携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “デジタルコンテンツ Expo 2009”に未来のゲームを見た

“デジタルコンテンツ Expo 2009”に未来のゲームを見た

2009/10/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Wiiリモコンで動くイカロボットやフルハイビジョン4枚分の超高解像度モニターなどに注目!

 

 2009年10月22日〜2009年10月25日、東京都の日本科学未来館と東京国際交流館で“デジタルコンテンツEXPO2009”が開催されている。これは、ゲームや映画、Webコンテンツなどの展示や講演、シンポジウム、映像上映などからなる総合博覧会。ここでは、日本科学未来館で行われている展示についてリポートする。

 

 日本科学未来館の1階の広大なスペースでは、“次世代コンテンツ技術展(ConTEX)2009”と、“アジアグラフ 2009 in Tokyo”、“国際3D Fair 2009 in Tokyo”の3種類の展示が同時に開催。この3つはすべて、“デジタルコンテンツEXPO2009”の展示として行われている。

 

dcexpo0002

 

 “次世代コンテンツ技術展2009”は、おもに大学が行っている技術研究の成果を出展したものだが、専門的な知識を要する内容ではなく、最先端の技術を目で見て、実際に触れる、わかりやすい出展となっている。

 

 まずは、見た目のインパクトが大きいものから紹介したい。公立はこだて未来大学は“IKABO”というイカのロボットを出展したのだが、何と、これは、WiiのWiiリモコンとヌンチャクで操作するロボット。腕を動かすと、そのとおりにイカの足が動くようになっている。本来は、函館港まつりの“イカ踊り”を踊るためのロボットとして作られたそうだが、ロボットを動かすために人前で“イカ踊り”を踊るのは少し勇気が必要かもしれない。なお、Wiiリモコンの使用にあたっては任天堂の許諾を得ているとのこと。

 

dcexpo0003

dcexpo0004

 

 同じくインターフェースでおもしろかったのが、東京工業大学と電気通信大学が出展した“Haptic Ring”。モニターに小熊が表示されているのだが、これを自分の手で撫でると、小熊が反応するという展示だ。バーチャルの小熊に目や触覚があるかの如く、手の動きを感知するのだが、じつはこれにもあるゲーム機のコントローラーが使われている。ただ、こちらはメーカーの許諾を得ていないとのこと。機種名を公表するのは差し控えたいが、最先端技術の展示にゲーム機のコントローラーが流用されているのは、ゲームユーザーにとって誇らしいことではないだろうか。

 

dcexpo0005

 

 入力とは逆に、出力でも注目の展示がある。大阪大学大学院情報科学研究科が出展した“アソブレラ”だ。一見すると、ただのビニール傘にしか見えないが、雨などの振動を記録して、再生する傘型のデバイス。あらかじめ記録された、雨、大雨、2階から落としたバケツの水、蛇のおもちゃの落下、スパゲティーの落下の振動が体験できる。振動の強さはもちろん、それぞれの振動の微妙な違いも再現される。これが役に立つのかと問われれば返答に窮するが、リアルな雨の振動に何故か頬がゆるんでしまう。2階から落下するバケツの水などは、思わず爆笑してしまうほど楽しい。

 

dcexpo0006

 

  首都大学東京は“ファーフライ”という出力装置を出展。毛皮の絨毯といった風情なのだが、これが生物の感覚を再現してウネウネと動くのだ。文字にして書くと気持ちが悪い印象を与えるかもしれないが、実際に触るとじつに気持ちいい。不思議と気持ちが落ち着いてくる。

 

dcexpo0007

 

 ここまでは大学の研究室の出展を紹介したが、企業も最新デバイスを出展している。中でも注目を集めていたのが、ソニーのSRM-L560というモニター。56型という大きなサイズだが、驚くべきはその解像度。3840×2160(QFHD)で、フルハイビジョン(1920×1080)が4枚入る計算になる。しかもバックライトにLEDが用いられることで、省電力化が実現されている。2009年11月発売予定で価格は682万5000円[税込](※税込価格に表記を変更しました)。放送局のモニターや、自動車のデザイン、研究室などでの使用が想定されているとのこと。なお、3840×2160の出力は通常のシステムでは不可能。展示では、グラフィックカードを複数内蔵した“QUADRO PLEX”シリーズの製品が使用されていた。現状ではゲームに使用するにはハイスペック過ぎるモニターだが、いずれは、こうした超高解像度のモニターに対応したゲーム機が登場するのかもしれない。

 

dcexpo0008

 

  NHKの放送技術研究所は“バーチャルパペット”というコンテンツを出展した。これは、大きなカード状の物体を持った姿をカメラで撮ると、モニターではカードの上に複数の人形が表示されるというもの。カードの上に手をかざすと人形が消え、手を離すとふたたび人形が現れる。また、カードを傾けると人形がそれに合わせて体を傾ける。カメラで人間の手の動きなどを感知して、それに合わせて表示する人形の動きを制御しているのだが、NHKがゲームのようなインタラクティブコンテンツの研究をしていることが興味深い。

 

dcexpo0009

 

 以上はすべて、“次世代コンテンツ技術展2009”の出展だが、“国際3D Fair 2009 in Tokyo”のコーナーには、ゲームそのものの出展も行われた。バンダイナムコゲームスがXbox LIVE Arcade用ソフトとして配信中の『インヴィンシブル タイガー ザ レジェンド オブ ハン タオ』だ。Xbox 360用のアクションゲームだが、このゲームには“3Dモード”が用意されている。色つきの眼鏡をかけることで、画面が立体表示されるのだ。眼鏡は専用のものなく、市販の立体視用眼鏡を流用できる。

 

dcexpo0010

 

 グラフィックカードを提供するNDIVIAもブースを設けて、3D立体視技術を出展。カプコンから発売中のWindows用『バイオハザード5』にも採用されている、“3D Vision”だ。これは同社のグラフィックカード(8XXXシリーズ以降)に搭載されている3D立体視の技術で、眼鏡をかけることで、通常のビデオ出力を立体観で観ることができる。

 

 ソニーは360度どこからでも観られる、眼鏡なし立体ディスプレーを参考出展した。1度ごとに異なる画像を360度ぶん(360枚)用意することで、裸眼での立体視を可能にしている。画像1枚辺りの解像度は、96×128。円筒形の形状で、ディスプレーというよりもフォトフレームに近い大きさだ。

 

dcexpo0011

dcexpo0012

 

 なお、“デジタルコンテンツEXPO2009”の入場は無料。足を運べる人は、この展示期間中にいちどは訪れてみてはいかがだろう。

 

※“デジタルコンテンツEXPO2009”の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ゲオが2月11日〜17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表、『JUMP FORCE』が初登場1位を獲得

ゲオホールディングスは、2019年2月11日〜2019年2月17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表した。

実技確認全試合の結果も! GGBOYZやSpRush!!も参加した“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目の模様をお届け。

『鉄拳7』有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2月28日に決定。キャラクターPVも公開

バンダイナムコエンターテインメントより発売中のPS4、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『鉄拳7』の有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2019年2月28日に決定。

5月2日の巨人×中日戦は『機動戦士ガンダム』コラボデー! ジャイアンツカラーのオリジナルガンプラ付きシートが販売

読売巨人軍は、2019年5月2日に東京ドームで行われる巨人×中日戦で『機動戦士ガンダム』コラボデーを開催する。

『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』発売記念イベントが三重・伊勢、東京・新宿ほかにて開催決定。ゲストとして荒井清和氏も出席!

Nintendo Switch用ソフト『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』の発売記念イベント開催が決定。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定のリリースが到着、新規素材も公開

アークシステムワークスは、『ブレイブルー クロスタッグバトル』のアーケード版に新キャラクター4人の参戦を決定した。

王道2D 対戦格闘ゲーム『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のSteam版が2019年初夏に発売決定

2D対戦格闘『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のPC(Steam)版が2019年初夏に発売されることが明らかに。

『EDF: IRON RAIN』アグレッサーの最終兵器“ラズニード”が襲来! 人類は未曽有の脅威を排除できるのか

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』に登場するアグレッサーの最終兵器“ラズニード”が明らかに!