携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “MIDNIGHT LIVE 360”、節目となる10回目は『ギアーズ オブ ウォー 2』特集!

“MIDNIGHT LIVE 360”、節目となる10回目は『ギアーズ オブ ウォー 2』特集!

2009/8/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「プランBは?」 んなもんねぇ! やるならコレっきゃない『GoW2』特集

 

 Xbox 360の最新情報をライブ配信形式でお届けするファミ通.comの“MIDNIGHT LIVE 360”。節目の10回目となる2009年7月31日の放送は、“マイクロソフトスペシャル Vol.2”として、7月30日についに待望の日本語版が発売されたばかりのアクションシューティング『ギアーズ オブ ウォー 2』をフィーチャーして行われた。

 

 放送は4部構成で行われ、ファミ通.comで“360サイコーッ!BLOG”を連載するジャム爺と、ファミ通Xbox 360編集長の松井ムネタツのお相手としてまず最初に登場したのは、マイクロソフトの村山功氏と石田正人氏。

 

KO3_8853
KO3_8859

▲『ギアーズ オブ ウォー』シリーズを通しての象徴的な武器、ランサーライフルを片手に登場したおふたり。早速パーソナリティーのふたりにチェーンソーで斬りかかる。

 

 第1部は“All'bout New GoW”と題され、まずは石田氏によるプレイにあたっての基本からのレクチャーが。指導を受けるのは、アクションシューティングがやや苦手な松井ムネタツ。指導どおりに動いているつもりでもたまに反応が遅れたりするのが石田氏のなにかを刺激してしまったのか、突如鬼軍曹と化した石田氏と、的として敵キャラクター“ローカスト”を操作していた村山氏に、撃たれ、斬られ、あまつさえはグレネードで爆破されてしまう始末。これは本作をプレイしたことがない視聴者にとってチュートリアルとして正しく機能できているのだろうか……いいんです、おもしろいから! 最新情報を交えながらも、まずワイワイ楽しむおもしろさを伝えるのが本放送の特徴であるのは間違いない。


KO3_8891
KO3_8930

▲お揃いの“オーメンロゴ”をあしらった特製Tシャツに身を包んだパーソナリティー+ゲスト。石田氏のマッチョぶりには収録会場や実況チャットから思わず「本物のマーカス(主人公)だ……」との声も。

 

 続く第2部では“Horde Challenge”と題して、本作から新たに導入された新ゲームモード“Horde”に5人で挑戦することに。次々と現れるローカストの大群をクリアーしていくこのモードでは、最初のうちは力押しでもなんとかなるが、高レベルのものをクリアーするには、仲間との息の合った連繋が必須。適宜分散し、状況を報告し合いながら互いの死角をカバーしなくては勝利は見えてこない。


KO3_9029

▲ゲーム中でマーカスたち兵士が身につけている“COGタグ”と特製Tシャツ、ネックストラップが3名様ずつにプレゼントされることに。応募方法などは360サイコーッ!ブログに後日掲載されるとのことなのでお待ち頂きたい。なお、助っ人参戦したマスク姿のスタッフのネクタイは景品に含まれません。あらかじめご了承ください。

 

 戦いのステージとして選ばれたの、時折砂嵐が吹き荒れる荒涼としたマップ“ノーウェア”。敵の波“WAVE”ごとに挑戦できるのだが、WAVE18からスタートし、途中何度かジャム爺・ムネタツのキャラクターが死にながらも、なんとかWAVE20までクリアー。そこで助っ人参戦したスタッフから「物足りない」との発言出て、WAVE38から挑戦し、失敗したら罰ゲームという展開に。1回目はあっという間に全滅! 圧倒的な敵の固さと数、さすがに無理なのか? 2回目は声で連絡を取り合い、分散して互いをカバーしながら進んでいくが……WAVEの変わり目にドタバタしていたところを襲撃され、あえなく全滅。全員の罰ゲーム決定!


KO3_9086
KO3_9151

▲ラストの玉砕ぶりは、それまでのワイワイ具合が吹っ飛ぶぐらいのヒドいもの。

 

KO3_9173
KO3_9189

▲罰ゲームの様子ですが、全員で口に入れた数秒後、ステージ上にゲストを残してパーソナリティーがいなくなる異常事態という辺りでお察しください。シュークリームに特製にブレンドした辛子が入っていたらしい。


 そして第3部では“Play Session”と題し、ジャム爺・石田氏チームと、松井ムネタツ・村山氏チームに分かれて、事前に応募したプレイヤーを交えてのオンライン対戦が行われた。結果は一進一退の攻防をくり返しながらジャム爺チームが勝利。グレネードや高射砲を使っての3人、4人抜きが飛び出すアツい展開も見られた。

 

KO3_9255
KO3_9270
KO3_9277
KO3_9314
KO3_9311


KO3_9369

▲『ギアーズ オブ ウォー 2』は通常版とリミテッドエディションのほか、前作『ギアーズ オブ ウォー』とセットになったツインパックも発売中。

 

 ラストの第4部では“MGS the Future”と題して、マイクロソフトの今後の発売タイトルをフィーチャー。まずは南雲聡氏が登場して、9月24日発売予定の『Halo 3: ODST』の紹介を行った。これまでに公開されたムービーなどを交えつつ、早期予約特典としてジョンソン上級曹長のアンロックコードが付属すること、携帯サイトXbox.jpにて着ボイスが公開されることなどを紹介。そしておもむろに取りだしたのは、なんと同日発売されるコレクターズパックの実物! こちらの記事ですでにご紹介しているように、特製コントローラーが付属するのだが、ソフトとコントローラーが縦に配置されており、パッケージは結構迫力のある大きさだった。ちなみにオープン価格とされているが、南雲氏いわく「実勢価格はおそらく10000円を切る」とのこと。


KO3_9388
KO3_9436
KO3_9429

▲午前1時すぎに登場した南雲氏は、なんと7時間待ちだったらしい……。

 

 続いては村山氏が再度登場し、放送当日に発売日が10月22日になること、リミテッドエディションが発売されることが発表されたばかりの『フォルツァ モータースポーツ 3』を紹介。1080Pで秒間60フレームを実現しながら、シミュレーション精度も向上。さらにコミュニティ機能も強化されており、前作で盛り上がった車のデザインの共有はもちろん、Forza Mortorsport.netでHDクオリティのリプレイを共有できる。それだけではなく、本作のコミュニティ部分や美しいドライブ風景だけを楽しみたい人は、オートブレーキアシスト機能も用意されており、細かいアクセルコントロールなどをしなくてもドライブを楽しめるという。

 ちなみに、10月22日発売と言うのは、世界よりも早い。リミテッドエディションは通常版と税込価格で1050円しか違わないことだし、これはもう買うしかない?

 

KO3_9458
KO3_9459
KO3_9467

▲車の横転までをシミュレーション可能としてしまった本作。ちなみに南雲氏もドライブ中に横転した経験があるそうな。

 

KO3_9508

▲ラストはおなじみのポーズでシメ。次回放送は8月15日、秋葉原で行われるケイブ祭りの会場から中継される予定。

 

※“360サイコーッ!BLOG”はこちら


この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。