携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『シュタインズ・ゲート』キャストコメントの完全版を公開

『シュタインズ・ゲート』キャストコメントの完全版を公開

2009/10/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●軽いネタバレを含んでいたためカットされた部分もまとめて公開

 2009年10月15日にいよいよリリースされたXbox 360用ソフト『シュタインズ・ゲート』。同作のキャスト陣からのコメントは、これまでにも公式サイトなどを含め、さまざまな場所で掲載されてきたが、若干のネタばれを含んでいたためカットされていた部分がある。今回はそんなカットされた部分も含めた“キャストコメント完全版”をお届けする。


岡部倫太郎役
宮野真守
 

sg02

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
宮野真守(以下、宮野) 企画書を見せていただいて、すごく壮大なお話しなんだと感じました。世界観がおもしろいので、それを楽しみながら演じていきたいとかなり気合が入りました。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
宮野 自分もゲームが好きでよく遊ぶのですが、秋葉原にはレトロゲームを扱ったお店などいろいろあってワクワクしますね。秋葉原にはあまり行く機会はないのですが、以前、何気なくドン・キホーテに入ったんです。品揃えにも、すごく土地柄が出ていてアキバらしいなと感動しました。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
宮野 このキャラクターはつねに芝居がかった立ち振る舞いをしています。彼は、そういう方法でないとうまく自己表現できない男の子なんです。共通する部分はあまりないんですが、演じていてすごく楽しいですね。つねに芝居がかっている中でも、どこか心を寄せる相手に対しては、たまに素の出る部分があったりするんです。そういう人として感じる部分は、共通点ですかね。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
宮野 物語がとにかくおもしろかったです。いろんな伏線が張ってあったり、物語の入り口からは想像もつかない出来事が起こったりと、スピード感のある展開にいつのまにか引き込まれていて非常にワクワクしました。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
宮野 高校生の自分に「その日はトランクスじゃなくてボクサーパンツを履いていったほうがいいよ」って伝えたいですね。友だちと思いもよらず海に入ったことがあったんです。ただ、みんなボクサーパンツでカッコよかったんですけど僕だけトランクスでカッコ悪かったので(笑)。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
宮野 身近なようでいて、とても夢のある作品だと思います。もしかしたらこんなことが起こるんじゃないかと思うぐらい、うまくリアルとファンタジーが融合させられていると感じました。自分の日常にも重ねながら、ドキドキしながら楽しめるんじゃないかと思います。ぜひ『シュタインズ・ゲート』の世界にとことん引き込まれちゃってください!!


牧瀬紅莉栖役
今井麻美

sg01

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
今井麻美
(以下、今井) まだ私が出演することを知るまえに雑誌で紹介記事を見ていて、絵も魅力的で惹かれる作品だなあと思っていたんですよ。その後、事務所から出演決まったからって聞いたときは「はっ?」、「えっ?」、「誰が? 何に?」とびっくりしてかなり挙動不審だったと思います(笑)。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
今井 
学生のころは色味も少なく地味な街のイメージが強かったんですけど、いまは華やかなイメージになったなあという印象が強いですね。このあいだ、愛用しているヘッドホンが壊れたときに部品が欲しくて行きました。あと大分まえの話になるんですが、ネットゲームがどうしてもしたくてグラフィックボードを買いに行ったことがあるんですが、閉店間際にもかかわらずとてもやさしく丁寧に対応してくださって、「イイ街だ!」って思いました。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
今井 
とにかく頭のよろしいお子さんで……(笑)。女子高生なのに論文が雑誌に載るような天才で、IQがとっても高い女の子なんです。なので正直な話を申し上げますと、言っている意味の6……、7割ぐらい……わからない(笑)。紅莉栖は感情の起伏を隠しながらも激しい子だと思うんですよね。自分が思っている感情みたいなのがポロッと出てしまってそれを「しまった」と思って隠そうとするところなんかが。自分もそういううっかりした部分が似ているなと思いました。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
今井 
コメディータッチのところと、シリアスなところの緩急がはっきりついていて台本を読んでいてもおもしろいし、気持ちも乗ってくる感じでした。難しいところもたくさんあるんですけど、ヒントや流れの一端が隠されてたりするので、ぜひその部分もしっかり聞いてもらいたいなと思いました。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
今井 
あ、いまひとつ思いついちゃったんですけど……言えない(笑)。詳しくは言えないですけど、自分に「冷静になれ」って送ります(笑)。あとは皆さんのご想像にお任せしますわ(笑)。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
今井 
とにかくストーリー自体が非常に興味深くもあり、引き込まれるような世界だと思います。中盤からとくにテンポ感が上がってきて、手に汗握る展開が目白押しになっています。あと個人的なお願いなんですけど、授業で講義をしているシーンがあるのですが、ここも一生懸命演じさせていただいたので、ぜひ飛ばさずに聞いてください(笑)。なんて自分の欲望は置いといて(笑)。各キャラクターが本当に魅力的なのと世界観がきっちり構築されている作品なのでひとりでも多くの方にゲームを遊んでもらってこの世界を堪能していただきたいと思っています。


椎名まゆり役
花澤香菜

sg07

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
花澤香菜
(以下、花澤) 単純にうれしかったという感じなんですけど、こういうシリアスな感じのゲームに出演させていただく機会がなかったので、どのようになるのかが楽しみでした。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
花澤 
ふつうなんですけど、電気街……ですかね(笑)。女友だちと1、2回遊びに行ったことがあるんですけど、お店に入ったときに友だちに自分が演じたキャラクターとかを発見されて恥ずかしかったことがあります。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
花澤 
まゆりちゃんは主人公のオカリンと幼なじみなんですけど、俗に言う幼なじみっていう感じじゃないんですよ。お節介もやくんですけど自分から干渉せずに大好きなオカリンについていくよ、みたいな感じで。こんな子を嫁にしたいなって思いました(笑)。共通する部分はマイペースなところじゃないかなと思います。まゆりを見てるとワールド炸裂しすぎててまわりの人が苦笑いしているような感じなんですけど(笑)、私もお水とかこぼしても、「わぁ……こぼれた……」ってずっと見てるタイプなので(笑)。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
花澤 
最初怖いと思っていたんですけどコメディーが入っていて。主人公もなんかひと癖もふた癖もあるというか、話すことがちょっと変だったり……ダルくんなんか変態じゃないですか(笑)、その変態加減に笑ったり(笑)。それだけではなくいろいろな出来事が起こるんですが、怖いというよりはゾクゾクするけどまだ続きを読みたいっていう感じでした。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
花澤 
小学生のときに私と母、弟と父が行動している日があって、別々にお昼を食べに行ったんですけど、駅前のマック(ファーストフード)に4人揃っちゃって(笑)。なんで父も母もマックに連れて行こうとしたんだろうと思って。なので母に「たまには奮発してもいいんじゃない?」って送りたいです(笑)。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
花澤 
皆さんが期待している以上におもしろい作品だと思います。怖いのが苦手な人も楽しめます。本当にキャラクターがみんな個性的で、その部分も楽しんでプレイできると思いますのでぜひ期待してください。あとウソ発見器を有効活用してください(笑)。


阿万音鈴羽役
田村ゆかり

sg06

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
田村ゆかり
(以下、田村) なんだか硬派そうな作品でやりがいがありそうだなと思いました。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
田村 
色としては原色なイメージで、いろんな文化が混ざっているイメージですね。日本なんだけど、ちょっとだけ日本じゃないっていうか、不思議な感じですよね。観光地だし(笑)。なんとなく初心者お断りのような感じがして、直接秋葉原に行ってお買い物とかしたことがないですね。秋葉原という街をうまく利用できない気がして……。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
田村 
最初キャラクターの絵を見たときは気だるそうな感じの人のイメージだったんですけど、シナリオを読んでいくと責任感があったり、引っぱっていく感じかなって思いました。自分で言うのも恥ずかしいんですけど、意外と真面目なところとかかな。まっすぐなところとかは似ているかもしれないなあと思いました。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
田村 
最初台本を読んでいて伏線みたいなものがすごく張られていたので理解するのが難しかったのですが、途中からすごくおもしろいと思って、収録もテンションが高いうちに一気に録っちゃいたいって思いました。早くみんなにネタバレを教えたいぐらい(笑)。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
田村 
実家で猫を飼ってたんですけど、飼い始めたときの家族に「猫にあげる水は食物繊維がいっぱい入ってるやつがいいよ」って教えてあげたいです(笑)。このお水飲ませるとすごく長生きするんですよ!

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
田村 
謎があったり、過去にメール送れたりするところとか、自分がすごく好きな世界観でおもしろいなと思ったので期待して待ってて欲しいなって思います。


漆原るか役
小林ゆう

sg03

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
小林ゆう
(以下、小林) 科学アドベンチャーシリーズ第2弾、ファンの皆様がとても期待している作品に出演できると聞き、とにかく嬉しかったです! 「(その後に)女の人に見えるけど、じつは男性(!?)の役です」と言われたときも、さらにうれしく思いました。素敵な方を演じさせていただけると聞き、感激も大きくなりました。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
小林 
秋葉原は、お仕事でお世話になっている街です。空を見上げると、知っているいろいろなキャラクターさんの看板があって、とにかく親近感がわく街というイメージがあります。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
小林 
キャラクター相関図のるかさんのところに、ヒロイン“?”とクエスチョンマークがついていておもしろかったです。とにかくすごく魅力的で、どんなヒロインになっていくのか、わくわくしました。雰囲気と世界観に入り込み、自分では違和感なく演じさせていただくことができたように思います。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
小林 
初めての方でも世界を楽しめる内容だと思いました。キャラクターの個性も様々で、魅力的で楽しめると思います。内容では、ほんわかしたり(コスプレの部分とかおもしろいところ)日常的な部分もあるのですが、苦しい部分、辛い選択の部分(いちばんのお友だちの死の選択、自分が男であるか女であるかなど)「自分ではどうするのだろう?」とか、いろいろ考えさせられました。全体をとおして演じてみて、るかさんの強いところは、共感を持ちましたし、すごく素敵な方だと感じ、大好きになりました。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
小林 
祖母は子供のころにドッジボールや、走るのが早かったそうです。そういう話しをよく話してくれていたので、是非祖母の子供の頃に応援メールを送らせていただきたいです!

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
小林 
『シュタインズ・ゲート』を楽しみにしてくださっているファンの皆様、漆原るか役の小林ゆうです。外見的にも内面的にも、とても魅力的なキャラクターを演じさせていただけるという幸運に恵まれることができました。漆原るかさんという、魅力が幾重にも重なっているキャラクターさんを演じることができて、とてもうれしかったです。るかは、大きな選択を迫られるところもあったり、心の揺れ動き、葛藤、乙女心、かわいい部分など、いろいろな魅力がある方なので楽しんでいただけると思います。私も応援していきますので、ぜひ皆様も、るかさんを応援していただけるとうれしいです。とにかく、語りつくせない魅力がたくさん詰まっているので、ぜひ、『シュタインズ・ゲート』の世界に浸ってください! よろしくお願いいたします。


フェイリス・ニャンニャン役
桃井はるこ

sg05

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
桃井はるこ
(以下、桃井) 志倉さんといっしょにやっているラジオ“THE WORKS”という番組があるのですが、収録の際にすごくおもしろい作品を考えているんだと伺っていて。まさか自分が出演することになるとは思っていなかったので出演が決まったと聞いたときはたいへんうれしかったです。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
桃井 
最近、海外で活動する機会があって、いろんな国のオタクの方とお話しをするんですが、みなさんアキバに行くのが夢で自分の夢がなんでも叶う国だと思われてる方が多いんですよ、ガンダーラ的な。まさに“聖地”ですよね。自分も思うんですが、秋葉原ってほかの都市よりも特別な想い入れを持っている人が多い特別な場所な気がします。秋葉原には小学校高学年ごろからひとりで行くようになった大好きな街です。いまでも素敵なお店がどんどん増えているので、よく遊びに行ったり、おもしろいものを捜しに行ったりしますよ。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
桃井 
演じているのはフェイリス・ニャンニャンさんというキャラクターで、メイドカフェ“メイクイーン+ニャン2”のイチバン人気のメイドさんです。そして、『雷ネット』というゲームの超強いチャンピオンです。最高ですね(笑)。私の妄想する「こうなりたいな」って思う以上の女の子で、最高すぎます! 共通するところは、よく「親思いだね」って言われるのですが、(フェイリスも)「親を大事にしたいな」と思ってたりするので、そういう気持ちはよくわかりましたね。性格は元気なところが似てますね(笑)。ニャンニャンとか語尾につけるのが好きなので。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
桃井 
台本を読んでいて現実と妄想区別がつかなくなるような感じがすごくおもしろいなあと思いました。本当にあるお店の名前や『ドクターペッパー』とか実際にある飲み物が出てきたり(笑)。これからゲームやってみて秋葉原に行ってみようと思う人は、ここはあれがあったところだよねというような見かたができたりすると思うと、不思議だなぁ、おもしろいなぁと。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
桃井 
いまの桃井さんは秋葉原の大地主でメイドカフェのナンバー1メイドの役をやらせてもらってるから、安心しなって送ります(笑)。信じた道を突き進めと送ります。悩んでたと思うので。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
桃井 
すごく素敵な役だったのでノリノリで演らせていただきました。私のその喜びっぷりが演技に出ていると思うのでノリノリでプレイしてください。そして、秋葉原に行くのがもっと楽しくなる作品になっていると思います。行ったことがないって人には、ゲーム内で街がすごくリアルに再現されているので、秋葉原気分を味わえると思いますよ。


桐生萌郁役
後藤沙緒里

sg04

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
後藤沙緒里
(以下、後藤) 単純にうれしかったです。作品の世界観やキャラクターもとても魅力的でしたし、わくわくしました。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
後藤 
電気街……。人がいっぱい……。観光地……。イベントでは行ったことはあるんですけど、ふだんは行かないですね。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
後藤 
メール依存症の女性でメールでは、明るいキャラクターなんですけれど、ふだんは真逆……。暗いというか、表情にも言葉にも感情があまり出てこない。でも追いつめられたときの爆発の仕かたが病的で恐ろしかったです。キャラクターとの共通点は、あまりないと思うんですけどね。自分はメールをするのが得意じゃなかったりするので……。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
後藤 
タイムスリップが行われることによってキャラクターそれぞれの状況が違ってきたりするので、それを把握したり、感情を仕切り直したりするのが難しかったです。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
後藤 
昔の自分に「もうすぐこういう出来事があるから、心してね」とか「大丈夫だからね」とか伝えたいです。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。 
後藤 
実際にあるものや、それをモデルにしたものが作品内に登場したりして、不思議な信憑性や親近感がわきました。秋葉原に行った際に「あのキャラクターたちが暮らしていたのかも」と思ってもらえるほどに作り上げられたストーリーを、ぜひいろいろな方に体験してもらいたいなと思います。


橋田 至役
関 智一

sg08

――本作品の出演が決定した際の気持ちをお聞かせください。
関 智一
(以下、) 事務所から話を聞いた際には、いい意味で変わった人物像に出会えるなあと思い、とても楽しみにしていました。

――ご自身の持つ秋葉原のイメージをお聞かせください。また秋葉原へ行かれたりしますか?
関 
“専門の物”を売っているお店が、ごった煮みたいに集まっている場所というイメージです。一度覗いてみたいという憧れはあるけど、専門知識がないと近づいてはいけない。というイメージがあります。お仕事以外では、秋葉原にはあまり行ったことがないんですよ。特撮好きなので、秋葉原に行ってみたいなと思ってはいたのですが、行く機会がないまま、仕事を始めたので……。子供のころ、マンガとかが好きだったので秋葉原というよりは神保町に行って古本屋巡りをする方が多かったですね。

――キャラクターについてお聞かせください。また、演じてみてご自身と共通するところはありますか?
関 
メイド喫茶が好きなオタクで、パソコンに詳しいスーパーハッカーの役です。共通するところは、何かにハマってオタク的に追求していくところは似ているかなと。僕は特撮とか模型とか好きなので似ていますね。スーパーとまではいかないのでスタンダードなオタクみたいな感じですけど。あと、体型的にちょっと近づこうと思って役作りでいま太ってるところです(笑)。

――作品の印象はいかがでしたでしょうか?
関 
サイエンス・サスペンスというか謎解きをしながら進んでいくところがおもしろいな、と思いました。要所要所で実際にある科学の単語であったり、自分が知っている情報が出てきたりしていたので物語に入っていきやすかったですね。

――もし過去にメールを送れるとしたら、いつの時代に送りますか?
関 
節目節目の決断を迫られてる自分に対して、「こっちを選んだらこうなるよ」って教えたいですね。「まぁ待て、落ち着け」みたいな(笑)。あと、好きなドラマなどで続編ができることが決まったら教えてあげたいですね。シリーズが終わってがっかりしている自分に。あと「『ウルトラマン』新シリーズ始まるよ!」とか(笑)。

――本作品を期待しているファンの方へメッセージをお願いします。
関 
収録当日、スタッフさんが担当外れているにもかかわらず、見学に来て内容を確認しにくるほど熱中しちゃうおもしろいストーリーになっております。ぜひ皆さんも発売されたら、寝ずに楽しんでください(笑)。
 

sg14

 

sg09
sg10
sg15
sg16
sg11
sg12
sg13


※石井ぜんじによる『シュタインズ・ゲート』インプレッション記事はこちら
※6週連続シュタインズ・ゲートヒロイン特集はこちら
※『シュタインズ・ゲート』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ファイナルファンタジーXIV』 期間限定で最大96時間無料でプレイできるログインキャンペーンが実施

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV』において、期間限定で最大96時間無料でプレイできるログインキャンペーンの実施を発表した。

『機動戦士ガンダム』に登場する“ザビ家”をモチーフにした万年筆が登場! 『機動戦士ガンダムUC ビスト家御用達万年筆』の再販も決定

バンダイの公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ“内のショップ“サンスターステーショナリーストア”では、『機動戦士ガンダム ザビ家御用達万年筆』の予約受付と、『機動戦士ガンダムUC ビスト家御用達万年筆』の2次予約受付が、本日(2018年11月13日)13時より開始される。

“メダロット ポータルサイト”でカウントダウンがスタート、重大発表か!?

『メダロット』シリーズの公式サイト“メダロット ポータルサイト”でカウントダウンがスタートしている。

Q-Gamesの実験的プロジェクト『Scrappers』は、ベルトスクロール・ゴミ収集アクション。4人Co-opでサイボーグ都市を清掃せよ!

京都のゲームスタジオQ-Gamesによる実験的プロジェクト『Scrappers』を紹介。最大4人協力プレイでサイボーク都市を清掃していく、ベルトスクロールなゴミ収集アクション。

“NEOGEO mini クリスマス限定版”発売決定! 初収録を含めた全48タイトルを収録し、多様な周辺機器を同梱

SNKは、同社ブランド40周年を記念したゲーム機“NEOGEO mini”より、新たに“クリスマス限定版(NEOGEO mini Christmas Limited Edition)”を発売することを発表した。

『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスク Ver. 』のBest Price版が登場! 『バイオハザード バリューパック』も再登場

カプコンは、2017年12月14日に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスクVer. 』のBest Price版発売を発表した。また、過去にプレイステーション4で発売された『バイオハザード バリューパック』も再登場。どちらも発売日は2018年12月13日となっている。

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』予告映像解禁。平成仮面ライダー20作記念の物語の核心に迫る衝撃シーン満載

2018年12月22日に公開予定、平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。本作の予告映像が本日(2018年11月13日)、解禁となった。

ソニックやディズニー人気キャラの姿が見られる『シュガー・ラッシュ:オンライン』の豪華カメオ出演映像を公開

2019年12月21日に公開が予定されているディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』。本作の豪華カメオ出演映像が解禁された。

『トイ・ストーリー4』ティザー予告公開。ウッディーやバズなどおなじみの面々に、新キャラクターの姿も

待望のシリーズ最新作、『トイ・ストーリー4』のティザートレイラー解禁。そこには先割れスプーンのような新キャラクターの姿が。