携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ニンテンドーDSi LL発売日リポート! LLサイズの行列が!?

ニンテンドーDSi LL発売日リポート! LLサイズの行列が!?

2009/11/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●秋葉原と池袋の様子をリポート

 

 ニンテンドーDSシリーズのニューモデル、ニンテンドーDSi LLが2009年11月21日ついに発売。ニンテンドーDSi LLは、ニンテンドーDS Liteと比べて2倍近い大型液晶画面(93パーセント増)を実現。画面と本体を大きくしたまさに“LLサイズ”のモデルだ。クリスマスまであと1ヵ月あまりという絶妙なタイミングでの発売ということで、プレゼント需要も高そう。というわけで、都内量販店の発売日当日の様子をリポートする。

 

●前日午後11時から並ぶ強者も!

 

▲午前9時過ぎの店頭の様子。ニンテンドーDSで遊んでいる人もたくさんいたほか、ニンテンドーDS本体のコスプレ(?)をしている人も(笑)。

 

 ヨドバシカメラ マルチメディア Akibaは、午前9時の時点で50〜60人の行列。先頭の男性は前日深夜午後11時から並んでいたということだったが、2番目に並んでいた男性は始発で駆けつけたとのこと。ちなみに今回ベイブレードの発売も重なっていて、DSi LLとベイブレードの行列を平行に並ばせていたため店頭が若干混雑。そのためもあってか、通常開店の午前9時半よりも10分程度早く両行列の人たちを店内に案内していた。
 

▲発売開始後も順調に人が集まっていた。20代〜30代と見られる人が大多数だったが、年輩の男性の姿もチラホラ見かけた。

 

 発売開始後の購入者の動向を見てみると、本体のみを購入する人が圧倒的。見た感じだとソフトを購入している人は、10人にひとりかふたりの割合だった。また、今回発売された3色のうち、記者が見ている限りだとダークブラウンの人気が高そうだった。

 

▲ニンテンドーDSi LLをゲットした男の子は、初代ニンテンドーDSから全モデル持っているとのことだが、「家で遊ぶように」とDSi LLを購入したんだとか。ちなみにこれからポケモンセンターでオフ会に参加されるとのことでした。

 

 行列自体は開店直後にさらに増え、ゆうに100人以上の規模に。午前10時時点でも行列は途切れることはなかった。3連休初日ということもあり、これからも人がガンガン集まりそう。ニンテンドーDSi LLも順調な滑り出しを切ったと言えそうだ。店員さんによると、「状況次第では売り切れる可能性もあるかもしれません」とのことだったので、欲しい人はお早めに!

 

●大画面の魅力に惹かれて!

 

 池袋ビックカメラ本店のオープンは、午前10時。取材陣が店頭に到着した午前9時の時点では、午前6時から並んでいたという男性を先頭に約20人ほどが販売開始を待っているのみだった。それがオープン直前になるとバタバタと人が集まり出し、60人以上の列に。定刻どおりの午前10時に、1階の特設レジと4階のゲーム売り場で販売開始となった。

 

▲午前10時のオープンに合わせてやってきた人が多かったよう。大行列とはいかなかったが、その後も人波が絶えず、ハードの発売日特有のお祭り感は延々と続いていた。


▲1階の特設レジと4階のゲーム売り場に分かれて販売スタート。どちらもレジ前は大混雑となっていた。


 オープン以前に並んでいた約60人はほとんどが男性で、20代後半〜30代後半が多いように見受けられたのだが、その後もニンテンドーDSi LLの販売レジはフル回転。時間が経過するに従って年齢層の幅も広がり、OL風の女性グループやカップル、夫婦、親子などさまざまな人がDSi LLを購入していった。画面が大きく、見やすくなったことが最大の魅力のハードだけに、目を労わる年配の購入者が多いものと思っていたのだが、予想は外れ。店頭で見ているうちに、考えを改めさせられた。
 

 購入者に話を聞いてみると、やはり初代ニンテンドーDSやニンテンドーDS Liteからの買い替えがほとんど。そして、DSi LL購入の決め手は、ほぼすべての方が「画面が大きくなったこと」と答えた。「最近、画面が見にくくなっていたので……」、「これなら目が疲れないだろうから女房にプレゼント」などと語る年配の男性もいれば、「どちらかが遊んでいるのをいっしょに見ていることが多いから画面は大きいほうがいい」という若いご夫婦も。ある男性は、発売前日に店頭でモックを見て、その画面の大きさに惹かれ、その場で購入を決意したそうだ。ちなみに、本体が大きくなったことでやや重量も増しているが、おもに自宅でプレイすると答えた人が多く、それほど不安視している人はいないようだった。

 

 なお、同店のゲームコーナー責任者によれば、3色のカラー展開の中ではワインレッドがもっとも売れているそう。「通常のゲームハードの購入者よりもやや年齢層が高めで、渋い色味を好まれる方が多いようです。ワインレッドは男女を問わず、人気ですね」とのこと。販売レジを見ている感じでは、ワインレッドとダークブラウンが人気を二分しているようだった。3連休ということでまだまだ盛り上がりは続きそうだが、「在庫も十分にあるので、現状では売り切れの心配はなさそうです」とのこと。 

▲店頭にはニンテンドーDSi LLのモックが展示。足を止めて大きさを比較している人も多く、その中の何人かはレジへと直行した様子。じつは記者もモックを見て衝動買いしました。


▲「とにかく大画面のDSが欲しくて!」とニンテンドーDSi LLを購入した男性。ニンテンドーDSはこれが3台目だそう。


▲息子さん(と言っても立派なお父さんです)といっしょに、自分用のニンテンドーDSi LLを買いにきたというおばあちゃん。インターネットがやってみたいけど、PCには挫折してしまった経験があるそうで、孫娘が「ニンテンドーDSi LLならインターネットもできるし、画面も大きいからいいんじゃない」とすすめてくれたんだそう。「これで脳を鍛えますよ!」と本当にうれしそうに笑ってらっしゃいました。



 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

600点以上のBGM・効果音が無料で使える素材サイト“スプリンギン サウンド ストック”がオープン。動画やイベントなどでの商用利用も可能な音素材が満載

しくみデザインは、BGMや効果音など600点以上の音楽が無料でダウンロードできるサイト“Springin’ Sound Stock(スプリンギン サウンド ストック)”をオープンした。

『ダイの大冒険』ハドラーがフィギュアシリーズ“ARTFX J”最大の35センチを超えるサイズになって登場。“超魔爆炎覇”を放たんとする瞬間を再現

コトブキヤは、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』より、“ARTFX J ハドラー”の予約を開始した。

サバイバルホラー『猟奇の日本』がSteamで早期アクセスを開始。現実世界を舞台に非現実で猟奇的な恐怖を味わえる作品。アナログ風な画面がじっとりとした恐怖を演出

838s Maniacsは、PC(Steam)向けサバイバルホラーゲーム『Brutal Japan | 猟奇の日本』の早期アクセスを2022年6月25日(土)より開始している。

『ソウルハッカーズ2』“サマナーズガイド”Vol.5が公開。Aionの拠点“アクシス”や仲間たちの精神状態を再現した空間“ソウル・マトリクス”の情報が明らかに

アトラスは本日(2022年6月28日)、2022年8月15日(木)発売予定の『ソウルハッカーズ2』について、主人公のリンゴ(声:黒沢ともよ)が本作を紹介する映像“サマナーズガイド”のVol.5を公開した。

映画『ワンピース フィルム レッド』ユニクロTシャツ4種が7月11日より発売。麦わらの一味やシャンクス率いる赤髪海賊団が集合したイラストは必見

ユニクロは、グラフィックTシャツブランド“UT”と映画『ONE PIECE FILM RED』のコラボTシャツを、2022年7月11日より発売する。

PS4版『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」』が8月に発売決定。年齢性別問わず幅広く楽しめるADVゲーム。PS版でもしんちゃんとひと夏の思い出を作ろう

2022年6月28日(火)、ネオスは、国内、アジア各国で発売中のNintendo Switchソフト『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」〜おわらない七日間の旅〜』のプレイステーション4版を、2022年8月に世界同時発売することを発表した。

【にじさんじ】樋口楓、三枝明那、健屋花那などの描き下ろしイラスト衣装がそのまま商品化! dazzlin&RAGEBLUEとのコラボアパレルが予約スタート【推しとおそろい】

2022年6月28日(火)、ANYCOLORが運営するVTuberグループ“にじさんじ”と、MARK STYLERの“dazzlin”、アダストリアが運営する“RAGEBLUE”とのコラボアイテムを予約販売開始した。

映画『ゆるキャン△』ローソンキャンペーンが本日(6/28)より順次開始。対象商品の購入で貰えるミニノートやオリジナルパッケージの限定商品などが登場

本日2022年6月28日(火)より、7月1日(金)公開予定の映画『ゆるキャン△』のキャンペーンがローソンにて開催される。

ゲーセンでお馴染みのあのダンスゲームっぽいゲーム筐体がミニチュア化。好きなフィギュアを乗せることで実際に踊っているかのような再現ができる

Jドリーム公式Twitterは、ゲームセンターでお馴染みのダンスゲームを再現した『ダンスゲームマスコット』を、2022年10月よりカプセルトイで発売することを発表した。