携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> torne(トルネ)も出展――“次世代ワールドホビーフェア‘10 Winter”東京大会開幕

torne(トルネ)も出展――“次世代ワールドホビーフェア‘10 Winter”東京大会開幕

2010/1/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●torne(トルネ)にお父さんたちも興味津々

 

 2010年1月23日、24日の両日、千葉県の幕張メッセで開催されている“次世代ワールドホビーフェア‘10 Winter”(以下、WHF)東京大会。大阪を皮切りに、全国4都市で実施される本イベントには、最新のキッズ向けホビーが勢揃いし、もちろんその中にはゲームタイトルも多数も含まれている。大盛況となった会場の様子を写真とともにお届けしよう。


NY1_0037

 ハードメーカーからは任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)がブースを展開。任天堂は先日国内累計販売本数が300万本を突破した、Wii用ソフト『New スーパーマリオブラザーズ Wii』を大々的に出展。すでに発売から1ヶ月以上経過しているがその人気は衰えることがなく、体験コーナーには待ち時間100分以上の行列ができることも。通常の体験プレイに加えて“コインバトル”大会も実施され、たくさんの子供たちが真剣な顔つきで勝負に臨んでいた。
 

NY1_0054
NY1_0057
NY1_0043


 

NY1_0188

 毎回凝ったブース構成でも楽しませてくるSCEJは、今回“PSPARK”というテーマで展開。公園の遊具を模したオブジェが設置され、友だちといっしょに外でプレイするような感覚で最新ゲームを楽しむことができたのだ。来場者はまず入り口で、プレイステーション3用ソフト『ラチェット&クランク FUTURE(フューチャー)2』(発売中)またはPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『みんなのテニス ポータブル』(2010年2月25日発売予定)のどちらかをプレイしてから入場し、その中で最新のPSPタイトルをプレイするという流れ。ブース内の各PSPには『100万トンのバラバラ』(2010年2月18日発売予定)、『勇者のくせになまいきだ:3D』(2010年3月11日発売予定)など、発売まえのものも含め全7タイトルの体験版データが入っており、自由に選択して遊ぶことができるようになっていた。また、先日発表されたプレイステーション3用地デジチューナー“torne(トルネ)”(2010年3月発売予定)も出展。実際に操作することも可能で、こちらは子供よりもお父さんたちからとくに注目を集めていたようだ。
 

NY1_0131
NY1_0148
NY1_0108

 

NY1_0156
NY1_0177
NY1_0170


 

NY1_0222

 WHFでは毎回『ロックマン』シリーズ関連の出展に力が入っているカプコン。今回もその例に漏れず、2010年春配信予定のWiiウェア、PlayStation Store、Xbox LIVE アーケード用タイトル『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』が初出展されたほか、ニンテンドーDS用ソフト『ロックマン エグゼ オペレート シューティングスター』(発売中)の体験コーナー、データ配信、公式大会“サバイバルネットバトルNEO”の実施など盛りだくさんの内容に。

 さらに安くなったベスト版が先日発売されたPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』の初心者向けティーチングコーナーも人気で、まだまだファン層が広がりそうな印象。そのほか、Wii用ソフト『タツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ』(2010年1月28日発売予定)も出展されていた。
 

NY1_0195
NY1_0234
NY1_0209

 

NY1_0243
NY1_0264



 アニメ、マンガでも展開され、子供たちのあいだで高い人気を誇るタイトル『イナズマイレブン』一色となったレベルファイブブース。今回の目玉はWHFから予選大会がスタートするニンテンドーDS用ソフト『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』(発売中)の全国大会“フットボールフロンティア”だろう。ブース周辺は予選参加を希望する人の行列で大混雑に。キャラクター、アイテムデータの配信、物販コーナーも大人気で会場屈指の人口密集度となっていた。

 

NY1_9842
NY1_9893
NY1_9847
NY1_9849


 

 バンダイナムコゲームスは親子や友だちどうしで楽しめるタイトルが中心のラインアップ。Wii用ソフト『太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!』(発売中)、ニンテンドーDS用ソフト『ドラベース2 熱闘ウルトラスタジアム』(発売中)といったWHFでは定番のシリーズに加えて、今回はアーケードゲームの出展も。『TANK!TANK!TANK!』(稼動中)がそれで、広いスペースを使って、体感型バトルパーティーゲームである同作の魅力を紹介した。

 

NY1_9950
NY1_9951
NY1_9981
NY1_9968


 

 それ以外に、エレクトロニック・アーツ、KONAMI、セガ、タイトー、ハドソン、ポケモンもブースを展開。いずれもキッズ向けのタイトル中心の出展内容となっていた。

 

エレクトロニック・アーツ

 KONAMI

NY1_9939

NY1_0030

▲ニンテンドーDS用ソフト『少年鬼忍伝 ツムジ』(2010年2月25日発売予定)をプレイアブル出展。特製うまい棒のプレゼントも。

 ▲ブース全体がニンテンドーDS用ソフト『ペン1グランプリ ペンギンの問題スペシャル』(発売中)一色に。体験プレイはもちろん、データ配信、大会も実施された。

 

セガ

タイトー

NY1_9993

NY1_0065

▲小学館とタッグを組んだ、『ムシキング』シリーズの最新作、アーケードゲーム『ムシキングバトル 合虫ガッツ!! 』(2010年春稼動予定)が出展。

▲女児向けコンテンツが揃ったコーナー“ガールズアーケード”内に出展。『ママ』シリーズなどのカジュアルなタイトルで人気を集めた。

 

ハドソン

ポケモン

NY1_9901

NY1_0305

▲男児に人気のホビー“ベイブレード”を題材にしたタイトル、ニンテンドーDS用ソフト『メタルファイト ベイブレード爆誕! サイバーペガシス』(発売中)、Wii用ソフト『メタルファイト ベイブレード ガチンコスタジアム』(発売中)を出展。

▲ゲームはもちろん、アニメ、テレビ番組のステージを多数実施。

 

※“次世代ワールドホビーフェア‘10 Winter”の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

龍が如くスタジオの最新作発表会が2017年8月26日に開催決定!! 複数の開発中タイトルを発表!

2017年7月25日、セガゲームスは、セガのゲーム情報バラエティ番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”放送内にて、龍が如くスタジオ最新作に関する発表会を2017年8月26日に開催することを発表した。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』本作初登場の描き下ろし悪魔“デメテル”を始め、多様な悪魔たちとの奇妙な関わりを紹介!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)では、『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』の最新情報をお届け。

ついに配信される『ファンタシースターオンライン2』新エピソードを特集!【先出し週刊ファミ通】 

週刊ファミ通8月10日号(2017年7月27日発売)では、2017年7月26日からスタートする『ファンタシースターオンライン2』のエピソード5の配信を記念して、8ページにわたって新情報や開発者インタビューを掲載!

『仁王』DLC第2弾『義の後継者』が配信開始 “真田幸村”を描いた新シナリオなどを収録

コーエーテクモゲームスは、発売中の『仁王』において、、PlayStation Storeで有料ダウンロードコンテンツ第2弾『義の後継者』の配信を開始した。

『聖剣伝説コレクション』の公式LINEスタンプが配信開始

スクウェア・エニックスは、発売中のNintendo Switch用ソフト『聖剣伝説コレクション』のLINE公式スタンプの配信を開始した。

“VR Center”に絶叫系VRコンテンツ『ウルトラ逆バンジー』が登場!

常設型VRエンタテインメント施設イオンレイクタウン“VRCenter”は、2017年7月27日より絶叫系VRコンテンツ『ウルトラ逆バンジー』を導入すると発表した。

『フォーオナー』侍勢力の守護神“剣聖”が1/4スケール(全高約60cm)でスタチュー化

ユービーアイソフトより発売中の『フォーオナー』より、侍勢力の守護神“剣聖”が1/4スケール(全高約60cm)のスタチューになって2017年12月に発売される。価格は120000円[税抜]。

バンナム初のNintendo Switchタイトル『ナムコミュージアム』が7月28日に配信決定! PV映像も公開【動画あり】

バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチ用ソフト『ナムコミュージアム』を2017年7月28日より配信することを発表。同作のPVを公開した。

『DiRT 4』発売が迫るオフロードレースゲームの最高峰、その魅力を解説!【先出し週刊ファミ通】

オフロードレースの魅力を凝縮した『DiRT(ダート)』シリーズ最新作は、あらゆるレースゲームの“極北”を見せる最高峰の完成度に。そんな『DiRT 4』のポイントを週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)で紹介します!