携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の店頭体験会に神谷英樹氏と橋本祐介氏が登場

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の店頭体験会に神谷英樹氏と橋本祐介氏が登場

2009/10/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は何回も遊んで楽しんでもらいたい」(神谷氏)

 

 セガは2009年10月3日、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『BAYONETTA(ベヨネッタ)』(2009年10月29日発売予定)の店頭体験会を、都内の量販店を中心に開催。会場のひとつ、都内・葛西にあるGAMESマーヤには多くのファンがつめ掛けた。

 

  『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は、セガとプラチナゲームズの豪華タッグが贈る、渾身の新規タイトル。“ノンストップクライマックス・アクション”をキーワードに掲げ、従来のアクションゲームとは一線を画す、緊張と興奮、そして爽快感を提供する作品となっている。体験会には午後3時のスタートと同時にゲームファンが訪れ、“ノンストップクライマックス・アクション”の一端を発売に先駆けて堪能していた。

 

ベヨネッタ体験会_01

ベヨネッタ体験会_02

 

 今回プレイできたのは、プレイステーション3版とXbox 360版で若干ステージが異なる、東京ゲームショウ2009でのプレイアブルバージョン。下位天使や中ボスクラスの天使のほか、最後には主人公ベヨネッタのライバル“ジャンヌ”とのバトルも楽しめる、ボリューム満点の内容。

 

ベヨネッタ体験会_03

ベヨネッタ体験会_04

▲神谷氏(右)と橋本氏(左)がサプライズゲストとして登場。橋本氏は「体験会は初めてなのでうれしいです」と喜びを語った。

▲ベヨネッタの看板には神谷氏と橋本氏のサインが。

 

 会場にはディレクターを務める神谷英樹氏とプロデューサーを務める橋本祐介氏が登場。体験会の感想や発売間近のゲーム内容についてコメントした。

 

ベヨネッタ体験会_05

 ――体験会の感想はいかがですか?

 

神谷英樹(以下、神谷) 東京ゲームショウ2009でもたくさんの人に触っていただいたのですが、入場規制が掛かり遊べずに帰られた人も多かったと思うので、今回の体験会ではもっと多くの人に遊んでいただけるのでわくわくします。

橋本祐介氏(以下、橋本) 静止画や動画で自分たちが伝えたいアクションゲームをお知らせしてきましたが、ゲームのテンポを実際に体験してもらえる場ができてうれしいです。

 

――本作の魅力のひとつ“触り心地”は感覚的な部分になりますが、開発での苦労した点はどこですか?

 

神谷 セオリーとして説明するのが非常に難しいことです。ただ、自分が納得いくところまでスタッフと煮詰めました。

橋本 思いのままに操作できるがコンセプトにあったので、自分の思いどおりに動かないという部分がないように徹底的に調整しました。

神谷 ゲームを作るスタイルとして、プレイヤーがゲームをプレイして気持ちいいかというところから作り、レスポンスと機能性を極限まで高めてからそれに対抗する敵を作るという順番で制作しています。なので、やりながらストレスを感じる部分を徹底的に排除して、どうやったら快感に繋がっていくのかを煮詰めていきます。

 

――開発中に、片手でプレイできるオートマチックモードが簡単すぎるという話はありませんでしたか?

 

神谷 僕たちが0から作っていくと、どうしてもそのゲームの達人になってしまうので、このぐらいが簡単、このラインを超えてしまったらおもしろさがなくなってしまうのではいうのを常に葛藤しています。それで『ビューティフル ジョー』でキッズモードを作ったのですが、キッズモードも難しくてクリアーできないという話を聞き、それよりもっと下を作らないといけなかったのかなと思って、それより下のSWEETモードを作ったのですが、あれでちょうどいいというユーザーのリアクションが多かったので、もっと下を作らないといけなかったと常に葛藤しています。『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では、熟練者がプレイする華麗な戦いかたを味わえるのが楽しいと思うので、難易度を下げるというよりはベヨネッタがシンプル操作で自由自在に動くという部分に絞って作ったモードです。ノーマルとオートマチックモードでは楽しみかたが全く異なるので、熟練者も一度はオートマチックモードで遊んでほしいです。
 

※『BAYONETTA(ベヨネッタ)』公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

人気ゲーム実況者4名が対戦! Nintendo Switch『マリオカート8 デラックス』超ゲーム実況【超会議2017】

2017年4月29日〜4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。29日、同イベントの超ゲームエリアでは、“Nintendo Switch『マリオカート8 デラックス』超ゲーム実況”と題したステージが公開された。

ビートたけしがニコニコ超会議に登場! コスプレ、動画配信、炎上……テレビじゃ言えない本音を語る【超会議2017】

2017年4月29日〜4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。29日、同イベントの超トークステージでは、“ビートたけしの超「テレビじゃ言えない」会議”と題したステージが公開された。

中村獅童、初音ミク主演の“超歌舞伎”が再び! 伝統文化と最新技術がさらに融合した演出に驚嘆【超会議2017】

ニコニコ超会議2017の目玉のひとつ、超歌舞伎“花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)”をリポート。

【週間PVランキング】“志”は高く! シリーズ15作目、新たなシステムを搭載するあの新作が1位に!【4/22〜4/28】

ファミ通ドットコムの、2017年4月22日〜4月28日の週間PVランキングをお届け!

『けものフレンズ』、キャストとフレンズがオープニング大合唱ですっごーい! たーのしー!【超会議2017】

2017年4月29日〜4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。同イベントの“超アニメエリア”で行われた『けものフレンズ』関連のイベントをリポート! たーのしー!

“エムツー ショット トリガーズ”新タイトルは『ケツイ』、そして『フィーバロン学園(仮)』! 秋葉原に衝撃走ったケイブ祭り2017でのステージをリポート

東京・ベルサール秋葉原にて開催された“ケイブ祭り2017 ドキドキ ケイブの入学式〜先生も胸ふくらむ春!〜”。すでに速報でお伝えしたように、そこで行われた『弾銃フィーバロン』トークショーにて、エムツー ショット トリガーズの新作として、『ケツイ 〜絆地獄たち〜』、『フィーバロン学園(仮)』が発表となった。ここでは、なぜこのタイトルが選ばれたのかを、ステージの詳細リポート、そして開発スタッフへの直撃インタビューにてお届けする。

青鬼といっしょにゲーム制作体験を!? “青鬼ツクールpowerd by RPGアツマール”体験リポート【超会議2017】

2017年4月29日〜4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。同イベントの超ゲームエリア内「青鬼ツクール powered by RPGアツマール」ブースでは、『RPGツクールMV』を使ったゲーム制作体験を楽しめる。その内容を、記者の体験記形式でお届け。

叶姉妹がニコニコ超会議に初降臨、オーラ全開&ファビュラスな『進撃の巨人』トークステージ【超会議2017】

“ニコニコ超会議2017”セブン銀行の“超セブン銀行ブース”に叶姉妹が降臨!

“エムツー ショット トリガーズ” 最新ラインアップは『ケツイ』と『フィーバロン学園』!

エムツーは、本日2017年4月29日に開催中のイベント”ドキドキ ケイブの入学式〜先生も胸ふくらむ春!〜”にて、同社の“エムツー ショット トリガーズ”の最新ラインアップを公表した。

Nintendo Switch『ARMS』1dayトーナメント&プロゲーマーエキシビションマッチで白熱! 新キャラのミェンミェン&DNAマンもお披露目【超会議2017】

“ニコニコ超会議2017”の“超『ARMS』ブース”では、発売日が2017年6月16日に決まったNintendo Switch用ソフト『ARMS』が出展!