携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> カプコンの竹内潤氏の海外戦略は“安い、早い、美味い”!?

カプコンの竹内潤氏の海外戦略は“安い、早い、美味い”!?
【CEDEC2009リポート】

2009/9/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●国内でもっとも海外進出に成功しているカプコンでの成功事例を伝授

 

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

 

TAKE0002

 2日目の2009年9月2日、カプコンのCS開発統括編成部長の竹内潤氏が『グローバル時代のゲーム開発』というタイトルで講演を行った。竹内氏は、カプコンによる海外進出の成功事例となった『ロスト プラネット』を手掛け、現在は『バイオハザード5』の開発に取り組んでいる人物。現在、国内で海外戦略を語るにもっともふさわしい人物と言える。

 

 竹内氏は、“挑戦はしょーもないところからスタート”と題して、カプコンでの海外戦略がどのような経緯でスタートしたかを語った。通常、戦略は経営陣が考えるもので、多くの文言を尽くしてそれを現場の開発陣に伝えもピンとこないことが多いという。この現場と経営サイドの溝をどのように埋めていくかが、多くの企業で問題になる。ところが、カプコンの場合は、経営サイドの戦略が“市場の拡大を狙いたい”という非常にシンプルな内容。それが幸いしてか、開発陣が「分母を増やしたらそのまま拡大するのではないか?」と考えたという。こうして、意外と気楽な成り行きでカプコンの海外戦略はスタートしたらしい。

 

 海外戦略の立案は竹内氏を含んだ3人の部長に委ねられたが、竹内氏はそこで以下のようなキャッチフレーズを考えた。

 

“安い 早い 美味い”

 

  まるでファーストフードのうたい文句のようだが、これは地道なことの積み重ねで基礎的な体力を上げる道を示しているという。

 

TAKE0003

 

 まず“安い”とは“効率化”を表す。カプコンではそれまで、開発するタイトルごとに異なるエンジンをその都度作成していたが、これを共通化することに決定した。“MTフレームワーク”の誕生である。ただし、竹内氏は“MTフレームワーク”自体がキモなのではなく、それを全社が一致して使用することにこそ意味があるという。

 

 “早い”とは“組織化”のことで、竹内氏は「安く上げようとすれば、早く上げればよい」と、早いことが安いことにつながると説いた。しかし、逆に安いことは早いことには必ずしもつながらないとも語った。カプコンではそれまで7つあった開発チームをひとつに集約したが、これにより情報の共有と開発知識の伝達が格段に向上したという。また、「たとえ15人のチームであっても合議でやっていたら時間がかかるだけ」(竹内氏)と、組織にはリーダーが必要であることも説いた。『バイオハザード5』の場合は約120人のチームで、これをまとめるには「担任の先生が3人」(竹内氏)必要だという。

 

  とろろが、ここまで語った竹内氏は「ここまではどこの会社にもある気がします」とばっさり切り捨てた。これ以降、話すことが「カプコンがふんばったところ」(竹内氏)だというが、それが“美味しい”、すなわち「おもろいゲーム」(竹内氏)である。

 

 竹内氏が言う「おもろいゲーム」とは、開発者自身がおもしろく感じるゲームではなく、あくまでもユーザーがおもしろいと思うゲーム。「お客さんがおもしろいと思うものと、開発がおもしろいと思うものが、いかにいっしょになっていくか」(竹内氏)がカギで、ユーザーの好みに合うゲームを必死に考えることで、ユーザーの好みに同化していくこともあるという。

 

 また、おもしろいゲームを作る方法論として、竹内氏は“反主流化”というキーワードを掲げた。これは、いまヒットしているものではなく、ヒットしていないものから題材を捜し、潜在的な需要を掘り起こすこと。竹内氏は「いちばんいやなのは他社のゲームを真似して作れと言われること。それで売れるわけがないんです」と語った。実際、竹内氏が手がけた『ロスト プラネット』は、“ロボット”、“SF”、“TPS(3人称視点シューティング)”という「売れない3大要素」(竹内氏)が揃っており、社内で企画を通すのに苦労したという。それでもほかの会社では通りにくい企画を通してくれたことに対し、「会社に損をさせないようにがんばった」(竹内氏)そうだ。

 

TAKE0004

 

 “安い 早い 美味い”の3要素はそれぞれ関連しており、早いことが安いことにつながり、さらに、早く安く作れば、その分の余力を美味しく作ることに回すこともできる。この3要素による総合力がカプコンの海外戦略を成功に導いた基礎体力になっているという。

 

TAKE0005

 

 さて、講演の会場には、カプコンのような大きなメーカーだけでなく、比較的小さな会社のスタッフもきているはずだ。竹内氏はそのような聴講者に向けても語りかけた。「総合力と専門力は反語ではない」(竹内氏)と。モーションキャプチャーや3Dグラフィック、ディレクション、企画、フォントなど、ゲームを構成するあらゆる要素を専門的に扱っているメーカーが存在するが、その専門力が糾合されて総合力になるという考え方だ。「専門力の集合が総合力」と説く竹内氏は、以下のようにも語った。

 

 「エレクロニック・アーツやUbiソフトのような巨大企業が日本市場を狙っています。日本のゲーム業界全体がそれぞれの専門力を活かしてまとまっていく、つまり“専門力をまとめる”がつぎのキーワードになるのではないでしょうか」(竹内氏)
 

TAKE0006


 最後に竹内氏は、海外市場で成功したカプコンも完璧な組織ではないとして、近い将来、カプコンに変化が訪れることを予告して講演を終えた。

 

※“CEDEC 2009”の公式サイトはこちら
 

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Xenoblade2(ゼノブレイド2)』など任天堂新作タイトルの情報が満載!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、任天堂新作タイトルのスクープ情報をお届け。本誌初公開の『Xenoblade2(ゼノブレイド2)』など、最新情報が目白押しだ!

あの男が帰ってきた! 公式生放送“イナズマウォーカー”特番配信直前超次元スクープ!!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)に掲載される、『イナズマイレブン』シリーズ連載“帰ってきたイナズマ通信”では、本誌が極秘入手した超次元選手の情報を初公開! 2017年10月21日(土)20時から配信予定の公式生放送“イナズマウォーカー”の特番となる“3世代主人公集結!イナズマイレブン本格始動SP”の内容に迫ります。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』新イベントや新ガシャの情報を公開!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、スマートフォン用ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の最新情報をお届け。

『装甲娘』事前登録数が5万人を突破! シナリオライター、主要イラストを手掛けるクリエイターも明らかに

DMM GAMESは、事前登録受付中の『装甲娘』PC版について、事前登録者が5万人を突破したことを発表した。

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』DLC“みんなのハロウィンコスチューム2017”が配信開始

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフト『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、2017年10月17日より、ダウンロードコンテンツ“みんなのハロウィンコスチューム2017”の配信を開始した。

『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』サウンドトラックが11月22日に発売、ショップ特典も公開

スクウェア・エニックスは、2017年11月22日に『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』オリジナルサウンドトラックを発売する。価格は2500円[税別]。

『原由実の○○放送局 大盛』次回はミニスーファミをプレイ!

2017年10月18日(水)20時からの『原由実の○○放送局 大盛』は、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンで遊びます。

『ガンダムバーサス』追加機体“アルヴァアロン”と“バスターガンダム”が配信開始、「グゥレイトォ!」な紹介動画も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用『ガンダムバーサス』にて、追加機体“アルヴァアロン”と“バスターガンダム”の配信を開始した。価格はそれぞれ602円[税抜]。

『アサシン クリード オリジンズ』世界同時発売、迫る! 古代エジプトを舞台に描かれる“アサシン”の起源の物語、その一端をここに【先出し週刊ファミ通】

2017年10月27日に世界同時発売を迎える『アサシン クリード オリジンズ』。ユービーアイソフトの総力を結集して生まれた未曽有のオープンワールド、そこで展開する本作の魅力を発売直前特集で徹底解説!

『慟哭 そして…』約20年の時を経て、あの“恋愛サスペンスアドベンチャー”が復活!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、El Diaから発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『慟哭 そして…』の魅力をお届け。