携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 9月からオンエアーされる『ドラゴンクエストIX』新CMの収録現場に潜入!

9月からオンエアーされる『ドラゴンクエストIX』新CMの収録現場に潜入!

2009/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●主演の杉本有美、君嶋麻耶のコメントもお届け

 

 スクウェア・エニックスのニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』。発売から2ヵ月近く経ったいまも“すれちがい通信”や毎週配信される“追加クエスト”で数多くのユーザーを虜にしている本作の新たなテレビCMが、2009年9月6日よりオンエアーされる。

 

 気になるCMの内容は、『ドラゴンクエストIX』におけるプレイヤーどうしのつながりにスポットを当てたものに。大学の学食でランチを取りながら『ドラゴンクエストIX』に熱中する女の子、そこに同じく『ドラゴンクエストIX』をプレイ中の先輩が通りかかって……といった具合で、すれちがい通信をきっかけに意気投合する若者の様子が描かれているのだ。また、出演者の楽しそうな表情も非常に印象的。これまで『ドラゴンクエスト』シリーズを遊んだことがない人にも、作品の魅力が伝わる仕上がりになっている。

 

 ちなみにこの新CM、じつは収録時の模様を特別にファミ通.comで取材させてもらうことができた。都内某所で行われた収録には、プロデューサーを務める市村龍太郎氏も駆けつけて、収録の流れを確認。モニターで映像をチェックしながら、ときおり監督と内容について相談したり、出演者に声をかけてリラックスさせるなど積極的に撮影へ参加していたのだ。
 

TN2_9501
TN2_9509

▲撮影は都内にある大学の学食で行われた。CMは3種類制作されており、今回取材した現場には、そのうちのひとつのバージョンで主演を務めるタレントの杉本有美とモデルの君嶋麻耶の姿も。

 

TN2_9532
TN2_9544

▲現場には市村プロデューサーの姿も。エキストラ陣に『ドラゴンクエストIX』の感想を聞くひと幕もあった。

 

 また、収録の合間には新CMで主演を務めるタレントの杉本有美と、モデルの君嶋麻耶に話を聞くことができた。

 

――CM収録をひととおり終えての感想はいかかでしょう?

杉本 私はCMに出演すること自体が初めてなので、最初はどういう風に撮影が進んでいくのか不安だったんです。でも、皆さんすごくやさしくていろいろ丁寧に教えてくれて、すごく勉強になりました。
 

TN2_9636

▲テレビCMで主演を務めた、タレントの杉本有美(右)とモデルの君嶋麻耶(左)。

君嶋 僕もCMなどの撮影はいままであまりなかったのですが、スタッフの皆さんがいい空気を作ってくれたので、とても進行しやすかったですね。

 

――『ドラゴンクエスト』という、国民的RPGへのCM出演が決定したときはどんなお気持ちでしたか?

杉本 もー信じられなかったですね。CMは以前からやりたいと思っていたんですけど、まさか『ドラゴンクエスト』のCMに出られるなんて、という感じでした。

 

君嶋 個人的に昔から遊んでいた作品なので、最初は想像もつかない感じでした。子供のころからずっといっしょにあったわけですから……いまも違和感というか(笑)、オンエアーを観るまでは実感がわかないでしょうね。でも、実際観ても「あ、出てる」とか他人ごとのように思うのかも(笑)。

 

――ちなみに、『ドラゴンクエストIX』のプレイ状況はいかがでしょう?

杉本 じつは私、今回が初めての『ドラクエ』なんです。昔から作品のことは知っていたんですけど、「難しくて私には絶対できない」って思い込んでたんですね。でも、今回は雑誌とかで説明を読んだらすごく遊びやすそうな印象で、実際に遊んでみたら私のような初心者でも問題なく楽しめました。

 

君嶋 僕はいままでずっと遊んできたんですけど、今回の『IX』は基本的な要素や世界観は残しつつも、新たに通信機能が搭載されて、知らない人ともコミュニケーションできるところにおもしろみを感じますね。じつはさっきも、現場ですれちがい通信をしてました(笑)。


 このように、実生活でも『ドラゴンクエストIX』にどっぷりハマっている様子のふたり。CMでは、その自然な表情や仕草にもぜひ注目してほしい。

 なお、新CMは今回取材した“「学生 学食で」篇”に加えて、“「パパはヒーロー!」篇”、“「祖父母 仲間も呼んだし」篇”がオンエアーされる。そのほか、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のスペシャルサイトでは新CMの放映開始にともない、オンエアーでは見られないWeb限定バージョンも掲載予定。こちらもお見逃しなく。

 

 

「パパはヒーロー!」篇

「祖父母 仲間も呼んだし」篇

 


※『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FFXIV』ファンフェスでバトルの根幹を担当するリードバトルシステムデザイナー・横澤氏が絶・制作を語る!

『FFXIV』ファンフェスティバル 2018 in Las Vegasのステージのひとつ、リードバトルシステムデザイナーの横澤剛志氏による開発パネルをリポート。

『DOA6』の新キャラクターは童顔の科学者NiCO(声:上坂すみれ) こころ&ラ・マリポーサの参戦も明らかに!

コーエーテクモゲームスは、本日2018年11月18日に開催した"DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2018”で、『デッド オア アライブ 6』の参戦キャラクター情報を後悔した。

モナコで開催されている『GT SPORT』世界一決定戦に3人の日本人選手が出場! 大会の模様と選手のコメントを紹介!!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売しているプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』。本作を用いた、FIA(世界自動車連盟)公認の世界大会が、2018年11月16日〜18日(現地時間)にモナコで開催されている。ここで、本イベントの模様と、19日に開催される決勝戦への進出を果たした日本人選手3人のコメントをお届けする。

『レインボーシックス シージ』野良連合、Rogueを破り準決勝進出を決める【プロリーグ ファイナル】

現地時間2018年11月17日〜18日にブラジル・リオデジャネイロで行われている『レインボーシックス シージ』世界大会“プロリーグ シーズン8 ファイナル”。本大会の1日目が終了し、APAC代表である日本の野良連合は見事、準決勝進出を決めた。

"みさき”も参入! 『DOAX3』の新作『デッド オア アライブ エクストリーム 3 スカーレット』がPS4とSwitch向けに2019年3月20日発売決定 

コーエーテクモゲームスは、『デッド オア アライブ エクストリーム 3 スカーレット』をプレイステーション4、Nintendo Switch向けに2019年3月20日発売することを明らかにした。

【速報】『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』2019年にNintendo Switchでリリース決定!

2018年11月18日、茨城県大洗町で開催されたあんこう祭の“ガールズ&パンツァー キャストトークショー”にて、『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』がNintendo Switch用ソフトとして2019年に発売されることが発表された。

水瀬いのりさんによる『Future Strike』やWUGコラボ3本勝負など、多彩なカバーやコラボレーションが実現“ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA”リポート

2018年11月17日(土)、横浜アリーナにてアニメミュージックの祭典“ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA”が開催された。出演アーティストは、井口裕香さん、石原夏織さん、Wake Up, Girls!、OxT、ORESAMA、GRANRODEO、黒崎真音さん、スタァライト九九組、田所あずささん、中島愛さん、南條愛乃さん、沼倉愛美さん、PENGUIN RESEARCH、水瀬いのりさん、安野希世乃さん、Luce Twinkle Wink☆。

『レインボーシックス シージ』“プロリーグ シーズン8ファイナル”間も無く開幕 Rogue vs 野良連合の再戦は要注目

『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン8世界王者を決める?Pro League Season 8 Finals”が、いよいよ2018年11月17日(土)〜18日(日)にブラジル・リオデジャネイロで開催。野良連合 vs Rogue戦は、日本時間の11月17日24:30 より開始される。

“合体”のロマンあふれる最強スマホ誕生! 『ROG Phone』発表会で究極のゲーミングスマホを体験してきた

2018年11月16日、ASUS JAPANによるゲーミングスマートフォン新製品“ROG Phone”発表会が開催された。最強にして究極を謳うゲーミングスマホを、実際に触った感想を交えてリポート。

『FFXIV』ファンフェス初日を終えたばかりの吉田Pと横澤氏にインタビュー。緊張知らずのふたりの秘密に迫る!

『FFXIV』ファンフェスティバル 2018 in Las Vegas初日の日程を終了後、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏と、リードバトルシステムデザイナーの横澤剛志氏にインタビューを実施。