携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ライブイベント“平成東京”に、今井麻美、長谷川明子、又吉愛のユニット、DG-10が登場!

ライブイベント“平成東京”に、今井麻美、長谷川明子、又吉愛のユニット、DG-10が登場!

2010/2/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●イベント直後にトリオ・ザ・DS-10との合同インタビューも!

 

dg03

 2010年1月21日、恵比寿リキッドルームにてバンドやDJ、アイドルなど、現在の日本を象徴するカルチャーに関するアーティストが出演するライブイベント“平成東京”が開催され、そこに声優の今井麻美、長谷川明子、又吉愛によるボーカル・シンセサイザーユニット、DG-10が出演した。

 

 DG-10とは、ニンテンドーDSでシンセサイザーを再現したソフト『KORG DS-10』などを手掛けた佐野電磁氏がプロデュースするユニット。今井麻美、長谷川明子、又吉愛らはそれぞれ、シンセサイザーの主要機能を表したVCO、VCF、VCA役になり、3人でひとつのDG-10というシンセサイザーになっているのがコンセプトだ。

 

 『VCO-VCF-VCA』の曲とともに入場してきたDG-10は、最初に自己紹介を兼ねたトークからスタート。それぞれ、VCO、VCF、VCAがシンセサイザーでどういう役割を担っているのかを紹介しつつ挨拶をしていると、又吉が突然「じつは私も愛称が欲しいんです!」と言い出す。それまで“またきち”、“あい”などと呼ばれていたが、いかにも愛称っぽいものがほしいと言っていると、今井から「“アイリー”がいいんだっけ?」と助け船が。「そ、そうなんですけど」とちょっと戸惑う又吉だが、観客から早速「アイリー!」と歓声が飛ぶと、又吉は「わ! わ!」と大喜びだった。
 

 トークのあとの1曲目は、名作アニメの主題歌をアレンジした『風の谷のナウシカ』。ビートの効いたサウンドにしっとりとしたボーカルを乗せ、おなじみの曲を披露した。2曲目は『ハイスクールララバイ』。ソロパートでは、“アッキー”、“ミンゴス”、“アイリー”とできたばかりの又吉の愛称を織り交ぜた掛け声で観客が大盛り上がりとなった。

 

dg02
dg04
dg05
dg26
dg09
dg11

 

dg10

 

dg13
dg14
dg19
dg17
dg18

 

 続いて、佐野電磁氏と、同じく『KORG DS-10』の開発者である光田康典氏、岡宮道生氏の3人によるユニット“トリオ・ザ・DS-10”が登場。「トリオ・ザ・DS-10のミンゴスこと佐野電磁です。いや、デンゴスです(笑)」(佐野氏)と、持ち前の軽快なトークをくり広げるトリオ・ザ・DS-10だが、DG-10との共演はこれが初。続く『DG-10』ではトリオ・ザ・DS-10の3人が『KORG DS-10』で生演奏を披露しながら、DG-10の3人が歌を合わせるというライブならではのパフォーマンスが見られた。

 

 そして、4曲目となる『ワタクシタチハ』に続くトークの中で、「まだお伝えすることがあるんだよね」という今井の振りに、長谷川から「そうなんです! 今日は光田さんのお誕生日、そして19日は佐野さんのお誕生日なんです!」と言うと、『ハッピーバースデートゥーユー』の披露とともにDG-10のカラーである、赤、黄色、緑の花束が登場。誕生日ではない岡宮氏にも「日ごろからお世話になっているから」(今井)という理由で3人に花束が渡されるサプライズイベントも行われた。

 

dg21
dg22
dg23
dg25
dg27
dg28
dg30
dg29
dg16

 

 そんなトークを経て、最後の曲である『ゴーストバスターズ』へ。観客からの「ゴーストバスターズ!」の掛け声で盛り上がるこの曲は、間奏部分で岡宮氏がギターにニンテンドーDSiをセットした秘密兵器による、ギターソロならぬ“DSソロ”(?)を披露。『KORG DS-10』の機能である、タッチに合わせて音程を変える“カオスパッド”を使い、ギターソロさながらのアドリブ演奏を見せつける。すると、横にいた今井もタッチペンを手に取り、岡宮氏のギターについたニンテンドーDSiで演奏をする連繋を披露。これには会場も大盛り上がり! その大歓声の中、DG-10、そしてトリオ・ザ・DS-10のステージは幕を閉じた。

 

dg31
dg32
dg33
dg34
dg35
dg36
dg37

 

dg38

 

 その後、お笑いコンビ・エレキコミックのひとりであり、DJとしてもCDを発売している“DJやついいちろう”、RIP SLYMEの一員である“DJ FUMIYA”、『ファイナルファンタジー』などの曲をアレンジしたCD『LOVE SQ』にも参加している“DE DE MOUSE”の順にイベントは進み、満員の観客で大盛り上がりとなっていた。

 

dg39
dg40
dg41
dg42

 

 なお、DG-10、トリオ・ザ・DS-10のステージ終了直後、6人にお話しを伺う機会があったので、そちらのミニインタビューをお届けしよう。なお、ご存知の方も多いと思うが、佐野電磁氏は非常に適当……ではなく、軽妙なトークをされる方。それを踏まえたうえで以下のインタビューをお読みいただければ幸いだ。


 

――イベント出演が終わった直後ですが、ステージに立った感想をいただけますか? まずは佐野さんから。

佐野電磁(以下、佐野) まさか花束をいただけるとは。申し訳なくて恐縮しきりでした。でも、無事に終わってよかったですね。
 

――お客さんの反応はいかがでした?

佐野 最前列のホットなところが後ろまで続いているとしたら、今年は紅白出演間違いなしですね!

一同(笑)

佐野 問題は……そのホットな部分が後ろ側まで続いていない可能性があるという。

岡宮道生(以下、岡宮) 暗かったからね(笑)。

佐野 そう、暗くて見えなかったから、いかんともしがたいという。僕も楽しませていただきました。


――では、岡宮さんは?

岡宮 DG-10の3人が間近で見れてうれしかったです。役得です!

今井麻美(以下、今井) そんな感想ですか(笑)。

長谷川明子(以下、長谷川) えええ!

岡宮 なかなか後ろ姿は見られませんから!
 

――ニンテンドーDSをセットしたギターがありましたが、これは今回のために用意されたんですか?

岡宮 あれは、以前行われたトリオ・ザ・DS-10のライブで初めて使った新兵器なんです。

今井 新兵器……。戦う気だ!

岡宮 ギター型DSiです。
 

――ネックの部分には意味があるんですか?

岡宮 それは秘密です。企業秘密。

光田康典(以下、光田) 謎に満ち溢れてる(笑)。

佐野 意味はあります。機能はわかりませんけど、意味はあります(笑)!

岡宮 うまい。さすが!

佐野 我ながらうまい言い回し。いまは出演も終わってだいぶ口がペラペラとね。

岡宮 さっきまでいっぱいいっぱいだったから(笑)。
 

――では、光田さんは?

光田 いつもは男性ばっかりでやっているので暑苦しいのですが、今日は涼しい感じでライブができましたね。また38歳の誕生日で最高の誕生日になりました。

今井長谷川又吉 おめでとうございます!

光田 ありがとうございます。
 

――今日(1月21日)が誕生日当日なんですよね?

光田 ええ、今日なんです。

今井 誕生日が、このイベントで……後悔はしてませんか(笑)?

光田 最高です。これを超える誕生日はないかなと思いますね。


――続いて今井さんは?

今井 DG-10の格好でステージに立たせていただくのはこれで3回目なんですが、何よりも私が扱いに困っていた赤いウィッグがリニューアルされまして。前のウィッグはふにゃふにゃとなっていたので、ライブ中に絡まったまま横でワサワサするという状況がよくあったのですが、今日はサラサラヘアーで歌えたのでとても気持ちよく歌えました。あと、トリオ・ザ・DS-10とのコラボをずっと懇願していたんです。「私たち3人もいいんですけど、トリオ・ザ・DS-10とのコラボをしたいですよね」と。冗談交じりの笑顔で本気モードで口説いていたんですが、ついに実現できたのでこれからはずっと6人でできたらいいなと。
 

――これからは6人ワンセットということで。

今井 ええ(笑)。

佐野 たまに衣装を交換したりしてね。

又吉 愛(以下、又吉) 見たーい、見たーい! でも、皆さん似合うと思いますよ。

岡宮 生足でスネ毛が見えるのなんてイヤですよ(笑)。

佐野 テレビの地上波放送は全部逃しますよ(笑)。

今井 でも、何かおもしろいことをやりたいなと思っています。
 

――では、又吉さん。

又吉 トリオ・ザ・DS-10といっしょにステージに立ちたいと思っていたんですが、実現するとは思っていなかったんです。それが急に決まったのですが、ものすごく楽しくて、これからも6人ワンセットを推していきたいなと。衣装も交換しつつスネも見せていただいて(笑)。

岡宮 スネ毛をね(笑)。

今井 でも、ギターすごかった!

又吉 そう!

長谷川 本物だったねー。

今井 ちょっと触らせてもらいましたけど、あれで本当に音が出るんですね。

岡宮 出るんです。でも、あんまり話すと企業秘密なので!

佐野 今井さん、初めてとは思えないくらい上手でしたよね。

又吉 えー、弾いたんですか!?

今井 うーんと、最初音が出なくて焦りましたけど(笑)。でも、すごく気持ちよかったです。

又吉 じゃあ、つぎはぜひ私にも!

佐野 つぎから3人ともギター持ちながら出るといいんじゃないですか?

岡宮 でも、これはギターに貼りつけるだけですからね。

又吉 ひどい(笑)。あれ、でも企業……。

岡宮 ああ、秘密です。秘密。

佐野 機能はね。機能は貼りつけるだけですけど、意味はあります(笑)。
 

――(笑)。長谷川さんはいかがでしたか?

長谷川 6人でできたのがすごいうれしかったです。DG-10の3人はかわいいイラストのキャラクターがいるので、今度は男性3人のキャラクターも作っていただいて、ジャケットにバンバンバンと描いていただくといいかなーって。

今井 いやー、実写でしょ。この3人は。すごいカッコいい写真撮りましょうよ。

長谷川 そっちかー。

岡宮 プロデューサー、止めるならいまですよ(笑)?

佐野 いやでも、いまおわかりのとおり、真のプロデューサーは僕じゃないですからね。あっちの3人ですから。僕らは完全に演者です(笑)。

長谷川 今回はDG-10を知ってくださってる人もいらっしゃいましたが、初めての方も多くいらっしゃったと思うので、今回をきっかけにどんどん興味を持っていただけるとうれしいです。

又吉 そうだね。いろいろな方に聴いていただけたらね。
 

――今後はこういったテクノ系のイベントに多く出られる予定があるんでしょうか?

佐野 呼んでいただければ! アニメ・ゲーム系とテクノ系って予想以上に共通項がありますから。でも、いわゆるテクノ系のイベントって、どうしても見た感じの華に欠けますよね。そういう意味でも、この3人をぜひとも呼んでいただきたいです。
 

――そこは6人の出演を希望して?

佐野 それは、真のプロデューサーに聞いてみないと(笑)。

長谷川 私たちはぜひお願いしたいです!
 

――VCO、VCF、VCA以外にトリオ・ザ・DS-10のお三方はどういう役割になるのでしょうか?

佐野 えーと。LED。ただ光るだけ(笑)。僕らは左からLED、LED、LEDですから。

岡宮 なんとなくぼんやり光ってるっていう。

佐野 「あ、電源ついたんだ」ってわかりますから。
 

――(笑)。具体的に今後のリリース予定などの展開はありますか?

佐野 まあ、今年は紅白に。……どうすれば出られるんですかね?

岡宮 そういう話だ(笑)。

又吉 あと海外に行きたいです。

佐野 海外ね。海外の紅白。

又吉 海外の紅白!?

光田 わけがわかんないよ!

今井 みんな、ざわざわしちゃったじゃないですか(笑)!

長谷川 あと、DG-10とトリオ・ザ・DS-10だけのライブもできたらいいですね。いろいろ演出も考えて。

佐野 ……絶対に油断ならないライブにしたいんですよ。オンリーライブはね。

今井 上から水が落ちてくるとか?

岡宮 「あ、DSが危ない!」みたいなね。

又吉 えー、そっちー?

岡宮 あと、絶対に笑っちゃいけない。

佐野 ○○してはいけない系ね。

岡宮 「佐野、アウトー!」って。

一同(笑)

今井 紅白じゃなくて、その裏番組じゃないですか!

佐野 でも、オンリーライブはやりたいですね。

又吉 映像とかもいっぱいどんどん使っていきたいです。

今井 または明日からの光田さんの遠征に私たちもついていくとかね。
 

――出張なんですか?

光田 オーストラリアに。

今井 海外ライブ、素敵。

佐野 トリオ・ザ・DS-10がコペンハーゲンのコスプレイベントに呼ばれたんですよ。

又吉 ほら、私たちコスプレみたいなもんですし。

佐野 どうやらコペンハーゲンだけじゃなく、北欧のいろんなところでイベントが開かれるらしいので、ツアーも組めるって話になったんですよね。

今井 本気で行きたい!

長谷川 パスポート作らなきゃ!

佐野 活気がすごくあるんですよ。コスプレ的にイチバン熱いのは、やはりマンガやアニメですが、ゲームにもどんどん広がっていますね。

今井 ついていきますよ!

又吉 海外行ってみたい。行ったことないもん。

長谷川 ないもん!
 

―― ……と言われていますが?

光田 ぜひぜひみんなで。

今井 言ったもん勝ちですからね。

又吉 録音してますから。

今井 この音源いただいて。

光田 マズい。「言ったでしょ」って言われちゃう(笑)。
 

――では、2010年は紅白と海外ツアーを目指すと。

佐野 ええ。あとフジロックフェスティバルとかもいいですね。

又吉 あー、行きたーい!

今井 大きいなあ(笑)。

岡宮 これは記事にしづらいぞ(笑)。

佐野 いやいや、言ったほうがいいですよ!

光田 そうですよ。言うとね、意外と実現するんですよ。

又吉 ロックインジャパンに行きたいです。っていうか観たいです!

佐野 あと、WIREとかもね。

又吉 行きたーい!

佐野 いや、あなたがたがこれ全部行ったら、声優業どうすんの(笑)。

又吉 でも、音楽のイベントにもどんどん出てみたいですね。

佐野 アウェイね。

今井 アウェイ!?

佐野 アウェイのイベントっていいですよね!
 

――え、そうですか!? ちなみに、今日は?

佐野 今日は僕の見えた範囲では、どホーム(笑)。ただ若干ですね、後ろのほうにかなりのキャズム(深い溝のこと)が!

岡宮 キャズムができてた!

佐野 ただ、それは楽しいんですよ。アウェイの中に、絶対に何人か刺さる人がいますからね。「知らないけど、なんかイイかも」っていう人が。
 

――2010年はそういう人にもアピールしていきたいと。

佐野 いろいろな夢ですね。

今井 夢というか野望というか。

佐野 とにかくどこでも行きたいっていう。

長谷川 なんでもやります!

今井 最終的に低姿勢(笑)。

光田 営業行きますから(笑)。

長谷川 でもいいですね。デパートの屋上とかでチビっ子に向かって。チビっ子に『KORG DS-10』を触ってもらうの。絶対おもしろいと思う!

又吉 なんかキャンギャルみたいですよね。「いかがですかー?」って。

岡宮 キャンギャル(笑)。大ざっぱな。

佐野 あー、じゃあDG-10のお三方にはお父さんを攻めていただいて。光田さんにお母さんを攻めていただきますんで。

又吉 あ、王子(光田さんの愛称)!

岡宮 お母さん担当ですから。

光田 いやいやいや(笑)。

佐野 ……そんな感じ?

岡宮 それ、まとめ? どんなまとめですか(笑)!

佐野 いやー、これが仕事だったら本当に楽しいですよね!
 

――あれ? お仕事じゃないんですか?

佐野 仕事です(笑)。ついつい忘れちゃうんですよね。
 

――ちなみに『GREEN SYNTHESIZER!』のあとのリリースは?

佐野 まだ決まっていないんです。何がいいですか?
 

――“グリーン”と来たら、“イエロー”、“レッド”と想像ができますが?

佐野 そうですねー。いろいろと意外なカバーをやりたいと思っているんですけど。

今井 光田さん、岡宮さんもぜひ曲作りしてください!

長谷川 そうですよー。DG-10をプロデュースしてください!

岡宮 わかりました。ね?(光田さんに向かって)

光田 え!

岡宮 あ! いま「どうぞどうぞ」みたいになってるじゃないですか!

長谷川 あー!

佐野 光田さんのスケジュール抑えるのはたいへんだからなあ。

岡宮 いま安易に返事できない状況ですからね。

佐野 冗談でも言えませんよね(笑)。

今井 録音してるのわかってて、一歩引きましたよね(笑)。

光田 いや、がんばり……たいと思います(笑)。

一同 濁した(笑)!

 

dg01


(取材・文章:T.M photo:Daisuke Komori)


※DG-10公式サイトはこちら
※KORG DS-10 Blogはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ユバの徽(しるし)』限定クエスト“「海底の巨人」捕獲計画”が開催

DMM.com POWERCHORD STUDIOは、サービス中の横スクロールアクション型世代交代RPG『ユバの徽(しるし)』において、2017年9月21日より、限定クエスト“「海底の巨人」捕獲計画”を開催する。

『遙かなる時空の中で Ultimate』がPS Vitaで2018年2月22日に発売決定

コーエーテクモゲームスは、PS Vita用ソフト『遙かなる時空の中で Ultimate』を2018年2月22日に発売することを発表した。

『サマーレッスン:新城ちさと』わがままお嬢様・ちさとの魅力が詰まったプロモーション映像公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年10月12日発売予定のプレイステーション VR専用ソフト、『サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード』のプロモーション映像を公開した。

『WoWs』ZZガンダムを生み出した小林誠氏デザインの戦艦“紀伊”や大和の姉妹艦が登場、『TWA』には日本勢力が実装【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のWargamingステージにおいて、『Total War: ARENA』と『World of Warships』の新情報が公開された。

『シュタインズ・ゲート エリート』プレイインプレッションーーアニメを操作している感覚で遊べるフルアニメーションアドベンチャー【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。セガブースにて展開している5pb.コーナーに出展されている『シュタインズ・ゲート エリート』を試遊してきたので、そのリポートをお届けする。

PC版『デスティニーチャイルド For DMM』の事前登録受付がスタート! ★5“エシュ”をゲットしよう

ステアーズは、オンラインゲームプラットフォームDMM GAMESにて配信予定のPC版『デスティニーチャイルド For DMM』について、2017年9月21日より事前登録受付を開始した。

『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のNintendo Switch用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』において、有料DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”をニンテンドーeショップにて配信開始した。本DLCには、新キャラクター“ゴクウブラック(超サイヤ人ロゼ)”、“ザマス”、“ボージャック”や、追加パラレルクエスト、カスタマイズ用技・衣装等が収録されている。

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』独自の戦闘システムなどを紹介

日本一ソフトウェアから、2017年9月28日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の最新情報をお届け。

『夜廻』ダウンロード版がお手頃価格の3600円に改定

日本一ソフトウェアは、PS Storeにて配信中のプレイステーション Vita用ソフト『夜廻』の価格を、2017年9月21日より5143円[税込]から3600円[税込]に改定する。

『北斗が如く』聖帝“サウザー”やカサンドラ獄長“ウイグル”などキャラクター情報第4弾が公開

セガゲームスは、2018年2月22日発売予定のプレイステーション4用ソフト『北斗が如く』について、ゲーム内登場キャラクター情報の第4弾を公開した。