携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> なぜ『MGS ピースウォーカー』は“PSP”なのか?

なぜ『MGS ピースウォーカー』は“PSP”なのか?
【TGS2009】

2009/9/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新川氏が即興で描いたイラストプレゼントも

 

 東京ゲームショウ2009の初日(2009年9月24日)に、世界初公開となるムービーを公開し、ゲームファンのド肝を抜いたKONAMIのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』(以下、『ピースウォーカー』)。ムービー公開とともに小島秀夫監督によるステージイベントも実施され、初めて本作のストーリーやキャラクターの詳細が判明した。

 

 このステージイベントが東京ゲームショウ2日目にあたる本日(2009年9月25日)も開催されたが、今回はゲストとして『MGS』シリーズのアートディレクターである新川洋司氏が出演。イベントの内容自体は、昨日お伝えしたステージイベントとほぼ同じだったが、本作でもキャラクターデザインなどを手掛けている新川氏が加わることで、より濃密なイベントとなった。

 

mgsp0000

▲PSPで『MGS』シリーズの続編を出す意味を語った小島監督。

 今作の舞台は’74年のコスタリカ。軍隊を持たない国として知られるこの地を、謎の武装集団が占拠し、その状況を打開すべく、スネークに依頼が舞い込むところから物語は始まる。「映画『七人の侍』のような感じ」(小島)という。この’74年という時代を選んだのには、シリーズの中でもとくに評価の高かった『メタルギア ソリッド 3 スネークイーター』の10年後でもあり、村上春樹氏の小説『1Q84』の10年まえということを意識しているんだとか。新川氏も「世代的にも舞台も、バリエーションに富んだステージを作ることができるなと思います。とくに70年代は兵器も活発に作られていた時代。楽しみながら開発しています」と、舞台や時代設定を非常に気に入っている様子だった。

 

 そこで突如、小島監督は「「なぜプレイステーション3やXbox 360ではなく、PSPで作るのか?」ということをよく聞かれるので、ここで語らせてください」と、その理由をつぎのように語った。

 

 「当然新世代機でやりたいですし、『MGS ライジング』のチームが楽しんで作っているのを横目で見ています。でも、20年後くらいにはどこかのコンピューターにネット接続するだけでいろいろなゲームが遊べるような時代になると思うんです。外からでも家からでも。そうなるとゲームをどこでも持ち歩けるようになる。そういう時代を見越していまPSPで『MGS』を出して、そういう状況を実験したかったんです」(小島)


 流行やビジネス的なものからPSPで発売しようと思っているのではなく、将来を見据えた試みというわけだ。小島監督のスケール感の大きさが伝わるじつに興味深い“理由”と言える。小島監督は「PSPだから(本流の『MGS』シリーズとは違う)、ということは決してない。あくまで『MGS』シリーズの続編と考えてもらっていい」と続ける。つまり、ファンにとっては『MGS』シリーズの続編がいつでもどこでも誰とでも遊べるということ。PSPという新たなプラットフォームでの展開だけに、これまで以上にファンの幅が広がりそうだ。
 

 新川氏も「PSPだから、ということは決してない」と力説。逆に試行錯誤し、工夫しながら開発に取り組んでいて、「本当の『MGS』シリーズを作っています」と重ねてアピールした。また、イベントではなんと新川氏がステージ上で、イラストを即興で描き、それを後日ウェブを使ってプレゼントするというおもしろい試みも。筆で描かれたイラストは、とても数分で描かれたとは思えない出来だった。

 

mgsp0001
mgsp0002
mgsp0003

▲初代『MGS』からシリーズに関わっている新川洋司氏。いつも筆でイラストを描くという新川氏は、ステージ上で筆を鮮やかに滑らせ、瞬く間にスネークと本作のヒロイン“ラ・パス”のイラストを仕上げた。

 

 なお、このイベントは2009年9月26日午後2時15分〜、同年9月27日午後4時〜も実施予定。26日には新川洋司氏が再び登場するほか、27日には大塚明夫、井上喜久子、水樹奈々、杉田智和といった『ピースウォーカー』に出演している豪華声優陣も登場予定となっている。

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

PS4“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”が週末の4月29、30日に開催決定 週末はオンラインゲームを遊びつくそう!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4のオンラインマルチプレイをすべての対応タイトルで体験できる“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”を、2017年4月29日(土)から4月30日(日)の2日間限定で開催する。

『仁王』追加コンテンツ第1弾配信直前ダウンロード版キャンペーンセールを開催!

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』において、本日(2017年4月25日)より、キャンペーンセールを開催すると発表した。

“ネオロマンス・キャラソン 200曲祭”開催決定! 『ネオ・ロマンス』シリーズから選りすぐりのキャラソン200曲を4公演で披露

コーエーテクモゲームスは、2017年7月15日・16日に“ネオロマンス・キャラソン 200曲祭”をパシフィコ横浜 国立大ホールにて開催することを明らかにした。

『Nidhogg(ニーズヘッグ)』の体験会が“マチ★アソビ vol.18”にて開催決定

日本一ソフトウェアは、2017年5月5日から5月7日までの期間、徳島県にて開催される“マチ★アソビ vol.18”にて、同社が配信中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『Nidhogg(ニーズヘッグ)』の体験会を実施することを発表した。

これは近年のベセスダタイトルの中でもベスト級の傑作! 『Prey(プレイ)』プレイインプレッション

ベセスダ・ソフトワークスより2017年5月18日発売予定のアクション・アドベンチャー、『Prey(プレイ)』。その序盤を実際にプレイしてきたので、インプレッションをお届けする。これは、文字通りの“傑作”となるタイトルだ!

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』が“マチ★アソビ vol.18”に出展決定

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』について、2017年5月5日から5月7日の期間に、徳島県徳島市で開催される複合エンターテイメントイベント“マチ★アソビ vol.18”にて、出展することを発表した。

『艦これ』イタリア駆逐艦“Libeccio(リベッチオ)”が元気いっぱいのポーズで立体化

ホビージャパンは、フィギュア“艦隊これくしょん -艦これ- Libeccio(リベッチオ)”を、HJ限定通販アイテムとして本日2017年4月25日(火)より受注開始する。

“ちょいカプTV!4月号〈カプコンTV!番外編〉” 4月26日19時より、アメザリ・平井&喜屋武ちあきと『MHXX』のオンラインマルチプレイを楽しもう!

カプコンは、2017年4月26日19時より、“ちょいカプTV!4月号〈カプコンTV!番外編〉”を配信する。

『そるだむ 開花宣言』のサウンドトラックが5月20日に発売決定、アーケード版やゲームボーイ移植版、未発売となったファミコン版の音源も収録

シティコネクションは、配信中のNintendo Switch用ソフト『そるだむ 開花宣言』のオリジナルサウンドトラックを2017年5月20日に発売することを発表した。

PS Vita『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』の発売日が2017年夏に延期&3DS『大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発!』は発売中止に

システムソフト・アルファーは、PS Vita用ソフト『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』の発売日を2017年夏に変更し、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発!〜枢軸軍対連合軍 全世界戦〜』の発売中止とすることを明らかにした。