携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 写真で完全解説! 新型プレイステーション3の大きさ、軽さ、目新しさ

写真で完全解説! 新型プレイステーション3の大きさ、軽さ、目新しさ
【SCE戦略発表会】

2009/8/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●スタイリッシュさに磨きがかかった印象
 

TN2_3865

 ドイツのケルンで行われたソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパのカンファレンス及び、日本でも改めて正式発表された新型プレイステーション3(CECH-2000A)。本体サイズは体積、厚さ、重さともに約3分の2の薄型、軽量化を実現し、消費電力も初期モデルを基準に約3分の2軽減。120ギガバイトのハードディスクドライブを搭載しながらも、9月3日に10000円値下げとなる新価格29980円[税込]で発売されるとは既報のとおり。この新しく生まれ変わったプレイステーション3を写真で解説する。

 

 実際に見て持ってみた感想は、薄型プレイステーション2(SCPH-90000)が発表されたときほどのインパクトはないものの、見た瞬間に「小さくなった」という印象は十分に確認できる。重さも従来モデルはずっしりとした重量感があったが、新モデルではその感覚がだいぶ軽減された感じ。なお、従来モデルの生産は完了しており、現在店舗に並んでいるものだけになる。価格の変更はとくにないという。
 

 

■おもな変更点

 

従来モデル(80GB)

新モデル

価格

39980円[税込]

29980円[税込]

サイズ(幅×高さ×奥行き)

約325×98×274ミリ

約290×65×290ミリ

質量

約4.4キログラム

約3.2キログラム

ハードディスク

80GB

120GB

消費電力  

約280W

約250W

そのほか

――

ブラビアのリモコンでプレイステーション3のクロスメディアバーを操作できるなどの“ブラビアリンク”に対応
※HDMIケーブルで接続が必須

 

TN2_3794

▲本体表面はシボ加工という柔らかさを感じさせるマットな質感に。指紋が圧倒的につかなくなった。プレイステーション3の新ロゴが大きく刻印されている。

 

TN2_3795

▲従来モデル(80GB)と同じくUSBはふたつのまま。

 

TN2_3829

▲電源まわりはタッチセンサーではなく押しボタン式に。PSマークは回転しない。

 

 

TN2_3834

▲本体背面には、これまでどおりのAV出力端子が。SCEから正式にHDMI端子ケーブルが発売される。価格は3000円[税込]。電源ケーブルは従来のものから変更されるとか。

 

 

TN2_3845

▲本体裏側。基本的に横置きがデフォルトとなる。

 

TN2_3818

▲縦置きスタンドは本体と同日に別途発売される。価格は2000円[税込]。

 

IMG

▲従来モデルとサイズの比較はパンフレットから引用。

 

●クロスメディアバーがデザインリニューアル、きちんと情報発信


psn_JP

index_JP

▲コンテンツの更新情報などプレイステーション3のニュースがクロスメディアバー上でまるわかり。

 

 新型モデル発売に合わせて、9月1日からシステムソフトウェアもバージョン3.00にアップデートされる。クロスメディアバーのデザインをリニューアルすると同時に、きちんと情報を発信していく作りに。従来はPlayStation Networkに接続しないとコンテンツの更新情報などが入手できなかったが、クロスメディアバー内にあるインフォメーションボードでアイコン形式で表示される。

 

 PlayStation Homeやシステムソフトウェアのアップデート情報はもちろんのこと、自分がプレイしているコンテンツの情報が優先的に表示されるので、ユーザーとの親和性が高まると同時に、各ソフトメーカーにとっても情報発信源として有意義なものに形を変える。また、フレンドの状況がクロスメディアバーの画面上でも表示されるなどの利便性も強化されている。

 

※ソニー・コンピュータエンタテインメントのサイトはこちら

 

 

【SCE戦略発表会】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『クランク・イン』のOPムービー“聖エドワード学園ver.”を公開

プチレーヴは、2017年8月31日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『クランク・イン』について、オープニングムービー(聖エドワード学園ver.)を公開した。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、10月5日発売決定! 幻の『スターフォックス2』のほか、国内では『FE 紋章の謎』や『パネルでポン』などを収録

任天堂は、家庭用ゲーム機“ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”を、2017年10月5日(木)に発売することを発表した。メーカー希望小売価格は、7980円[税抜]。

『メトロイド サムス リターンズ』、13年ぶりの横スクロール『メトロイド』新作について、坂本賀勇プロデューサー&開発会社マーキュリースチームに聞く【E3 2017】

2017年6月13日〜15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”。E3 2017の会期中に発表された、ニンテンドー3DS用ソフト『メトロイド サムス リターンズ』について、任天堂の坂本賀勇氏と、開発を担当するマーキュリースチームエンターテインメントのホセ・ルイス・マルケス氏に直撃インタビュー!

小型スーパーファミコン“SNES Classic edition”が発表、9月29日発売。『スターフォックス2』など18以上の作品を収録【海外ニュース】

Nintendo of Americaは、スーパーファミコンタイトル21種類を内蔵した“Super Nintendo Entertainment System Classic edition”を、2017年9月29日に発売することを発表した。

E3 2017のベストゲームを決める“Game Critics Awards: Best of E3 2017”のノミネート作品が発表

E3 2017のベストゲームを決める“Game Critics Awards: Best of E3 2017”のノミネート作品が発表された。

ももクロの新曲「境界のペンデュラム」に、『ライブ・ア・ライブ』のBGM「魔王オディオ」の一部が引用されていることが判明

ももいろクローバーZのニューシングル『BLAST!』に収録される楽曲「境界のペンデュラム」に、『ライブ・ア・ライブ』のBGM「魔王オディオ」(作曲:下村陽子氏)の一部が引用されていることが明らかになった。

『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』無料DLC“第3回アイドル追加”が6月27日に配信

バンダイナムコエンターテインメントは、配信中のプレイステーション VR専用ソフト『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』について、無料ダウンロードコンテンツ“EDIT LIVEモード”の“第3回アイドル追加”を2017年6月27日に配信開始する。

『鉄拳7』プロゲーマー・ユウさんがオススメ攻略“3すくみ”を解説【せやなTV】

ファミ通のWeb番組『せやなTV』にて、プロゲーマーのユウさんが『鉄拳7』を解説!

『ウイニングポスト8 2017』 シブサワ・コウ35周年記念の歴代最強馬決定戦“ウイポドリームレース”を開催! レース予想も受付中

コーエーテクモゲームスは、シブサワ・コウ氏の活動35周年を記念して、『ウイニングポスト8 2017』による“ウイポドリームレース”を開催。その模様を2017年7月4日20時より生配信する。

『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』妖魔“マルヴァジーア”や“三人の教皇”などを紹介

コーエーテクモゲームスは、2017年8月31日に発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』について、最新情報を公開した。