携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 僚機とともに戦場を駆け抜けろ!! 『機動戦士ガンダム戦記』

僚機とともに戦場を駆け抜けろ!! 『機動戦士ガンダム戦記』
【プレイ・インプレッション】

2009/9/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●一騎当千の爽快感とはベクトルの違う、僚機を思い通りに動かす爽快感がここにある

 

 『機動戦士ガンダム戦記』は、3機ひと組の部隊を率いてさまざまな戦況に対処しつつ戦っていく部隊統率型のアクションゲーム。ネットワークモードを選択すれば、最大8人での対戦なども楽しめる。『ガンダム』好きにもアクションゲーム好きにもたまらないこの作品の魅力に、週刊ファミ通でビデヲゲーム通信を担当しているライターのしんのすけが迫る!!

 

●『機動戦士ガンダム』という作品、多数のモビルスーツ、息つかせぬストーリー……それは本作の持つ多面的な魅力

 

 ひと口に本作の“最大の魅力”といっても、それは当然のことながらプレイした人によって変化するだろう。往年の『ガンダム』ファン……もっぱらロボットが好きなプレイヤーならカトキハジメ氏がリファインを手掛けているメカニカルデザインや、登場する多くのモビルスーツが大きな魅力になると思う。『ガンダム』の世界観に浸りたいプレイヤーもいるだろうし、単純にアクションゲームが好きなプレイヤーも多くいるだろう。

 冒頭でも紹介したように、『機動戦士ガンダム戦記』という作品はアクションゲームだ。それも、極めて上質の。本記事では、そのゲームシステム部分の魅力を深く、深く皆さんにお伝えしていこうかと思う。

  

gundam08
gundam09
gundam01
gundam02

▲シナリオモードは地球連邦軍とジオン公国軍、両軍のオリジナルストーリーが楽しめる。1年戦争末期の戦場で、登場人物たちの複雑な思惑が絡み合うのだ。


 

●舞台は戦場、主役は俺! 全軍、ついて来い!!

 

 本作のゲーム的な魅力のひとつに、“指令コマンド”で僚機に指示を与えながら戦えることが挙げられる。指令コマンドはミッションを進めていくことで種類が増えるので、ゲームに慣れないうちは単純な指示を、そして徐々にゲームに慣れていくタイミングで複雑な指示を出して戦えるようになるのだ。チームの陣形から拠点の防衛、特定の敵機への攻撃など、じつに細かい指示を出して戦える。これらの指示を使い分け、戦場で発生するさまざまなトラブルや不測の事態に対応していく達成感が、本作の魅力だといえる。

 

 ミッションが進むごとに、指令コマンドの担う役割は大きくなっていく。本作で登場する機体は全体的にAP(アーマーポイント、これがゼロになると撃墜となる)が低めに設定されており、一瞬の油断が命取りになることも珍しくない。高性能な機体に搭乗していないときや装備の整ってない状況では、とくにそれが顕著になるのだ。そのため、プレイヤーは慎重に戦況を把握し僚機に指示を出すことが求められる。ここまで緻密に動きを考え、指揮官気分が味わえるアクションゲームは、ほかの作品ではなかなか味わえないだろう。

 とはいえ、つねに僚機とまとまって動く必要があるのかと問われれば、そうではないのも本作のおもしろいところ。たとえば、僚機に戦闘の勝敗に関わる重要な防衛ポイントや機体の回復と弾薬の補給ができる補給ポイントを防衛させ、プレイヤーは独立遊撃部隊として敵機を迎撃するなんてことも可能。逆に、強敵と相対したときは撃墜されてもデメリットが少ない僚機を先行させて比較的安全圏からプレイヤーが攻撃するという戦法もある。筆者が強敵が出現するミッションで困ったときによく使っていた戦法は、僚機に“陽動”の指示を与えて敵機を誘い出す。筆者は物陰に隠れて射撃のチャージを行い、ずる賢く突出してきた敵機を攻撃するといった戦法だ。つまり、プレイヤーの熟練度や性格によって立てる戦略も作戦もまったく異なったものになり得る。『機動戦士ガンダム戦記』は、決して正解となる行動のない自由度の高いアクションゲームなのだ。

 

gundam11
gundam13
gundam14
gundam15

▲僚機だけでなく、友軍や基地の砲台にも“友軍突撃”や“砲撃要請”などの支援を頼むことも可能。ミッションの内容によって指令コマンドを選択しつつ任務に臨もう。


 
●機体を強化し、エースパイロットとなる快感

 

 そして、もうひとつの魅力。それは『機動戦士ガンダム』という歴史ある作品がベースとなっている本作ならではの、機体カスタマイズの部分だろう。本作には、ゲーム序盤こそ搭乗できる機体は少ないものの、地球連邦軍とジオン公国軍併せてじつに多彩なモビルスーツが登場する。高性能なモビルスーツに乗っていままで苦労していたミッションを、圧倒的な性能差でクリアーするのも一興だ。

 

 もちろん自分が気に入っているモビルスーツを、武装やカスタマイズパーツによって強化できることも忘れてはならない。ガンダムよりも機動力のあるジム・コマンドに搭乗し、エースパイロットになるなんてことも可能。機体の選択から強化に至るまで、自由な選択肢が広がっているといえる。どの機体も専用武装以外の武装は自由に装備を変更できるので、ビーム・ライフルやマシンガン、バズーカなどを使用してみて自分好みの攻撃手段を持つ機体を作りあげていこう。

 余談だが、遠距離から敵を一方的に敵機を攻撃することに快感を覚える筆者は、迷うことなくビーム・ライフルでの狙撃に注目。たまたま敵勢力にザクI・スナイパータイプがいるミッションで、「性能の違いを見せてやる!!」と意気込んだものの、ザクI・スナイパータイプの狙撃のほうが性能がよく逆に一方的に撃墜させられてしまったのはいい思い出だ(しかもコンピューターが操るザクI・スナイパータイプに、である)。その後、狙撃の精度を上げるカスタムパーツ、“狙撃スコープ”を装備して復讐したのはいうまでもない……。

 

 数あるミッションのなかには地上戦だけでなく、水中や宇宙での戦いも待っている。このとき、“地上戦装備”や“水中戦装備”などのカスタムパーツを装備して地形適正を上げれば、たとえば陸戦型ガンダムが水中でも機動力を損なわずに戦える。ミッションごとに武装やカスタムパーツを整えていけば、どんなミッションでもお気に入りのモビルスーツに搭乗できる点は、ファンにはたまらないだろう。

 

 ネットワークモードでの協力プレイや対戦プレイも充実しており、長いスパンで楽しめる上質のアクションゲーム『機動戦士ガンダム戦記』。夏休みは終わってしまったが、秋の夜長に楽しむには最適なゲームソフトだと思う。自分のカスタマイズした最強機体があっさりとほかのプレイヤーに倒されてしまう、そんな悔しさをぜひとも皆さんに味わってほしい(笑)。今年は、秋の大型連休もあるしね!!

 

gundam05
gundam07
gundam03
gundam04
gundam06
gundam10

▲思い出のモビルスーツが、原作ではありえないような武装で戦場を駆け抜ける。また、改造パーツを手に入れれば手持ちのモビルスーツを違うモビルスーツに改造することも可能だ。

 

著者紹介
しんのすけ

gundam12

格闘ゲームとカードゲームをこよなく愛するゲーセン中毒者。それが高じて現在、週刊ファミ通でライターをしていたりします。最近ではアクション系のガンダム作品の攻略に携わらせて頂く機会が多く、いまではすっかりアッガイの虜。『機動戦士ガンダム戦記』は、慣れてくると僚機を思い通りに動かせるのが楽しいっすよね!!


 

※『機動戦士ガンダム戦記』公式サイトはこちら
 

【プレイ・インプレッション】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レッド・デッド・オンライン』新キャラクターブラック・ベルや放蕩モードミッションが追加

『レッド・デッド・オンライン』で、新キャラクターブラック・ベルや放蕩モードミッションが追加された。

『アサシン クリードIII リマスター』SwitchとPS4向けに本日(5月23日)発売!2種類のローンチトレーラーが公開

Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『アサシン クリードIII リマスター』が発売。2種類のローンチトレーラーが公開された。

『マレニア国の冒険酒場 〜パティアと腹ペコの神〜』のPS4パッケージ版が本日(5月23日)発売! 借金を返すために酒場を経営するシミュレーションRPG

プレイステーション4用ソフト『マレニア国の冒険酒場 〜パティアと腹ペコの神〜』のパッケージ版が発売された。

ユニクロ、ポケモンがテーマのTシャツデザインコンペ“UT GRAND PRIX 2019”のグランプリ作品の受賞取り消しを発表

ユニクロは“UT GRAND PRIX 2019”グランプリ作品の受賞取り消しを発表した。

言葉の力で世界を救うアクションアドベンチャー『ワードマン』のSwitch版が5月30日より配信開始

Nintendo Switch用ソフト『ワードマン』が2019年5月30日より配信を開始する。

『The Escapists: Complete Edition』がSwitch向けに配信開始。本編とすべてのDLCがセットになった完全版

Nintendo Switch版『The Escapists: Complete Edition』が配信を開始した。

『ウィッチャー』シリーズの世界を紐解く、豪華解説書“ワールド・オブ・ウィッチャー”日本語版が発売決定

『ウィッチャー』シリーズの世界を紐解く解説書“ワールド・オブ・ウィッチャー”の日本語版が2019年6月5日に発売する。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』開発陣インタビュー。つぎなるステージへと進む、極上の狩猟体験!

ついに詳細な情報が公開された、『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』。開発のキーマン3人にインタビュー!