携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 世界中の大手16社が、マイクロソフトの“Project Natal”への支持を表明

世界中の大手16社が、マイクロソフトの“Project Natal”への支持を表明
【TGS2009】

2009/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●カプコンやスクウェア・エニックス、セガなど国内大手メーカーも軒並み参入を表明

ss

 2009年9月24日、マイクロソフトは東京ゲームショウ 2009に合わせて、“Project Natal”が世界中の大手パブリッシャーから強力な支持を得ていることを明らかにした。“Project Natal”は、カメラや深度センサー、マイクロフォンなどを駆使することで、コントローラーを使わずにゲームを操作することを可能にした新しいインターフェイス。2009年6月に行なわれたE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で発表され、世界中の関係者から大きな注目を集めていた。 “Project Natal”に支援を表明したゲームメーカーは以下のとおり。
 

“Project Natal”に支援を表明したゲームメーカー (※ 50音順 / アルファベット順)

カプコン

コーエー

コナミデジタルエンタテインメント

スクウェア・エニックス

セガ

テクモ

ハドソン

バンダイナムコゲームス

フロム・ソフトウェア

Activision Blizzard

Bethesda Softworks

Disney Interactive

Electronic Arts

MTV Games

THQ Inc.

Ubisoft Entertainment


 この件に関してマイクロソフトのインタラクティブ エンターテイメント ビジネス シニア バイスプレジデント、ドン マトリックは、「“Project Natal” によって、クリエーターは新たな体験を自由に思い描き、かつてないゲームを生み出すことができます。こういったクリエイティブなパートナーからの支持は、“Project Natal” が業界を代表するゲーム クリエーターの創造力をかき立てているということの表れです。また、Xbox 360が最高のゲーム、エンターテイメントを提供するだけでなく、今後は新しいアイデアを引き出し、ユーザーの皆さんに新しい楽しみかたを提供していくということがお分かりいただけると思います」とコメントしている。パブリッシャー各社の “Project Natal” 新規プロジェクトについての詳細は、今後発表となる予定とのことだ。

 今回の発表に際して、パブリッシャー各社から“Project Natal” に対しての支援や期待のコメントが寄せられている。

■カプコン 常務執行役員 開発統括本部長 稲船敬二氏
“Project Natal”はゲームの可能性を強く感じます。Xbox 360 の魅力がまたひとつ増え、ユーザーに遊びの広がりを示せるものになると思います。私自身も“Project Natal”に大きく刺激を受け、クリエイティブ魂がゆさぶられています。新しい遊び、新しい驚きをXbox 360 ファンに伝えるべく、オリジナリティーあふれるコンテンツ作りに励みたいと思います。期待していてください。

■コーエー 専務取締役執行役員 ソフトウェア事業部長 杉山芳樹氏
我々のチャレンジ精神をかき立てる無限の可能性を、“Project Natal”に対して、感じています。まったく新しいタイプのエンターテインメントを創造し、かつてない新鮮な驚きをユーザーの皆様にご提供したいと思います。

■コナミデジタルエンタテインメント 専務執行役員 小島秀夫氏
“Project Natal”をはじめて拝見した際、ゲーム開発が2Dから3Dに変わったときと同じぐらいの衝撃を受けました。KONAMIは、ユーザーの皆さんにもいち早くこの“Project Natal”の体験をしていただきたいと考えています。詳細はまだ申し上げられませんが、弊社のプロジェクトを皆さんに共有できる日を心待ちにしています。

■スクウェア・エニックス 代表取締役社長 和田洋一氏
スクウェア・エニックスは、“Project Natal”が人とコンピュータとを繋ぐ、より自然なインターフェイスとして、新たなエンターテインメントの可能性を切り拓くことを大いに期待しています。

■セガ 常務取締役 CS事業部 事業部長 鶴見尚也氏
セガは“Project Natal”が全世界の人々に新しい体験を提供し、そのアイデアとポテンシャルはゲームの新しい未来を切り開くものとして大いに期待しております。現在すでに複数の開発機材を導入し、技術的な研究を進めております。セガはこれまで培ったさまざまなインターフェイスのノウハウを“Project Natal”でも活かしていきたいと考えております。

■テクモ ゲーム事業統括副本部長 菊地啓介氏
“Project Natal”は、ゲーム開発者の創造力をとても刺激するデバイスです。テクモの有する技術力と企画力を使って、単なる体感ではなく、新しい体験を創造し、みなさまに驚きと喜びを提供いたします。

■ハドソン 執行役員 和気正則氏
“Project Natal”はまったく新しいテクノロジーです。体を動かして直感的な操作は、新しいお客様への間口を広げていきかつ通常のコントローラーでは表現できない奥深さを実現できると確信しています。お客様に新しいゲーム体験をご提供できる日を楽しみにしています。

■バンダイナムコゲームス コンテンツ制作本部企画ディビジョン 第 2 企画ユニット ゼネラルマネージャー 坂上陽三氏
“Project Natal”によって、今後、あらゆるジャンルのゲームにおいて、いままで以上のリアルな体感をお客様に提供できることを実感しています。現時点ではまだタイトルの詳細について公開することはできませんが、新しいゲームによるエキサイティングな体験をお届けしたいと思っています。

■フロム・ソフトウェア 取締役 / プロデューサー 竹内将典氏
“Project Natal”はいままでのテレビゲームの在りかたに新しい可能性を与えるものだと感じています。開発面では新たに大きなチャレンジが必要だと考えておりますが、フロム・ソフトウェアは、いつもチャレンジしていきたいと考えていますので、この“Project Natal”へも積極的に取り組み、皆様へ新しい驚きと楽しみをご提供していきたいと思っております。

 なお、マイクロソフトでは、東京ゲームショウ 2009において、カプコンの稲船敬二氏、セガの名越稔洋氏、コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫氏という、日本のゲーム業界を代表する 3 名のクリエーターを招いて、国内、海外のメディア向けにパネルディスカッションを開催する予定とのこと。3 人は、“Project Natal”で実現可能な、画期的で新しい体験の可能性についてディスカッションを展開するとのこと。その詳細はファミ通.comでも紹介する予定なのでお楽しみに。

※Xbox.comはこちら 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Observation』不可解なアクシデントが続く宇宙ステーションの支援AIとしてプレイする、SFスリラーアドベンチャー

スコットランドのインディースタジオNo Codeによるアドベンチャーゲーム『Observation』を紹介。海外でPS4/PC版が配信され、日本語ローカライズも予定されている。

アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』アラームアプリ、姫柊雪菜(CV:種田梨沙)&煌坂紗矢華(CV:葉山いくみ)のサンプルボイスが公開【添い寝モード搭載】

アラームアプリ『ストライク・ザ・ブラッドアラーム 〜暁の日常篇〜』において、姫柊雪菜(CV:種田梨沙)&煌坂紗矢華(CV:葉山いくみ)のサンプルボイスが公開。

PS Now、5月は『バットマン:アーカム・ナイト』や『レゴ シティ アンダーカバー』など全3タイトルを新規配信

ストリーミングサービス“PlayStation Now”にて、2019年5月から『バットマン:アーカム・ナイト』など3タイトルが新規配信。

NPBスプラトゥーン2、ベイスターズ(ハイパービーム)が初代王者になるまでの本大会2日間の激闘を総まとめ。インタビュー&激戦のダイジェスト動画も!

2019年5月18・19日に、東京ビッグサイトTFTホールにて開催された“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の本大会のまとめとインタビューをお届け。

“次世代プレイステーション”はどうなる!? いま判明している情報から大予想【先出し週刊ファミ通】

2019年5月23日発売の週刊ファミ通2019年6月6日号では、“次世代プレイステーション”がどうなるのか、どうなってほしいのかを大特集。1400人以上もの読者アンケートを始め、識者やゲームクリエイター、本誌編集者の予想と希望をたっぷりお届けします

『ブレイブルー クロスタッグバトル』がVer1.5大型アップデート実施。新キャラを含むDLC“追加キャラクターセット Vol7”などが配信

『ブレイブルー クロスタッグバトル』のVer1.5 大型アップデートが2019年5月21日に実施された。

『ドラゴンクエストライバルズ』第7弾カードパック『光と闇の異聞録』情報&大興奮の“勇者杯2019春”決勝リポート

『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場する対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。2019年5月23日より配信される新カードパック第7弾『光と闇の異聞録』情報と、過日に行われた公式全国大会“勇者杯2019春”リポートをお届け。

『ドラゴンクエストライバルズ』“勇者杯”や第7弾『光と闇の異聞録』、そして“レックストルネコ記事 ”の真相まで……気になることをまとめて二木Pに直撃!

『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場する対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。今回で5回目となる公式全国大会“勇者杯2019春”の閉幕後、勇者杯や第7弾カードパック『光と闇の異聞録』などを、二木(ふたぎ)達博プロデューサーに直撃!