携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2009年の(ファミ通.com的)ゲーム流行語大賞は“すれちがい”通信

2009年の(ファミ通.com的)ゲーム流行語大賞は“すれちがい”通信

2009/12/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●今年は『ドラクエIX』の年

 

 年末が近づくにつれ“流行語”に関するニュースをよく見かけるようになった。ガジェット通信が主催のネット流行語では“※ただしイケメンに限る”が金賞を受賞、ユーキャンの新語・流行語大賞は鳩山首相の“政権交代”に決定した。その時代を象徴する言葉として話題を集める流行語だけど、はたして今年のゲーム関連の流行語って何だろ? そんな素朴な疑問からファミ通.comで緊急アンケート実施! もっとも票数を獲得したものからプラチナ、ゴールド、シルバー(クロスレビューから引用)とランク付けし、さっそく結果を発表すると……。

 

プラチナ すれちがい

ゴールド まさゆきの地図

シルバー ラブプラス

 

inaba

▲イメージです。

 『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が火付け役となった“すれちがい”通信が見事プラチナを獲得。ニンテンドーDSを持ち歩く人を見かけるようになり、ヨドバシカメラマルチメディア AKIBAには“ルイーダの酒場”なる交流スペースも登場。秋葉原の名所になるほどの盛り上がりを見せた。「今日は何人すれ違った?」、「今日は入れ食いだ」なんてあいさつのように話していたことも記憶に新しい。

 

 つぎの“まさゆきの地図”もご存じのとおり『ドラクエIX』関連の言葉。関東に住むまさゆき氏が発見した宝の地図(正式名称は見えざる魔神の地図Lv87)は、なんとメタルキングしかいない階が存在するということで、ユーザーは大騒ぎ。幻の地図として噂は一瞬で全国を駆け巡り、まさゆきの地図を持っている人は一瞬でも英雄気分を味わえた。その熱狂ぶりとともに、発見者のまさゆき氏は一躍時の人に。ファミ通にインタビューが掲載されて、その人柄にも惹かれるユーザーが多数……。(余談ですが、アンケートの回答の中に“まさよしの地図”と書いている方がいて、うろ覚えすぎ! と思わず突っ込んでしまいました(笑))

 

 プラチナ、ゴールドともに『ドラクエIX』関連のキーワードだが、このほかにも、“ドラゴンクエストIX(タイトル名)”、“ガングロ妖精”、“宝の地図”などもあがっており、まだ2009年は終わってないけど今年のゲーム業界のMVPは『ドラゴンクエストIX』と言い切ってしまいたい。

 

 シルバーの『ラブプラス』は、充実した恋愛生活が送れるということで、ギャルゲーファンのみならず、一般男性をも虜にしたKONAMIの恋愛シミュレーション。同ジャンルでは異例の16万本突破の大ヒット(ファミ通調べ)もあり、ゲーム関連メディアのみならず、テレビ、全国紙にも取り上げられるほどの社会現象となった。なかにはニンテンドーDS本体に香水をふりかけて気分を盛り上げたり、(ゲームの中の)彼女と映画を観にいったり、結婚式を挙げてしまった強者も登場したらしい。現実離れした恋愛事情が、いまの草食男子にぴったりとの向きもあるが……うーん。

 

 惜しくも上位TOP3には入らなかったものの、目立った回答が“値下げ”、“新型プレイステーション3”、“絶頂感がブッつづく”の3つ。今年はニンテンドーDSを除く全ハードが値下げを実施しただけあり、ハードのシェア争いにも大きな関心が集まった。その中でも新型プレイステーション3に勢いを感じる人が多かったようで、値下げとモデルチェンジがゲームユーザーの心に大きく響いた模様。

 

 最後の“絶頂感がブッつづく”は、セガの『ベヨネッタ』のキャッチフレーズ。同ソフトについてはこのほか、「かーまーぼーこー」、「バッボーイ」(ベヨネッタのセリフ)などもあがっている。やっぱりみなさん、基本的にメガネ美女がお好きなようで……。プラチナゲームズが手がけただけあって、キャラ、世界観、ゲーム性すべてにおいてぶっ飛んでおり、ゲームファンに強烈な印象を残したようだ。このようにいろいろあがりましたけど、みなさんが思いつく今年のゲーム流行語は何ですか?

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Observation』不可解なアクシデントが続く宇宙ステーションの支援AIとしてプレイする、SFスリラーアドベンチャー

スコットランドのインディースタジオNo Codeによるアドベンチャーゲーム『Observation』を紹介。海外でPS4/PC版が配信され、日本語ローカライズも予定されている。

アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』アラームアプリ、姫柊雪菜(CV:種田梨沙)&煌坂紗矢華(CV:葉山いくみ)のサンプルボイスが公開【添い寝モード搭載】

アラームアプリ『ストライク・ザ・ブラッドアラーム 〜暁の日常篇〜』において、姫柊雪菜(CV:種田梨沙)&煌坂紗矢華(CV:葉山いくみ)のサンプルボイスが公開。

PS Now、5月は『バットマン:アーカム・ナイト』や『レゴ シティ アンダーカバー』など全3タイトルを新規配信

ストリーミングサービス“PlayStation Now”にて、2019年5月から『バットマン:アーカム・ナイト』など3タイトルが新規配信。

NPBスプラトゥーン2、ベイスターズ(ハイパービーム)が初代王者になるまでの本大会2日間の激闘を総まとめ。インタビュー&激戦のダイジェスト動画も!

2019年5月18・19日に、東京ビッグサイトTFTホールにて開催された“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の本大会のまとめとインタビューをお届け。

“次世代プレイステーション”はどうなる!? いま判明している情報から大予想【先出し週刊ファミ通】

2019年5月23日発売の週刊ファミ通2019年6月6日号では、“次世代プレイステーション”がどうなるのか、どうなってほしいのかを大特集。1400人以上もの読者アンケートを始め、識者やゲームクリエイター、本誌編集者の予想と希望をたっぷりお届けします

『ブレイブルー クロスタッグバトル』がVer1.5大型アップデート実施。新キャラを含むDLC“追加キャラクターセット Vol7”などが配信

『ブレイブルー クロスタッグバトル』のVer1.5 大型アップデートが2019年5月21日に実施された。

『ドラゴンクエストライバルズ』第7弾カードパック『光と闇の異聞録』情報&大興奮の“勇者杯2019春”決勝リポート

『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場する対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。2019年5月23日より配信される新カードパック第7弾『光と闇の異聞録』情報と、過日に行われた公式全国大会“勇者杯2019春”リポートをお届け。

『ドラゴンクエストライバルズ』“勇者杯”や第7弾『光と闇の異聞録』、そして“レックストルネコ記事 ”の真相まで……気になることをまとめて二木Pに直撃!

『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場する対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。今回で5回目となる公式全国大会“勇者杯2019春”の閉幕後、勇者杯や第7弾カードパック『光と闇の異聞録』などを、二木(ふたぎ)達博プロデューサーに直撃!