携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 最高のアクションを作る! 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』開発にかけるプラチナゲームズの飽くことなきこだわりぶりとは?

最高のアクションを作る! 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』開発にかけるプラチナゲームズの飽くことなきこだわりぶりとは?
【CEDEC2009リポート】

2009/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『BAYONETTA(ベヨネッタ)』制作手法の一端を披露

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

 セガから2009年10月29日発売予定の“ノンストップクライマックスアクション”『BAYONETTA(ベヨネッタ)』。「最高のアクションゲームを!」との意気込みのもとに制作されている同作の開発の一端が披露された講演が、最終日に行われた“ベヨネッタにおけるアクションゲームの作り方”。登壇したのは、『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の開発を手がけるプラチナゲームズの橋本祐介プロデューサー、キャラクターセクションのリーダー西村栄次郎氏、プログラムセクションのリーダー齋藤健治氏の3名だ。

ba03

▲『BAYONETTA(ベヨネッタ)』のプロデューサー、橋本祐介氏。

 講演では、まずは橋本祐介氏が登壇。人知を超えたアクションを可能にすることなどを理由に、“現代に蘇った魔女”をモチーフにしたというベヨネッタだが、“黒”、“長髪”、“女性”というベヨネッタの基本3大要素がもともとアクションとは相性が悪く、「プロデューサーとしてしばらくは胃が痛かったです(笑)」などとコメントし、会場を笑わせた。そうした相性の悪さと、アクションを両立させるためのベヨネッタのデザインとして、“手袋を白く”、“手足を長く”、“金のライン”、“銃は大きめに”、“背中を露出”、“末端に記号的なもの”、“髪を肘からなびかせる”といった要素を最終的に付け加えたことを明らかにした。
 

ba01
ba02

▲こちらがベヨネッタの最初のデザイン。現代に蘇った魔女がモチーフに。

▲“手袋を白く”、“手足を長く”、“金のライン”などの要素が加味されて、現在のデザインになった。


ba04

▲キャラクターセクションのリーダー、西村栄次郎氏。

 おつぎに登壇したのがキャラクターセクションのリーダー、西村栄次郎氏。「髪は主人公を構築するうえで重要なテーマ」という思いでベヨネッタの造型に臨んだという西村氏だが、その際に目指したのが髪の毛に切れ目のないサラサラ感を演出すること。これまでのゲームだと、髪の毛を表現するにあたってポリゴンの短冊を何枚も重ねる方法を採用していたとのことだが、これだとポリゴンの分かれ目に裂け目ができたり、厚みがなかったりしてなかなか髪の毛にボリューム感がでない。そこで西村氏たちは髪の毛に“関節”を持たせて作成。さらには、“関節”の距離に応じて4種類の密度のテクスチャを使いわけ、それぞれに見合った髪の毛のアニメーション(動き)をコントロールすることで、サラサラな髪を実現することに成功したという。


 さらに重視したのがアニメーションのワークフロー(作業プロセスのこと)。西村氏は、アニメーションの一般的なワークフローと『BAYONETTA(ベヨネッタ)』制作におけるワークフローの違いを以下のとおりに説明した。

[一般的なアニメーションのワークフロー]
(1) ディレクターがコンセプト案を提案
(2) 企画担当がアニメーションリストを作成
(3) アニメーターがアニメを制作
(4) プログラマーが組み込み
(5)ゲームへの出力

[『BAYONETTA(ベヨネッタ)』におけるアニメーション制作のワークフロー]
(1) 各セクションの担当がディレクターの指示のもとに集団でコンセプト立案
 (アイデア出しを行い表現したいことを見極めるため)

(2) アニメーターが行動ネタやアニメーションリストを作成。アニメーションを制作
 (アニメーターにキャラクターに責任を持たせるため)

(3) プログラマーが組み込みや修正を行なう
 (ゲームとして使いやすいように調整する)
(4) ゲームへの出力
(5) プログラマーがアニメーションを調整
 (再生フレームの調整や余剰フレームのカットなどを行なう)

(6) アニメーターが再度モーションを調整

 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では、ゲームとしての爽快さとキャラクターの魅力を両立させるため、アニメーターとプログラマーとのやり取りを、時間の許す限り延々とくり返すのだという。当然「スケジュール的には相性が悪く、エライ人は渋い顔をします(笑)」(西村)ということになるのだが、それもこれもクオリティー重視のためだ。「アニメ(動き)はキャラのひとつの要素。緊張感のあるアクションができているかなども含め、トータルなキャラの魅力を『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では徹頭徹尾意識しました」(西村)とのことだ。

ba05
ba06
ba07

▲髪の毛をポリゴンの短冊を何枚も重ねる方法で制作すると、ボリューム感が出ない。

▲髪の毛に”関節”を持たせるとボリューム感はでるが、サラサラ感はでない。

▲そこで“関節”の距離に応じて4種類の密度のテクスチャを使いわけることでサラサラ感を出すこことに。

ba08
ba09
ba15

▲こうしてできあがったベヨネッタ。髪の毛はサラサラと流れている。

▲『BAYONETTA(ベヨネッタ)』制作におけるワークフロー。アニメーターとプログラマーとのやり取りをとにかくくり返す。

▲クオリティー重視のワークフローであると、西村氏は明言する。

 

ba10

▲プログラムセクションリーダーの齋藤健治氏。

 最後に登壇したプログラムセクションリーダーの齋藤健治氏がテーマにしたのは“IBLによる画作り”。IBLとはイメージベースドライティングの略で、ライト(光源)がなくてもあたかも光が当たっているかのようなグラフィック処理を施せる技術のことだ。『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は、秒間60フレームが厳守。ところが、衣装などが特殊な質感を持っており、リアルタイムの光源処理だけでは処理が重くなって理想とするグラフィック描写ができなくなってしまう。そこで、IBLを利用したライティングを行なうことで、存在感のある衣装などを表現することが可能になったのだ。

 そのつぎに齋藤氏が取り上げたのが、エフェクトツール。『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では、プログラムを実機上ですぐに確認できる、自社製作によるエフェクトツールを活用しているのだが、「処理の確認が容易で、高いクオリティーを保つことができます。ギリギリの状態で処理落ちをさせないように……といったことも可能です」(齋藤)と説明。プラチナゲームズのエフェクトツールでは、カットシーン(いわゆるムービー)のデータをエフェクトツールに読み込んで、エフェクトをつけることも可能なのだという。「デザイナで完結するフローの構築を目指しました。多い仕様変更にも対応できますし、少人数でクオリティーの高いものが作れます」と、クオリティーの高いゲーム作りをするためには、エフェクトツールがとても有用であることを齋藤氏は強調した。

 この講演で披露されたのは、『BAYONETTA(ベヨネッタ)』制作手法のあくまで一部。とはいえ、「最高のアクションゲームを作る!」というプラチナゲームズの飽くことなきこだわりが充分に実感できる内容だった。

ba14
ba16
ba11

▲衣装が特殊な質感を持つ『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では、リアルタイムライトだけでは望みどおりの表現が困難。

▲4種類のIBLを用意して使い分けることに。

▲“IBLによる画作り”では、デザイナーとプログラマーの認識を共有するために、目で見えるものを使って確認と調整をくり返す。

ba12
ba17
ba13

▲プラチナゲームズ独自制作によるエフェクトツールは、実機上で動作する。

▲処理の確認が簡単で、高いクオリティーを保つことができるというエフェクトツール。ムービーのデータを読み込んで、エフェクトをつけることも可能だ。


※CEDEC2009の公式サイトはこちら
※『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の公式サイトはこちら
 

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『つるぎ姫』Steamで2024年発売決定。『FGO』塩川洋介氏の独立後初の新作で、戦闘・ストーリー・妹などあらゆる要素をクラフトするRPG

ファーレンハイト213は、新作インディーゲーム『つるぎ姫』を発表した。PC(Steam)で2024年にリリース予定。

Steam『狂気より愛をこめて』2023年春に発売決定。絶対に会話がかみ合わない男たちとの恋愛をドット絵とフルボイスで紡ぐアドベンチャー

PLAYISMとヴァンパイアの開発ブランド・jamsanpoidは、PC(Steam)用ソフト『狂気より愛をこめて』を2023年春に発売決定した。

【FGO】第2部第7章のティザームービーが公開。章タイトルは“黄金樹海紀行 ナウイ・ミクトラン 惑星を統べるもの”に

『Fate/Grand Order』(FGO)にて2022年12月下旬に開幕となる第2部 第7章“黄金樹海紀行 ナウイ・ミクトラン”のティザームービーが公開された。

『ひとりぼっち惑星』ところにょりの最新作『違う冬のぼくら』2023年2月14日Steamにてアーリーアクセス開始。ふたり専用パズルアドベンチャー

2022年12月3日、4日に配信されているインディゲーム番組“INDIE Live Expo Winter 2022”。本日12月4日、本番組内で、講談社ゲームクリエイターズラボ支援作品『違う冬のぼくら』が2023年2月14日(火)にSteamにてアーリーアクセス開始されることが発表された。

『パルワールド』最新PV公開。広大な世界で多種多様な生物“パル”と出会い、捕獲、育成、強制労働、売り飛ばし、解体、食用化などが楽しめる

ポケットペアは、2023年発売予定のオープンワールド・モンスター育成ゲーム『パルワールド / Palworld』の最新映像を公開した。

Steam『ラスティッド モス』ファイナルデモ(体験版)が配信開始。360度のグラップリング操作で、さまざまなルートから攻略可能な探索アクション

PLAYISMは、2023年2月発売予定のPC(Steam)用ソフト『Rusted Moss(ラスティッド モス)』のファイナルデモを配信した。

Switch/Steam『ドラゴノーカ』2023年1月12日に発売決定。巨竜の背中で村を発展させていく牧場系スローライフシミュレーション

PLAYISMは、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『ドラゴノーカ』を2023年1月12日に発売決定した。

“誰でもクリアできる”を目指したシューティング『DRAINUS』Switch版が2023年2月2日発売決定。敵の攻撃を吸収できる自機で敵の軍団に挑む

PLAYISMとWSS playgroundは“誰でもクリアできる”シューティングゲーム『DRAINUS』(Nintendo Switch版)の発売日を2023年2月2日(木)に決定した。戦闘機“ドレイナス”を操り、宇宙にあふれる敵機を倒していくゲーム。敵の弾を吸収することで、反撃をしたり、強化を行える。

アニメ『王様ランキング 勇気の宝箱』2023年4月に“ノイタミナ”ほかにて放送決定。キービジュアル、ティザーPVが解禁

テレビアニメ『王様ランキング 勇気の宝箱』が、2023年4月より、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されることが発表された。あわせてキービジュアル、ティザーPVが解禁。