携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> アッキーナを始め豪華ゲストが彩った“チュンソフト×スパイク 大収穫祭09-10”

アッキーナを始め豪華ゲストが彩った“チュンソフト×スパイク 大収穫祭09-10”

2009/11/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●グラビアアイドルのKONANはバイオレンス&セクシーな衣装で登場

 

 2009年11月29日、都内にあるラフォーレミュージアム六本木で“チュンソフト×スパイク 大収穫祭09-10”が開催された。このイベントは、チュンソフトとスパイクがこの冬以降に発売する新作タイトルを、事前に招待したユーザーに向けてお披露目するというもの。こちらの記事でもお伝えしているとおり、複数の新情報も明らかになったステージイベントの模様をお届けしよう。

 

ONI_2949
ONI_2918
ONI_2941
ONI_2931

▲ステージイベント終了後には、各タイトルの体験プレイも楽しむことができた。

 

 最初のステージ、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『喧嘩番長4 〜一年ステージ〜』ではスペシャルゲストとしてアッキーナことタレントの南明奈が登場した。『喧嘩番長』シリーズは『2』からのファンというアッキーナは、「パッケージに惹かれて、何だコレは? という感じに手に取りました」と作品との運命的な出会いのエピソードを披露。「6時間くらいは全然遊んじゃう」と、ふだんからゲームはかなりプレイするとのことで、前作『喧嘩番長3』でも「家でも移動中でも、時間があればいつでも遊んでました」とかなり熱中していたとのこと。もちろん本作にもかなり期待しており、プロデューサーの渡辺一弘氏によるタイトルプレゼンを見ながら「喧嘩してみたい度がマックスに近いですよ!」とアツイコメントを口にしていた。


ONI_2407
ONI_2450
ONI_2467

 

 このステージでは、すでにお伝えしているアッキーナのイメージキャラクター就任、テーマソングに氣志團の書き下ろし曲『拳の中のロックンロール』を起用というニュース以外に、映画化決定も発表に。2010年春公開予定という情報以外詳細は不明だが、渡辺プロデューサーは「映画ならではの楽しみかたで観てもらえればと思います」と語り、出演者などは後日発表すると語っていた。

 

ONI_2493
ONI_2513
ONI_2525

 

 ニンテンドーDS用ソフト『不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の目と悪魔のヘソ』のステージでは、チュンソフト代表取締役社長の中村光一氏みずからタイトルを紹介。昼と夜が存在するダンジョン、オーラをまとったモンスター、強力な“技”といった新要素について説明を行った。デモプレイも行われ、こちらには“ニコニコ動画”のゲーム実況動画などでおなじみの“えどさん&フミイチ”が登場。操作を担当したフミイチは第1作目からシリーズの熱狂的なファンというだけあって、序盤でいきなりモンスターに囲まれるという危機に瀕するも、計算された行動で切り抜ける。その後はサクサクと進むが、途中で「これは一種の賭けですから」と言って、モンスターかアイテムのどちらかを引き寄せる効果を持つ“引き寄せの巻物”を使用。モンスターを引き寄せるというオイシイ展開を演出し、見事(?)なやられぶりを披露して会場を笑わせた。また、ステージの最後では中村光一氏よりソフトの発売日が2010年2月25日に決定したことも発表となった。


ONI_2546
ONI_2555

 

ONI_2584
ONI_2599

 

 2009年12月10日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『極限脱出 9時間9人9の扉』のステージには、プロデューサーのイシイジロウ氏、シナリオ・ディレクションを担当した打越鋼太郎氏、ノベル版を執筆する作家の黒田研二氏が登場した。イシイ氏は本作の開発経緯について、「なんでニンテンドーDSでサウンドノベルを作っていないんだ! ってまえから思っていたんです(笑)」と説明。ゲームの見どころについても言及し、さまざまなトリックに挑戦する“脱出パート”はもちろんだが、ストーリーが後半へ向かうにつれてどんどんおもしろくなっていく、と物語の完成度にも太鼓判を押した。黒田氏も、ノベライズ化するに当たって「いろいろ自分なりに考えていた」が、シナリオが完璧すぎて何もつけ加えられなかったと打越氏のシナリオを絶賛。「正直くやしかったです(笑)」と話していた。打越氏は、著名でデザイナーの西村キヌ氏の描くキャライラストが、シナリオを書く上でも手助けになったという旨のコメント。「想像を上回るデザインが上がってきて、逆に物語のアイデアをもらうことができました」と語った。

 

ONI_2680
ONI_2682

▲左からイシイ氏、打越氏、黒田氏。『極限脱出 9時間9人9の扉』に関わる主要なクリエーターが登場した。

 

 イシイ氏からは間もなく迎えるソフト発売に向けた情報も発表に。2009年12月3日から、店頭に設置されているDSステーションで体験版の配信がスタートし、ソフト発売日には公式サイトでイベントキャンペーンも実施されるとのことだ。
 

イシイ氏、打越氏への1問1答も実施

――開発の経緯について聞かせてください。

イシイジロウ氏(以下、イシイ) チュンソフトがニンテンドーDSでサウンドノベルを作るというのは、必然だったんです。『レイトン教授』とかたくさんヒットが出てるなか、チュンソフトは何をしてるんだ(笑)という流れがありましたから。DSでしか作れないものをやりたかったので、一生懸企画を考えて1年くらいはそれが続いていました。その中で打越が脱出ゲームとサウンドノベルを組み合わせたらおもしろくなるんじゃないか? と提案し、それをみんなが絶賛してスタートしたわけです。

 

打越鋼太郎氏(以下、打越) いまはユーザーさんの層が代替わりしていて、若い人が増えきていると思うんです。それで、脱出ゲームというのは昔からあるジャンルなので、若いユーザーには斬新に映って、古くからのユーザーは懐かしさが感じられるのではないかと考えました。それにテキストアドベンチャーの要素を加えて、アドベンチャーのおもしろさもいっしょに伝えたいと思ったんです。

 

――一見すると難しそうな作品ですが、誰でも遊べる内容でしょうか?

イシイ 難しく見られてしまいそうだな、というのは反省しているところです(笑)。でも実際にやってみると、そんなことはないですよ。脱出ゲームというと皆さんWebで公開されているものをイメージするかもしれませんが、あちらはヒントをお金を買ったりするくらいなので、すごく難しいんですよ。こちらはコンシューマーですから、難度が高すぎることはないでしょう。それにバランス調整はうちの会社でも定評のある『不思議のダンジョン』のテストチームといっしょにやっていますから、かなりいいバランスになっていると思います。

 

――イシイさんが監督した『428』はかなり高い評価を得ていますが、本作もそれに並ぶほどの作品になりそうでしょうか?

イシイ (笑)。自分が監督したものとプロデュース作品では比較がしづらいのですが、正直並ぶかなあと思っています。ただ方向性が違うので、これは打越にとっての『428』……と言ってもいいのかな?(笑)。『428』と同じものを求めるとちょっと違うかもしないですが、そこは監督の個性ですからね。チュンソフトとして渾身の一作であることに違いはありません。

 

――ユーザーに向けて、本作の魅力をお願いします。

イシイ 打越が最初企画書に“アハ体験”って書いていたんです。脱出ゲームって謎が解けたときって気持ちいいんですよね。それを難しそうって感じる人もいると思うのですが、実際は意外とライトに解けて「あ!」って思う瞬間がたくさん入っています。それを楽しみながらプレイしていくと、今度はストーリーがどんどん見えてきて、物語に飲み込まれていくでしょう。すべての真実へ辿り着くのは難しいと思いますが、ふつうにエンターテインメントとして楽しむぶんには、映画の『SAW』とか『CUBE』とかみたいに「こいつが犯人なんだー!」といった『かまいたちの夜』的な楽しみかたができると思います。ただ、隠された謎みたいのもたくさん用意しているので、それは2周、3周しないとわからない。それに気づいていくと、これはとんでもない傑作なんじゃないか、と思っていただけると考えています。

 

打越 ライトノベル、ミステリーが好きな方は、物語としてすごい楽しめると思います。もちろんパズルゲームが好きな方も楽しめるでしょう。難しいと思わず、気軽に入って、気楽にやっていただければなと思います。 

 

 最後のステージでは2010年2月10日発売予定のWii用ソフト『マッドワールド』を紹介。特別ゲストとして、セクシーでワイルドな衣装に身を包んだグラビアアイドルのKONANと、ソフトの開発を手掛けるプラチナゲームズの稲葉敦志氏が登場した。稲葉氏は『マッドワールド』のコンセプトが、やり過ぎなくらいのバイオレスで逆に「笑い飛ばしてしまおう」というものであると説明。開発に当たっては、男性だけでなく「女性にも遊んでもらいたい」と考え、暴力を描きつつも陰惨にはならない、スカッとするゲームデザインを目指したことを明かした。KONANは「自分の動きと連動しているところがすっごい気持ちイイ」と語り、稲葉氏の狙いどおりスカッとできる作品だとコメント。檀上ではデモプレイも披露し、壁から生えたトゲへの串刺しや、走る列車へ敵を投げる、クビを力任せにナニしてしまうといったバイオレンスなアクションを笑顔でこなしていた。


ONI_2736
ONI_2784

 

ONI_2803
ONI_2812
ONI_2806

 

ONI_2850
ONI_2892
ONI_2869

 

※チュンソフトの公式サイトはこちら

※スパイクの公式サイトはこちら

[関連記事]アッキーナが『喧嘩番長4』イメージキャラに――“チュンソフト×スパイク 大収穫祭09-10”で新発表続々

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『鉄拳7』PS4&Xbox One版の発売日は6月1日! 告知トレーラー&各種特典も一挙公開

バンダイナムコエンターテインメントが、プレイステーション4、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『鉄拳7』の発売日を発表。PS4版およびXbox One版は2017年6月1日、Steam版は6月2日に発売される。

『ダークソウルIII』追加ダウンロードコンテンツ第2弾“THE RINGED CITY”配信日が3月28日に決定!

フロム・ソフトウェアは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ダークソウルIII』の追加ダウンロードコンテンツ第2弾“THE RINGED CITY”を、2017年3月28日に配信することを発表した。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』バトルシーンなどを収録したプロモーションムービー第2弾が公開

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION(ブルー リフレクション) 幻に舞う少女の剣』について、プロモーションムービー第2弾を公開した。

日本一ソフトウェアの公式バラエティ番組、1月27日配信回で“アーケードアーカイブス”を特集

日本一ソフトウェアは、2017年1月27日(金)19時より、ニコニコ生放送にて公式バラエティ番組“生放送・ゆるっと日本一”の第8回を配信。

闘会議GP“PlayStation 4 オーバーウォッチ国内最強決定戦”代表決定戦の模様をリポート【動画あり】

“PlayStation 4 オーバーウォッチ国内最強決定戦”の出場チームを決定するオンライン予選 代表決定戦の模様をリポート。闘会議当日に出場するチームは!?

『無双☆スターズ』 スペシャル生番組を1月26日(木)20時から配信決定! 公式Twitterで質問も募集中

コーエーテクモゲームスは、2017年3月2日発売予定の『無双☆スターズ』について、2017年1月26日20時より“ヒーロー集結!! 『無双☆スターズ』スペシャル 生番組”をニコニコ生放送とYouTube Live、FRESH!にて配信する。

日本一ソフトウェアのデスゲームADV『追放選挙』、公式サイト&OPムービー公開

日本一ソフトウェアは、2017年4月27日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『追放選挙』について、公式サイトおよびオープニングムービーを公開した。

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』に杉田智和が殴り込み! 演じるは最強のアイドル“高田馬場ジョージ”

2017年6月公開予定の劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』について、新キャラクターの情報が解禁。

『DOAX3』のPS VR専用モード“VRパラダイス”、1月24日配信決定! 製品版ユーザー向けに期間限定で無料配布

『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』のプレイステーション VR対応アップデート“VRパラダイス”の配信が、2017年1月24日(火)に実施されることが決定。

プレイステーション4 Proに対応し、女の子たちがより美麗な姿で目の前に!! PS VR対応版『デッド オア アライブ エクストリーム 3』プレス向け体験会リポート

『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』が、1月24日についにPS VRに対応。最新バージョンをいち早くプレイできた担当ライター“西川くん”のインプレッションをお届け。