携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』でカプコンが年始め

『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』でカプコンが年始め

2010/1/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●さまざまな媒体がガチンコ対決

 

 カプコンは2010年1月12日、発売を2日後に控えたWii用新作ソフト『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』の発売直前パーティを都内で開催した。

 

 ガンシューティングのシステムで、新規シナリオおよび過去の『バイオハザード』シリーズを別視点から描いたストーリーを楽しめる『クロニクルズ』シリーズ。その最新作では、南米を舞台にした新規シナリオと『バイオハザード2』、『バイオハザード:コードベロニカ』の物語を収録。より臨場感をましたカメラワーク、イージーモード限定のオート照準などシステム面も大幅にパワーアップしているのだ(プレイインプレッションはこちら)。また、この作品はカプコンの2010年発売タイトル群の第1弾。ということで、今回の発売直前パーティーはマスコミ向けの新年会も兼ねて実施され、豪華な食事を楽しみながら、ゲーム大会を行うという非常にリラックスした雰囲気の催しとなった。


 

 とは言え、一応(?)発表会ということで、冒頭にはしっかりとソフトの最新情報公開も行われた。プロデューサーの川田将央氏は、まずこの発表会のために準備したプロモーションムービーを公開。「作品のダークな部分を感じ取ってもらえれば」という言葉どおり、レオンの相棒として登場するクラウザーの心に闇が芽生えるまでの模様をモノローグ調に描いた内容に。特別映像の公開に続いては、ソフトのパッケージが若干変更されて、黒を基調としたクロスリーブ仕様となることが発表になった。川田氏によればこれは、Wiiのホワイトとコントラストになることを狙っての変更だという。


 

 さらに川田氏は、ソフト発売を記念した“W購入者キャンペーン”も紹介。これは『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』およびプレイステーション3用ソフト『バイオハザード5 オルタナティブ エディション』(2010年2月18日発売予定)またはXbox 360用ソフト『バイオハザード5』のプラチナコレクション版(2010年2月18日発売予定)を購入した人向けに実施されるもので、アンケートハガキに記載されているコードなどを確認のうえ特設モバイルサイトから応募すると、抽選で賞品が贈られるというもの。もっとも豪華な“Wバイオハザード賞”には、最高のプレイ環境を実現する、YAMAHAの最新ホームシアターシステムが用意されている。そのほかにもゲームや『バイオハザード』に関連した賞品が贈られるので、ソフト購入予定の人はお見逃しなく。


▲Wバイオハザード賞は高級ホームシアターシステム。

 

▲そのほかにヘッドフォン、LEDライトを用意。

 

 川田氏からのプレゼンのほか、ステージではディレクターの瀬戸康洋氏とカプコン パブリシティ企画推進室の阿達由美さんが“カップルで楽しむダークサイド”と題したデモプレイを披露。男としていいところを見せる予定の瀬戸氏だが、ダメージを喰らい過ぎて逆に阿達さんに助けられてしまうなど想定外のひと幕もありつつ、最終的には力を合わせて見事ボスを撃破し、パーティーゲームとしても盛り上がれることをアピールした。
 


 発表会のメインとなるメディア対抗ゲーム大会には、ゲーム関係以外にも新聞、コミックなどさまざまな媒体が参加。ふたりひと組で『コードベロニカ』のシナリオ“Game of Oblivion”のチャプター2をプレイして、クリアー時のスコアを競うというルールで行われ、1位には気合の入ったゾンビメイクで臨んだファミ通チームが輝いた。
 


 ゲーム大会終了後には、川田プロデューサーとパブリシティ企画推進室 室長の萩原良輔氏の提案で、上位4チームが本作のシークレットモードである“トーフサバイバー”をプレイするという企画も実施。これは『バイオハザード2』を遊んだ人にはおなじみの豆腐が、プレイヤーキャラではなく敵として登場するもの。その難度は萩原氏が「絶対に無理でしょうけど、クリアーしたチームにはソフトをプレゼントします(笑)」と嘯くほど高い。事実、木綿、絹ごし、焼きとさまざまな種類の豆腐が襲い掛かってくるエキセントリックな光景とは裏腹に、正確かつす速い射撃を求められるシーンが連続。萩原氏が焦るほどいいところまで行くチームはいたものの、やはりクリアーまで生き残ることはできなかった。
 


※『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年12月9日〜2017年12月15日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『ドラゴンクエストビルダーズ』Nintendo Switch版の発売日が2018年3月1日に決定! 体験版の配信も決定

Nintendo Switch版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の発売日が2018年3月1日(木)に決定。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに4800円[税抜]。

『モンスターハンター:ワールド』 第2回ベータテストが12月23日2時より実施決定!

カプコンは、2018年1月26日発売予定のプレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、第2回となるベータテストを、2017月12月23日2時より実施することを明らかにした。

新キャラクター・ノクティスが早くも活躍! 『DFF』公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”リポート

2017年12月9日、池袋のシアターカフェ&ダイニング“STORIA”にて、公式イベント“DISSIDIA FINAL FANTASY ヴァリアントストライク4”が開催された。本記事では、夕方の部の模様をリポートしていく!

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第176回 提督と、奄美群島沖対空戦闘

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」に水本提督と艦娘たちが参戦!!

『アイドルマスター ステラステージ』DLCカタログ創刊号が12月21日より配信決定、新曲『Vertex Meister』を含む楽曲や衣装などを配信

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年12月21日発売予定のプレイステーション4用ソフト『アイドルマスター ステラステージ』について、ダウンロードコンテンツ情報を公開した。

『ウイニングハンド』のインプレッションをお届け! 役を揃えて召喚獣を召喚する、ポーカーと融合した高い戦略性が味わえるオンラインTCG

2017年12月15日よりサービスが開始されたDMM.com POWERCHORD STUDIOのオンラインTCGタイトル『ウイニングハンド』。本作はTCGの要素に、同じカードゲームであるポーカーの要素が盛り込まれており、カードの役を揃えることで大逆転勝利が可能になっているなど、斬新なシステムが注目の作品だ。ここでは、そんな本作のプレイインプレッションをお届け。クエストの序盤と対戦を体験できたので、その内容を踏まえながら本作の魅力を余すことなく紹介したいと思う。

『PSO2』の酒井氏&濱崎氏に聞く! エピソード5のこれまでとこれから

エピソード5での新クラス登場による変化と問題点への対応、そして今後の展開について『ファンタシースターオンライン2』開発陣を代表する酒井智史氏と濱崎大輝氏のふたりを直撃!

全国のポケモンセンターにて“レインボーロケット団の野望”キャンペーンを開催

ポケモンは、全国で展開しているオフィシャルショップのポケモンセンターにて、“レインボーロケット団の野望”キャンペーンを開催すると発表した。

『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』ゲーム内イベント“はじめてのカバーガール”が開始

コーエーテクモゲームスは、DMM GAMESにてサービス中のWindows PC用バカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』について、2017年12月15日より、ゲーム内イベント“はじめてのカバーガール”を開始した。