携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ロスト プラネット 2』の体験版配信も正式発表! 新情報満載の“MIDNIGHT LIVE 360 CAPCOM SPECIAL Vol.2”

『ロスト プラネット 2』の体験版配信も正式発表! 新情報満載の“MIDNIGHT LIVE 360 CAPCOM SPECIAL Vol.2”

2009/6/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●まさにカプコンならではの、かつてない抱腹絶倒の内容に

 ライブ配信形式でXbox 360の最新情報をお届けする、ファミ通.comの人気コンテンツ“MIDNIGHT LIVE 360”の最新放送分“MIDNIGHT LIVE 360 CAPCOM SPECIAL Vol.2”が2009年6月27日に配信された。放送はカプコンの2タイトル『バイオニック コマンドー』と『ロスト プラネット 2』をフィーチャ―した内容となったが、豪華ゲストも訪れての盛りだくさんの内容に。なかでもゲームファンにとって興味深いのは、『ロスト プラネット 2』の体験版が制作中であることが竹内潤プロデューサーの口から明らかにされたこと。内容はE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で出展されたバージョンをもとに調整が施されたものになるという。『ロスト プラネット 2』の特徴である4人が参加しての協力プレイが他のしめるものとなる。気になる提供時期については、「たぶんもうちょっとしたら提供できると思います」(竹内)とのことだ。

 さて、ファミ通.comの“360サイコーッ!BLOG”の担当者ジャム爺とファミ通Xbox 360 編集長の松井ムネタツをメインパーソナリティーに迎えて配信している“MIDNIGHT LIVE 360”も今回で8回目。カプコン特集は2008年年末についで2回目になるが、さすがは笑いの本場、大阪に本社を構えるカプコンだけあって番組内容は抱腹絶倒。過去最高と言っていいくらいの盛り上がりぶりを見せた。

mnl01

▲“MIDNIGHT LIVE 360”と言いながら、今回は午後4時からの配信。パーソナリティーのジャム爺(左)と松井ムネタツ(右)のテンションはもちろんいつもと変わらず高かった!


 2部構成で行われた“CAPCOM SPECIAL Vol.2”の第1部は『バイオニック コマンドー』特集。ここでの主役は、同作のプロデューサーを務めるベン・ジャッド氏だ。巧みな関西弁を駆使するアメリカ人として知名度も高いベン・ジャッド氏だが、生放送ではそんなベン氏の陽気な魅力が全開。一般ユーザーも参加してのプレイセッションでは、対戦相手に倒されると「日米摩擦やで〜」と叫んだり、あるいは「アイムソーリー、犬ゾーリー」などとダジャレを飛ばしてみたりとベン・ジャッド節がさく裂した。また、“サルにでもわかるワイヤーアクション講座”では、『バイオニック コマンドー』の特徴であるスウィングアクションを松井ムネタツに伝授。みずから“ヘタタツ”と命名した松井ムネタツに、「甘ったれた生徒はいらん」や「ゆとり世代は困る」などとコメントしつつ、ハリセン片手にレクチャーするというスパルタぶり。ふたりのやりとりはスタッフの本気の笑いを誘っていた(ちなみに松井ムネタツは、実際はゆとり世代ではありません。念のため)。

 そんなわけで、最後の『バイオニック コマンドー』に対する視聴者からの質問コーナーでは(ライブ配信と同時に展開されているチャットルームにて募集)、やはりというべきかベン・ジャッド氏に対する質問が集中。「どこで日本を学んだのか?」という質問に対しては、「私はアメリカ・オハイオ州立大学を卒業したのですが、オハイオ州立大学では日本語のプログラムが充実していたんですよ」などとマジメに答えてくれていた。また、主題歌に水木一郎を起用した理由については、「『バイオニック コマンドー』は20年まえにリリースされた『ヒットラーの復活』の続編なのですが、レトロ色を出すために“なつかしさ”を感じてもらいたかったんです。それで、’80年代のアニメでたくさんの主題歌を担当しているアニキ(水木一郎)とコラボすることにしました。アニキはいつもすばらしいスマイルで、いつも元気なタフな人ですよ」(ベン)とのことだ。“レトロ“というのは『バイオニック コマンドー』のキーワードのひとつのようで、ゲームが起動したときに音が鳴るようにしたり、タイトルロゴも2Dから3Dに変化したりといった演出も、すべて“レトロ”を意識してのことだという。

mnl03
mnl04

▲『バイオニック コマンドー』のプロデューサー、ベン・ジャッド氏。巧みなトークで番組を大いに盛り上げた。

▲カプコンのさわやか広報さんの橋本賢一氏も『バイオニック コマンドー』特集のゲストとして登場。プレイセッションに参加した。

mnl02
mnl05
mnl07

▲バイオニック・アームをつけて登場するベン・ジャッド氏。

▲プレイセッションではまずは4対4のチーム戦が行われた。ベン&ジャム爺チーム対橋本氏&ムネタツチームの罰ゲームを賭けての戦いは、一般参加の方の活躍もあり橋本&ムネタツチームの圧勝。最後の3回戦目で勝利し、プロデューサーとしての面目を保つベン・ジャッド氏(右)

mnl09
mnl10

▲ベン氏のスパルタ指南を受ける“ヘタタツ”こと松井ムネタツ。ハリセンではたかれることがそのうち快楽に変わっていった模様。編集長としての威厳が……。そのあと行われた個人戦では、レクチャ−の甲斐もむなしくムネタツは最下位に。

mnl11
mnl13
mnl14

▲勝負に負けた罰ゲームは、低周波の電流が腕に流されるという趣向で、ベン・ジャッド氏とジャム爺がその餌食に。罰を与える係は橋本氏と松井ムネタツ。それにしても松井ムネタツのうれしそうな顔といったら!


 『バイオニック コマンドー』の紹介に続いて行われたのは、『ロスト プラネット 2』特集。放送開始まで内容が明かされなかったこのプログラムは、プロデューサーの竹内潤氏とディレクターの大黒健二氏のゲスト出演やE3で出展されたロムのデモプレイを披露するといったプレミアム価値の高い内容に。ここで主役を張ったのはプロデューサーの竹内潤氏で、4人が協力して6本脚の巨大AKを倒すデモプレイでは、“軍曹”としてジャム爺や松井ムネタツに操作方法を指南。「4人で協力しないとあんなデカイ敵は倒せないぞ!」や「不用意な接近戦に持ち込むな!」など、“軍曹”役になりきっての弾けた熱血指導は、チャットルームに「竹内さんがこんなおもしろい人だとは知りませんでした」などと書き込まれるほどの人気ぶりだった。デモプレイでは、Bボタンを押すとダッシュできるようになったことや、Yボタンを押しながらLトリガを押すと味方に自分のエネルギーを分けられるといった新要素なども明らかにされた。

 巨大AKを相手にしての4人による協力プレイのデモは、松井ムネタツが沼で溺れてしまうという失態を犯したこともあり(苦笑)、都合3回行われたが、実際のところ見ているだけでも興奮もの。協力プレイの楽しさもここに極まるかという感じで、竹内氏が参加しての3回目のプレイでやっと巨大AKを倒したときは、期せずして大きな歓声が沸いていた。チャットルームで「早くデモを遊びたい!」という声が続出したのも無理からぬところだった。

 質問コーナーでは、竹内氏や大黒氏の口から気になる情報が続々と。「E3での意見をフィードバックして、ゲームは日に日に変わっている」、「AKはおもしろいから大きくしようということで、ぐんぐんと大きくなっていった」、「キャラカスタマイズの要素もある。カスタマイズパーツは実績を解除することで獲得できるといったことも考えている」、「キャンペーンモードでも協力プレイはできて、いつでも参加や離脱が可能。ほかのプレイヤーが参加しないときは、BOT(いわゆるAIキャラ)がサポートする」、「スタートボタンと十字キーを押すことで挑発アクションを取れる。本作からはアクションの割り振りがカスタマイズできるようになった。アクションはコミカルやものからセクシーなものまでたくさん用意されている」、「武器セットを作れる」といったことが紹介された。また、実績も大量投入されるとのことで、「なんだこれは?」というものから「これは難しい」というものまで幅広く用意される予定だという。『ロスト プラネット 2』が発売される“今冬”が待ちきれない番組内容だった。

 さて、好評のうちに終了した“MIDNIGHT LIVE 360 CAPCOM SPECIAL Vol.2”だが、7月には2回のライブ配信を予定しているとのこと。2009年7月10日の“MIDNIGHT LIVE 特番”と、2009年7月31日の“MIDNIGHT LIVE 360〜Microsoft SPECIAL Vol.2〜”だ。7月10日の特番は放送当日まで内容が明かされないという謎のプログラム、7月31日のマイクロソフトスペシャルは、前日に発売された『ギアーズ オブ ウォー 2』特集になるという。Xbox 360ならではの濃い熱気があふれる“MIDNIGHT LIVE 360”に今後もご注目あれ。

mnl17
mnl18
mnl16

▲『ロスト プラネット 2』のプロデューサー、竹内潤氏。デモプレイでは“軍曹”として思わぬキャラを開眼させた!?

▲『ロスト プラネット 2』のディレクター、大黒健二氏。デモプレイではエースとしてほかの3人を引っ張っていました。

▲カプコンの名物広報さん萩原良輔氏もゲストとして参加。デモプレイでは軍隊という設定にも関わらずなぜか忍者に早変わりし、その明るいノリで会場を爆笑の渦に。

mnl15
mnl19

▲何も知らない松井ムネタツを驚かせるために、当初はビデオメッセージで登場……という設定だった竹内氏。本当は別室で撮影していた。

▲竹内氏の指南のもとジャム爺、ムネタツ、大黒氏、萩原氏の4人で『ロスト プラネット 2』の協力プレイに挑むことに……。ところが敵は手ごわかった!

mnl20
mnl23
mnl24

▲竹内軍曹を指南役に戦いに臨む4人。それがいつしか萩原氏が忍者となり「ござる」を連発。いつしか竹内氏も大佐になり、デモプレイは爆笑のオンパレード。

▲2回続けて巨大AKに敗れたことに業を煮やした竹内氏が3回目についに参戦。「『ロスト プラネット 2』の腕前は世界一」とのことでしたが……。

▲エース大黒氏の活躍で3回目にしてついに勝利。思わず乾杯をする5人。そのうれしさはわかります。実際のところ見ているほうも力が入りました。早く遊んでみたい!

mnl21
mnl22

▲『バイオ コマンドー』チームと『ロスト プラネット 2』チームでそれぞれ記念撮影。皆さん、素敵な放送をありがとうございましたー。

 

※カプコンの公式サイトはこちら
※[関連記事]豪華ゲストによるサプライズ情報も!? 公開生放送“MIDNIGHT LIVE 360 Microsoft SPECIAL”開催
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ゾンビブタはマジ怖い。『How to Survive:ゾンビアイランド2』プレイインプレッション後編

スパイク・チュンソフトより2017年4月25日に配信予定のPS4用ソフト『How to Survive:ゾンビアイランド2』を、ライターのウワーマンがプレイ! 全2回にわたってその魅力を紹介する。後編では、武器作りの楽しさや、クエストの幅広さなどを解説。

アジア最強の『ウイニングイレブン 2017』プレイヤーが決定! “PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF〜アジア地域決勝〜”詳細リポート

2017年4月23日、東京・日本サッカーミュージアムにて『ウイニングイレブン 2017』のアジア大会、“PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF〜アジア地域決勝〜”が行なわれた。ここではその模様をリポートする。

“肉フェス TOKYO 2017”でプロゲーマーによる日本eスポーツリーグのエキシビションマッチが開催決定!

2017年4月28日〜5月7日の期間、東京・お台場にて開催される“肉フェス TOKYO 2017”にて、5月2日の18時30分より“プロゲーマーに挑戦!〜日本eスポーツリーグ 『FIFA 17』 エキシビションマッチ〜”が開催される。

TVアニメ『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』これまでの29話を60分で振り返るダイジェストPVを公開!【動画あり】

フジテレビで絶賛放映中のテレビアニメ『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』の、これまでの29話を60分で振り返るダイジェストPVが公開された。

『弾銃フィーバロン』 4月28日配信決定! “M2ガジェット”など、家庭用ゲーム機向けならではの機能も搭載

エムツーは、プレイステーション4用ソフト『弾銃フィーバロン』の配信日が、2017年4月28日に決定したと発表した。

『プロ野球 ファミスタ クライマックス』発売記念イベントに“美しすぎる”女子プロ野球選手たちが登場!

2017年4月23日に埼玉県のイオンモール浦和美園で開催された、『プロ野球 ファミスタ クライマックス』の発売記念イベントをリポート。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』“アトラス新作発表SP2017春”からのアーカイブ映像を公開!

アトラスは、2017年4月24日にニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』の公式サイトを更新。2017年3月26日に放送された“アトラス新作発表SP2017春”での、同作パートのアーカイブ映像を公開した。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイ日記 まあ、なんともハプニング続きで……(BRZRK Day06)

ユービーアイソフトから発売中のオープンワールドTPS『ゴーストリコン ワイルドランズ』。BRZRKによるプレイ日記をお届けしよう。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式サイトが更新、育成要素“スキルパネル”や“ふっかつのじゅもん”の最新情報

スクウェア・エニックスは、2017年7月29日発売予定のプレイステーション4、ニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』について、公式サイトを更新。

日本一ソフトウェアが新作の実写ティザー動画を公開、360度全方位を見渡しながら進む不気味な夜道

日本一ソフトウェアは、同社新作タイトルのティザー動画をティザーサイトにて公開した。