携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 99のカウントダウンで販売スタート! SHIBUYA TSUTAYAでは発売イベントを開催

99のカウントダウンで販売スタート! SHIBUYA TSUTAYAでは発売イベントを開催
【『ドラクエIX』発売日リポート】

2009/7/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●堀井雄二氏、市村龍太郎氏も駆けつけソフト発売を盛大にお祝い

 

 2009年7月11日、スクウェア・エニックスの国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作、ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』がついに店頭に並ぶ日がやってきた! 『ドラクエ』と言えば行列、行列と言えば『ドラクエ』!! ということで、都内各所の量販店の模様を取材してきた。

 

 都内にあるSHIBUYA TSUTAYAには発売前夜から早くもソフトを求める人の姿が。午前3時の時点でその数は約25人で、電車が走り始める午前5時を過ぎると一気に倍増。ソフト販売開始1時間まえの午前6時時点ですでに100人近い行列ができあがっていた。
 

▲電車が動き始めると一気に行列は伸び、店舗周辺に収まりきらなくなるほどの長さに。


 先頭の男性は、なんと前日の午後1時ごろに店頭へ足を運び並ぶ準備を始めていたという。『ドラゴンクエスト』シリーズはもちろん全作プレイしているとのことで、「『IX』は自分でキャラクターを作れるのが魅力的ですね!」と最新作への期待を語っていた。そのつぎに並んでいたのは、神奈川県から足を運んできたふたり組の男性。こちらも前日の午後8時ごろから並んでいたという気合の入りよう。購入後は「みんなで楽しもうと思います」とのことで、新要素であるマルチプレイを存分に堪能する模様だ。そのほか、行列に並んでいた人たちはカップルから親子、小学生のグループと非常に幅広く、本作が国民的RPGとしてあらゆる層から支持されていることを改めて実感することができた。

 

 今回SHIBUYA TSUTAYAでは発売カウントダウンイベントも行われ、『IX』にちなんで行列の先頭から99名とともに、ソフト販売開始を盛大にお祝い。店内に設置された特設ステージにはゲームデザイナーの堀井雄二氏と、ゲームプロデューサーを務めたスクウェア・エニックスの市村龍太郎氏も登場した。


▲午前6時30分に、先頭から99名が発売カウントダウンイベントの会場へ案内された。

 

 ソフト発売を迎え、まず堀井氏は「『ドラゴンクエスト』を初めて作ったのは23年まえですが、いまでもこれだけ注目してもらえて本当に感激です」とファンに向けて感謝のコメント。市村氏も「『VIII』のときもこの場所でカウントダウンを行いましたが、今日はあのとき以上のアツさを感じます!」と興奮を隠し切れない様子で発売への意気込みを語った。両氏はゲームの見どころについても紹介。堀井氏は新要素であるワイヤレス通信を使ったマルチプレイを挙げ「『III』のような作品を友だちと遊べたら、というのが出発点でした」と、同要素のコンセプトを説明した。「今回はずっと遊べる、というのをテーマにしました」と語った市村氏は、Wi-Fi通信を介して配信される追加クエストの魅力をアピール。「“週刊ドラゴンクエスト”みたいな感じでこれから1年、毎週配信していこうと思います」とユーザーに約束した。

 

▲ステージには堀井氏(左)と市村氏(右)も登場! 市村氏は「テンションを上げるために、スライムアロハを着てきました!」とファンに向けて挨拶。

 

 開発中のエピソードについても言及し、司会からの「ボツになった要素などはありますか?」という質問に対して堀井氏は「やりたかったことは全部入っています。切った部分に関してはシェイプアップという感じで、逆によくなっていると思いますね」と自信満々にコメント。市村氏の口からは「今回はものすごいたくさんの音楽が入っていて、すぎやま先生にもたくさん作曲していただいたんですけど、戦闘の曲はけっこうたいへんでしたね」と裏話めいたものも。「1回作ってもらったんのですが、何回も聴いていたら「これ飽きちゃうんじゃないかな……?」と思って、勇気を出して先生に「どう思います?」って聞いたら、先生も「うん、確かにこれは飽きる!」と快諾していただけました(笑)」。もちろん、最終的には期待どおりの曲が出来上がったとのことで「さすが、すぎやまこういち先生だなと思いました」と、その仕上がり胸を張った。
 

 ステージ上でのトークがひと段落したところで、時刻はいよいよ午前7時数分まえに。会場内のユーザー99人には、それぞれ1〜99の通し番号が振られたスライムうちわが事前に配られており、壇上のコールに合わせて99のカウントダウンがスタート! カウントごとにひとりひとりがうちわを掲げ、最後のひとりへ到達すると同時にレベルアップ時のファンファーレが流れ、ついにソフトの販売が開始となった。

 

▲ひとりひとりがスライムうちわを掲げてカウントダウン。最後のひとりが掲げると同時にフェザーシャワーが撃たれ、販売がスタート!

 

▲カウントダウンは街頭ビジョンでも実施。道行く人が足を止め、スクリーンに釘づけとなった。

 

 先頭に並んでいた男性は壇上で堀井氏から直接ソフトを手渡され、「子供のころから『ドラクエ』をいちばんに買って遊びたいと思ってました。その夢が叶ってよかったです!」と喜びのコメント。続いてほかのユーザーたちもステージに招かれ、登壇者と握手を交わしながらソフトを受け取り、会場後方のレジへと足を運んでいった。

 

▲堀井氏から手渡しでソフトを受け取る先頭の男性。長年の夢が叶った瞬間だ。

▲ソフトといっしょに同時発売の攻略本を買っていく人の姿も見られた。

 

▲「ゲーム離れという言葉も聞きますが、『ドラゴンクエスト』だったらやる、という人がけっこういるようなので、それはすごくうれしいことですね」と堀井氏。市村氏は「サラリーマンなど忙しい人でも、今回はニンテンドーDSということで通勤中に遊べますし、お子様といっしょに遊んでもらえる要素も入っています。そういったところから、またお客さんが入ってきていただければユーザー人口が拡大されていくんじゃないかと思います」と、ゲーム業界活性化への意気込みを語った。


 カウントダウンイベント終了後は、場所をビルの地下1階に移して一般販売がスタート。続々と購入者が流れ込み、待ちに待った『ドラゴンクエストIX』を手に最高の笑顔を見せていた。

 

 ▲念願の『ドラゴンクエストIX』をゲットして、みんなうれしそうです! 

 

※『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の公式サイトはこちら

 

【『ドラクエIX』発売日リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。