携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> キャバ嬢「私を口説き落として」−−『龍が如く4』ステージイベント

キャバ嬢「私を口説き落として」−−『龍が如く4』ステージイベント
【TGS2009】

2009/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●名越稔洋総合監督が新システムやストーリーについて言及

 

 いまやセガの看板タイトルとして、確固たる地位を築いている『龍が如く』シリーズ。その最新作『龍が如く4 伝説を継ぐもの』(プレイステーション3で2010年春発売予定)のステージイベントの注目度は、今回も際立っていた。壇上に上ったのは、同シリーズをとりまとめる総合監督の名越稔洋氏。本邦初公開の映像を交えながら、その魅力を凝縮して語った。

 

ryu40027
ryu40028
ryu40001

▲2010年春の発売に向け、鋭意開発中という『龍が如く4 伝説を継ぐもの』。サブタイトルが意味するものとは?


 「シリーズで初めてサブタイトルをつけました。“伝説を継ぐもの”という意味深なサブタイトル。今作は4人の主人公が織りなす物語が中軸にあります。この中の誰かが“伝説”を継承していくのか? ひとりひとりが最後にひとつの極太なストーリーで結びつき、サブタイトルの意味を各プレイヤーが感じ取ってもらえるようになっています」(名越)

 

 今作の主人公は名越氏の言葉のとおり、4人。シリーズを通して主人公を張っている桐生一馬、街金融屋の秋山駿、真島の兄貴の兄弟分だった冴島大河、“神室町のダニ”と呼ばれる刑事の谷村正義が主人公だ。各キャラクターはもちろんプレイヤーキャラクターとして操ることが可能で、それぞれのキャラクターによって独自のストーリーが展開される。戦いかたも「4者4様」(名越)とのことで、まったく異なるバトルスタイルとなっている。桐生一馬は従来の“ケンカ殺法”で戦い、秋山駿は足技中心の攻撃、冴島は怪力を武器にした攻撃、谷村は刑事らしいアクションといった具合に、プレイしているキャラクターによって、バトルといってもさまざまな楽しみかたができるというわけだ。

 

ryu40014
ryu40016
ryu40017
ryu40018

桐生一馬

秋山駿

冴島大河

谷村正義

言わずと知れた『龍が如く』シリーズの主人公。今作でも「圧倒的な存在感を感じられる」(名越)という。

初代『龍が如く』のラストで天から降ってくるお金を機に、人生が大きく変わった人物。とある貸付金の回収のために神室町に来たら……。

真島の兄貴と兄弟分だったという冴島。極道18人を殺害した事件の実行犯。真島の兄貴の片目がつぶれた原因はこの男にあるというが?

神室署に所属する汚職刑事。神室町のダニと呼ばれている。いったいどうしてそのように呼ばれるようになったのか? 彼の抱えるトラウマとは?


 ボリュームアップしているのは、主人公の数だけではない。名越氏は「今作も舞台は神室町ですが、フィールドが圧倒的に増えました」とし、単純にマップが広くなっただけでなく、「これまでよりももっと掘り下げたフィールドになっています」という。掘り下げたフィールドとは、これまで入ることができなかったビルの屋上や下水道、地下街、裏路地で行動できるようになったということ。主人公キャラクターの行動原理がひとりひとり違うので、「刑事ならより深いところへ捜査に行く、逃亡犯ならより奥へ逃げる」(名越)といった表現が可能になり、より『龍が如く4』の物語が重厚になっているとアピールした。

 

ryu40011
ryu40012
ryu40013
ryu40015

▲舞台は神室町。だが、下水道や屋上といった町の裏の裏まで行けるように。これまで以上のボリュームが約束されている。

 

 『龍が如く』シリーズがたさくんの人から支持を受けている理由としてよく挙げられるのが、ゲームの本筋のストーリーとはあまり関係がないサブストーリーやプレイスポットの多さだ。『龍が如く4』ではサブストーリーやプレイスポットも、「シリーズ最強、最多」(名越)とのこと。これまでのシリーズで評判のよかったものを改めて掘り起こし、磨き直し、数も大幅に増やしているという。そのひとつとして本作で復活するのが、プレイスポットの“パチンコ”。実機『CRアラジンデスティニーEX』が収録されているほか、もう1機種が実機で登場する予定だ。また、温泉というプレイスポットもあり、「キャバ嬢といっしょにお風呂で癒されるだけでなく、卓球をいっしょに遊ぶ」こともできるんだとか。ドンキ・ホーテのような実在する店舗、協賛企業もシリーズ最多とのことで、骨太な物語のほかの“遊び”の部分も、ファンの期待を裏切ることは決してなさそうだ。

 

 『龍が如く』シリーズの遊びといって真っ先に思いつくのが、“キャバクラ”だろう。その作り込みは半端ではなく、「フリーで入店して指名するといった、皆さんがふだん遊んでいることをふつうにできるようにしました」(名越)とこれまで以上にキャバクラのリアル感が向上。プレイヤーがプレゼントしたものをキャバ嬢が身につけてくれたり、「自分が楽しんでいる様子を再現することでキャバクラをよりリアルに遊べると思います(笑)」と、名越氏自身も太鼓判を押した。そしてこのステージの最後を飾ったのが、公開オーディションによって選ばれたキャバ嬢役の7名。1500名もの応募の中から選ばれた「(逆にこちらから)『龍が如く4』に出てもらいたいと思う7名」(同)というだけに、ステージは一気に華やかに。フラッシュの嵐がステージを包み込んだ。

 

ryu40003
ryu40002
ryu40004
ryu40005

愛原エレナ

水谷望愛

森摩耶

Rio

京都弁で皆さんをっはんなり癒したいです。

メインストーリー、サブストーリーもてんこ盛り。その中で自分が指名してもらえるようにがんばります。

いっしょにカラオケしてください♪

今回はいつもの自分じゃない面を出しているので、いろいろなところへ遊びに連れて行ってください。


ryu40006
ryu40007
ryu40008
ryu40009

齋藤支靜加

河崎姫華

一木千洋

▲今後は『龍が如く4』のプロモーション活動も行うという7名。セガブースでは交代で本作のコーナー入り口にいる。

黒髪のキャバ嬢としてがんばります。いろいろなところへ遊びに行きましょう。

現役のキャバクラ嬢をやっています。ぜひ私を口説き落としてほしいです。

オーディションに合格できてうれしかったです。今後も7人でがんばっていこうと思います。


 名越氏は「今作で『龍が如く』シリーズは5作目。毎年一生懸命作っています。皆さんのご支援をいただきながら、シリーズの魅力を模索しつつ、皆さんの期待に恥じないものに今作もなっていると自負しています」と力強くコメント。会場では残念ながらまだプレイアブル出展はされていなかったものの、本作に賭ける名越氏の気合いが十分伝わるステージイベントだった。

 

ryu40019
ryu40020
ryu40021
ryu40022

ryu40023
ryu40024
ryu40025
ryu40026

▲歴代『龍が如く』シリーズに登場したキャラクターや今回新たに登場するキャラクター。その面構えを見ただけで、個性派揃いだと言うことがわかるだろう。北大路欣也、激似! もちろん本人が声を担当している。そのほかのキャラクターも豪華声優陣が声を務めている。

 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』の発売20周年を記念して、特別アレンジ動画“20周年記念 Brave Fencer 武蔵伝”が公開

スクウェア・エニックスは、1998年にプレイステーションで発売された『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』が2018年7月16日に発売20周年を迎えることを記念して、特別アレンジ“20周年記念 Brave Fencer 武蔵伝”の動画を、本日(2018年7月15日)公開した。

テレビアニメ『ペルソナ5』Blu-ray&DVDの法人別特典描き下ろしイラストが公開! AbemaTV特番ゲスト情報も

アニプレックスは、現在TOKYO MXほかにて放送中のテレビアニメ『PERSONA5 the Animation』について、Blu-ray&DVDの法人別特典描き下ろしイラストを公開。同時に、AbemaTVにて7月25日放送予定の“PERSONA5 the Animation 純喫茶ルブラン屋根裏放送局”第6回ゲストが悠木碧さんに決定したことを発表した。

『魔界戦記ディスガイア』アプリ版情報や『クローズド・ナイトメア』など日本一楽しいトークが目白押し! 日本一ソフトウェア設立25周年フィナーレイベントをリポート

2018年7月15日、東京のアーツ千代田3331にて“日本一ソフトウェア設立25周年フィナーレイベント”が開催された。本イベントの様子をリポートする。

『モンスターハンター:ワールド』狩猟感謝祭2018リポート! 巨大造形あり、コラボあり、公式タイムアタック大会ありのハンターの祭典

2018年7月15日、千葉県・幕張メッセにて『モンスターハンター:ワールド』の一大イベント、狩猟感謝祭2018が開催された。その模様をリポート。

『モンスターハンター:ワールド』×『ファイナルファンタジーXIV』スペシャルコラボステージリポート 新大陸にメテオの雨が降る!?

2018年7月15日、千葉県・幕張メッセにてカプコンの世界的ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)のイベント“狩猟感謝祭2018”が開催された。会場内のステージにて行われた、スペシャルコラボステージの模様をお届け。

“PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack”が数量限定で7月26日に発売決定、PS4本体と『モンスターハンター:ワールド』のセットをお得な価格で

プレイステーション4とカプコンのプレイステーション4用ソフト『モンスターハンター: ワールド』などをセットにした数量限定商品“PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack”が、2018年7月26日より発売される。

アプリ版『夜廻』は『深夜廻』も合わせた内容に! アプリ版『魔界戦記ディスガイア』のティザーPVも公開!

日本一ソフトウェアは、フォワードワークスと共同開発しているiOS/Android用アプリ『魔界戦記ディスガイア(仮)』のティザーPVを公開。また、アプリ版『夜廻』の内容も合わせて発表した。

『白猫プロジェクト』がNintendo Switchに!『Shironeko New Project(仮題)』が2020年リリース予定

本日(2018年7月14日)に、サービスインからちょうど4周年を迎えたコロプラのスマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』が、『Shironeko New Project(仮題)』として、Nintendo Switch向けに展開予定であることが判明。