携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 今井麻美がウソ発見器の餌食に!? 『シュタインズ・ゲート』合同インタビュー

今井麻美がウソ発見器の餌食に!? 『シュタインズ・ゲート』合同インタビュー

2009/9/7

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プロデューサー・松原達也氏とヒロイン・今井麻美さんが語る『シュタインズ・ゲート』の魅力

 2009年10月15日に発売が予定されている、5pb.のXbox 360用ソフト『シュタインズ・ゲート』。同作のプロデューサーである松原達也氏と、ヒロイン・牧瀬紅莉栖役の今井麻美のふたりが、『シュタインズ・ゲート』の魅力、そして限定版に同梱される特典について語った。
 

sg06

▲『シュタインズ・ゲート』プロデューサーの松原達也氏(写真左)と、牧瀬紅莉栖役の今井麻美。


 『シュタインズ・ゲート』は、Xbox 360用ソフト『カオスヘッド ノア』と同じ世界観を持ったシリーズ作。『カオスヘッド ノア』はオタクにとってアウェイである渋谷を舞台に物語が展開したが、今回はオタクにとってのホームである秋葉原が物語の舞台となっている。『シュタインズ・ゲート』の主人公である岡部倫太郎は、この秋葉原に“未来ガジェット研究所”を立ち上げて、用途不明のガジェットの発明をしている青年で、彼がひょんなことから過去にメールが送れるガジェット、つまりはタイムマシンを発明してしまったことが、その運命を大きく変えることとなる……。これが『シュタインズ・ゲート』のプロローグである。

 同作のもっとも特徴的なシステムが“フォーントリガーシステム”である。これについて松原氏は、「『シュタインズ・ゲート』には選択肢がありません。その代りに携帯電話をどのように扱うかが重要になります」と語る。シナリオ中に届いたメールに返信するか、それとも返信しないのか。そういったプレイヤーの意思がゲームの物語に影響を与えるというわけだ。もちろん、「基本的には特定のヒロインからのメールに返信し続ければ、そのキャラクターのルートに進む」(松原)とのこと。


 また、キャラクターデザインの魅力も見逃せないところである。本作のキャラクターデザインを担当したのは、『ブラック★ロックシューター』などで知られるイラストレーター・huke氏。松原氏は語る。「『カオスヘッド』はささきむつみさんにキャラクターデザインをお願いして、いかにもギャルゲーという見た目にして、ギャルゲー好きの方のほうに間口を振っていました。プレイするとわかるのですが、ギャルゲーとは一線を画す物語が展開していくので、そのギャップもおもしろい要素だったと思います。今回は、見た目でもインパクトを与えたくて、hukeさんにキャラクターデザインをお願いしました。あの独特の塗りも、ゲーム中で再現されていると思います」(松原)。

 同作のキャスト陣について、松原氏は「豪華なキャスティングを、と目指しました」とコメント。主人公・岡部倫太郎役の宮野真守のキャスティングのイメージを聞かれると「『カオスヘッド』の主人公・西條拓巳を演じた吉野裕行さんのしゃべりが好評だったので、本作ではそれを越えなければいけないと感じていました。拓巳は内にこもるタイプのオタク、今回は外に出る厨二病なオタクということをイメージしています」。また、「キャスティングについてはイメージどおりです」(松原)と語る。

 続いて、ヒロインの牧瀬紅莉栖役を務める今井麻美へ質問が飛ぶ。自身の演じるキャラクター、紅莉栖について聞かれると「アメリカの著名な学術雑誌に論文が載るような。とても頭のいい子です。ただ、素直に感情表現ができない」と語る。演じてみた感想として「科学者というと早口というイメージがあったので、紅莉栖も考えていることが他人の2手3手さきだと思ったんです。だとすると、ゆっくりしゃべるのではないだろうな、と。起伏の激しさもあって、かなり攻撃的なしゃべりかたをしていますね。後半はハチャメチャな人たちに巻き込まれることで、彼女のやわらかい部分が出せるといいかな、と思いながら演じました」とコメントした。なお、紅莉栖のファッションのポイントについて聞かれた今井は、「短パンに黒タイツですね。18歳にあるまじき色ですよ(笑)。(生足を)出すよりもセクシー(笑)」と興奮気味に答える。

 また作品のイメージとして「漢字の多い台本だったな、と(笑)」とおどけながらも、「最初は殻に閉じこもったような印象。ただ、ある瞬間から信じられないスピードで物語が展開していくんです。台本を読んでいるときも、ミステリー小説を読んでいるような感覚で一気に読んじゃいました」と、同作のシナリオにどっぷりとハマったことを明かした。

 「そのほかのキャラクターとの関わりで印象的なものは?」という問いには、「個人的には、るかと話しているとおもしろかったです。遊んでいただけるとすぐにわかるんですが、とても神秘的な少年なんです」と答える。さらに「女性キャラクター陣の中で好みのタイプは?」と聞かれると「萌郁さんはミステリアスで素敵な人ですね。まゆしぃはとにかくかわいいです。とにかく、かわいい。彼女は口癖のように“トゥットゥルー”って言うんですよ。紅莉栖が説明役として早口でいろいろな説明をガァ―――としたあとに(台本に)“トゥットゥルー”って書いてあるのを見ると、ズコーってなりましたね(笑)。ある意味癒されました」とふたりのキャラクターを推した。


●”未来ガジェット3号機 「もしかして、オラオラですかーッ!?」”に挑戦
 

sg05

 ここで5pb.の粋な計らいとして、『シュタインズ・ゲート(限定版)』に同梱される特典のひとつ“未来ガジェット3号機 「もしかして、オラオラですかーッ!?」”という名のウソ発見器を使って、今井の本音を暴き出そうということに。多数のメディアが見守る中、「私の名前は今井麻美である」という簡単な質問から、「紅莉栖よりもフェイリスを演じたかった」という質問まで、さまざまな質問にすべて「いいえ」で答えていき、ウソ発見器が反応するかどうかをチェック。

 「紅莉栖役はおもしろかった」という質問に「いいえ」で答えて反応がない(つまり、おもしろくなかったという結果)など、ところどころ問題になりそうな反応がありつつも、最後の質問である「『シュタインズ・ゲート』は売れると思う」という問いに気合を入れて「いいえ」で答え、ウソという反応が出た(つまり、売れると思っているという結果)ことで、ことなきを得た。ちなみに、以下が質問の全内容と反応があったかどうか。
 

sg02

▲多数のメディアが見守る中、質問に答えていく今井。

 
sg01
sg03
sg04

▲興味津々で始めたウソ発見器でしたが、あえなく撃沈。

 

質問内容

「いいえ」で答えて
反応があった場合
(質問に対して肯定の場合)は○

私の名前は今井麻美である

※反応がないということで、今井麻美ではないということになってしまったが、最初の質問のため、まだ慣れていなかったということかもしれない。

私の名前は志倉千代丸である

 

私は東北の出身である

 

子供のころの夢はアイドルになることだった

 

子供のころの夢は声優になることだった

 

子供のころの夢はスチュワーデスになることだった

 

『シュタインズ・ゲート』はおもしろそうだ

紅莉栖役はおもしろかった

 

紅莉栖よりもフェイリスを演じたかった

 

岡部倫太郎が好みのタイプだ

 

Dr.ナカバチが好みのタイプだ

 

橋田 至が好みのタイプだ

※「はい!」と答えてしまうほど、ダルに夢中だった様子。しかし「いいえ」と答えたところ反応はなかった。

ゲームが大好きだが、アドベンチャーゲームはやらない

 

『カオスヘッド』より『シュタインズ・ゲート』が好きだ

※反応がないため、『カオスヘッド』のほうが好きという結果に。大慌てで「オカリン直しに来て―――!」と叫ぶひと幕も。

『シュタインズ・ゲート』は売れると思う



 なお、ウソ発見器の結果が散々なものとなった今井は、椎名まゆり役の花澤香菜とともに、『シュタインズ・ゲート』のwebラジオ“STEINS;GATEラジオ 未来ガジェット電波局”を担当することが発表された。2009年9月11日(金)から”響-HiBiKi Radio Station-”にて毎週配信を予定しているこのwebラジオでもウソ発見器を使ったコーナーがあるとのこと。実際どのような反応をするのか、ぜひwebラジオでチェックしてほしい。
 最後に、「前作の流れからいくと、アニメ化もあるのでしょうか?」という質問に対して松原氏は「メディア展開という意味では、『月刊コミックアライブ』さんでコミックの連載が始まります。また9月中旬にwebラジオが始まって、ゲームの発売が10月15日。そのあとに続くものももちろんあるとは思うのですが……」と言葉を濁す。これに今井が「売れたらきっと!! 自分たちがやりたいと思ってもなかなかできることではなくて、皆さんのお力添えあってのものです!」とアツい思いを寄せた。
 

sg07

▲今井が左手に持っているのが、特典その2“設定資料集「VISUAL COLLECTION」”。huke氏のアートワークや、SH@RPによるガジェットや各種設定、SF考証解説など、知っておくとよりゲームが楽しめる内容がいっぱいに詰まった設定資料集だ。



※『シュタインズ・ゲート』公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

入国審査ゲー『Papers, Please』実写ショートフィルムがYouTubeとSteamで無料公開開始。4K解像度対応&日本語字幕付き

Nikita Ordynskiy監督による、インディーゲーム『Papers, Please』の実写ショートフィルムがYouTubeとSteamで公開開始された。日本語字幕にも対応している。

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2018年2月17日〜2月23日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

ポケモンカードゲーム新拡張パック『禁断の光』プレリリース大会の模様をリポート!

2018年2月23日(金)、3月2日(金)に発売予定のポケモンカードゲームの新拡張パック『禁断の光』を使用したプレリリース大会が開催された。直近の大会で優秀な成績を修めた実力者たちやメディア関係者が招待され、パックをその場で開封してデッキを構築する“シールド戦”ルールにて対戦を実施。最新商品を発売前に遊べる“ウルトラ”級に特別なイベントの様子をお届け!

『Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ』2月23日の新情報発表会に合わせて最新プロモーションビデオを公開!

フリューは、プレイステーション4用ソフト『Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ』について、2018年2月23日に行われた新情報発表会に合わせて最新プロモーションビデオを公開した。

TVアニメ『Caligula -カリギュラ-』最新キービジュアルとティザーPVが公開、4月より放送開始

TVアニメ『Caligula -カリギュラ-』の最新キービジュアルとティザーPV、アニメ版スタッフが公開された。放送は2018年4月より、TOKYO MXにて開始される。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第180回 提督と、海峡に潜むもの

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! タイムリミットが近づく中、スリガオ海峡沖にて海峡夜棲姫と交戦……無事に作戦を完遂できるか!?

【緊急調査】EDF! EDF! 『地球防衛軍5』の魅力を広く募集! プレイヤーアンケート実施中です!!

週刊ファミ通2018年4月8日号(3月22日発売)では、国内販売本数30万本を突破したアクション・シューティングゲーム『地球防衛軍5』の特集記事を掲載予定です。そこで、『地球防衛軍5』プレイヤーの皆さんに、本作の魅力について語ってもらうアンケートを実施します。

『二ノ国II レヴァナントキングダム』追加キャストが判明! さらに固有スキルや、飛行船、重要人物などが一挙公開!

レベルファイブからプレイステーション4とPC用ソフトとして、2018年3月23日に発売予定のファンタジーRPG『二ノ国II レヴァナントキングダム』の最新情報が公開された。脇を固める豪華キャスト陣の追加情報を始め、重要キャラクターやバトルシステムなどについてお伝えする。

JeSU浜村氏「賞金スキームはグレーではない」ウメハラ氏らプレイヤーの疑問に答えた3時間

プロゲーマーウメハラ氏の番組「DaigotheBeasTV」にて実際された緊急座談会を掘り下げる。