携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『真・三國無双 MULTI RAID Special』と『NINJA GAIDEN Σ2』の開発者が対談

『真・三國無双 MULTI RAID Special』と『NINJA GAIDEN Σ2』の開発者が対談
【TGS2009】

2009/9/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●経営統合したからこそ実現した大作アクションのプロデューサートーク

 

 東京ゲームショウ2009の初日となった2009年9月24日、コーエーテクモホールディングスのブースで、『真・三國無双 MULTI RAID Special』のプロデューサー小笠原賢一氏と『NINJA GAIDEN Σ2』の早矢仕洋介氏によるトークイベントが行われた。

 

 『真・三國無双 MULTI RAID Special』は、PSP(プレイステーション・ポータブル)用に作られた『真・三國無双 MULTI RAID』をベースにしたプレイステーション3、Xbox 360用アクション。空中戦を重視したバトルシステムを踏襲しつつ、ハードの性能を活かしてグラフィックが一新され、さらにスピード感もアップしている。かたや『NINJA GAIDEN Σ2』は、テクモが誇るTeam NINJAが制作した最新作で、早矢仕氏がシリーズの“集大成”と位置づける完成度の高いタイトルだ。

 

hayaoga0001

 

 トークイベントは司会者を交えて行われた。その一部始終をお届けする。

 

−−苦労したところは?

 

小笠原賢一氏(以下、小笠原) 前作と違うシステムをいろいろと追加していますが、その中に武将共闘システムという、シングルプレイのときに仲間として武将を3人連れて行けるシステムを搭載しています。その共闘武将のアルゴ、いわゆるAIが強すぎるとプレイヤーの活躍の場を奪ってしまうし、逆に弱すぎても役に立たないという印象になるので、いい感じに、役に立ちつつ、でもプレイヤーを引き立てるような、そういうAIに調整するのが非常に難しかったですね。

 

−−早矢仕プロデューサーはどう思いますか?

 

早矢仕洋介氏(以下、早矢仕) いやー、作るのはたいへんだったと思いますね。

 

−−では早矢仕プロデューサーが苦労されたのはどんなところでしょう?

 

早矢仕 今回は、いままでシリーズ作品に触れたことがなかった人にもぜひ、遊んでもらいたいなと思っていました。ただ、アクションゲームなので乗り越える喜びみたいなものとのバランスを調整して、いままで応援してくれた人にもやりごたえのある部分も用意していますので、そういう細かい部分の調整は時間をかけて、何回も何回も作り直しをしています。

 

−−幅広いファンに遊んでもらえるということなんですね。

 

早矢仕 そうですね。本当にアクションゲームが好きな方とか、ちょっと気になっているという方には、ぜひ遊んでもらいたいと思っています。

 

−−必見のポイントは?

 

小笠原 前作のPSPから据え置き機に移行したことで、マシンスペックが大幅に上がりました。『MULTI RAID』というシリーズは、4人でのマルチプレイと、空中を舞台にしたアクションが特徴になりますが、今回はプレイステーション3、Xbox 360で作ったということから、多くのユーザーの方から『無双』シリーズだったら“一騎当千”の爽快感というご意見をいただいておりますので、敵の数を大幅に増やすなどして、ハイスピードアクションと“一騎当千”の爽快感が合わさった、“ハイスピード一騎当千”という新しい爽快感を提供できるタイトルになったと思います。

 

早矢仕 トレーラーなんかはドラマ性を目立たてありますけど、実際、アクションゲームは触ってなんぼだと思っているんですね。今回、試遊台を出していますし、PlayStation Networkで体験版も配信していますので、ぜひ体験版を触ってもらって、“集大成”という僕らの意気込みを感じてもらったうえで、実際の製品版を買ってもらいたいと思います。

 

−−もしも明日、お互いの会社に入社することになったら、どのシリーズの開発に携わりたいですか?

 

小笠原 やはり男として、開発者魂に火がつくと思っているのは、『デッドオアアライブ エクストリーム』ですね。あれに携わることができたら、開発への情熱は1段階上で続けられるのではないかと思っています。

 

早矢仕 学生のころに『信長の野望』シリーズがすごく好きでした。島津家というのが九州の南にるのですが、そこをいつも使っていたんですね。けっこう強いのですが、後半になると手こずるのです。なので、ぜひ自分のために島津家が強い『信長の野望』を作ってみたいですね(笑)。

 

−−お互いのゲームのいいところは?

 

小笠原 まず何よりも表現力、グラフィックに関する表現が優れていて、非常にすばらしいですね。『NINJA GAIDEN』シリーズのすごさはそういう技術的なすばらしさだけじゃなくて、作っている人のエンターテイメント魂っていうんですかね。敵に大きい仏像を出してしまったり、自由の女神を出しちゃったり、誰にでもわかるエンターテイメントを提供する姿勢に感服しています。

 

早矢仕 なんか恥ずかしいですね。じつは初代のXbox版の『NINJA GAIDEN』ですが、作るときに参考にしたゲームが『三國無双』でした。アクションゲームが好きな方はわかると思うんですが、攻撃ボタンがふたつあって、どこで強攻撃を押すかにより、コンボというか、技がいろいろと出るんですよ。とくにコンボを知らなくても、適当に押している中でいろんな技が出るということに、そのときにすごく衝撃を受けました。いま『NINJA GAIDEN』を遊んでいる皆さんには、その共通点を感じていただけていると思うのですが、『NINJA GAIDEN』でも技表を憶えないで適当に押しているだけでもいろんな技が出るっていうのは、じつは『三國無双』に刺激を受けたからです。こうしていま、舞台に上がっているのも、そうした巡り合わせなのかと思います。

 

小笠原 本当にありがたいお言葉です。

 

−−このような、ふたつのすばらしいゲームが、なんと、コラボレーションしているんですね。どんなコラボになっているのかうかがいたいと思います。

 

早矢仕 実機でそのコラボレーションをプレイしてお目にかけようと思います。

 

−−いつ頃からコラボの話がスタートしたのですか?

 

小笠原 コーエーとテクモがいっしょになって、コーエーテクモホールディングスができたのが4月1日ですが、動き始めたのは春先ですね。それを記念してという感じで早矢仕さんと話を詰めていきました。

 

(早矢仕氏の操作により、実機による『NINJA GAIDEN Σ2』デモが披露される)

 

早矢仕 ご覧いただいたとおり、今回はプレイできるキャラクターが4名いるのですが、各キャラごとにコーエーの作品からのコスチュームが入っています。こちらの“あやね”には孫尚香のコスチュームがコラボレーションで入っています。ゲームをやり込んでもらえると、コラボレーションのコスチュームが使えるようになっています。実際に実機に入っているのを小笠原さんに見ていただくのは今日が初めてなんですけど。

 

小笠原 最初、この話が持ち上がった時には世界観的にどうなのかという不安もあったのですが、うちのキャラがおのまま入り込んでいるかのように違和感がないですね。

 

早矢仕 先ほど、各キャラクターと申し上げましたけど、ほかのキャラクターに関しても1個ずつ入っていますので、何が入っているかをぜひ、楽しみにしてください。ゲームをやり込むことで使えるようになりますので、これを目的にしてもらえたらなあと思います。

 

−−それでは小笠原プロデューサーにお聞きしたいと思います。どんなコラボなんでしょうか?

 

小笠原 リュウ・ハヤブサを初めとした『NINJA GAIDEN』のキャラクターの、3人分の武器が使えるようになっています。ゲームを進めると拠点となる都市に、『NINJA GAIDEN』の3人のキャラクターが現れるようになりまして、そのキャラクターからクエストという形で試練を受けまして、ひとりのキャラクターにつき3つのクエストをクリアーすることで、そのキャラクターにちなんだ武器を手に入れることができるようになっています。その武器を装備して“無双乱舞”を出すと、オリジナルのモーションに切り替わります。ぜひ武器を獲得して、“無双乱舞”でモーションを確認していただきたいと思います。

 

早矢仕 ゲームはエンターテインメントですから、みなさんに楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいという中で、こうしたみなさんに喜んでもらえるコラボレーションをやっていただいてうれしく思います。

 

−−最後にファンへのメッセージをお願いします。

 

小笠原 ようやく『真・三國無双 MULTI RAID Special』のテレビCMもできて、しっかりとアピールしていきたいと思っているのですが、PS3、Xbox 360になって新しい形に深化して、これまでにない爽快感が体験していただけると思いますので、みなさん友だちを誘ってプレイしていただければと思います。

 

早矢仕 『NINJA GAIDEN Σ2』は、アクションゲームを愛するすべての人へとお伝えしていて、本当にいままで『NINJA GAIDEN』シリーズを支えてくれた人はもちろんなんですけど、これまで触れたことのない人もこれを機会に、まずこのタイトルから触っていただきたいと思っています。

 

−−ありがとうございました。

 

   

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『リーグ・オブ・レジェンド』新CMが完全に日本アニメ! 監督は山下清悟氏で、ピーエーワークスが制作

山下清悟監督、ピーエーワークス制作による『リーグ・オブ・レジェンド』の新プロモーション動画が公開中。

『戦国無双4 DX』石田三成のイラストを使用したエビテン限定特典“掛け軸風B3タペストリー”のデザインが公開!

ECサイトのエビテン[ebten]は、2019年3月14日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『戦国無双4 DX』において、石田三成のイラストを使用したエビテン限定特典の掛け軸風B3タペストリーのデザインを公開した。

『ネルケと伝説の錬金術士たち』ゲーム内に収録されるアバンタイトルムービーが公開! TGS2018で公開されたムービーの完全版

コーエーテクモゲームスは、2019年1月31日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』について、ゲーム内に収録されているアバンタイトルムービーを公開した。

『真・三國無双8』周瑜“IFの物語”が体験できる“追加IFシナリオセット”の紹介動画が公開!

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、Steam用ソフト『真・三國無双8』において、周瑜の“IFの物語”が体験できる“追加IFシナリオセット”の紹介動画を公開した。

世界初!? 格闘ゲーマー専門の写真展“FIGHTING GAME COMMUNITY”が2月1日より開催

格闘ゲーム専門のフォトグラファー大須晶氏による、世界初となる格闘ゲーマーの写真展“FIGHTING GAME COMMUNITY”が、2019年2月1日〜2月28日の期間、東京都中野の“Red Bull Gaming Sphere Tokyo”にて開催される。

『機動戦士ガンダム』40周年を記念して、ガンダムゲームがお得に購入できる“ガンダムゲームダウンロード版キャンペーン”が1月31日より開始

バンダイナムコエンターテインメントは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』放映から40周年を記念して、“ガンダムゲーム”がお得に購入できる“ガンダムゲームダウンロード版キャンペーン”を2019年1月31日より開始する。

『レインボーシックス シージ』“闘会議2019”にてパーカーを先行販売 PS4版オフライン大会は2月27日14時よりスタート

ユービーアイソフトは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、2019年1月26日(土)〜27日(日)に幕張メッセで開催される“JAEPO×闘会議 2019”にて先行販売アイテムを含むグッズ販売を行うことを発表した。

『ラングリッサーI&II』体験版が2月7日より配信開始。『I』では1面〜3面、『II』では4面〜6面までのステージがプレイ可能

キャラアニは、角川ゲームスより2019年4月18日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『ラングリッサーI&II』の体験版を、2月7日より配信することを発表した。

『Gジェネ クロスレイズ』PS4&Switch&Steamで2019年発売&第1弾PVを公開! 台北ゲームショウ2019のステージ生配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Nintendo SwitchおよびSteam用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』について、2019年発売予定であることと、第1弾プロモーション映像を公開した。また、2019年1月24日〜28日に台湾で行われる“台北ゲームショウ2019”でのステージの実施が決定した。

『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』PS4、Switch、Steamで2019年発売決定! 参戦作品など詳細情報一挙公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『ジージェネ』シリーズ最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』をPS4、Nintendo Switch、Steamで2019年に発売することを発表した。