが勝負のポイントだ。


●基本を理解したあとに、さらに奥深い戦闘が待っている


 インビンシブル・アクションを行う場合、どこまで走って撃つのか、その行動の終点を指示する必要がある。このとき、残りのふたりを結ぶ直線と、インビンシブル・アクションのラインが交錯していれば、青い直線が引かれる(交錯していない場合は赤い直線)。青い直線を引いたときにインビンシブル・アクションを行うとレゾナント・ポイントが溜まっていき、ポイントが溜まれば3人が同時に走って攻撃できるレゾナンス・アタックを仕掛けられる。
 レゾナンス・アタックは強力な攻撃だが、くり出すまでにインビンシブル・アクションという仕掛けが必要だ。効果的にレゾナンス・アタックを使っていくためには、二手、三手先を読んでインビンシブル・アクションで走る方向を決めていかなくてはならない。それは一種の思考パズルであり、高い戦略が必要とされるゆえんだ。
 また銃で与えるダメージの種類も、スクラッチ・ダメージとダイレクト・ダメージの2種類がある。ここでは深く説明しないが、このダメージシステムは武器の使い分けや、3人の攻撃順番などに関係してくる。さらに敵の弱点の見分けかた、敵に応じた武器選択など、システムに関して語れることは数多い。強敵と出会い、とても勝てないと思っても、それは何か見落としているポイントがあるのだ。

eoe01
eoe02
eoe03

▲レゾナンス・アタックは3人で同時にくり出す強力な攻撃。そのほかダメージシステムや武器の性能など、システムを理解すればするほどおもしろくなる。


●ゆとりを脱出し、真のおもしろさに到達できるか


 これまで紹介してきたように、本作は戦闘システムを理解すればするほどおもしろくなってくる。だが問題は、ユーザーが最初に試みようとする感覚的なプレイが、インビンシブル・アクションの要求する遊びかたと異なっている、というところだ。これがもう少し前例のあるシステムであれば、それほど抵抗なく受け入れられるであろう。だがオリジナリティーが高いがゆえに、戦いかたのコツをつかむまで苦労するかもしれない。これは戦闘システムだけでなく、ワールドマップのシステムについてもいえる。客観的に見れば、それは欠点といえるかもしれない。
 ヒット作を産み出した先人の開発者の言葉によれば、ゲームは斬新であればよいというわけではなく、一歩か二歩くらい先に進んでいればいいそうだ。それに比べて本作は、五歩か六歩は先んじているように、筆者には思える。
 だがそれは、いままでにないおもしろさがあることに他ならない。戦闘システムに新しさを求めたり、自分で攻略法を編み出すことに喜びを感じるユーザーにとって、本作はこのうえない贈り物になるだろう。ぜひとも途中で投げ出さず、本作の魅力を存分に味わってほしい。

eoe10
eoe11
eoe12

▲ゲームゆとり世代にはきびしいかもしれない本作のシステム。しかしこれを乗り越えてこそ、シナリオを達成していく本当の喜びが得られるだろう。

 

Text by 石井ぜんじ 

 

筆者紹介 石井ぜんじ

eoeishi04ファミ通Xbox 360誌でクロスレビュー、攻略を担当する古株ライター。ゲームの文章を書き始めてから20数年、飽きずに続けております。過去に『NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)』シリーズ攻略本、『シュタインズ・ゲート公式資料集』に参加。『公式資料集』はディープな内容に仕上がりました。これからも本の作りがいのある、魅力的な作品を期待したいですね。


『エンド オブ エタニティ』
■機種:プレイステーション3、Xbox 360
■発売元:セガ
■発売日:2010年1月28日発売
■価格:7980円[税込]
■テイスト:SF・銃
■ジャンル:RPG
■プレイ人数:1人
■通信機能:なし
■CERO:12歳以上対象
■備考:プロデューサー:島野光弘(セガ)、ディレクター:勝呂隆之(トライエース)、開発:トライエース

※『エンド オブ エタニティ』の公式サイトはこちら

 
[石井ぜんじの過去のレビュー記事]
※ゲーム性のクオリティーアップが世界への没入感をより高める『アサシン クリードII』インプレッション
※時間という禁断のテーマに挑んだ本格派ノベルゲーム『シュタインズ・ゲート』インプレッション
※じっくりと余韻を楽しみたい大人のギャルゲー『ドリームクラブ』インプレッション
※プレイヤーの腕がしっかり反映される『バイオニック コマンドー』インプレッション
※戦略性がほどよくアクションに融け込んだ絶妙のバランス『真・三國無双5 Empires』インプレッション

(C)SEGA
 Developed by tri-Ace Inc.

 

【プレイ・インプレッション】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界をサウンドで構築。ハッキングやボイスチェンジャーの制作秘話も【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が開催された。その中で行われたセッション『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』に関するセッション、“世界観を演出するゲームオーディオ制作- NieR:Automata における事例 -”をリポート。

『Fate/Grand Order Arcade』期間限定“クリスマス限定召喚2018”が12月13日より実施。コラボカフェも2019年1月下旬に開催決定

FGO ARCADE PROJECTは、稼働中のアーケード用ゲーム『Fate/Grand Order Arcade』について、“クリスマス限定召喚2018”を開催することを発表した。

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』に収録される『キングダム ハーツ』テーマソング『光』がPS Plus限定で12月25日より先行配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2019年1月配信予定のプレイステーション VR用ソフト『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』について、PS Plus加入中を対象に、同作に収録される『光』を、12月25日より先行配信することを発表した。

『ドラゴンクエスト』の世界をVR体験させるには? 堀井雄二氏も没頭した『ドラゴンクエストVR』制作秘話【CEDEC+KYUSYU 2018】

 2018年12月1日、福岡・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が行われた。その中で行われた、セッション“ドラゴンクエストVRで実現した、新しい冒険の形!”の模様をお届け。

レベルファイブの梁井信之氏と長野拓造氏が秘蔵資料をふんだんに交え語る、ゼロからヒット作を生み出すアイディアの秘訣【CEDEC+KYUSHU 2018】

CEDEC+KYUSHU 2018で行われた、レベルファイブの屋台骨を支えるふたり、梁井信之氏と長野拓造氏によるセッション“レベルファイブ アート制作術〜ゼロからイチのアイディアを生み出す秘訣〜”をお届けしよう。

『Anthem』VIP体験版が2019年1月25日より配信、全プレイヤー向け体験版は2月1日からスタート

エレクトロニック・アーツは、2019年2月22日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『Anthem(アンセム)』について、体験版の配信スケジュールを公開した。

『バイオハザード RE:2』&『デビル メイ クライ 5』合同オリジナルステッカーがもらえるキャンペーンがスタート

カプコンは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:2』と2019年3月8日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『デビル メイ クライ 5』について、Coming Soonキャンペーンを実施。

山下七海さんがファミ通チャンネルにやってくる! 特別企画“ななみんと『PUBG MOBILE』”2018年12月13日(木)配信決定!!

声優の山下七海さんが、リスナーの皆さんといっしょに『PUBG MOBILE』をプレイする特別企画“ななみんと『PUBG MOBILE』”が、2018年12月13日(木)21時30分よりニコニコ生放送のファミ通チャンネルにて配信されることが決定した。

『Dead by Daylight』パッケージ版発売記念イベントが開催、“DARKNESS AMONG US”のデモプレイが初披露に

2018年12月9日、『Dead by Daylight(デッド バイ デイライト)』パッケージ版の発売記念イベントが開催された。その模様をお届けする。

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』ブラックアウトで勝利するためのポイントを解説

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』特設サイトを更新。ブラックアウトで勝利するためのポイント解説第1弾を公開。