携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 写真で送る、あなたが体験しなかっただろう裏TGS特集

写真で送る、あなたが体験しなかっただろう裏TGS特集
【TGS2009】

2009/9/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アレゲなモノ好きに捧げます

 

 2009年9月24日にスタートし、27日に4日間の全日程を終了した東京ゲームショウ2009(TGS)。来場した人は、満足にお目当てのブースを回りきれただろうか? しかし、時間は限られている。1時間以上の並び時間が当たりまえのTGSでは、必然的に優先度を決めて回ることになる。しかし、それでは切り捨てられたもろもろがもったいない! というわけで、あなた(来場者)が体験しなかっただろうコト、見なかったかもしれない光景を記者の視点からお届けする。偏っているけど。

 

Natal的

KO3_4418

 

 カナダから出展のGestureTekでは、カメラを使ったゲームのデモンストレーションを展示していた。エアハンドルで運転とは、これはちょっとProject Natal的。デモにはさまざまなものがあり、旧来のコントローラーに頼らないゲーム体験の流れが着々と進行していることが感じられた。


KO3_4419
KO3_4427
KO3_4414

 

脳コン

KO3_4356

 

 NeuroSkyが出展していた”MindSet”は、ヘッドセット型のコントローラー。集中力やリラックス具合を検出してゲームの操作に応用する(左に動け! と思ったら左に動くわけではない)という、脳波コントローラーなのである。昨年のビジネスデー出展に続き、今年は一般公開日にも出展。デモを体験する人でビジネス系コーナーではあまり見かけない列ができていた。

 

Cosplayは世界の文化

KO3_4360
KO3_4364

 

 なんかすごいゴージャスなコスプレをした人がいるので写真を撮らせてもらった。彼女の名前はアマンダで、やってきたのはアメリカ! 頑張って英語で話しかけてみたら拙いながらもちゃんとした日本語で返された記者の恥はともかく、コスプレは世界の文化なんだなあと実感したひとコマ。

 

どっちの3Dショー

KO3_4374
KO3_4350

 

   ゲームと立体視がいよいよ実用的になってきたかも。今年はソニー・コンピュータエンタテインメントブースでプレイステーション3の立体視の技術デモが出展され、ユービーアイソフトの新作アクションシューティング「アバター THE GAME」も3D立体視に対応。東日本デザイン専門学校は生徒の3DCGを立体視で表示していたほか、AR(拡張現実)のデモも行っていた。


KO3_4343
KO3_4342

▲ARでは現実の風景にCGを重ね合わせて、現実のとCGをミックスした画面をリアルタイムに生成する。

▲カード一枚一枚がオブジェクトに対応していて、カメラに写り込んだカードからCGが浮かび上がる。


OPS(俺視点シューティング)

KO3_4387
KO3_4389

 

 Zeroplus Technologyは台湾のゲーム関連機器を扱った業者向けのメーカー。LEDで光っている部分を撃って、獲得したポイントを競うというガンシューティング風のおもちゃ(もしくは技術展示?)を展示していた。80年代か!

 

ウチューイチツヨイ

KO3_4465
KO3_4448

 

 PCメーカーDELL傘下のエイリアンウェアがTGSに上陸。エイリアンウェアとは、ほんの一瞬のチャンスを逃さないコダワリPCゲーマーのための超高機能PCを販売するブランド。ブースではマイクで陽気なガイジンさんが「ミナサーン、えいりあんうぇあハー、ウチューイチツヨイげーみんぐPCデース」と宣伝していた。ちなみに別バージョンとして「ニホンイチスゴイ」と「セカイイチスゴイ」もあった。


KO3_4459
KO3_4483

▲筐体もLEDビカビカ。なぜと言われても理由はない。それがエイリアンウェアだからだ。

▲インテルにフリスク入っテル。フリスクを気前よく来場者にプレゼントしていた。

 

みんな好きねぇ

P9270424

 

 セクシーなおねいさんがいたアクワイア『剣闘士』ブース。記者がアクワイアブースを取材するために向かうと、そこにはものすごい人混みが! もちろんみんなの視線の先には、思わず前かがみ級のセクシーおねいさん。だが、記者はカメラマンになんの指示も出さなかった。初日にすでに撮っていたからだ・・・・・・。


これもまたロボットアクション

KO3_4431
KO3_4433

 

 NTTコミュニケーションズのブースの一角で、ゲームヤロウのオンラインロボットアクションシューティング『鉄鬼』が日本初となるプレイヤブル出展されていた。ひとり用のチュートリアル部分のみだったが、広報さんいわく反応は上々だったとか。2009年度中にサービス開始予定。

 

裏側から見る

KO3_4467
KO3_4475

 

 最後はちょっと視点を変えて見てみよう。横長の巨大な試遊ブースを入れ替え制で運営していたレベルファイブブースを、通路側から撮影。入れ替えを待っている静かなブースの向こうから、「はやくいかないとなくなっちゃうよ!」なんて、パンパンに膨れ上がったキッズの純粋な期待感が10数メートル離れた記者にも伝わってきた。

 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』と『名探偵コナン 緋色の弾丸』劇場公開記念! コラボPV&コラボビジュアルが公開。コラボガンプラの発売も決定!

2021年6月11日(金)より公開された映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』と『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開を記念し、コラボPV&コラボビジュアルが公開された。あわせてコラボガンプラの発売も決定した。

【ウマ娘】ジェミニ杯・グレードリーグに臨む微課金戦士の攻略。強いと噂のタキオンの使用感や、ゴルシの育成目標、スタミナ1200は無理だから諦めよう……の話など

サイゲームスより配信中のiOS、Android、PC(DMM GAMES)対応ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』。今回は、2021年6月現在開催されているゲーム内イベント“ジェミニ杯”のコラムをお届け。スタミナ1200が必要という考えは捨てよう。

【実践編】Switch『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』でオリジナルゲームを作ってみた。ノードンを自在に使えば、かなり本格的なアクションゲームも作れる

2021年6月11日に発売されたNintendo Switch用『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。自身もゲーム開発に取り組んでいるライターの戸塚伎一が、実際にゲームを作ってみての感触をお届けする。

“イーグレットツー ミニ”収録ソフト第2弾を誌面にて発表! 初移植タイトルも!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2021年7月1日号(2021年6月17日発売)では、“イーグレットツー ミニ”の最新情報を掲載。収録タイトル公開第2弾を誌面にて発表する。

『ストV CE』この夏、手強い新キャラクター(?)が登場! プロゲーマーsakoが早くも徹底分析【Sponsored:花王】

花王リセッシュと『ストV CE』コラボの手ごわい新キャラクターをプロゲーマー・sakoが徹底攻略。

映画『FGOキャメロット』グッズの予約が開始。ガウェイン、ランスロット、トリスタンたちのBIG缶バッジ、アクリルスタンドなどが登場

ECサイト“エビテン”にて『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』のグッズの予約受付が開始された。

『ディシディアFF オペラオムニア』ロックにLD武器とBT武器が登場! 覚醒90解放にキャラクター調整も実施

スマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』の参戦しているロックにLD武器とBT武器が追加(BT武器は同時に真化も解放)。加えて、覚醒90解放にキャラクター調整も実施されている。アップデート時点(2021年6月15日)での性能を解説。

『ディシディアFF オペラオムニア』フリオニールにLDボード追加&BT武器が真化解放! キャラクター調整も実施され、ザンデ、ティファとともに覚醒90も解放

スマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』の参戦しているフリオニールにLDボード追加&BT武器が真化解放。キャラクター調整も実施され、ザンデ、ティファとともに覚醒90も解放。アップデート時点(2021年6月15日)での性能を解説。

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』インタビュー。コミカルでユニークな世界を生み出したローカライズチームを直撃!

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』ローカライズチームにインタビュー。翻訳の苦労話やキャスティングの裏話などを訊きました。

『アイ・アム・マジカミ』が6月23日に配信決定。新オープニングアニメーションも公開

Studio MGCMは、スマートフォン、PC向けゲーム『マジカミ』がリニューアルされ、新タイトル『アイ・アム・マジカミ』として2021年6月23日に配信することを発表。