携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> フランスのゲームショップで記者が目撃したものとは……?

フランスのゲームショップで記者が目撃したものとは……?
【フランスゲーム事情 最終回】

2009/12/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●メイドインジャパンのゲームがパリ市内にズラリ!

 

 フランスゲーム事情を巡る旅、最終回となる第4弾では、パリ市内にあるゲームショップ事情を調査。市内にあるゲームショップ2件を訪ねてきた模様をお届けしよう。

 

 まず、オーソドックスな、パリ市内のとあるゲームショップ。“GAME”というチェーン店で、パリ市内で何点か目撃したお店。飾り気も何もない外観だったが、狭いながらも店中は充実。プラットフォームごとにソフトや本体、周辺機器が壁にずらりと配置されており、休日でもないのに、試遊台で遊ぶ子供たちでにぎわっていた。日本で言うワゴンセールのような格安ソフトや、中古ソフトも扱っていた。

 

001

 

 ちょうど、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』、『アサシン クリードII』が発売間近だったということで、予約ランキングの1位と2位に鎮座。ユービーアイソフトのお膝元だが、『COD』には及ばず。

 

004

 

 日本では発売されていない、さまざまな本体同梱パックがいっぱい。プレイステーション3は、それぞれソフトが1本ついて、30ユーロディスカウントされての349.99ユーロ。Xbox 360は269ユーロ。どちらも、なかなかお買い得だ。

 

002
003

 

 つぎに訪れたのは、AQUARE GAMESという、パリのゲームマニアのあいだでは有名なお店。ここでも、発売直前の『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2』のデモ映像を大モニターで流したり、『アサシン クリードII』の試遊台を設置したりと、最新作を大々的にプッシュしていた。しかし……。

 

005

 

 お店の案内に従って地下へ降りてみるとそこは薄暗い空間で、日本のゲームセンターで置いてある筐体、そしてゲームが並んでいた! しかも『キング・オブ・ファイターズ』、『ストリートファイターIII』などのひと昔まえの格闘ゲームがメイン。そのほか、『ブレイブルー』といった最新の作品も置いてあった。筐体も、ドリームキャストとの互換性があるサミーのATOMISWAVE。インストカードやマニュアルもすべて日本語。どれも日本から輸入したものと思われる。

 

006

 

 そして2階には、『スターウォーズ』のレイア姫や『ゼルダの冒険』シリーズのリンクの等身大フィギュアが並んでいた。それらの奥には……なんと、日本のおもちゃやフィギュア、ゲームソフトがズラリ! 写真にある『アラレちゃん』や『ドラゴンボール』のフィギュアだけでなく、『ドラえもん』、『ワンピース』、『銀魂』、『ブリーチ』といった日本でも人気の高いキャラもの、『バイオショック』や『ギアーズ オブ ウォー』グッズが、無造作にショーケースに並べられていた。さらに、『キャプテン翼』のゲームソフトや『ドラクエ』シリーズなどなど、日本の古いゲームソフトが大量に売られていた。

 

007
008
009
010

 

 最後に1階。先ほど書いたような新作ソフトの中に紛れて、よく見てみると、日本の最近のゲームソフトも並んでいた。

 

011
012

 

 確かに、フランスは日本文化、それもアニメやゲームといったオタク系の文化をどこよりも取り入れている国。こういったショップがあっても不思議ではないが、それにしても、相当なラインアップなのは間違いない。そこで、店員に突撃インタビューを敢行!

 

013

 

――僕たちは日本から来たのですが、日本のお店以上のラインアップに驚きました!

 

店員 それはありがとう。日本の方にほめてもらえてうれしいよ。ファミ通? もちろん知ってるよ!

 

――こちらこそありがとうございます! ところで、ここはどういったお店なんですか?

 

店員 フランスのオタクが通うゲームショップさ。2階と地下を見てくれたかい? 日本のアーケードゲームやアニメキャラがいっぱいあっただろう?

 

――かなり幅広い品揃えだし、数も多くて、驚きました。これらは日本で買ったものなんですか?

 

店員 そうだね。僕たちが直接買いに行くことは、日本は遠いのでさすがに多くないんだけど(笑)。日本に住んでいる友だちに頼んで、秋葉原で買ってもらっているんだ。また、台湾にもよく行くんだけど、そこで買ったものもいっぱいあるよ。

 

――秋葉原はわかりますが、台湾で日本のゲームを買うんですか?

 

店員 台湾も日本のオタク文化が根付いている場所なので、日本の中古のゲームがいっぱい売っていて、しかも安いんだよ。

 

――なるほど〜。お店には、中古ソフトだけじゃなく、『ドラゴンクエストIX』といった新作も並んでいますよね。パリでは、日本のゲームは人気があるんですか?

 

店員 ウチのお店に来るようなオタクには、人気が高いよ(笑)。とくに人気があるのは、『ファイナルファンタジー』シリーズ、『テイルズ オブ』シリーズ、『YAKUZA』(『龍が如く』)、『ドラゴンボール』、最近だと『トリニティ・ユニバース』が売れているね。

 

――ゲームは日本版のものなので、当然日本語なんですけど、買った人は実際楽しめているのでしょうか? とくに『龍が如く』は、日本語はもちろん、日本社会について詳しくないと、楽しむことは難しいと思うのですが。

 

店員 日本語版を買っていく人たちは、筋金入りの日本オタクだから、全部の言葉がわからなくても、雰囲気などを楽しんでいるんだと思うよ。ゲームだけじゃなく、映画やコミックも、輸入されているからね。それに、日本語のゲームで遊んで、日本語を覚える人も多いんだよ。

 

 

 

 

【フランスゲーム事情 最終回】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケットモンスター』シリーズで“最初に選ぶポケモン3匹”総選挙開催! 皆さんのポケモンとの思い出をお聞かせください

週刊ファミ通が『ポケットモンスター』シリーズで“最初に選ぶ3匹のポケモン”に関するアンケートを開催中! 皆さんのアツい想いをお寄せください!!

収録時間は450分越え!『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』Blu-ray&DVDの収録内容公開

2019年8月2日に発売される『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』のBlu-ray&DVDの収録内容が明らかに。発売記念イベントの開催も決定!

『ヤングアニマル』がバックナンバー大量無料試読&100円[税抜]購入キャンペーンを開催。紙版&電子版の同日配信を記念

青年マンガ誌『ヤングアニマル』が5月24日発売の11号から紙版との同日配信を開始。それに伴ったキャンペーンが開催される。

『メギド72』アンケート! 「好きなメギドは?」「あなたの自慢のパーティーは?」メギド愛を存分にお聞かせください!

週刊ファミ通7月18日号(7月4日発売)では、『メギド72』の特集を掲載予定です。特集内の特別企画としてアンケートを実施します。

BitSummit 7 Spiritsがアワード6部門のノミネート作品を発表。『RPGタイム!』、『アンパッキング』、『BELOW』が3部門でノミネート

BitSummit 7 Spiritsにて、事前選考を行った6つのカテゴリーのノミネート作品が発表された。

“ディライトワークス インディーズ”がBitSummit 7 Spiritsに出展決定。『タイニーメタル 虚構の帝国』が日本最速体験可能に

ディライトワークスのインディーゲームレーベル“ディライトワークス インディーズ”が、BitSummit 7 Spiritsに出展。

『あんスタ』テレビアニメ、放送情報の詳細が公開!【7月放送開始】

2015年4月からサービスを開始し、現在3周年を迎えた大人気スマートフォンアプリゲーム『あんさんぶるスターズ!』のアニメ放送が2019年7月からスタート。同番組放送に関する詳細情報が公開。

『ライアン・マークス リベンジミッション』の最新ゲーム画像が到着。映画のような臨場感を体験できるVRシューティングアクションに注目!

2019年5月30日に発売を控えた“VRシューティングアクション”『ライアン・マークス リベンジミッション』の魅力を紹介。

『モンスターハンター:ワールド』“歴戦王”のモンスターアイコンがキラキラ輝くメタルマスコットが発売

『モンスターハンター:ワールド』に登場する“歴戦王”のモンスターアイコンをイメージしたメタルマスカットが発売。

ベストヒット町内会4月分更新!

本誌ファミ通町内会の傑作ネタを選りすぐってお届けするベストヒット町内会。今回は4月分の希少部位をおすそ分け。さらにナッツ・ザ・レジェンドと俺ービルダーも更新。6月の投稿者ランキングがスタート。背中の痛みは心の痛み!