携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 年末年始はPS3&Xbox 360廉価版で遊ぶのもあり!−−2009年廉価版ソフト販売本数TOP10

年末年始はPS3&Xbox 360廉価版で遊ぶのもあり!−−2009年廉価版ソフト販売本数TOP10

2009/12/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Xbox 360ユーザーが廉価版をうまく活用している?

 

 2009年も残すところあとわずか。この年末年始に遊びきれなかったゲームをしっぽりと楽しんでいる人も多いんじゃないでしょうか? 一方で、時間はあるけど「何を遊ぼうかな〜」なんて手持ちぶさたのゲーマーもきっといるはず。そんな人にオススメなのが、廉価版タイトルだ。通常版の発売から一定期間経ち、お求めやすい価格で発売される廉価版は、おこづかいの少ないサラリーマンや学生さんたちの心強い味方。かく言う記者も毎月の本当に少ないおこづかいからゲームを買う身なので、廉価版はじつにうれしい存在なんです。

 

 でも、何がおもしろいの? という疑問を抱く人も少なくないはず。そこで、プレイステーション3とXbox 360の2009年廉価版ランキングから捜してみては? 「アレを遊び逃してた!」、「もう廉価版になってたの?」なんて気づいたら、この年末年始にぜひ遊んでみてほしい。(この記事のデータはすべてエンターブレイン調べ。集計期間は2008年12月29日〜2009年12月13日)

 

 

●ビッグタイトルがひしめくPlayStation3 the Best

 

mw

▲PS3版だけでなくXbox 360版もTOP10入りした『モダン・ウォーフェア』。

 プレイステーション3用ソフトの廉価版“PlayStation3 the Best”。2009年の廉価版ソフト販売本数TOP10を見てみると、非常に豪華なラインアップ。とくに第1位に輝いた『コール オブ デューティ4 モダン・フォーウェア』は88573本と大きく数字を伸ばしている。ちなみに本作の通常版(2007年)の販売本数は11万3957本で、廉価版が通常版の販売本数に追いつかんばかりの人気。やはり2009年12月10日に発売された続編『コール オブ デューティ4 モダン・フォーウェア2』の発売まえに前作を、と思っていた人が多かったということか。

 

 まだ『モダン・フォーウェア2』を遊んでみようか悩んでいる人は、前作の廉価版をプレイしてみてはいかがだろう。そのほかにもTOP10内には、第4位『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』や第5位『龍が如く 見参!』、第8位『デビル メイ クライ 4』など、人気シリーズが上位にランクイン。どのソフトも発売から半年以上経過しているソフトだが、発展途上にあったプレイステーション3本体を牽引してきたタイトルばかり。遊びのがしているタイトルがあれば、ぜひチェックしてみよう。

 

【2009年PlayStation3 the Bestソフト販売本数TOP10】

順位    タイトル名    メーカー名    販売本数(累計販売本数)

1   コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア    スクウェア・エニックス  88573本

2   みんなのGOLF 5    SCEJ  88346本(96967本)

3   戦場のヴァルキュリア  セガ    81625本

4   メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット  KONAMI  59092本

5   龍が如く 見参!   セガ    55226本(65236本)

6   アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝   SCEJ  39679本

7   グランド・セフト・オート?    カプコン    33202本

8   デビル メイ クライ 4  カプコン    23770本

9   麻雀格闘倶楽部(マージャンファイトクラブ) 全国対戦版 KONAMI  20656本

10  侍道3 Plus    スパイク    20593本

 

●多彩で粒よりなXbox 360プラチナコレクション

 

 Xbox 360の粒よりタイトル集めた廉価版“Xbox 360 プラチナコレクション”。第1位、第2位にはバンダイナムコゲームスの『エースコンバット6 解放への戦火』と『ビューティフル塊魂』がランクインした。しかも、両ソフトの販売本数はプレイステーション3の廉価版ランキングの中にあっても遜色ない数字。単純にハードの販売台数、Xbox 360の販売台数が約120万台、プレイステーション3の販売台数が400万台超ということから考えても、Xbox 360ユーザーのほうが廉価版をうまく活用している? そのほかには『Halo3(ヘイロー3)』や『レフト 4 デッド』、『Fable II(フェイブル2)』といったXbox 360でしか遊ぶことができない良作がランクインしているのも特徴的。いずれもやり応え抜群のタイトルなので、年末年始にどっぷりハマってみるのもありだ。

 

ace
katamari

▲Xbox 360本体との同梱版も発売され、販売本数を伸ばした『エースコンバット6』と『ビューティフル塊魂』。

 

【2009年Xbox 360 プラチナコレクションソフト販売本数TOP10】

順位    タイトル名    メーカー名    販売本数(累計販売本数)

1   エースコンバット6 解放への戦火  バンダイナムコゲームス  86534本(12万8414本)

2   ビューティフル塊魂  バンダイナムコゲームス  74166本(115658本)

3   Halo 3(ヘイロー3) マイクロソフト  25508本

4   コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア    スクウェア・エニックス  24567本

5   レフト 4 デッド エレクトロニック・アーツ    12988本

6   アーマード・コア フォーアンサー フロム・ソフトウェア    10974本

7   アイドルマスター ツインズ   バンダイナムコゲームス  6621本

8   デビル メイ クライ 4    カプコン    6360本

9   グランド・セフト・オート?  カプコン    6210本

10  Fable?(フェイブル2)  マイクロソフト  6151本

※本体同梱版に付属したソフトも含んでいます。

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。

“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エイティング編) 振り向けば仲間がいた。原作開発時の熱き情熱を当時のスタッフに聞く

2017年11月2日に配信されたエムツー ショット トリガーズ第3弾『魔法大作戦』。先日掲載したエムツーへのインタビューに続き、原作開発を手掛けたエイティング/ライジングの横尾憲一氏、そして外山雄一氏にご登場いただき、当時の開発エピソードや心意気を存分に語っていただいた。

『三國志12 対戦版』 11月22日より“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催!

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『三國志12 対戦版』について、2017年11月22日より、“ご愛顧感謝キャンペーン”を開催中。

『信長の野望・大志』新要素“志”システムによる各大名の違いを紹介 真田幸村、井伊直虎、今川義元のプレイ感の違いとは

コーエーテクモゲームスは、2017年11月30日(木)発売予定の歴史シミュレーション『信長の野望・大志』について、新要素“志”システムの詳細情報を公開した。