携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の日本初の先行体験会開催

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の日本初の先行体験会開催

2009/8/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●神谷英樹ディレクターと橋本祐介プロデューサーのトークセッションも

 

 セガから2009年10月29日に発売されるプレイステーション3/Xbox 360用アクションゲーム『BAYONETTA(ベヨネッタ)』。ソフトの発売に先駆けて同作をプレイできる体験会が、本日(2009年8月29日)東京・六本木にあるA.I TOKYOにて開催された。日本初めて『BAYONETTA(ベヨネッタ)』をプレイできることに加え、ディレクターを務める神谷英樹氏とプロデューサーを務める橋本祐介氏のトークセッションが行われることもあり、会場には多くのファンが続々とつめ掛けた。

 

 橋本氏は「感じるままに操作できる触り心地と、我々がコンセプトとしている“ノンストップクライマックスアクション”というクライマックスシーンが連続する、度肝を抜く展開を体験してほしい」と述べたあと、アクションゲームが苦手な人のために、ボタンひとつでコンボを簡単にくり出すことができる、 “イージーオートマチックモード”について解説。続いて「ベヨネッタ(主人公)と敵との攻防を味わってほしい」と語った神谷氏は、敵の攻撃をギリギリでかわすことによってスローの空間を作られ、反撃のチャンスが訪れる “ウィッチタイム”を紹介。「本作の醍醐味となる部分なので、実際に体感してほしい」とアピールした。

 

YOS_2227

YOS_2153

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の魅力を語るディレクターの神谷英樹氏(左)と、プロデューサーの橋本祐介氏(右)。

▲本作にはアクションゲームが苦手な人も、簡単に大技をくり出すことが可能な “イージーオートマチックモード”も用意されている。

 

 今回先行体験会で遊ぶことができたのは、2009年9月24日〜27日まで開催される東京ゲームショウ版。さまざまなコンボが練習できるトレーニング、美麗なムービーのあと敵とのバトルが展開されるプロローグ、巨大な敵が出現するチャプター1の一部をプレイできた。プレイ時間は15分間だったが、参加者は本作の魅力のひとつとなる“世界感と臨場感”を堪能できた。

 

YOS_2329

YOS_2394

▲会場に用意された試遊台の数は30台。来場者は20代の男性が中心だが、なかには女性の姿も。

 

 神谷氏と橋本氏はモニターに映った来場者のプレイを見ながら解説したり、アドバイスするなど『BAYONETTA(ベヨネッタ)』のシステムをレクチャー。神谷氏のプレイ動画や2009年10月にオンエアが予定されているテレビCMのメイキングも公開。さらに、登場人物たちの設定イラストが飾られたギャラリーコーナーも設置され、プレイの順番を待っている来場者も飽きさせないものとなっていた。


YOS_2372

YOS_2374

▲ギャラリーコーナーでは、ベヨネッタの初期デザインやさまざまなキャラクターの設定イラストが展示。

 

YOS_2448

YOS_2460

▲2009年10月放送予定となるテレビCMのメイキングも公開。いったいどんなCMになるのだろうか。

 

 体験会が終わったあとは、神谷氏と橋本氏を招いてのQ&Aセッションが行われた。そのおもなやりとりは以下のとおり。

 

――今回初めてユーザーがプレイしましたが、どのような感触ですか?

 

神谷英樹(以下、神谷) どうなのですかね。プレイしている人の表情やリアクションが見られなかったので……。

橋本祐介(以下、)プレイ中の画面しか見られなかったので……。でも、結構馴染みやすい感じだったのかなという印象なんですけど、ユーザーに感想を聞きたかったですね。

神谷 帰りにアンケートを書いていってほしかったですね。

 

――初プレイ(ユーザー)なのに慣れるのが早かったように見えましたが。

 

神谷 そうですね。馴染んでいる人は馴染んでいましたね。女性の方でも“ノーマルモード”に挑んでいたので、がんばっているなと。あと、“イージーオートマチックモード”の触り心地も聞いてみたいですね。

 

――“イージーオートマチックモード”はボタンを押しているだけで多彩な技が出ますね。

 

神谷 ボタンを押しているだけで、ベヨネッタがめちゃくちゃ暴れるというだけで楽しい。

橋本 やっていて飽きさせないというポイントは押さえつつ、“ノーマルモード”とは違う別の触り心地を実現しているので、そこを国内で初めて楽しんでもらえる機会だったので、やっぱり感想が聞きたいというのが第一ですね。

 

――体験会などの今後の予定は?

 

神谷 触ってもらいたいというのがいちばんなので、公式サイトで映像を公開していますので、そちらで期待値を高めてほしいのですが、機会があれば触ってみてほしいなと、それにつきますね。

橋本 店頭展開も検討していますので、触れる機会を増やしたいなと。

 

――体験版の配信予定は?

 

橋本 予定はしています。現状鋭意製作中です。

神谷 実際に触ってから判断してもらってもかまわないというのがありますね。 

橋本 ゲーム中から切り抜いた、ただの体験版ではない体験版にする予定なので、そこに期待してほしいなと思います。さきに商品を購入した人でも、体験版をプレイしたら違う発見があるようなものにしたいです。

神谷 体験版はプチお遊びを入れたいですね。
 

※『BAYONETTA(ベヨネッタ)』公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始、ニンテンドーeショップにて33%オフの発売記念セールも

『ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)』が本日(2月21日)Switch向けに配信開始された。

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayが4月24日に発売決定!

『デレステ』3周年記念イベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”のBlu-rayの発売が決定。

生町内会動画アーカイブ更新!

2月12日放送分の生町内会動画をアップ。さらに“俺の恩返し”など、3つの投稿コーナーを更新。3月の投稿者ランキングもスタート。最近暖かいですが、油断は禁物。薄着で風邪をひくよりも、ヒートテックで汗だくになれ! 

原由実さん&三宅麻理恵さん&佳村はるかさんが関西弁での即興劇やゲーム対決など大盛り上がり! “『はらまる大盛』ニューイヤーイベント2019”リポート

2019年1月12日(土)、東京・赤羽会館にて開催された“『原由実の○○放送局 大盛』ニューイヤーイベント2019 -お友達と遊ぶよ-”のリポートをお届け。

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! 新たなストーリーやルルアたちの人物像も明らかに

『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』メルル、ケイナ、べノンの情報が公開! ルルアに忍び寄る不穏な影やルルアと仲間たちの人物像や能力も紹介。

山下七海さんがパーソナリティーを務める『山下七海のななみんのねごと』2019年2月21日(木)21時30分よりスタート!

ファミ通チャンネルにて声優の山下七海さんをパーソナリティーにお迎えしたニコニコ生放送を配信!

『ギルティギア』シリーズ20周年記念パッケージ『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』がNintendo Switch向けに5月16日発売決定!

『ギルティギア』シリーズ20周年を記念した『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』が、Nintendo Switch向けに、2019年5月16日に発売決定。

『ポケットモンスター』“ゲンガー”をモチーフにしたブラックバージョンのネックレス&リングが2月22日より発売!

『ポケットモンスター』“ゲンガー”のネックレス&リングのブラックバージョンが2019年2月22日に発売!

『真・三國無双8』“重装備”をモチーフとした追加コスチュームDLC第5弾が本日(2月21日)より配信開始

コーエーテクモゲームスより発売中の『真・三國無双8』にて、追加コスチューム第5弾が本日(2019年2月21日)より配信開始。

巨大メカが街を破壊しながら戦う『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』は協力・対戦・乱闘と豊富なバトルが魅力!

巨大メカ戦が楽しい3gooの『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』。その魅力に迫る!