携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『FFXI』追加シナリオ第3弾の先行販売がスタート

『FFXI』追加シナリオ第3弾の先行販売がスタート

2009/10/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●行方不明だったシャントット博士が邪悪さを増してウィンダスに戻ってきた!

 

 スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ファイナルファンタジーXI』(プレイステーション2、Xbox 360、Windows用)の追加シナリオ第3弾『シャントット博士の陰謀 〜ヴァナ・ディール史上最凶の作戦』のオンライン先行販売が、2009年10月26日にスタートした。価格は980円[税込]。プレイオンラインビューアー上で購入できる。

 

 『シャントット博士の陰謀』は、『FFXI』の人気NPC、シャントット博士をクローズアップした追加シナリオ。行方不明になっていたシャントット博士が帰還したのはいいのだが、持ちまえの邪悪さが倍増。“シャントット帝国”を築いて世界に宣戦を布告する。
 

syann0002

syann0003

syann0004

syann0005

syann0006

syann0007

syann008

syann0009

 

 シナリオの報酬装備はブリッツァポレイン、デサルタタセッツ、竜巻下衣の3種類。追加性能については後日発表される。
 

ブリッツァポレイン【Blitzer Poleyn】

第2次コンシュタット会戦の頃、バストゥークの天才甲冑師が開発した重装歩兵用板金脚甲。歩騎共に重装化の一途をたどっていた時流に反し、兵士の負担軽減に着目。軽量化と可動域拡大のためフレームで形成された膝・踵当は当時画期的であった。後に軽量素材ミスリルが普及すると急速に廃れてしまったが、近年その先進性に着目した甲冑師ゲンプにより、最新技術を施した復刻モデルが作られた。
 

syann0010

 

デサルタタセッツ【Desultor Tassets】

第2次コンシュタット会戦の頃、サンドリアの騎士に流行した重装騎兵用脚甲。鉄鞍で守られた内股以外のすべてを覆う、膝下にまで達する長大な草摺を特徴とする独特の形状は、曲乗り芸人から転身した異色の騎士アラダミエルが、自らの乗馬ズボンに着想を得て開発したためとされる。騎兵突撃が廃れるに従い、その存在も忘れられていたが、近年、動きやすさが再評価され、斥候用に少量が復刻された。

 

syann0011

 

竜巻下衣【Tatsumaki Sitagoromo】

天空に昇る東方の龍があしらわれた絹の脚衣。200年ほどまえ、ウィンダスの魔法祭に招聘された東方の陰陽師が「確かに貴公らの妖術には驚嘆した。だが、風雲を呼び、雷雨を操る我が国の瑞獣の妖力には遠く及ばぬ」と発言したことから龍紋ブームが起きた。この脚衣は、その当時設立されたばかりの織工ギルドで仕立てられた逸品で、現代より貴重だった絹や金糸が惜しげもなく用いられている。

syann0012

 

 なお、追加シナリオ第3弾『シャントット博士の陰謀 〜ヴァナ・ディール史上最凶の作戦』がプレイできるようになるのは、2009年11月10日に予定されているバージョンアップ以降。『プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI』のディスクと拡張ディスク『ジラートの幻影』を購入したうえで、それぞれのコンテンツIDを登録する必要がある。また、キャラクターのメインジョブがレベル10以上である必要もある。

 

※『ファイナルファンタジーXI』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アトリエ』シリーズが25周年。世界を救うのをやめて調合に夢中になる人が続出!? 斬新な切り口の錬金術RPG『マリーのアトリエ』が発売された日【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1997年(平成9年)5月23日は、プレイステーション用『マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜』が発売された日。本日で『アトリエ』シリーズが誕生してから25周年を迎えたことになる。

【ゲーミングノートPC】CPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載した“Alpha 15, AMD Advantage Edition”がAmazon限定でMSIより発売

2022年5月28日(土)、エムエスアイコンピュータージャパンはCPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載したゲーミングノートPC“Alpha 15, AMD Advantage Edition”をAmazon限定で発売する。

【集英社ゲームズ】『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』に『サマータイムレンダ』から小舟潮などが参戦。『SOULVARS』はPCと家庭用ゲーム機向けにリリース決定

集英社ゲームズは、インディーゲームの祭典INDIE Live Expo 2022にて『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』などの最新情報を公開した。

【講談社ゲームクリエイターズラボ】『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が8月6日に配信決定

2022年5月22日に開催されたインディーゲームのオンラインイベント“INDIE Live Expo 2022”にて、講談社ゲームクリエイターズラボの3タイトル、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が2022年8月6日に発売されることが明らかにされた。

『シン・ウルトラマン音楽集』(6/22発売)のジャケットと収録内容詳細が公開。44Pブックレットには鷺巣詩郎作曲のフルスコア2曲を収録

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の劇中使用楽曲を集めた2022年6月22日(水)発売の音楽集CD『シン・ウルトラマン音楽集』のジャケット・収録内容詳細が公開された。

神と人との戦いを描く2D探索アクション『LOST EPIC』PS5/PS4版が7月28日発売決定、Steam版も同日フルリリース

ワンオアエイトによる2D探索アクション『LOST EPIC』(ロストエピック)がプレイステーション5、プレイステーション4向けに、7月28日にリリース予定であることが明らかにされた。早期アクセスで提供されていたSteam版も、フルリリース版が同日の7月28日に配信される。

“ウルトラマン特集”ファンが選ぶ10エピソードが6月25日にファミ劇で再放送決定。本作のファンで知られる田村亮、宮島咲良、荒井義久のコメントも到着

2022年6月25日(土)、ファミリー劇場は“「ウルトラマンHDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソード”を再放送する。第23話“故郷は地球”や第39話“さらばウルトラマン”などが選出されている。

『呪術廻戦』より七海建人のフィギュアが登場。ネクタイを緩める仕草で大人っぽさを表現

2022年5月18日(水)、コトブキヤはフィギュア“ARTFX J 七海建人”の予約を開始した。

『SIGNALIS』2022年秋発売決定。名状しがたき奇怪な世界と物語が堪能できる、往年の名作にインスパイアされたコズミックホラー

PLAYISMはrose engineが開発するサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』のSteam版をHumble Gamesと協力して、2022年秋に発売することを発表した。

『ティモシーとムーの塔』Steamにて8月9日発売決定。古きよきレトロゲーム風味の高難度塔登り2Dアクションゲーム

PLAYISMはKibou Entertainmentが開発する高難易度塔登り2Dアクションゲーム『ティモシーとムーの塔』をSteamにて2022年8月9日に発売することを発表した。