携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “GUNDAM BIG EXPO”開催、『機動戦士ガンダム戦記』の新情報が

“GUNDAM BIG EXPO”開催、『機動戦士ガンダム戦記』の新情報が

2009/8/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アムロも興奮!


 2009年8月21日〜23日、『機動戦士ガンダム』の生誕30周年を記念しての大博覧会“GUNDAM BIG EXPO”が東京ビッグサイトにて開催された。“ガンダム史上最大級”と謳われたこのイベントは、アニメやガンプラなど、『機動戦士ガンダム』シリーズにまつわるコンテンツを網羅。出演声優を招いてのステージイベントなどもあり、まさに、30周年を飾るにふさわしいイベントとなり、プレイステーション3用ソフト『機動戦士ガンダム戦記』がプレイアブルで出展。待ち時間が60分となるほどの盛況だった。


ud08
ud07

▲大盛況だった『機動戦士ガンダム戦記』。発売まえということもあり、注目度は相当高かった。



 ゲーム関連のスペシャルステージとして注目を集めたのが、初日のトリを飾った“『機動戦士ガンダム戦記』オンステージ with レジェンドゲームス”。アムロ・レイ役の古谷徹をゲストに招いて行われたこのイベントは、歴代『ガンダム』ゲームを振り返りつつ最新作の『機動戦士ガンダム戦記』を紹介するというもの。もちろん古谷徹はいつものとおりサービス精神全開で、世に出た初めての『ガンダム』ゲーム、ファミコン版『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル』をプレイしながら、「赤い奴はいないのか?」や(司会者の「お上手ですね」という言葉に対し)「ニュータイプだからね」などと、アムロに成りきってのコメントを連発し、会場を大いに沸かせていた。引き続き最新作の『機動戦士ガンダム戦記』をプレイした古谷徹は、「さっきのファミコン版と比べると進化がすごいですね」と感慨深げだった。自ら戦いながらリアルタイムに部隊を指揮できる『機動戦士ガンダム戦記』だが、デモプレイでは古谷が十字キーをあやつりながら、部隊にコマンドを下し、「指示したとおりに動くんですね」と感心していた。

ud18
ud19
ud12

▲『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル』をプレイする古谷徹。

▲ポイントとなった歴代『ガンダム』ゲームを振り返った。

▲ゲーム好きで知られる古谷徹だけに、『機動戦士ガンダム戦記』でもさすがの腕前を見せつけた。


 さらに『機動戦士ガンダム戦記』には、購入特典として『機動戦士ガンダム』の新作アニメをダウンロードできるパスワードが入っているが、そのアニメ映像が一部本邦初公開された。アニメの設定は、『機動戦士ガンダム戦記』の主人公ふたり、連邦軍のユーグ・クーロとジオン軍のエリク・ブランケが一年戦争の終結のきっかけとなった、“ア・バオア・クーの戦い”で戦っていたというもので、これは『機動戦士ガンダム戦記』の時代設定が一年戦争の終結後だったことから発想したものだという。映像ではジムに乗ったユーグがア・バオア・クーで激しい戦いをくり広げるシーンが紹介されていた。興味深かったのは、ユーグが乗るジムが戦艦からの補給を受けるシーンで、古谷が「『ガンダム』でこういうシーンは珍しくないですか?」と尋ねると、イベントに解説役として参加していた『機動戦士ガンダム戦記』のプロデューサー、稲垣浩文氏は「そうなんです!『機動戦士ガンダム戦記』のキモは補給だったので、アニメにも補給のシーンを入れました。『機動戦士ガンダム戦記』では、補給をするとHPや武器などが回復できるようになっているんです」とのことだ。最後に稲垣氏は、「プレイステーション3で『ガンダム』30周年を記念する作品を、ということで『機動戦士ガンダム戦記』を作りました。オンラインでも遊べるので、皆さんで仲よく遊んでほしい」とコメント。『機動戦士ガンダム戦記』の発売日は、新型プレイステーション3が登場するのと同日の2009年9月3日ということもあり、大いに話題を集めそうだ。

 ちなみに、いままでにリリースされた『ガンダム』関連のゲームは全部で200本以上(!)とのことで、この数字だけを見ても、いかに『ガンダム』がゲームファンに支持されているかがわかるというものだ。

ud17
ud14

▲“機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX”のパッケージも紹介。新型プレイステーション3と同時にリリースされるということで、『機動戦士ガンダム戦記』にかかる期待も大きい。

▲『機動戦士ガンダム戦記』への意気込みを語る稲垣浩文プロデューサー。


※“GUNDAM BIG EXPO”の公式サイトはこちら
※『機動戦士ガンダム戦記』の公式サイトはこちら
※『機動戦士ガンダム ガンダムVS ガンダムNEXT』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『戦場のフーガ』DLC第3弾“ファンタジーコスチュームパック”の配信が5月26日に決定!

『戦場のフーガ』がより楽しめるコスチュームパック第3弾“ファンタジーコスチュームパック”がの発売日が5月26日に決定した。

『エヴァンゲリオン』“つままれ”シリーズ第2弾が登場。ジャージVerのアスカや稲作をしているアヤナミ(仮称)、ビヨーンと伸びる第6の使徒も

2022年5月12日(木)、コスパは『エヴァンゲリオン』“つままれ”シリーズ第2弾の予約を開始した。稲作をしているアヤナミ(仮称)やジャージ姿のアスカなどがラインアップ。

アプリ『サンリオキャラクターズ タイニーパーク』が配信開始。キティやシナモンたちと遊園地でアトラクションを楽しめるカジュアルゲーム

2022年5月16日、Creative Plusは、スマートフォン向けゲーム『サンリオキャラクターズ タイニーパーク』の配信を開始した。

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスが登場

『シティーハンター』冴羽?、槇村香をイメージしたハンドクリーム、海坊主と美樹をイメージしたロールオンフレグランスの予約販売が開始された。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が7月14日より大阪で開催。炭治郎&善逸の刀スプーン&フォークセット、禰豆子の木箱キーホルダーなど新グッズを販売

“『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展”が、2022年7月14日(木)〜9月4日(日)の期間、グランフロント大阪にて開催されることが決定した。

『フォールガイズ』Switch版、Xbox版が登場。さらに基本プレイ無料に。開発中のステージクリエイトモードの公開も

バトルロワイヤル型のオンライン対戦アクションゲーム『フォールガイズ』(Fall Guys)。本作の最新情報が公開され、基本プレイ無料化とクロスプレイ、クロスプログレッションに対応した新プラットフォームへの配信も発表された。

『Apexモバイル』先行プレイレビュー。射撃やアビリティ使用はすべてワンタップ! 限定モードのチームデスマッチでは6v6のスピーディーな撃ち合いを楽しめる

エレクトロニック・アーツより、バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』のスマートフォン版『Apex Legends Mobile』が、2022年5月18日(日本時間)より配信される。本稿ではスマホ画面での操作感や限定モード:チームデスマッチなどのプレイレビューをお届けする。

『Apexモバイル』各レジェンドのパークまとめ。ダウンした状態でも使えるレイスの虚空、範囲が狭くなるが360度スキャン可能なブラハなどモバイル限定システムをお届け

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定システムであるパーク、フィニッシャー、アビリティをまとめてお届け!

『Apexモバイル』限定の新レジェンド“フェード”が参戦。無敵になる戦術で安全に退避し、ウルトでほかレジェンドを虚空へ送りつける!

2022年5月18日より配信される『Apex Legends』のモバイル版『Apex Legends Mobile』において、限定新レジェンド“フェード”が登場。パッシブ、戦術アビリティ、アルティメットなどの能力を紹介!

PS2『オーディンスフィア』15周年。終末に向かう世界を舞台に5人の主人公の物語が絡み合うRPG。幻想的なグラフィックと演劇調の掛け合いが心に残る【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2007年(平成19年)5月17日は、プレイステーション2用ソフト『オーディンスフィア』がアトラスから発売された日。本日で15周年を迎えた。