携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> SCE発表会でサプライズ! モーションコントローラに対応した『バイオ5』が発売に

SCE発表会でサプライズ! モーションコントローラに対応した『バイオ5』が発売に
【TGS2009】

2009/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『FFXIII』バージョンの新型PS3はハードディスクが250ギガバイト

 

PS3発表
 

 2009年9月24日、東京ゲームショウ2009の会場でソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がプレスカンファレンスを開催。プレイステーション3、PSP(プレイステーション・ポータブル)、そしてプレイステーションネットワークについてさまざまな発表を行った。ここではプレイステーション3関連の発表をまとめてお伝えする。

 

 壇上に上ったSCEジャパンプレジデント、ショーン・レーデン氏はまず、2009年9月3日に発売された新型プレイステーション3の販売が好調で、店頭に並んでから3週間で全世界実売台数が100万台を突破したことを報告。そしてこれから年末にかけてビッグタイトルがズラリと並ぶと自信の表情で語り、プレイステーション3関連の最初のゲストとしてスクウェア・エニックスの北瀬佳範氏を壇上に招いた。北瀬氏はもちろん、プレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』のプロデューサー。北瀬氏はまず「2009年12月17日に、『ファイナルファンタジー』の3年半ぶりの新作が登場します」と語ったあと、2009年9月8日に行われた“FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY”で存在が明らかになった新型プレイステーション3と『FFXIII』の同梱版の詳細を公にした。同商品は“「プレイステーション3」 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION”の名称で、2009年12月17日に41600円[税込]で発売となる。セットの新型プレイステーション3本体はセラミック・ホワイトのボディーに『FFXIII』オリジナルデザインが施されており、ハードディスク用量は250ギガバイトの“特別仕様”になるという。またこれに併せて北瀬氏は、2009年9月24日よりゲームアーカイブスにおいて『ファイナルファンタジーVIII』の配信が始まったことを報告。ダウンロード価格は1500円[税込]で、これによりプレイステーション3、PSPで『FFVIII』が遊べるようになった。

 

PS3_FF13_斜め俯瞰
PS3_FF13_天面

 

 おつぎは、先の平井一夫社長の基調講演でも触れられた“モーションコントローラ(仮称)”について。プレゼンターは、SCEワールドワイドスタジオプレジデントの吉田修平氏だ。

 

 吉田氏は改めてモーションコントローラが2010年春には市場に並ぶと告げたあと、「すでにたくさんの対応ソフトがさまざまなメーカーで作られている」と語り、さらに既存のタイトルをモーションコントローラに対応させる研究が進んでいることを明かす。そしてそれを証明するゲストとしてカプコンの『バイオハザード5』プロデューサー、竹内潤氏をステージに招き入れた。

 

 竹内氏は「6月のE3でモーションコントローラが発表されたときから注目しており、このデバイスは『バイオハザード5』の世界を広げてくれるのではと感じていた」とし、同ソフトの安保康弘ディレクターによるモーションコントローラによる『バイオハザード5』のデモンストレーションが始まった。実際のゲームを使った、モーションコントローラの世界初のデモである。

 

バイオ5デモ
バイオ5新バージョン

 

 安保ディレクターは右手にモーションコントローラ、左手にデュアルショックを持つスタイルでゲームをスタート。見ると、モーションコントローラではおもに銃の照準となるカーソルを操作している。竹内氏はこれを指して「モーションコントローラで操作しているカーソルが、ほとんどブレていないのがわかるかと思います。従来の照準よりも緻密な操作ができるんです」と絶賛。さらにモーションコントローラが搭載している“加速度センサー”の力により、右手をブルっと振るとナイフを出したり、敵に捕まったときにブルブルと振ることで振り払う(つまりもがく)動作を画面の中のキャラクターが行うデモも。竹内氏は「非常に直感的な操作が可能です。これにより、この手のゲームを苦手としていた人にアピールする絶好の機会になるんじゃないかと思っています」と、新しいインターフェースの登場を歓迎した。ちなみにここでデモが行われた新しい『バイオハザード5』は順調に開発が進んでおり、2010年春に『バイオハザード5 オルタナティブエディション』の名称で発売されるとのこと。「モーションコントローラの登場から時を経ずして発売できると思います。ユーザーからの要望が多かった新たな要素が盛り込まれていますよ」と竹内氏は自信の表情を見せた。

 

モーションコントローラとレーデン氏

 

リトルビッグデモ

 

 さらにモーションコントローラ関連では、SCEJの『リトルビッグプラネット』を使ったデモも実施。ふたり協力プレイのデモで、ひとりがモーションコントローラを、ひとりがデュアルショックを持つ形で行われた。具体的には、デュアルショック側がリビッツ(操作キャラクター)を動かし、モーションコントローラ側はステージ上のギミックの操作を担当。モーションコントローラでステージ上のギミックを動かしたりすることで、リビッツが順調に(ときに邪魔もされていたが)先に進んで行く様子がスクリーンで上映された。その後スクリーンでは、モーションコントローラに対応する形で開発されているタイトルの一部が発表に。その中には発売中のタイトルも含まれており、これらはネットワーク経由でソフトをアップデートなどをすることでモーションコントロールができるようになるようだ。

 

 そしてプレイステーション3関連の発表の最後に、レベルファイブが開発する大作RPGのシリーズ最新作『白騎士物語-光と闇の覚醒-』のトレーラー映像が上映された。これは多数のプレイアブルタイトルがひしめいているSCEブースには出展されていない完全な“隠し玉”(映像出展のみ)。発売日、価格などは未定となっている。

 

 これらのほかに、PSP関連発表とも紐づいているが、SCEJから発売予定のプレイステーション3用ソフト『グランツーリスモ5』の情報も語られている。壇上に上ったポリフォニーデジタルの山内一典氏はサプライズとして、2009年10月1日に発売されるPSP版の『グランツーリスモ』と『グランツーリスモ5』が連動することを発表。PSP版で手に入れたクルマをそのまま『グランツーリスモ5』でも使用できるという要素を明らかにし、「PSP版は据え置き機の『グランツーリスモ』と比べて10倍くらいのスピードでクルマが手に入ります。PSP版でクルマを集めておけば、『グランツーリスモ5』ではゲームスタート時から多数の車種で遊ぶことるわけです」(山内)と語った。

 

 そして注目の『グランツーリスモ5』の発売時期を「2010年3月」(山内)と発表。これについて山内氏は、「もっと早く遊びたい、という声があることは重々承知している」と前置きしたあと、「『グランツーリスモ』らしい規模感、クオリティーを実現するにはここが最速でした」と理解を求めた。

 

DUALSHOCK3_Blue
DUALSHOCK3_Red

▲リリースでデュアルショック3のニューカラーも発表された。2009年10月29日よりメタリック・ブルーとディープ・レッドが5500円[税込]で発売に。

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ユバの徽(しるし)』限定クエスト“「海底の巨人」捕獲計画”が開催

DMM.com POWERCHORD STUDIOは、サービス中の横スクロールアクション型世代交代RPG『ユバの徽(しるし)』において、2017年9月21日より、限定クエスト“「海底の巨人」捕獲計画”を開催する。

『遙かなる時空の中で Ultimate』がPS Vitaで2018年2月22日に発売決定

コーエーテクモゲームスは、PS Vita用ソフト『遙かなる時空の中で Ultimate』を2018年2月22日に発売することを発表した。

『サマーレッスン:新城ちさと』わがままお嬢様・ちさとの魅力が詰まったプロモーション映像公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年10月12日発売予定のプレイステーション VR専用ソフト、『サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード』のプロモーション映像を公開した。

『WoWs』ZZガンダムを生み出した小林誠氏デザインの戦艦“紀伊”や大和の姉妹艦が登場、『TWA』には日本勢力が実装【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のWargamingステージにおいて、『Total War: ARENA』と『World of Warships』の新情報が公開された。

『シュタインズ・ゲート エリート』プレイインプレッションーーアニメを操作している感覚で遊べるフルアニメーションアドベンチャー【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。セガブースにて展開している5pb.コーナーに出展されている『シュタインズ・ゲート エリート』を試遊してきたので、そのリポートをお届けする。

PC版『デスティニーチャイルド For DMM』の事前登録受付がスタート! ★5“エシュ”をゲットしよう

ステアーズは、オンラインゲームプラットフォームDMM GAMESにて配信予定のPC版『デスティニーチャイルド For DMM』について、2017年9月21日より事前登録受付を開始した。

『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のNintendo Switch用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』において、有料DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”をニンテンドーeショップにて配信開始した。本DLCには、新キャラクター“ゴクウブラック(超サイヤ人ロゼ)”、“ザマス”、“ボージャック”や、追加パラレルクエスト、カスタマイズ用技・衣装等が収録されている。

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』独自の戦闘システムなどを紹介

日本一ソフトウェアから、2017年9月28日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の最新情報をお届け。

『夜廻』ダウンロード版がお手頃価格の3600円に改定

日本一ソフトウェアは、PS Storeにて配信中のプレイステーション Vita用ソフト『夜廻』の価格を、2017年9月21日より5143円[税込]から3600円[税込]に改定する。

『北斗が如く』聖帝“サウザー”やカサンドラ獄長“ウイグル”などキャラクター情報第4弾が公開

セガゲームスは、2018年2月22日発売予定のプレイステーション4用ソフト『北斗が如く』について、ゲーム内登場キャラクター情報の第4弾を公開した。