携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ロスト プラネット 2』は“スポーツゲームに近い感覚”で楽しめる

『ロスト プラネット 2』は“スポーツゲームに近い感覚”で楽しめる
【TGS2009】

2009/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●デモが初披露されたエピソード3をプレイしてきました

 

 2009年9月24日〜9月27日まで、千葉県の幕張メッセで社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する日本最大級のゲームイベント“東京ゲームショウ2009”が開催中。最新タイトルの出展やステージイベントなど、新情報が盛りだくさんの会場の模様をリポートする。

 

 カプコンのステージイベントで、“エピソード3”のデモプレイが初披露されたXbox 360、プレイステーション3用ソフト『ロスト プラネット 2』(Xbox 360版は2009年度今冬発売予定、プレイステーション3版は発売日未定)。別会場にて実施されたカプコンのプレスプレビューでは、同エピソードを実際にプレイすることができた。今回はディレクターの大黒健二氏にも同席してもらうことができたので、同氏の解説もまじえながらその内容を紹介しよう。

 

『ロスト プラネット 2』プレゼン
『ロスト プラネット 2』プレゼン

▲これまでスクリーンショットのみ公開されていたエピソード3。カプコンステージのイベントでは、プレイデモが初披露となった。

 

 『ロスト プラネット 2』では、複数の物語がエピソード単位で進行する構成となっているが、大黒氏によれば各エピソードは物語の内容だけでなく、プレイ感覚もまったく異なるものになっているのだという。たとえば、エピソード1では鬱蒼と茂るジャングルという前作までにはなかったビジュアル表現が体感でき、街を舞台としたエピソード2では物陰に隠れながら進むカバーアクション的遊びが楽しめるといった具合にだ。

 

 エピソード3の舞台となるのは砂漠。物語はプレイヤーたちの乗ったヘリが巨大なAK(エイクリッド)の攻撃を受け墜落してしまう、というシーンから始まる。スタート時に立ちはだかるのは、物陰からプレイヤーたちを狙うスナイパーの集団だ。ここではエピソード2のカバーアクションに近い感覚で、物陰に隠れながら索敵するというプレイを体感することができる。包囲する敵を片づけたら、2体のAKが同時に登場。両方ともプレイヤーの数倍はあろうかという体躯を誇っており、攻撃を回避しつつ隙を見つけて攻めるという戦いかたが求められることに。この、強大な敵に仲間たちと協力して立ち向かうというこの感覚は『モンスターハンター』シリーズに通じるものがあるかもしれない。ちなみに、今回のプレイでは大黒氏のほかに開発スタッフも参加してくれていたので、何とか撃退することができたが、初見で勝利を治めるのは至難の業かも……。

 

『ロスト プラネット 2』プレゼン
『ロスト プラネット 2』プレゼン

▲大黒氏のレクチャーを受けながらプレイ。

 

 続いてプレイしたのは、エピソード3の3シーン目に当たる列車上でのバトル。並行して疾走する2台の列車を、飛び移りながら前進していくという場面で、落下したら一発でミスになるという、かなりシビアなステージだ。とにかく前へ進んで先頭車両まで辿り着けばクリアーになるのだが、もちろん途中には多数の敵が待ち受けている。正面突破もできるが、敵は圧倒的な火力を誇っているため苦戦は必至。そのため、隣の車両からサイド攻撃を加えるという戦法が重要になってくるのだ。先頭車両に辿り着くと超巨大AKとのバトルに突入。その大きさは、列車の1車両よりも大きく画面内にには身体の一部しか見えないほどだ。

 

 このバトルがエピソード3のクライマックスとなっており、プレイヤーたちは列車に搭載された砲撃を仲間と協力して操作し、ダメージを与えていくことになる。砲撃を利用するためには、複数のアクションが必要だ。まず身の丈ほどもある弾を列車内から運び出し、砲台に装填。ここで発射することもできるが、そのまえに威力を高めるためのアクションも存在しているので、余裕があるときは積極的に狙いたいところ。そのほか、AKの攻撃を受けると車両が出火する場合もあり、その際には車内に戻って冷却装置を作動させる必要も……といった具合に、攻守に慌しいバトルとなっている。大黒氏はこのバトルで「各プレイヤーがそれぞれの仕事をするような遊び」を目指したという。つまり、砲台の発射から冷却までをひとりがすべて担当するのではなく、各プレイヤーがひとつずつ作業を行うとより有利に戦いが進められるデザインというわけだ。

 

『ロスト プラネット 2』プレゼン


 今回の体験プレイはここで終了となったが、エピソードごとに異なる遊びが用意されているという大黒氏の言葉は十分実感できる内容となっていた。同氏は『ロスト プラネット 2』のCo-op(協力)プレイについて、「スポーツゲームに近い感覚」で遊んでほしいと語る。ひとつのチャプターが30分以内で終わるボリュームであったり、各ステージに複数の攻略方が用意されているためくり返し遊ぶことが可能、といったデザインはその考えに拠るもの。もうひとつのキーワードとして大黒氏は、いつも遊んでいるフレンド以外とのオンラインプレイ、いわゆる“野良プレイ”から生まれる“化学反応”にも期待しているとコメント。これは、さきに紹介した、エピソード3での“各プレイヤーがそれぞれ仕事をするような遊びか”などに、見知らぬ人たちと挑戦することで、思いもよらぬハプニングや新たな攻略方法が生まれるかもしれないという考え。いずれにせよ、本作の魅力を堪能するためには、オンラインプレイは外せない要素。とくにCo-opプレイは「開発初期からとにかくCo-opを入れようと決めていた」(大黒)というこだわりようなので、かなり期待ができそう。

 ちなみに、最大16人まで参加可能なオンライン対戦に関しては、前作が好評だったこともあり「多くをいじらずに」(大黒)開発中とのこと。カプコンブースではデータポスト争奪戦を体験することができるが、確かにプレイ感覚は大きく変わっておらず、前作で培ったノウハウがそのまま通用しそうな印象。Co-opよりも対人戦を楽しみたいという人も安心の仕上がりとなっている。
 

『ロスト プラネット 2』プレゼン

▲カプコンブースではオンライン対戦が初プレイアブル。今回は8人までの同時プレイとなっている。


※『ロスト プラネット 2』の公式サイトはこちら
 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。