携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 速報! モンハンフェスタ`09東京大会でハンターがラギアを圧倒した!

速報! モンハンフェスタ`09東京大会でハンターがラギアを圧倒した!
【モンハンフェスタ`09】

2009/8/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●東京大会から驚異的なタイムが続出!

 

 2009年8月23日に幕張メッセにおいて、『モンスターハンター』の一大イベント”モンスターハンターフェスタ`09”が開幕した。モンハンフェスタが行われるのは今年で3回目。この東京大会を皮切りに、大阪、名古屋、博多、札幌と全国5都市で今後順次開催される。Wii用ソフト『モンスターハンター3(トライ)』のタイムアタック全国最速を決める”狩王”決定戦をイベントの根幹に、グッズ販売コーナー、『2nd G』を使った”リアル集会所”、『3(トライ)』に出てくるモンスターの生態などがわかる展示コーナーなど、ファンにはたまらない企画が目白押しのイベントとなっている。

 

▲オープニングを飾ったのは『3(トライ)』の辻本良三プロデューサー、藤岡要ディレクター、木下研人メインプランナー、『2nd G』の一瀬泰範ディレクター、『3(トライ)』の小嶋慎太郎アシスタントプロデューサー。モンハン4人衆ならぬ、モンハンクインテット誕生か?

▲会場には『モンハン』の世界観が体感できるさまざまな展示が。これはモンスターの実物大の足跡(!)。

 

 メインステージでは終日、多彩なゲストを招いてのトークイベントや、『3(トライ)』のゲーム大会などが行われた。なかでも注目はやはり、狩王決定戦。予選を勝ち抜いたチームによる東京地区の決勝ステージだ。予選のクルペッコ討伐を驚異的なタイムで勝ち抜いた8チームの精鋭により、優勝が争われた。ちなみに、予選のクルペッコ討伐を勝ち抜いた8チームとそのタイムは以下のとおり。

 

1位 はらペッコ 1分21秒

2位 かりんちゅ 1分29秒

3位 SMART BRAIN 1分37秒

4位 アルテミス 1分42秒

5位 クック捜索隊 1分45秒

6位 arties 1分48秒

7位 NAMAZONE 1分55秒

8位 のーん 2分02秒(1チーム棄権のためくり上がり)

 

 このタイムを見た『3(トライ)』のメインプランナー、木下研人氏は「2分を切れたらすごい、ということで開発チームでは話していましたが、本当にビックリの記録ばかりです」と驚きの表情。『3(トライ)』が発売されてから3週間ほどしか時間が経っていない中で開催された東京大会だが、ハンターたちはきっちりと、タイムを詰めてきた印象だ。

 

▲いよいよ激戦区東京の地区大会決勝戦が始まる!

▲予選を勝ち抜いた精鋭8チーム。わずかな期間に、クルペッコ、ラギアクルスを詰めまくってきたアスリートたちだ。

 

 そして、そんな精鋭8チームが対峙する決勝のモンスターは、『3(トライ)』を象徴する”海竜”ラギアクルス! 水中という、『3(トライ)』で初めて導入された世界を舞台にどのような立ち回りが展開されるのか注目が集まった。結果は……!

 

1位 arties 3分02秒

2位 NAMAZONE 3分17秒

3位 クック捜索隊 3分36秒

4位 はらペッコ 3分48秒

5位 アルテミス 3分52秒

6位 かりんちゅ 4分05秒

7位 SMART BRAIN 4分40秒

8位 のーん 7分05秒

 

▲優勝したのは、artiesチーム! 彼らが何者なのかは……のちほどアップされる大塚角満ブログに詳しい……はず! ちなみに記事中の成績表と写真の表示で順位が違うが、記事中のものが正しいので注意していただきたい。

 

 一発勝負の舞台上で驚異的なタイムで優勝したartiesのふたりは、「記録的にはもうちょっと速いタイムが出たと思ったんですが……。優勝、ありがとうございました!」、「練習したことが本番でも出せてよかったです」と会心の表情。初登場の水中を舞台にこれほど極まったパフォーマンスを見せた選手について、『3(トライ)』の藤岡要ディレクターは「東京大会は最初の会場なので、彼らはほとんど情報がないまま自分たちだけで立ち回りを考えている。それでこれほどの動きができるのは本当にすごい。初めて導入した水中で、1秒でも速く立ち回るために一生懸命考えてくれたこと自体がうれしいです」と感激の面もちだった。

 

 なお、この日の来場者数は9000人と、8000人を集めた昨年の東京大会を上回る人出に。『モンハン』の勢いを象徴する最高の幕開けとなった。

 

※詳報は大塚角満ブログでお届け!

【モンハンフェスタ`09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』Year4新情報まとめ TK処罰システム、LIONリワーク、マップリワーク、S10ファイナル開催地はアジア地域に決定!

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、現在カナダ・モントリオールで開催中の世界大会Six Invitational 2019にてYear4ロードマップが公開された。本稿では、イベントで明らかになった変更点をお伝えする。

『レインボーシックス シージ』Year4シーズン1新オペレーター“MOZZIE”、“GRIDLOCK”詳細情報を公開【プレイ動画】

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year4シーズン1“Operation Burnt Horizon”の情報が公開された。ここでは、新オペレーター、新マップについてプレイ動画と合わせて紹介する。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。