携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 海外クリエーターが参加してのパネルディスカッション、ストーリーやキャラなどゲーム作りに大切なことはすべて日本から学んだ

海外クリエーターが参加してのパネルディスカッション、ストーリーやキャラなどゲーム作りに大切なことはすべて日本から学んだ
【CEDEC2009リポート】

2009/9/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●西洋のクリエーターが、日本から学んだこととは?

 CESAデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)2009が、2009年9月1日〜2009年9月3日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜、国際会議センターで開催されている。このCEDECは、社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)により毎年開催されている、ゲーム開発者向けの講演会。11年目を迎える今回は、2008年の約1.5倍のセッション数が用意されるなど、大きく規模を拡大して行われている。この“新生CEDEC”の模様をリポートする。

ce03

▲司会役を務めたアイドスのCTO、ジュリアン・マーセル氏。

 昨年より海外からのスピーカーを招き“海外トラック”として積極的に展開しているCEDECだが、開催初日に行なわれたパネルディスカッションが、“実は日本に学んだこと What I have learnt from Japan”。こちらは、アイドスのCTOを務めるジュリアン・マーセル氏をモデレーター(司会役)に、西洋のゲームクリエーターが日本から何を学んだのかをディスカッションするというセッション。当日は、バイオウェアのアソシエート・テクニカル・ディレクター、ジェイソン・スパングラー氏、メディアモレキューのエグゼクティブ・プロデューサー、シボン・レディー氏、エピックゲームスのバイスプレジデント、ジェイ・ウィルバー氏、ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ(SCEE)のディレクター・オブ・インターナショナル・ディベロップメント、ショーン・ケリー氏といった開発者が登壇し、積極的に意見を交わした。

 セッションは、司会役のジュリアン・マーセル氏が事前に用意していたテーマを提出。それに対して各自が意見を述べるというスタイルで行なわれたのだが、テーマそのものが西洋のゲームクリエーターが、日本のゲームに対して抱いている“すぐれた点”を伝えるものに。“シネマティックスの重要性”や“ゲームへの感動”、“音楽のインスピレーション”などが議題として挙げられた。とくに、魅力的なキャラクターと深みのあるストーリーにおいて、日本のゲームからたくさんのことを学んだという点で全員が一致。「その点は西洋も追いつかないといけないところはあります。私も(日本のゲームの)キャラに接して、惹かれたり、怖くなったりしました」(レディー)、「『ギアーズ オブ ウォー』シリーズはRPG要素を盛り込んで、深みのあるストーリーを作りあげたが、それは日本のゲームから学んだこと」(ウィルバー)といった意見が聞かれた。さらにウィルバー氏は、西洋と日本がゲームを開発するにあたってベースとしてきたものの違いに触れ、「日本のゲーム開発は映画をベースにしているように思うが、西洋はたとえば相手を撃つといった本能的なアクションを発展させたところにあった。ゲーム作りのベースが違う。いまは西洋の開発会社もプロのシナリオライターを雇ってストーリーに注力するようになってきている」(ウィルバー)といった興味深い指摘も聞かれた。


ce04
ce05
ce06
ce07

▲バイオウェアのアソシエート・テクニカル・ディレクター、ジェイソン・スパングラー氏。『Star Wars The Old Republic』などを担当。

▲Media Moleculeメディアモレキュー)のエグゼクティブ・プロデューサー、シボン・レディー氏。5人で会社を立ち上げ、昨年『リトルビッグプラネット』をリリースしたとのこと。

▲エピックゲームスのバイスプレジデント、ジェイ・ウィルバー氏。アンリアルエンジン3の日本普及に努める。

▲SCEEのディレクター・オブ・インターナショナル・ディベロップメント、ショーン・ケリー氏。プレイステーション3やPSPなどのすべてのタイトルを欧州に届ける仕事をしているとのこと。


 さらに、ディスカッションが盛んになったのが、“ゲームデザイン&テクノロジー”をテーマにしたとき。マーセル氏が、KONAMIの小島秀夫監督がGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2009で行った基調講演を例にとり、「小島監督はゲームデザインは、技術が解決できなかった問題を解決できるといった主旨のコメントをしていましたが、西洋のゲーム開発は若干技術よりのアプローチをしています。その点はいかがでしょう?」と尋ねたとき。それに対しては、「どちらのアプローチがいいのかは一概に言えませんが、私たちの企業はクリエイティブ中心なので、クリエイティブをメインに動いています。個人的にはゲームデザインはパワフルだと思っていて、技術では乗り越えられない壁を越えられる。まあ、最終的にはプレイヤーが楽しいものでないとならないので、そのためにはいろいろなアプローチを考えています」(レディー)、「日本の開発者からはたくさんのインスピレーションをもらっています。ゲーム作りにあたっては、ストーリーやどんな驚きを提供するのかを考えて、それは技術によってどう可能になるのかを検証します。もし技術的に不可能だということがわかったら、ストーリーを手直ししたり、ゲームデザインを変更したりと……いったり来たりして試行錯誤しますね。技術が問題を解決できればいいのですが、できなかったら迂回する。まあ技術を開発して、デザインの問題を解決することもあります」(スパングラー)、「最高のものは、目に見えないテクノロジー。『Rez』などは、目に見えないところですごいテクノロジーが隠されている」(ケリー)といった意見が聞かれた。

 一方では、「日本の開発チームは企業間で孤立しているのではないか? 企業間の協力があまりないという印象を受ける。もちろん、機密事項はあると思うが、西洋では開発者どうしがサポートし合ってる。ネットの開発者のコミュニティーで、ひとつの質問が投げかけられると、まったく別会社の開発者が答えてくれるという文化がある。日本でも、そういった開発者のコミュニティーが必要なのではないか?」(ウィルバー)といった苦言も呈された。モデレーターを務めるマーセル氏も、「日本のクリエーターは西洋に目を向けてもらって、西洋からも学んでほしい」との意見を述べた。

 さきごろスクウェア・エニックス・ホールディングスが買収し、子会社となったアイドスだが、マーセル氏はこの10月から日本語を本格的に学ぶのだという。「言語の壁は大きくて、日本の方にも英語を学んでほしい」と語るマーセル氏だが、まずは言語の壁が突破すべき最重要課題なのかもしれない。パネルディスカッションはいささか駆け足で行なわれ、あっという間に所定の時間は終わった。最後にマーセル氏が「我々がいっしょになればもっといろんなことができる」と語ったのが印象的だった。

ce01

▲日本のゲームに対するリスペクトが語られたパネルディスカッション。


※CEDEC 2009の公式サイトはこちら
 

【CEDEC2009リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Apex』新レジェンドはあのマッドマギー! 新シーズン“デファイアンス”に向けた新映像が公開。ミスター・シルバという謎の男も登場、オクタンとのつながりもあるのか?

2022年1月25日、エレクトロニック・アーツのバトルロイヤル型FPS『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)において、シーズン12に向けた新トレーラー“アウトランズストーリーズ”が公開された。マッドマギーが新レジェンドとして登場か。

『キングダム ハーツIII』が発売3周年。『アナと雪の女王』や『トイ・ストーリー』の登場で話題をさらったシリーズ集大成。もはや実写のジャック・スパロウに驚愕【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2019年(平成31年)1月25日は、プレイステーション4及び、Xbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』が発売された日。本日で発売から3周年を迎えた。

『バイオハザード RE:2』が発売3周年。桁外れの残虐描写や臨場感に誰もが震え上がった最高峰のホラーアドベンチャー。世界で890万本の大ヒット【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2019年(平成31年)1月25日は、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード RE:2』が発売された日。本日で発売3周年を迎えた。

Xbox 360版『アイドルマスター』が発売15周年。家庭用ゲーム機初の『アイマス』としてハードの販売も牽引。劇場版アニメも8周年【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2007年(平成19年)1月25日は、Xbox 360用ソフト『アイドルマスター』(THE IDOLM@STER)(アイマス)が発売された日。本日で発売15周年を迎えた。

『東リベ』タケミチ、マイキー、ドラケンたちがだるまになって登場。“東京リベンジャーズだるま 寅年バージョン”が発売中

白河だるま総本舗は、“東京リベンジャーズだるま 寅年バージョン(全7種)”を、“だるまランド”および公式オンラインストアにて2022年1月23日より発売開始した。価格は各1760円[税込]。

“モチパン フワフワぬいぐるみ2”が1月27日よりカプセルトイで発売。優しい表情とふわふわした肌触りに癒される

いきもんは、アートアイテムブランド“アートユニブテクニカラー”シリーズ最新作“モチパン フワフワぬいぐるみ2”を、2022年1月27日より全国のカプセル自動販売機にて順次発売する。価格は1回300円[税込]。

【ロジクール】“PRO ゲーミングキーボード”に2種類のキースイッチが追加。スムーズなタイピングの“リニア”と心地よいクリック音の“クリッキー”が2月24日発売

ロジクールは、ゲーミングブランド“ロジクールG”より“ロジクールG PRO ゲーミングキーボード”のリニアとクリッキーを2022年2月24日(木)に発売する。

【どこかで見たことある】“サンポール 車止めリングコレクション”が1月27日よりカプセルトイで発売。本物を3Dスキャンしてそのままの形で再現

いきもんは、アートアイテムブランド“アートユニブテクニカラー”シリーズ最新作“サンポール 車止めリングコレクション”を、2022年1月27日より順次、全国のカプセル自動販売機にて発売する。価格は1回300円[税込]。

【MSI】“Raider GE76 12U”など全3シリーズのゲーミングノートPCが2月3日に発売。“第12世代インテルCoreプロセッサー”を搭載

エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代インテルCoreプロセッサーを搭載したゲーミングノートPCの日本国内向けモデル全3シリーズを2022年2月3日(木)より発売する。

『FF14』ファットキャットのパーカーが可愛すぎる! スクエニカフェ東京コラボで販売される新グッズが公開

2022年1月29日〜3月25日の期間に開催予定の『ファイナルファンタジーXIV』×スクウェア・エニックス カフェ東京のコラボにて販売される新グッズと復刻グッズの詳細が明らかとなった。