携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ダライアスバースト』最新情報を公開

『ダライアスバースト』最新情報を公開

2009/10/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
logo




●もう一機のシルバーホークバースト“ネクスト”

 タイトーより2009年12月24日発売予定のPSP用シューティングゲーム『ダライアスバースト』(価格はUMD版が5040円[税込]、PS Storeダウンロード版が4000円[税込])。本作は、1987年にアーケードで登場し、その後数々の続編が発売されてきた名作シューティングゲーム『ダライアス』シリーズの最新作だ。本作の主人公機はシルバーホークバーストという機体だが、ほかにも主人公機があることが判明した。その名は“ネクスト”。

“ネクスト”シルバーホークバースト設定

人間専用のシルバーホークバースト2号機で、通称“ネクスト”と呼ばれる。“レジェンド”シルバーホークバースト(1号機)とは大きく形状が異なるが、細部を見ると同一の技術を使われた機体であることがわかる。

sh2_001
sh2_002
sh2_003
 

ネクストの攻撃性能

ネクストの攻撃性能には一長一短がある。長所は、ボムにホーミング性能があること。そして短所は、ショットの攻撃範囲があまり広がらないことだ。

db_nextl00
db_nextl01
db_nextl02
db_nextm00
db_nextm01
db_nextm02
db_nextw00
db_nextw01
db_nextw02




●パイロットたち

 『ダライアス』シリーズの特徴として挙げられるもののひとつに、パイロットが男女ペア、ということがある。本作では若干設定が異なり、1号機に女性パイロット、2号機に男性パイロットという、シリーズ初の試みがなされている。ここでは、そのパイロットたちを紹介しよう。なお、キャラクターデザイナーは島田フカミネ氏が務めている。
 

Ti2

シルバーホークバースト1号機“レジェンド”のパイロット。人間ではなく、ダライアスのネットワークシステムの、最新型AI端末。外見は女性型であり、その理由は、兵器というものが人類に向くかもしれないという恐怖をやわらげるためであり、機能的な意味は薄い。なお、Ti2という名前は、シルバーホークを駆って人類を救ったダライアス星の伝説の英雄ティアットから取られている。

ti2
 

リーガ・プラティカ

シルバーホークバースト2号機“ネクスト”のパイロット。人間の男性。宇宙軍に属するテストパイロットのひとりで、“リーガ・プラティカ”は軍内部でのコードネーム。その意味は、宇宙軍用語で“ストライプを持つ研修レベル兵”。コードネームに示されるとおり、テストパイロットとしての地位と、過去のテスト戦闘中に受けた無数の傷を持っている。

riga




●ゲームモードを紹介

 ここでは、本作のゲームモードふたつを紹介する。まずは、“アーケードモード”。もっともスタンダードなモードで、敵を倒しながらパワーアップアイテムを回収し、各ゾーン(ステージ)の最後に待ち受けるボスを撃破することで、つぎのゾーンへと進んでいく。残機すべてを失うとゲームオーバーになるが、コンティニューを選択すると、その段階から再開できる。難度や機体のストックは、オプションで変更することが可能だ

 もうひとつは、“バーストモード”。特殊なルールでのクリアーを目指すモードで、一定条件を満たすことでプレイできるようになる。基本的にはアーケードモードと同じだが、つぎのような異なる要素もある。まず、ショット・ボム・アームのレベルが最大の状態からスタートする。しかし、機体のストックは1機のみで、パワーアップアイテムは出現しない。さらにコンティニューも不可能で、難度は高めとなっている。そして最大の特色として、“ウエポンチェンジ”が可能となっている。
 

ウエポンチェンジ

バーストモードに限り、LボタンかRボタンを押すことでショットのレベルを任意に変更することができる。

db_wchg00
db_wchg01
db_wchg02




●ゾーンの一部を紹介
 

ゾーンA(ステージ1)

母なる星ダライアス。海底に作られた軍事基地から、軌道エレベーターへの道が続く。

db_zonea00
db_zonea01
 

ゾーンB(ステージ2)

ダライアスの上空、軌道エレベーターを通過して宇宙へ。軌道エレベーターをつなぐオービタルリングが見える。

db_zoneb00
db_zoneb01
 

ゾーンC(ステージ3)

敵ベルサーの駐留艦隊。亜空間へと入りやすい時空スポットを押さえられている。

db_zonec02
db_zonec04
 

ゾーンD(ステージ4)

かつて異星知性体シーマが破壊した惑星がアストロイド化しているエリア。多数の障害物が存在している。

db_zoned02
db_zoned04




●ボスキャラクター情報
 

コードネーム“ライトニングフランベルジュ”

ノコギリエイに形状の似た旗艦。レーザー武装が充実しているため、“光の剣”のコードネームがつけられた。侵攻惑星付近の宇宙空間に設営される補給部隊基地に所属する旗艦として使用される。基本武装をレーザーに特化させたレーザー砲撃艦であり、多くの種類のレーザー砲を搭載する。運用場所はレーザーを減退させる大気が存在しない宇宙空間に限定されるが、適性エリアでは高い攻撃力を発揮する。艦首部の特殊レーザーは強力な武器であるが、これはバースト砲のエネルギーをユニット転換して使用することでハイパワーを実現している。そのため、ユニットを外して通常のバースト砲としても使用できる。

lightningf
db_bosslf00
db_bosslf02
 

コードネーム“ミラージュキャッスル”

ハリセンボンに形状の似た旗艦。サルガッソーに潜む。小型艦に武装装甲ユニットを装着することで、大型艦と同等の運用が可能となっている。このシステムは、ダメージコントロールを容易にするための技術であり、損傷が一定値を超えたユニットは、すぐにパージ(分離廃棄)される。長期戦闘による大ダメージを機体中央部に伝えず、結果として一定値以上の戦闘力を維持し続けることが可能となる。また、戦闘後の修復作業も亜空間ファクトリーからユニットを補給、装着するだけであり、非常に迅速。これと戦う際は、すべてのユニットを破壊し、中心部の小型艦を一気に沈めることが必要となる。分離可能なユニットを採用したことで、バースト砲と同時に各部ユニットによる多彩な攻撃をくり出すことができる。

miragec
db_bossmc00
db_bossmc04


 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

505 GamesがEpic Games ストアにて『Control』と『Journey to the Savage Planet』の2タイトルを独占配信することを決定

505 GamesがEpic Games ストアにて2タイトルの独占配信を行うことを発表した。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』戦いに挑む前に押さえておくべきポイントを指南! 命を賭して、命を獲れ――!!

 2019年3月22日、ついに発売を迎えたフロム・ソフトウェアの最新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 』。アクティビジョンとの共同開発による完全新作が見せる、新たなアクションに立ち向かうためにも、覚えておくべきポイントを指南していこう。

『アサシン クリード オデッセイ』はいかにして豊穣なゲーム体験を提供し得たか、時代の先端をいくカットシーンを自動生成する仕組みとは?【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコで行われている世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。ここでは、ユービーアイソフトの大作『アサシン クリード オデッセイ』の開発事例を紹介しよう。まあ、すごいです。

『パックマン』のMRプロジェクト『PAC IN TOWN(パックインタウン)』は、位置情報要素を盛り込みどう進化したか?【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコで行われている世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。展示スペースであるGDC EXPOのGoogleブースで、『PAC IN TOWN(パックインタウン)』を体験してみた。

本日(2019年3月21日)21時30分からは山下七海さんが『マリオカート8 デラックス』をプレイ!

ファミ通が制作・運営するファミ通チャンネルの番組『山下七海のななみんのねごと』第2回が、2019年3月21日(木・祝)21時30分より配信!!

目指したのは、テトリスでプレイヤーの感情を突き動かす“最高に気持ちいいテトリス体験”。『テトリス エフェクト』の開発トークをリポート【GDC 2019】

サンフランシスコで開催中のGDCで、パズルゲーム『テトリス エフェクト』の開発チームがその奮闘の日々を振り返った。

Google マップがゲームにさらなる革新をもたらす!? 『パックマン』や『モンスト』など現実世界を取り込んだゲームの最新事情【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコで行われている世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。ここでは、会期2日めに行われた“Push the Limits of Real-World Gaming”をお届けしよう。

GDCアワードのGOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』! 日本からは『Nintendo Labo』が革新賞、セガの小玉理恵子氏がパイオニア賞を受賞【GDC 2019】

ゲーム開発者の国際カンファレンスGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)に合わせて行われた、“21ST ANNUAL INDEPENDENT GAMES FESTIVAL AWARDS”と“19TH ANNUAL GAME DEVELOPERS CHOICE AWARDS”の受賞作品をご紹介。

最高のコミュニティーを実現するために、Xbox LiveがiOSとAndroidをサポート。Nintendo Switch版『Cuphead』はXbox Live対応に【GDC 2019】

マイクロソフトがXbox LiveのサポートをiOSとAndroidでも展開することを明らかにした。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2019年03月11日〜2019年03月17日

年度末の新作ラッシュの中で、『ディビジョン2』が首位に