携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ドラゴンクエストVI 幻の大地』個性的なモンスターが続々

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』個性的なモンスターが続々

2009/11/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ユニークなモンスターたちが登場

 『ドラゴンクエスト』シリーズでも異色の、深淵なるストーリーが展開する『ドラゴンクエストVI 幻の大地』。本作では、個性的なモンスターが主人公たちに立ちはだかる。そんな、本作ならではのモンスターの一部を紹介しよう。ニンテンドーDS版では、そんな鳥山明デザインのモンスターたちが戦闘画面で臨場感豊かに動き回るぞ。

さまざまな場所へ展開していく主人公の冒険。そこには、その地域ならではのユニークなモンスターがたくさん生息している。


ぶちスライム

なんと、スライムなのに“ぶち”だらけという不思議なモンスター。ふつうのスライムよりも、体のサイズがちょっぴり大きい。


ファーラット

全身フワフワの毛で覆われた獣系モンスター。丸まって体当たりする姿はかわいらしいが、よく見ると3つ目の表情が怖い?


もりじじい

数百年生きた森の樹木に意志が宿ったとされる魔物。頭に咲いた花の弁から魔力を放出して、相手を眠りに誘う“ラリホー”の呪文を唱えたりする。


ちんもくのひつじ

羊の姿をした獣人。その奇妙な雄たけびがマホトーンとなって、相手の呪文を封じてしまう。集団で出現されると、魔法使いの出る幕がまったくなくなってしまうという、厄介な魔物。


ユニコーン

数々の伝説に残る一角獣。相手を突き飛ばして戦闘メンバーから弾き出すだけではなく、回復呪文のホイミで自分のパーティーを援護する能力も持つ。


フーセンドラゴン

鉱山の絶壁を住みかにしているドラゴン系のモンスター。燃え盛る火炎を吐き散らし、相手を窮地に陥れる。


キメイラ

キメラがさらに進化したモンスター。全体を攻撃する“つめたいいき”という、恐ろしい技を持つ。


ようじゅつし

高度な知性を持つ魔界の術士。強力な炎の呪文メラミなどを操ることができる。


メガボーグ

魔界のチカラで生み出された“人造”モンスター。知性や感情がなく、ケタはずれの怪力を誇るが、ときに敵味方の見境なく攻撃を加えてしまう。


いどまじん

町の井戸を調べてみたら、中から突然モンスターが出現。こんな、ビックリするような仕掛けがいくつもある。いどまじんは、覗いた人間を生け贄として井戸の中に引きずり込む井戸の守り神。かなりのチカラ自慢で、さらに近くにある石を投げつけてきたりと、狭い井戸の中で大いに暴れまわる。


キラーウェーブ

波の姿をした魔物も。大きな津波を呼び起こし、相手をひと飲みにしてしまうという、恐ろしい海のモンスターだ。




●仲間たちも個性豊か

 モンスターだけではなく、主人公や、ほかの登場キャラクターたちも個性的。そこで、ここでは各キャラクターに関する情報を公開する。今回は、プレイヤー自身である主人公と、その妹ターニアを紹介しよう。

主人公

辺境の村・ライフコッドに住む少年。17歳になった年、村の中でも重要な役割を任されるほど、村人たちからの信頼は厚い。妹ターニアとともに平和に暮らしていたが、ある旅の途中で見た“幻の大地”、そして山の精霊からのお告げをきっかけに、冒険の旅に出る。


主人公の妹 ターニア

たったひとりの肉親と思われる兄を慕うターニア。しかし、世界の状況を不安に感じる一面も……。



 

タイトル

ドラゴンクエストVI 幻の大地

メーカー

スクウェア・エニックス

対応機種

ニンテンドーDS

発売日

2010年1月28日発売予定

価格

5980円[税込]

ジャンル

RPG / 冒険・ファンタジー

備考

シナリオ・ゲームデザイン:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、アートディレクション:眞島真太郎、企画・開発:アルテピアッツァ、制作・販売:スクウェア・エニックス



※ニンテンドーDS版『ドラゴンクエスト』天空シリーズポータルサイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!