携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』

和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』
【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】

2009/9/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●北瀬プロデューサー、鳥山ディレクターがファンにメッセージ

 

 待ちに待ったスクウェア・エニックスのプレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』の発売日が、2009年12月17日に決定した。発売日を発表したのは、同社の和田洋一社長。ここでは和田社長が冒頭のあいさつで語った『FFXIII』への想い、そしてユーザーに向けたメッセージを掲載する。加えて、和田社長のあとに壇上にあがった『FFXIII』のプロデューサーである北瀬佳範氏、ディレクターの鳥山求氏のコメントも紹介する。

 

 
TN2_9933
TN3_1620
 

 

 <和田洋一社長のあいさつ>

 皆様、たいへんお待たせしました。

 

 「『FFXIII』の発売日は神のみぞ知る」と言われていましたが、私は神ではないので発売日は最近までわかっておりませんでした。
 

 いまは便利なツールがいろいろあって、会場に入るまえにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。
 

 それでは発表いたします。

 『FFXIII』の発売日は、2009年12月17日。

価格は8800円[税抜](税込価格は9240円[税込])です。

 

 『ファイナルファンタジー』シリーズは今作で13作目になります。'87年に1作目が誕生して以来、全世界でシリーズ累計8500万本。22年間皆様に愛され続けております。

 

 シリーズ作品ではありますが、1作目から13作目まで毎回新しく生まれ変わるのが『ファイナルファンタジー』です。毎回新しいストーリー、世界観。新しいゲームとして皆様に愛され続けています。

 

 なぜこれだけ長きにわたって愛され続けられたか?

 

 10日ほどまえにクリエーターからプロモーション映像を見せてもらいました。すばらしい出来でした。「美しくできましたね」、「よくできましたね」というよりも、「『FF』になったねぇ」というのが実感でした。

 

 毎回違うストーリー、ゲームシステム、世界観でお届けする『FF』ですが、『FF』を作っているクリエーターの魂そのものが『FF』なんだと思います。

 

 それをお客様がご理解いただいているので、長きにわたって愛され続けているんだと思います。そういう意味で、『FF』シリーズはクリエーターと皆さんの絆だと思います。

 

 今回東京ゲームムショウに先駆け、試遊台を置かせていただいております。

 

 『FF』のクリエーターたちは皆さんたちとの絆を決して裏切ることはありません。

 

どうかご期待ください。

 

 

TN2_9959

<北瀬佳範プロデューサーのコメント>

 さきほど和田から紹介させていただいたとおり、発売日が12月17日に決まりました。

 

 『FF』の第1作目は22年前の12月18日に発売されました。そういう意味で(『FFXIII』は)バースデーイブに発売を迎えることができます。

僕自身もこの日を待ちこがれていました。感無量です。
 

 発売日までもう少しありますが、皆さん期待してお待ちください。

(「待ちこがれていたファンに向けて」と振られて)

  やっと完成にこぎつけられそうだということで、うれしく思っています。
 

 (発売日は)年末でクリスマスシーズンでもありますし、皆さん年末年始に休んで遊べる時期だと思いますので、くれぐれもインフルエンザなどにかからないように、準備万端でお待ちいただければと思います。

<鳥山求氏のコメント>

 『FFXIII』は“RPGの未来形”をコンセプトに開発してきました。

 

 プレイステーション3ならではの最高のグラフィック、感動的なストーリー、アクション性を増した新しいアクティブタイムバトル。すべてが『FF』の名に恥じない作品に仕上がりました。今夜はそのごく一部ではありますが、いち早く体験してください。

(東京ゲームショウに出展する体験版の内容について聞かれて)

 

 『FF13』はライトニングとスノウというふたりの主人公の物語が軸になって進んでいきます。

東京ゲームショウ版ではふたりのバトルをいち早く体験できる内容になっています。

 

 もちろん召喚獣のシヴァとオーディンも呼び放題に作っていますので、ぜひ召喚してみてください。

 

 東京ゲームショウに出展する内容は、製品版とは違う特別バージョンになっています。

 

 ライトニング編は『FF』シリーズおなじみのボスバトルを追加しています。スノウ編は製品版よりもより最強のパーティーで戦えるようになっていますので、こちらも体験してみてください。

 

【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティー ワールドウォー 2)』は2017年11月3日発売! トレーラーがお披露目【海外ニュース】

ActivisionのミリタリーFPSシリーズの『Call of Duty』。本シリーズの最新作『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティー ワールドウォー 2』が、2017年11月3日に発売されることが海外にて発表された。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年04月17日〜2017年04月23日

ようやく上位をうかがう新作が登場、『ファイアーエムブレム Echoes(エコーズ) もうひとりの英雄王』が首位を獲得

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』デルカダール王国で出会う“稀代の帝王”とふたりの英雄とは?

2017年7月29日発売予定の『ドラゴンクエスト』シリーズ本編最新作、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の最新情報が到着。

【ゲームジャンル別総選挙 第4回】アクション・アドベンチャーゲームのナンバーワンは? “アクション・アドベンチャーゲーム総選挙”投票受付中(5月8日23:59まで)

ファンにもっとも愛されているゲームを、ジャンルごとに選んじゃおうというゲームジャンル別総選挙。第4回として投票を受け付けるジャンルは“アクション・アドベンチャーゲーム”。あなたが「これぞ!」と思うアクション・アドベンチャーゲームのタイトルに、ぜひ1票を投じてください。

『アノニマス・コード』の序盤ストーリーが明らかに!――志倉千代丸氏&齋藤光二氏のインタビューも一部掲載

5pb.は、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)において、プレイステーション Vita&プレイステーション4用ソフト『アノニマス・コード』(2017年発売予定)の最新情報を発表した。

『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』ギミック満載の不思議な迷宮から脱出しよう!

シルバースタージャパンは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション Vita用ソフト『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』の最新情報を公開した。

『DiRT 4(ダート 4)』過酷でクレイジーなオフロードレースに挑め!!

ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『DiRT 4(ダート 4)』の最新情報を公開した。

シミュレーションゲーム史に燦然と輝く『信長の野望』シリーズの最新作、『信長の野望・大志』がついに始動

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4、PC用ソフト『信長の野望・大志』の最新情報を公開した。

『ダンガンロンパ』シリーズの開発スタッフが制作に携わっている新作RPG『ザンキゼロ』

スパイク・チュンソフトは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『ザンキゼロ』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『艦これ』四周年???&?『星のカービィ』25周年記念特集!! 『?????スプラトゥーン2』最新情報?や『グラブル』DLCもある大ボリュームのGW前合併号(2017年4月27発売号)

本日(2017年4月27日)発売の週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号の表紙は、四周年を迎えた『艦隊これくしょん -艦これ-』。“しばふ”さんの作画による、吹雪、白雪、初雪、深雪の特型駆逐艦“4”隻が飾ります。