携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ガンダム』の頭部からグルリと一周、バンダイナムコゲームスブースを紹介

『ガンダム』の頭部からグルリと一周、バンダイナムコゲームスブースを紹介
【TGS2009】

2009/9/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●『ガンダム』、『テイルズ オブ』、『鉄拳』――人気シリーズが勢揃い

 

 2009年9月24日〜9月27日まで、千葉県の幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2009。会場では最新タイトルが数多く出展されたほか、各ゲームメーカーがさまざまなステージイベントを実施し、ゲームの祭典と呼べる盛り上がりとなった。

 

 数多くの人気シリーズを抱えるバンダイナムコゲームスブースでは、今年の夏に東京のお台場に登場し、話題を呼んだ等身大『ガンダム』の頭部が来場者をお出迎え。胴体はなくなってしまったものの、細かなギミックは健在で、スモーク、光る目といった動きでも楽しませてくれたのだ。

 

 『ガンダム』頭部は、バンダイナムコゲームスのロボット系タイトル群コーナーの目印でもあった。なかでもいちばんの人気を誇っていたのが、対戦アクション『ガンダムVS.』シリーズ最新作、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS』(2009年12月3日発売予定)だ。今回出展されたバージョンでは、新規参戦の“ユニコーンガンダム”も含めて全モビルスーツが使用可能で、シングルプレイを楽しむことができた。

 

バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース

 

 一般公開日にはステージイベントで盛り上がった、バンダイナムコゲームスの看板RPG『テイルズ オブ』シリーズ。こちらからは、プレイステーション3版『テイルズ オブ ヴェスペリア』(発売中)と、シリーズの中核を成すマザーシップタイトル、Wii用ソフト『テイルズ オブ グレイセス』(2009年12月発売予定)が出展に。『グレイセス』が出展されるのは今回が初めてで、注目度は同社ブース全体で見てもピカイチ。複数用意された体験台には、ストーリ序盤がプレイできるものと、バトル部分に特化したものが用意されていた。

 

バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース

 

 PSP用ソフト『.hack//Link』(2010年2月発売予定)もステージイベントが開催されたこともあってかなりの人気。同シリーズを初めて触る人に向けた出展内容となっており、フィールドの移動から始まり、ザコ敵とのバトル、中ボスクラスとのバトルといった流れで遊ぶことができた。そのすぐ裏にあった、PSP用ソフト『GOD EATER(ゴッドイーター)』(2009年度今冬発売予定)も完全新規タイトルながら注目度は高く、一般公開日には長蛇の列ができることも。

 

バンダイナムコゲームスブース

 

 『ガンダム』頭部からブースをグルリと時計周りにまわると、終点にはバンダイナムコゲームスを代表する3D対戦格闘ゲームのシリーズ最新作『鉄拳6』(2009年10月29日発売予定)が待っている。プレイステーション3、Xbox 360版で合わせて8台が出展。それぞれ3台はアーケードモード用で、残り1台では家庭用オリジナルの“シナリオキャンペーン”モードを遊ぶことができた。こちらの詳細については、プレイリポートが別記事でアップされているのでぜひチェックしてほしい。

 

バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース
バンダイナムコゲームスブース

 

 そのほか、東京ゲームショウのバンダイナムコゲームスブースでは恒例となった大型スクリーンでの新作映像ラッシュも。一般公開日は終日人だかりが絶えることなく、同社タイトル群への注目度の高さをうかがうことができた。

 

バンダイナムコゲームスブース

 

関連記事:3Dアクション感覚、『鉄拳6』の“シナリオキャンペーン”モードを遊んできました

関連記事:“やっぱり!「テイルズ オブ」 ”と『アイマス』がコラボ?

関連記事:“.hack//Link プロジェクト発表会”で驚愕のアニメプロジェクトなどが明らかに

 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【FGO】クレオパトラの再臨素材・スキル性能・宝具効果まとめ

『Fate/Grand Order』(FGO)に登場する星5サーヴァント“クレオパトラ(アサシン)”のステータスやスキル性能、霊基再臨などの育成素材をまとめて紹介する。

『ミニストリー・オブ・ブロードキャスト』Steam版が1月30日に配信決定。壁により分断された国で放映される荒唐無稽なリアリティショーを体験するディストピアアクション

アクティブゲーミングメディアが運営する“PLAYISM”は、『Ministry of Broadcast(ミニストリー・オブ・ブロードキャスト)』のPC(Steam)版を2020年1月30日に配信開始することを発表した。

【FGO】1/22メンテ内容まとめ。エルドラドのバーサーカーのスキルモーションが追加

『Fate/Grand Order』(FGO)で2020年1月22日(水)13:00〜18:00(予定)に実施されるメンテナンスの内容をまとめて紹介する。

學園ジュヴナイル伝奇ADV『九龍妖魔學園紀』がSwitchで復活! 今井秋芳氏のコメントも掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2020年2月6日号(2020年1月23日発売)では、アークシステムワークスのNintendo Switch用ソフト『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』の最新特報を掲載。

『リトルタウンヒーロー』パッケージ版(Switch&PS4)が4月23日発売決定! 新難易度“ひかえめ”も選べるように

『リトルタウンヒーロー』のパッケージ版(Nintendo Switch・PS4)が、2020年4月23日にレイニーフロッグより発売されることが明らかになった。

【FGO】イベント“アマゾネスドットコム”詳細まとめ。配達クエストをクリアーして絆ポイントを大量獲得!

『Fate/Grand Order』(FGO)で1月22日(水)18:00より開催予定の期間限定イベント“救え! アマゾネス・ドットコム 〜CEOクライシス2020〜”の詳細が明らかになった。本記事では、アマゾネス・ドットコムの概要や仕様などをまとめてお届けする。

『メダロットS』プレイレビュー! 新たな物語と育成重視なゲームスタイルで、スマホで手軽にロボトルが楽しめる

2020年1月23日より、『メダロット』シリーズの最新作である『メダロットS』が配信スタート(iOS/Android)。本記事では、事前に本作を遊んだプレイレビューをお届けしよう。

『IdentityV 第五人格』占い師、納棺師、白?無常、写真家をイメージしたバッグが登場! 細部にまでこだわった高級感のある仕上がりに!

SuperGroupies(スーパーグルーピーズ)は、『IdentityV 第五人格』より占い師、納棺師、白?無常、写真家をイメージしたコラボバッグを販売する。