携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【動画追加】ドイツの地に小島監督が登場! 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の“Co-op”(協力)プレイ搭載を発表

【動画追加】ドイツの地に小島監督が登場! 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の“Co-op”(協力)プレイ搭載を発表
【gamescomリポート】

2009/8/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『Pro Evolution Soccer 2010』の詳細も明らかに
 

DSC_4909

▲KONAMIのカンファレンスはgamescom会場内のホールで行われた。

 ヨーロッパ最大級のゲームイベント“gamescom”が、現地時間2009年8月19日にドイツのケルンで開幕した。これに合わせて、KONAMIがプレスカンファレンスを開催。欧州のゲームファンに向けて、新作タイトル群を紹介した。

 

 カンファレンスはiPhone、iPod Touch向けタイトル『KRAZY KART RACING』の紹介からスタート。同作はタッチスクリーン、ワンタッチコントロールなどを最大限に利用したレースゲームで、最大6人までのマルチプレイヤーにも対応した作品だ。続いてスクリーンでは『サイレントヒル』シリーズの最新作、『Silent Hill: Shattered Memories』が上映に。シリーズ第1作目のリメイクで、Wii、プレイステーション2、PSP(プレイステーション・ポータブル)での発売が予定されている。
 

KKR_1

KKR_2

KKR_3

KKR_4

▲iPhone、iPod Touchで楽しめるパーティーレーシングゲーム『KRAZY KART RACING』。近日中に配信開始予定だ。

 

0001

0003

0007

0005

0016

0018

0019

0023

▲『Silent Hill: Shattered Memories』は、三人称視点のアクションシューティングゲーム風のシステムで、臨場感がアップ。画像は上段がWii版、下段がPSP版となっている。

 

 ここで壇上には、欧州でも絶大な人気を誇る小島秀夫監督が。盛大な拍手に迎えられながら登場した小島監督は、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』(2010年発売予定)について語り始めた。

 

 「ケルンでgamescomに参加できることを誇りに思います。“GC(Games Convention)”もいいショーですので、gamescomもワクワクするヨーロッパのショーになってほしいですね。成功してくれれば、またドイツに来る理由が増えますから(笑)」と、ジョークを交えながらプレゼントをスタートした小島監督。『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』が『メタルギア ソリッド』シリーズの完全な続編であることや、プロデュースだけでなく、ゲームデザインおよびストーリー、監督も担当していることなどを改めて紹介したのち、なぜ続編をPSPで出すのか? という理由について言及した。「携帯ゲームは持ち歩くことができ、いつでもゲームの世界を存分に探索したり、友達と対戦したり、協力プレイをすることができます。電車、車、カフェなどで、急いでいるときでも楽しめる。また、いまや音楽、写真、映画、電話などもすべて携帯が普通のことになっており、それがなければ不便を感じることでしょう」(小島)。いつでもどこでも『メタルギア ソリッド』をプレイしてほしい、それが携帯機で続編を出すいちばんの理由だという。


DSC_6531

▲小島監督が登場! シリーズ最新作『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の新要素を発表した。

 

 続けて小島監督は、本作にCo-op(協力)プレイが搭載されることを発表。「PSPの協力プレイというと『モンスターハンター』シリーズを思い浮かべるかもしれませんが、この作品でするのはハンティングではありません。仲間といっしょに行動しつつ自分を守るという、これまでの『メタルギア ソリッド』シリーズにはなかった新しい緊張感が楽しめます。従来のステルスゲームとは違った体験です」(小島)。そう語ると、最新のゲームトレーラーを上映した。

 

 映像は古代の遺跡を思わせるエリアに進入を試みるスネークの姿を映し出すところからスタート。その直後にスネークは敵に発見され、激しい攻撃を受けてあわやという状況になる。しかし、ここでもうひとりのスネークが登場し、倒れ込むスネークに蘇生を試みるのだ。続いてのシーンはふたりひと組でのスニーキング(潜入)ミッション。大きめのダンボールにふたりで潜り込み敵をやり過ごしたり、閉じるシャッターをひとりが押さえているあいだにもうひとりがくぐり抜けるといった、いままでにない新アクションがつぎつぎと明らかになった。ラストシーンは4人でのCo-opプレイ。ふたりが盾になっているあいだにほかのメンバーを蘇生する姿や、見事な連携プレイで戦車を破壊する様子など、これまたCo-opならではのアクションが盛りだくさんの内容に。また映像の最後では、戦車型のダンボールにスネークたちが乗り込んで(?)敵陣へ向かう姿、並んで歩くスネークのひとりが連れ去れる……という、小島監督らしいユーモアを散りばめた場面も登場。笑いと歓声、盛大な拍手の中、『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』のトレーラー上映は終了となった。
 

GC2009_PW001

GC2009_PW002

GC2009_PW003

GC2009_PW004

GC2009_PW005

GC2009_PW006

GC2009_PW007

GC2009_PW008

 

GC2009_PW009

GC2009_PW010

 

 

▲これまでにない協力アクションを実現する『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』。戦車型ダンボールの効果は?

 

 

DSC_5332
DSC_5347
DSC_5349

▲小島監督らしいユーモアに満ちた締めに、会場からは笑いが。

 

 

DSC_6544

▲小島プロダクション指揮のもと、人気アクションのシリーズ最新作を手掛けるコックス氏。

 続いては小島監督の紹介を受けて、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『キャッスルヴァニア 〜ローズ・オブ・シャドウ〜』(2010年発売予定)のプロデューサーを務めるKonami Digital Entertainment GmbHのデイヴ・コックス氏が登壇。同作はKONAMIの看板アクション『キャッスルヴァニア』シリーズの最新作で、小島監督率いる小島プロダクション指揮のもと開発されている。コックス氏は「小島プロダクションの指揮下にあるということは、非常にすぐれたものを作らなくてはならないということであり、小島さんがボスであるということは実現しなくてはならないということだ」と、開発にかける意気込みを披露。前作までを知らなくてもゲームプレイやストーリーが理解できる、間口の広い新シリーズであることを強調した。
 

CV_LOS_gamescom_1

CV_LOS_gamescom_2

CV_LOS_gamescom_3

CV_LOS_gamescom_4

CV_LOS_gamescom_5

CV_LOS_gamescom_6

CV_LOS_gamescom_7

CV_LOS_gamescom_8

▲2009年6月のE3でサプライズ発表された『キャッスルヴァニア 〜ローズ・オブ・シャドウ〜』。今回新たなゲーム画面などが明らかになった。


 カンファレンスのラストでは、欧州でも人気のサッカーゲーム『Pro Evolution Soccer』(日本では『ウイニングイレブン』)シリーズ最新作、『Pro Evolution Soccer 2010』が登場。登壇したシリーズの統括プロデューサーを務める高塚新吾氏は、本作が「ユーザーの声に耳を傾けて作った」タイトルであると説明。今回の発表に先立って、欧州のゲームメディア向けに評価用のバージョンを配布して、“リスニング”、“ラーニング”、“インプルービング”という3つのコンセプトをもとに綿密な調査を実施したことを明かした。

 

 高塚氏は評価版を遊んだ人からの意見をもとに、選手のモーションを300個以上追加したことや、キーパーの反応のさらなる向上、従来までの8方向移動から全方向移動への進化といった改善を加えたと紹介。また、「リアルフットボールを追求してほしい」という意見を受けて、新たなフォーメーション設定システム“プレイスタイルカード”を導入したことも明らかに。これらは、gamescomに出展されているバージョンに反映されているとのことで「プレイして実感してください」(高塚)と、カンファレンス参加者に呼びかけた。
 

DSC_6563

▲事前に行った“リスニング”、“ラーニング”、“インプルービング”の手応えを語る高塚氏。


 ゲームのトレーラー上映終了後に高塚氏は、“リスニング”、“ラーニング”、“インプルービング”というコンセプトは今後も継続していくと語り、「ファンと直接話し合える機会を増やして、よりよい作品を作りたい」とコメント。最後に『Pro Evolution Soccer 2010』のプレイステーション3およびXbox 360、PC版が2009年10月22日に、プレイステーション2とPSP(プレイステーション・ポータブル)版が2009年11月5日に、Wii版が2009年11月19日に欧州で発売予定であることを発表した。なお日本での発売時期に関しては現状未定だが、欧州発売からそれほど遠くない時機を目指して開発中とのことだ。
 

PES2010_090619_press_03

PES2010_090619_press_04

PES2010_gc_BARvsMAD

PES2010_gc_MADvsBAR

PES2010_090619_press_01

PES2010_090616_02

PES2010_gc_CL01

PES2010_gc_ELcup

game_plan02_2

CL_online_compeList

ONL_commuList_win

ML_sponsor_win

▲ファミ通.comではのちほど、会場で出展されていた『Pro Evolution Soccer 2010』の体験リポートをお届けする予定だ。

 

 

※KONAMIの公式サイトはこちら

 

【gamescomリポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!