携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 実写ゲームを作るノウハウを教えます! イシイ監督が『428〜封鎖された渋谷で〜』の制作秘話を披露

実写ゲームを作るノウハウを教えます! イシイ監督が『428〜封鎖された渋谷で〜』の制作秘話を披露
【CEDEC2009リポート】

2009/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ●『忌火起草』と『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影スタイルの違いとは?

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

 3日間に渡るCEDEC2009の、トリを飾るセッションのひとつとして行われたのが、“「428〜封鎖された渋谷で〜」におけるゲームの現場・映画の現場”。その内容はというと、チュンソフト開発によるふたつの作品『忌火起草』と『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影スタイルの違いを比較しつつ、実写ゲームを作るための制作ノウハウを伝授するというもの。チュンソフトのイシイジロウ総監督と映像ディレクターの飯野歩氏が出席して講演は行われた。メイキング映像をふんだんに交えながらの講演は、「CEDEC最後の講演なので、エンターテイメントとして軽く見ていただいてもいいかな」とイシイ氏が語るとおり、トークイベントといった趣きで進行した。

42808

▲チュンソフトのイシイジロウ総監督。この日はPSP版『428〜封鎖された渋谷で〜』発売記念イベントから駆け付けた。

 2007年にプレイステーション3用ソフトとして発売された『忌火起草』。当時会社から「実写ゲームを作る!」というミッションを受けたイシイジロウ氏は、最初戸惑ったという。チュンソフトにとって、実写ゲームの制作はセガサターンの『街』(1998年)以来、約10年ぶりとなり、当然そのころのノウハウはまるで残っていなかったからだ。そこでイシイ氏は、「実写だったら映画監督にお願いすればなんとかなるだろう!」ということで、ツテを頼って映像ディレクターの飯野歩氏に声をかける。当時映画監督の仕事を誤解していたというイシイ氏は、監督に“絵作り”を求めていたという。つまり、絵コンテにぴったり合致した絵(写真)を作ってくれるのが映画監督だという認識があったのだ。「カメラの種類を決めるのも監督の仕事だと思っていました。実際の映画では撮影部の仕事になるんですけどね(笑)」とイシイ氏は当時をそのころを振り返って懐かしそうに笑う。飯野氏も「最初に『忌火起草』の話をもらったときは、監督ではなくて絵コンテでした。“レイアウトを大切にしたい”、“かっこいい絵を撮りたい”というリクエストがありました。その後現場でも監督をすることになったのですが、映画の現場とは違うことがわかったので、ちょっとギャップがありましたね」と振り返る。紹介された『忌火起草』のメイキング映像では、構図などをきっちりと決めて撮影する様子が紹介されていた。「1枚の写真にかける思いはありました。仕上がった絵は当初の想定どおりでした」(飯野)という。

 ところがこの手法ができるのは、時間がしっかりと取れるセットだから可能だったこと。『忌火起草』から1年後にプロジェクトがスタートした『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影ではそういうわけにはいかない。なぜなら、『428〜封鎖された渋谷で〜』の舞台は渋谷で、悠長にセットを組んでいる余裕はないからだ。「最初に渋谷を舞台にしたいと映画関係の人に言ったときは“渋谷は(撮影をするのが)日本でいちばんたいへんです”と言われました。実際渋谷を舞台にした映画はあまりないし、新宿とかのほうがよっぽどラクみたいです。“札幌とかでできませんか?”とも言われました(笑)」(イシイ)という。そこでイシイ氏が思いついたのが、『忌火起草』で助監督として参加していた毛利安孝氏を『428〜封鎖された渋谷で〜』に起用するというプラン。映画業界では、撮影にあたっての具体的な現場の段取りを決めるのが助監督の仕事で、『忌火起草』のロケでテキパキと指示をする毛利氏を見て、「毛利さんを中心にして渋谷の街で撮影をするのはどうかな?」と思いついたという。「『忌火起草』では1枚の絵にこだわったのですが、『428〜封鎖された渋谷で〜』では渋谷で撮影をする、ということが重要でした。撮影は飯野さんにお願いしたのですが、僕らのやりたい絵作りはわかっているので、あとは任せますという感じでしたね」(イシイ)という。

42802

▲映像ディレクターの飯野歩氏。『忌火起草』では絵コンテと監督を、『428〜封鎖された渋谷で〜』では絵コンテとカメラマンを担当。チュンソフトの実写ゲームになくてはならない存在。

 メイキング映像などをご覧になっている方ならご存じのとおり、『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影にあたっては、役者さんが実際に演技をしている。撮影初日に「芝居をやる」と提案したのも毛利氏で、最初は誰もが「え!?」という反応だったという。毛利氏がお芝居をすることにした理由を、飯野氏は「『忌火草』の撮影は20日だったのですが、『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影は2ヵ月にも及びました。毛利さんとしては、スタッフや役者などが緊張感を絶えさせずに撮影するには、芝居をベースにしたほうがいいと判断したのではないでしょうか」と語る。お芝居の多くはゲームとしてはむだかもしれないが、「ベストの1枚を引き出すため」(イシイ)にはけっしてむだではなかったというわけだ。「まさに映画現場みたいな感じの現場でした。できあがったものを見たら、役者さんがいちばんびっくりしたんじゃないでしょうか」(イシイ)とのことだ。

 撮影にお芝居を盛り込むことで、想定外の出来事もあったという。『忌火起草』の経験値から、当初2ギガバイトの記憶メディアが10枚もあれば十分まわしていけるだろう想定していたカメラでの撮影だが、3日間で追加して90枚買うことになったという。「とにかく写真を撮りまくりましたね。なぜこんなに記憶メディアが必要になるのか、会社の人には訝しがられましたけど(笑)。12万枚から4000カットをセレクトしたのですが、大量に写真を撮ったことで、想定しなかった絵ができましたし、結果としてものすごくいいものができました」とイシイ氏も作品のデキには太鼓判を押す。

 最後の“異業種とモノを作るには?”という設問のまとめでイシイ氏は、「『忌火起草』はゲームのやりかたを押しつけて結果を出しましたが、『428〜封鎖された渋谷で〜』では(映画関係者に)自由にやってもらう余裕がぼくらにできました」と語る。このノウハウをさらに活かすためにも、チュンソフトにつぎなる実写ゲームを期待したいものだ。

42801
42803
42804 

▲『忌火起草』の撮影風景。1枚の絵にこだわっての撮影となった。

▲『忌火起草』プロジェクトの組織図。監督はあくまでもグラフィックの下にくるという構成。

▲『忌火起草』でのロケでの撮影風景。テキパキと段取りをこなす毛利助監督を見て、イシイ氏は『428〜封鎖された渋谷で〜』への起用を思いつく。

42807
42805

▲役者の演技も相まって、躍動感溢れる『428〜封鎖された渋谷で〜』の撮影風景。渋谷で撮るということに意義があった。

▲『428〜封鎖された渋谷で〜』プロジェクト組織図。ゲーム開発と映画部隊の二重構造は変わらず。


※『428〜封鎖された渋谷で〜』の公式サイトはこちら
※CEDEC2009の公式サイトはこちら

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『龍が如く 極2』にあの『電脳戦機バーチャロン』が収録!【TGS2017】

PS4『龍が如く 極2』ゲーム内に『電脳戦機バーチャロン』が収録されていることが判明!

『龍が如く 極2』、『龍が如くONLINE』、『北斗が如く』はどうなる!? セガ名越稔洋氏に聞く、龍が如くスタジオ新作への想い

2017年8月26日に開催された“龍が如くスタジオ新作発表会”。この場で制作が発表され、大きな話題を呼んでいる『龍が如く 極2』、『龍が如くONLINE』、『北斗が如く』について、セガゲームス・名越稔洋氏に話を聞いた。

PS VR『DARK ECLIPSE』のPV第1弾が“東京ゲームショウ 2017”で公開

SUNSOFTは、PS VR専用ソフト『DARK ECLIPSE』の公式プロモーションビデオ第1弾を、“東京ゲームショウ 2017”のソニー・インタラクティブエンタテインメントブースにて映像出展する。

『シュタインズ・ゲート エリート』Nintendo Switch版の同時発売が決定! 究極進化を遂げた科学アドベンチャーの最新作

5pb.は、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『シュタインズ・ゲート エリート』の最新情報を公開した。

志倉千代丸氏インタビュー 『シュタインズ・ゲート エリート』は“ゲーム以上でいて、アニメ以上”

大規模なメディアミックス展開で、ゲームファンのみならず、さまざまな層から多大な指示を受けたアドベンチャーゲーム『シュタインズ・ゲート』。同作を、全編アニメーション素材によって構成した『シュタインズ・ゲート エリート』が2018年春にプレイステーション Vita、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4で発売されることとなった。

闘うニューヒロインの誕生 映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』予告編映像が解禁

2018年3月に国内にて公開予定の『トゥームレイダーファースト・ミッション』。本作の日本版トレーラーが公開された。

『スーパーマリオ オデッセイ』日本初のプレイアブル出展に、大人も子どもも大はしゃぎ! “RAGE Vol.5”内ブースリポート&プレイインプレッション

2017年9月18日、東京ビッグサイトにて“RAGE Vol.5 with シャドバフェス”が開催された。その中で行われた『スーパーマリオ オデッセイ』の体験会と、スペシャルステージの模様をリポート。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』女神たちが競い合うニューバカンス

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、PC用ソフト『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開した。

『ドラゴンズクラウン・プロ』キミの冒険がより美しく生まれ変わる!

アトラスは、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『ドラゴンズクラウン・プロ』の最新情報を公開した。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』ベルとアイズのふたりの視点で進行

5pb.は、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』の最新情報を公開した。