携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『3』にココナが!?”アルトネリコ ファン感謝祭”で気になる音声収録

『3』にココナが!?”アルトネリコ ファン感謝祭”で気になる音声収録

2009/10/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●開発陣と声優陣、来場者の全員で『アルトネリコ3』に使う音声を収録

 

 2009年10月25日、“秋葉原エンタまつり 2009”の特設ステージで、“アルトネリコ ファン感謝祭”が開催された。これは、2010年1月28日にバンダイナムコゲームスから発売予定のプレイステーション3用ソフト『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』のイベント。同ソフトに使用される音声が収録されるひと幕があったが、収録された文句は、前作のキャラクターを彷彿とさせる“ここな”というワードだった。

 

arto0002

 

 『アルトネリコ』は、バンダイナムコゲームスとガストの共同開発によるシリーズで、詩(歌)を力に変える少女を巡る物語が描かれるRPG。詩というテーマは、ストーリーに密接に関わるとともに、戦闘システムでも大きな部分を占めている。キャッチフレーズも“世界最響のRPG、ここに鳴り−”と、その特徴を全面に押し出して、独自の魅力がアピールされている。最新作の『3』では、グラフィックが3Dになるなど、表現が強化されるとともに、戦闘で重要な位置を占める曲がその都度、自動生成される“R.A.H.”システムを採用。より『アルトネリコ』らしい部分がパワーアップする形で制作されている。

 

arto0011

arto0012

arto0025

arto0008

arto0013

arto0014

 

 イベントでは、今回のために用意されたゲーム画面が披露され、プロデューサーの河内厚典氏(バンダイナムコゲームス)と、ディレクターの土屋暁氏(ガスト)がそれを解説した。アイテム調合や、ヒロインの精神世界に入る“コスモスフィア”の画面が公開されたほか、バトルでは、詩魔法がパワーアップする際にヒロインの服が変化し、露出が多くなるシーンも見せてくれた。そのような場面も『アルトネリコ』シリーズの数ある魅力のひとつだが、ヒロインの肌の露出には深い訳があるらしい。土屋氏はそれを以下のように説明した。

 

 「(ただ単に)脱いでいるわけじゃなくて、肌をさらすことで星からのエネルギーをもらっているんです。ヒロインが脱いでくれるからこそ、世界が救われるんだと思ってください」(土屋氏)

 

 そう思ってヒロインたちを眺めると、よりありがた味が増すかもしれない。
 

河内厚典氏

arto0003


土屋暁氏

arto0004


 開発陣のほか、ステージには主人公の蒼都(アオト)の声を演じる杉山紀彰と、ヒロインの咲(サキ)を演じる後藤麻衣、同じくヒロインのフィンネル役の喜多村英梨が姿を現し、それぞれの役について思うところを語った。蒼都からアクティブな服装とは裏腹なやさしさを感じたという杉山は、「優しさと同時に強さを持っている」(杉山)と主人公をベタ褒め。後藤も咲のイラストを初めて見たときに「なんだこの娘、超可愛らしい」(後藤)と思ったとのこと。ふたりとも自分が演じるキャラクターをストレートな褒め言葉で讃えていたが、喜多村はフィンネルについて「ちょっとめんどうくさいけれど、どうにかしてあげたいタイプ」とやや微妙(?)な表現。演じるに際し、「超ドMで(演じてほしい)」とディレクションされたとのことだが、フィンネルはいじられやすいドジっ娘キャラクター。後藤は、このフィンネルが好みのタイプのようで、「台本を読んでずるいなと」(後藤)思ったという。逆に喜多村は後藤が演じる咲について「素直で、純粋で、かわいらしさを極めた(キャラクター)」(喜多村)と、かなり気に入っている様子。お互いが演じるキャラクターを褒め合うことになったが、どうやら咲は、ストレートなかわいらしさが追求されたキャラクターで、フィンネルはややひねった魅力のキャラクターのようだ。

 

arto0031

 

 イベントの最後に“大アフレコ大会!!”と称して、『アルトネリコ3』で実際に使用される音声の収録が行われた。記事の冒頭で触れたように、収録されたのは“ここな”という意味深な文言。『アルトネリコ2』でココナの声を担当した志村由美は、それまで姿を表さずに“影ナレーター”としてイベントに参加していたが、ここでステージに登場。ほかの声優陣と開発陣、来場者とともに声を合わせて“ここな”と唱和した。『2』の人気キャラクター名と思われるこのボイスが『3』でどのように使用されるのか、シリーズのファンは気になって仕方がないはずだ。

 

※『アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『World of Tanks Console』架空戦記が楽しめる!? ストーリー形式コンテンツ“WAR STORIES”が8月22日に実装

オンラインタンクバトル『World of Tanks Console』に、2017年8月22日に新コンテンツ“WAR STORIES”が実装される。その概要が明らかとなった。

『プチコン3号 Smile BASIC』が欧州やオーストラリア、ニュージーランドなど33地域に向けて配信開始

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト『プチコン3号 Smile BASIC』を、2017年8月17日に欧州およびオーストラリア、ニュージーランドを含む33の地域に向けてNintendo eShopでのオンライン販売を開始した。

『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できるコンテンツが“なぞともカフェ”に登場! 先行体験リポートをお届け

一人称スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できる謎ときコンテンツが、謎とき体験施設“なぞともカフェ”、“スペースクリエイト 自遊空間”で、2017年8月18日よりスタートする。一般公開に先駆けて体験したリポートをお届け。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』8月23日開催の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”の詳細が判明 スペシャルゲストは小島よしお

ワーナー ブラザース ジャパンは発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”において、決勝大会への進出チームと8月23日に行われる決勝大会の詳細を発表した。

プレイステーション4、システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”が配信決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4の次回の大型システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”を、日本国内向けにて提供することを発表した。

ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー&イケメンさん 2017年版【ChinaJoy 2017】

ChinaJoyにおけるファミ通.comの恒例企画、“ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー”をお届け。今年はプラスアルファもあります!

記憶を消してもう1回遊びたい衝撃作『UNDERTALE』プレイインプレッション

2017年8月16日に配信を開始した話題のインディーゲーム『UNDERTALE』のプレイインプレッションをお届けする。

『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”リポート “3+1”が生み出した新たな対戦セオリー

2017年8月6日、東京、バンダイナムコ未来研究所にて、バンダイのデータカードダス、『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”が開催された。ここではその大会結果とイベントの模様をお届けする。

第36回浅草サンバカーニバルにガンホー・アミーゴスが参戦! ダンスも音楽もパワーアップして浅草の街に降臨!

2017年8月17日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、8月26日に開催される“第36回浅草サンバカーニバル”に出場することを発表した。