携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Wii用ソフト歴代3位のスタート! 『Wii Sports Resort』国内販売本数35万本を突破−−エンターブレイン調べ

Wii用ソフト歴代3位のスタート! 『Wii Sports Resort』国内販売本数35万本を突破−−エンターブレイン調べ

2009/6/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『スマブラX』、『マリオカートWii』につぐ、第3位の出足

 

 エンターブレインは、任天堂から2009年6月25日に発売されたWii用ソフト『Wii Sports Resort』の国内初週販売本数を発表した。集計期間は発売日から2009年6月28日までの4日間で、販売本数は35万3827本。これは『大乱闘スマッシュブラザーズX』(約81万6000本)、『マリオカートWii』(約60万8000本)につぐ、Wii用ソフト歴代3位の販売本数となっている。前作はロングスパンで販売本数を伸ばし、累計販売本数350万本を突破しているだけに、今作の売れ行きにも期待したい。(文中のデータはすべてエンターブレイン調べ)

 

01
02

▲Wiiモーションプラスを使った『Wii Sports Resort』。発売後4日間で、約35万本のセールスを記録した。

 


この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

スタジオジブリ鈴木敏夫氏が、約20畳の布に“マックロクロスケ”を書き上げた! 宮崎駿監督の新作に関するコメントも【超会議2017】

“ニコニコ超会議2017”にて、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏が大書に挑戦。約20畳の特別な布にマックロクロスケを書き上げた。

GW期間中、AmazonでXbox One S HDD:500GBモデルが最大10000円OFFになるキャンペーンを開催!

Amazon.co.jpで2017年4月28日17時〜5月7日23時59分までの期間、Xbox One S HDD:500GBモデルが最大10000円OFFになるキャンペーンが開催される。

少女のオモテウラ恋愛RPG『拡張少女系トライナリー』に、とりあえず毎日ログインしたくなる理由。みんな大好き“ちーちゃん”本人から塩対応のコメントも!

好評配信中の完全新作RPG『拡張少女系トライナリー』。画面の向こう側に“実在”する少女たちに、ぜひ会いに来て!

dTVの2017年4月度テレビアニメランキングが発表! 5月イチ押しタイトルは『けものフレンズ』と『ジョジョ』!!

映像配信サービス“dTV”が、2017年4月度のテレビアニメ視聴ランキングを発表。さらに5月のイチオシタイトルも公開。

統括トレーナーが語るRIZAPの秘密も! 人は半年でどこまで『龍が如く』の桐生さんボディに近づける? 100キロ超級メタボ編集者が挑むガチンコRIZAP通信(第3回)

2016年12月8日発売のPS4ソフト『龍が如く6 命の詩』。同作でコラボしたパーソナルトレーニングジム・RIZAPの効果をメタボ編集者が確かめる企画の第3回!

『アイドルマスターシンデレラガールズ』ライブなどのイベントで使用できる折りたたみプロデュースバッグが登場!

エンターグラムは、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のキャラクターデザインを施した折りたたみプロデュースバッグを発表。2017年7月28日に発売する。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』ベンチマークソフトが配信開始、新情報満載のトレーラーも

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフト、『紅蓮のリベレーター ベンチマーク』を配信開始した。

『DARK SOULS(ダークソウル)』シリーズ最後のDLCをプレイして改めて感じた醍醐味

2017年4月20日、フロム・ソフトウェアより発売されたプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION(ダークソウルIII ザ ファイア フェーズ エディション)』。本作の発売を記念し、『THE RINGED CITY(ザ リングド シティ)』のインプレッションをお届けする。

PC版『RPGツクール』100万本突破記念インタビュー! Steamでの展開やコミュニティの活性化がヒットにつながった

現在発売中のPC版『RPGツクール』シリーズ(KADOKAWA)6作品の累計販売本数が100万本を突破。それを記念して、ツクール開発部のプロデューサー・一之瀬裕之氏をはじめ、海外販売を担当したデジカの主要スタッフに、ツクールシリーズのこれまでとこれからを伺ってみた。