携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 池尻大作氏が『みんGOL』シリーズならではのゲームデザイン、プロデュースワークを語る

池尻大作氏が『みんGOL』シリーズならではのゲームデザイン、プロデュースワークを語る
【CEDEC2009リポート】

2009/9/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●幅広い層を取り込むためのゲームデザインとは

 

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

 

 ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPAN スタジオの池尻大作氏が、“『みんGOL』、『みんテニ』次の一手は?”と題したセッションを行った。

 

WA3_7138

ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPAN スタジオの池尻大作氏が、ゲームデザインやプロデュースワークを紹介しつつ、重要点を堀り下げる。

 

 まず、池尻氏はなぜ『みんなのGOLF』(以下、『みんGOL』)シリーズが多くの人にプレイされるゲームと成りえたのかを説明。誰でも遊べそうな親しみやすいイメージと、実際にプレイしたときに簡単かつ完成度が高いゲームのデキ、プロモーションも非常にうまくいき、結果が出せたと振り返った。そして、ゲームデザイン(ゲーム作り)では押さえるポイントは多くある中で、いちばんの重要なのはテンポのよさ。また、プロデュースで大切なのはキャッチコピーだと持論を語った。

 

 ここで池尻氏は、まずゲームを開発するうえで目指す方向は“売れるゲーム”、つぎに目指すのは“売るべきゲーム”と定義。過去実績と知名度があり、ユーザーが手を伸ばしやすいのが売れるゲームで、新しい遊びを提供しプレイヤーの数を広げるのが売るべきゲームに当たる。売るべきゲームは『リズム天国』や『Wii Sports』のように新しい遊びを提供し、いちどブレイクすると大爆発するゲームになる可能性が高いと語った。

 

 『みんGOL』シリーズは入りやすくて奥が深いをコンセプトに作っており、冒頭にも述べたテンポのよさに基づいているとし、『みんGOL』シリーズの各作品のテレビCMを交えながらコンセプトを紹介した。

 

 『みんなのGOLF』は“結果が早く出る”がゲームデザインのコンセプトとなっている。複雑な操作もなく、1回のプレイ時間が短いので何度もプレイしたくなるテンポのよいゲームを心掛けたという。そして、続編のジレンマはありつつも初心者向けにこだわった『みんGOL2』。グラフィックの向上により、難しく思われないためにゲームシステムを変えなかった『みんGOL3』。子供と大人がいっしょに楽しめる『みんGOL4』。誰でもできるを意識しすぎて、ゲームの奥深さがやや落ちてしまった『みんなのテニス』(以下、『みんテニ』)。本格ショットを導入しつつ初心者にも安心な『みんGOL5』。というように、『みんGOL』、『みんテニ』の強み弱みを提示しつつ、これらを踏まえた作品として『みんなのスッキリ』(2009年10月1日発売予定)を発売するのだという。

 

WA3_7151

WA3_7160

▲池尻氏は『みんGOL』、『みんテニ』はどこに力点を置いて制作していたのかを解説。

 

 PSP(プレイステーション・ポータブル)を代表するカジュアルゲーム、PSPでしか遊べない楽しさをメインコンセプトとした『みんなのスッキリ』は、売れるべきゲームとして制作。単純明快なルールと操作方法で気軽に遊べるだけでなく、奥深いゲーム性も兼ね備えた作品となった。池尻氏は、ゲーム制作は所詮水モノで、作ってみなければわからない。しかし、どんなゲームを作るときにも「このゲームはおもしろくなる」、「おもしろいんです」と伝える情熱が非常に大切と最後の言葉を締めくくった。

 

WA3_7200

WA3_7249

▲企画当初は単純明快なアプリの集合体をコンセプトにしていた『みんなのスッキリ』だったが、シンプルだけど奥が深いゲームを集めたものに変更された。

 

※CEDEC 2009の公式サイトはこちら

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Apex』新レジェンドはあのマッドマギー! 新シーズン“デファイアンス”に向けた新映像が公開。ミスター・シルバという謎の男も登場、オクタンとのつながりもあるのか?

2022年1月25日、エレクトロニック・アーツのバトルロイヤル型FPS『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)において、シーズン12に向けた新トレーラー“アウトランズストーリーズ”が公開された。マッドマギーが新レジェンドとして登場か。

『キングダム ハーツIII』が発売3周年。『アナと雪の女王』や『トイ・ストーリー』の登場で話題をさらったシリーズ集大成。もはや実写のジャック・スパロウに驚愕【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2019年(平成31年)1月25日は、プレイステーション4及び、Xbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』が発売された日。本日で発売から3周年を迎えた。

『バイオハザード RE:2』が発売3周年。桁外れの残虐描写や臨場感に誰もが震え上がった最高峰のホラーアドベンチャー。世界で890万本の大ヒット【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2019年(平成31年)1月25日は、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:2』が発売された日。本日で発売3周年を迎えた。

Xbox 360版『アイドルマスター』が発売15周年。家庭用ゲーム機初の『アイマス』としてハードの販売も牽引。劇場版アニメも8周年【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2007年(平成19年)1月25日は、Xbox 360用ソフト『アイドルマスター』(THE IDOLM@STER)(アイマス)が発売された日。本日で発売15周年を迎えた。

『東リベ』タケミチ、マイキー、ドラケンたちがだるまになって登場。“東京リベンジャーズだるま 寅年バージョン”が発売中

白河だるま総本舗は、“東京リベンジャーズだるま 寅年バージョン(全7種)”を、“だるまランド”および公式オンラインストアにて2022年1月23日より発売開始した。価格は各1760円[税込]。

“モチパン フワフワぬいぐるみ2”が1月27日よりカプセルトイで発売。優しい表情とふわふわした肌触りに癒される

いきもんは、アートアイテムブランド“アートユニブテクニカラー”シリーズ最新作“モチパン フワフワぬいぐるみ2”を、2022年1月27日より全国のカプセル自動販売機にて順次発売する。価格は1回300円[税込]。

【ロジクール】“PRO ゲーミングキーボード”に2種類のキースイッチが追加。スムーズなタイピングの“リニア”と心地よいクリック音の“クリッキー”が2月24日発売

ロジクールは、ゲーミングブランド“ロジクールG”より“ロジクールG PRO ゲーミングキーボード”のリニアとクリッキーを2022年2月24日(木)に発売する。

【どこかで見たことある】“サンポール 車止めリングコレクション”が1月27日よりカプセルトイで発売。本物を3Dスキャンしてそのままの形で再現

いきもんは、アートアイテムブランド“アートユニブテクニカラー”シリーズ最新作“サンポール 車止めリングコレクション”を、2022年1月27日より順次、全国のカプセル自動販売機にて発売する。価格は1回300円[税込]。

【MSI】“Raider GE76 12U”など全3シリーズのゲーミングノートPCが2月3日に発売。“第12世代インテルCoreプロセッサー”を搭載

エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代インテルCoreプロセッサーを搭載したゲーミングノートPCの日本国内向けモデル全3シリーズを2022年2月3日(木)より発売する。

『FF14』ファットキャットのパーカーが可愛すぎる! スクエニカフェ東京コラボで販売される新グッズが公開

2022年1月29日〜3月25日の期間に開催予定の『ファイナルファンタジーXIV』×スクウェア・エニックス カフェ東京のコラボにて販売される新グッズと復刻グッズの詳細が明らかとなった。