携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> サイバーコネクトツー松山社長が明かした愛のあるキャラクターゲームの制作手法

サイバーコネクトツー松山社長が明かした愛のあるキャラクターゲームの制作手法
【CEDEC2009リポート】

2009/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●キャラクター版権タイトルは原作への愛がないと作れない!?

 

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

 

NARU0002

 今回のCEDECから運営に参加したサイバーコネクトツーの代表取締役社長、松山洋氏は、“みんなが知らない!? キャラクター版権タイトルの作り方”というタイトルでキャラクターゲームの制作手法を明らかにした。

 

 講演では、おもに同社の『NARUTO -ナルト-』シリーズを題材に、キャラクターゲームが作れるようになる秘伝が伝授された。キャラクターゲームの制作依頼は待っていれば向こうからやってくるものではないと説いた松山氏は、それではこちらから手を挙げればいいかというと、それだけでもダメだという。では、どうすればキャラクターの権利を持っている版権元を説得して、企画を承認してもらえるのか? 松山氏は講演全体をとおして原作への愛が必要であることをくり返し語った。「愛がなければ作っちゃダメ」とまで言う松山氏の“NARUTO愛”はとにかく徹底しており、関連作品をすべて購入するのはもちろん、同社のスタッフがいつでも観られるように、社内に通称"松山文庫"を設置するほど。同社のスタッフには、仕事中にずっと『NARUTO』の映像を流しっぱなしにしている人もいるとのことで、その“NARUTO愛”は社内のスタッフにも浸透しているようだ。さらに、これに止まらず、キャラクターの権利を持つ版権元から指摘された監修結果の資料もすべてデータベース化しているとのこと。これは「やってしまった失敗を共有するため。2回失敗することは許されませんし、その場にいなかったでは済まされません」(松山氏)という理由による。担当者が代わった場合でも、失敗体験を共有できるための配慮だが、ここまで徹底した体制に驚かされる。

 

NARU0003

NARU0004

 

 キャラクター版権タイトルは、まず企画段階でキャラクターの権利を持つ版権元による企画審査を通過したのち、制作過程においても監修を受けることになる。企画審査での注意点として、松山氏は原作のターゲットや作品世界に沿ったものである必要があり、「奇抜な企画はダメ」ということを挙げた。また、同じ原作をもとにした別のゲームの企画が動いている可能性も考慮して、バッティングを避けることも必要であるという。基本的にゲームだけが売れるような考えでの企画は歓迎されず、原作もいっしょに盛り上がるような企画でないと承認される可能性は低いとのこと。窮屈な印象を受けるかもしれないが、これはもちろんゲームより先に原作が存在しているから。原作にはすでにファンがついており、そのファンの作品への思いを裏切ることはあってはならないと松山氏は語った。見かたを変えれば、ファンがすでについているということは、ターゲットが明確な分、プロモーション展開がしやすいという面もあるという。

 

 制作過程における監修には、一次審査と二次審査があり、『NARUTO』の場合は一次審査で出版社による大きいチェックが入り、二次審査ではアニメーション会社による詳細なチェックが入る。なお、サイバーコネクトツーの『NARUTO -ナルト-』シリーズは、直接的にはアニメーションの版権をもとに作られている。「始めたころはほとんど喧嘩でした。でも長いことやっていくと、そのうちモアベターにするための提案しかもらわなくなります」(松山氏)と松山氏が述懐したのは、アニメーション監督とのやり取りについて。当初はアニメーションとゲームの作法の相違から食い違いが生じることもあったが、お互いの作り方の違いを理解するに従って、“こうしたほうがもっとよくなる”といった建設的なアドバイスに変わっていったという。
 

NARU0005

NARU0006

 

 サイバーコネクトツーの制作手法も独特で、まずゲームのコンセプトを決めてからジャンルを決定する。これは「その版権タイトルでしかあり得ないゲームデザインであるべき」(松山氏)という考えかたからきている。たとえば、“直感的で派手なキャラクター表現”というコンセプトを先に決めてから、それを表現するにはどのようなゲームデザインがふさわしいかを決めるという。

 

NARU0007

▲“直感的で派手なキャラクター表現”というコンセプトが先にあり、その後、対戦格闘というジャンルが決定。

 

 途方もない情熱を注ぎ込んでキャラクターゲームを制作していることが明らかにされたが、松山氏はその制作過程で「キャラクターというものが何なのかを学ばせてもらった」と語った。これは、『NARUTO -ナルト-』シリーズと並ぶ、同社のもうひとつの看板タイトルである『.hack//』シリーズに活かされており、『NARUTO -ナルト-』シリーズを手がけて以降に制作された『hack//G.U.』は、それ以前のシリーズ作品よりもキャラクター造形に深みが増しているという。
 

※CEDEC2009の公式サイトはこちら
 

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『鬼滅の刃』10月カレンダーとして使えるPC/スマホ用壁紙イラストが公開。宇髄天元がド派手に神無月を迎える!

2020年10月1日、集英社は吾峠呼世晴による人気漫画『鬼滅の刃』公式サイトにて、カレンダーとしても使える壁紙画像の配布を開始した。

『原神』表紙イラストポスター付き配信記念スペシャル企画! 2号連続クラシックゲーム特集第1弾&『ニーア レプリカント ver.1.22』最新情報も!(2020年10月1日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2020年10月1日)発売の週刊ファミ通2020年10月15日号は、大ヒットスマートフォン向けアプリ『崩壊3rd』を世に送り出したmiHoYoの最新作『原神』が表紙!

デロリアンがトランスフォーマーに!? 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』×『トランスフォーマー』コラボ“GIGAWATT”予約開始

タカラトミーは、『トランスフォーマー』と公開35周年を迎える『バック・トゥー・ザ・フューチャー』がコラボした“GIGAWATT”の予約受付が2020年10月1日(木)より開始する。10月17日発売。価格は5000円[税抜]。

『スマブラSP』新ファイター参戦ムービーが明日(10月1日)23時に公開! 約3分の参戦ムービーにてお披露目

任天堂は発売中のNintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の有料追加コンテンツ第7弾として追加されるファイターの参戦ムービーを2020年10月1日23時に公開することを発表。

『リゼロ』と富士急ハイランドがコラボ! “Re:ゼロから始める富士急ハイランド生活”が11月3日から開催

富士急ハイランドは、2020年11月3日(火)〜12月13日(日)の期間、『Re:ゼロから始める異世界生活』とコラボしたイベントを開催する。

アニメ『五等分の花嫁∬』が2021年1月に放送開始。仲睦まじい五つ子たちのキービジュアル&番宣CMも解禁

テレビアニメ『五等分の花嫁』の第二期『五等分の花嫁∬』が2021年1月より放送決定。キービジュアルおよび番宣CMも公開された。

SteelSeries、デスク全体をカバーする超大型マウスパッド『QcK 3XL』『QcK 4XL』『QcK 5XL』を発表。RGBイルミネーション搭載のPrismモデルも

2020年9月30日、SteelSeriesはマウスパッドシリーズ“QcK”シリーズの新製品として、デスク全体をカバーする大型マウスパッドを発表した。また、RGBイルミネーションを搭載したPrismモデルも登場予定。

【ツイステ】公式ガイド+設定資料集が発売。ゲームプレイに役立つ情報、設定画、初出情報など見どころ満載

スクウェア・エニックスは、2020年9月30日、“『ディズニー ツイステッドワンダーランド』公式ガイド+設定資料集 Magical Archives”を発売開始した。

よゐこチャンネルで作ったコースも限定公開予定。レゴ スーパーマリオのイベントがららぽーと・ラゾーナで10/3開幕!

レゴジャパンは、2020年10月3日(土)より三井ショッピングパーク ららぽーと・ラゾーナ川崎プラザと“レゴ スーパーマリオ”のコラボイベント“レゴ スーパーマリオ 大ぼうけんギャラリー in ららぽーと・ラゾーナ”をららぽーと 13施設にて開催する。

『パックマン』40周年! 位置情報ゲームに“しみチョコ”コラボ、カープコラボグッズの発売CM出演も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、“パックマン”生誕40周年を記念して、“パックマン”を身近に楽しめるコラボや海外の展覧会を展開中。